プロが徹底解説

分析方法も解説

分析方法も解説
さっそく自己分析の簡単なやり方を7つご紹介します。時間があるならすべて試してもよいですし、いくつか選んで試してみてもよいでしょう。

Webサイト改善の流れ【7ステップ!】分析方法も解説

ヒートマップツールのイメージ図

画像引用:User Heat オフィシャルWebサイト

ユーザーがWebページ内でどういった動きをしたかを色別で確認できるツール。有料ツールがメインですが、一部を無料で利用できるツールもあります。

ユーザーがページ内のどこまでスクロールしたか、熟読されているのはどこか、クリックされているのはどこか、といったユーザーの行動を視覚的に判別することが可能です。

データから、サイト内のユーザー行動を的確に把握できるため、改善に有効活用できます

6. サイト改善の事例

【事例①】
コンバージョン(CV)が増えない
(ここでのCVは、お問い合わせ・会員登録・新規購入・リード取得などを示します)

仮説1に対しては、サーチコンソールで「検索キーワード(クエリ)」、Google Analyticsで「流入経路」などを確認し、ユーザーがどういった目的でサイトを訪問しているかを確認します。

仮説2に対しては、「入力フォームの離脱率」を確認する必要があるため、ヒートマップツールで、入力フォームページ内のクリック数が少ないボタンや、熟読されている範囲などを確認します。

また、Google Analyticsにて該当ページを絞り込み、離脱率を調べます

その場合、改善策

「入力フォームの必須項目を減らす」
「入力フォームの項目を最小限にする」
「入力フォームから他ページへのリンクを消す」

施策を選定し、実行したら効果測定を行い離脱率が減っているかを確認しましょう。離脱率に変化がない場合には、他の改善策を探る必要があります。

【事例②】
直帰率が高い

仮説1に対しては、まずはヒートマップツールで、ユーザーがページ内で迷っている形跡がないかを確認します。

迷った形跡が確認できた場合、改善策は、「ページのデザインを改善することがあげられます。具体的には、コンバージョンボタンや画像、フォントのサイズ、メインカラーなどをユーザーの属性にマッチするように変更しましょう。

仮説2に対しては、Google Analyticsでセッションあたりの閲覧ページ数を確認します。

セッションあたりのページ数が少ない場合、ユーザーは他のページへ移動しにくい状況にあると考えられるため、改善策は、「トップページのグローバルメニューの改善する」となります。

サイトリニューアルの検討前に知っておきたい5つのこと

7. 中小企業がサイト改善をする際に注意すべきこと

「根拠もないまま、サイト改善やリニューアルを進めてしまうこと」

サイト改善では、分析データをもとに、客観的な視点から「仮説」を立てて、改善策を考えることが欠かせません

時間・資金・人手が限られる中小企業は、これら貴重な資源を有効に使って収益を上げていく必要がありますので、サイト改善の際には、必ずサイト分析を行い、データ(数値)にもとづいた「施策」を立てていきましょう。

8. まとめ

◎サイト改善の重要なポイントは
サイトの目的を達成するまでの「導線をきちんと設計すること」

サイト改善は、根拠のないまま進めてはいけない。
必ずサイト分析を行って、「課題」「仮説」「施策」を考えること。

自己分析の簡単なやり方7つ!簡単だと思えない時の対処法も解説

自己分析の簡単なやり方7つ!簡単だと思えない時の対処法も解説

自己分析というと難しく考えがちですが、やり方はいたってシンプルです。最近は空いた時間に スマホで自己分析できる無料ツールも登場しており、より簡単かつ的確な自己分析が可能に なっています。

まずは自己分析の目的を理解しよう

自己分析の簡単なやり方を確認する前に、まずは自己分析の目的を理解しておきましょう。自己分析の目的は、 自分の人生の「目的」と「手段」を知ること です。

自己分析は就活に必須の作業ですが、自己分析のゴールは就職することではありません。 就職を目的に自己分析をすると、視野が狭くなる可能性がある ので注意しましょう。

自己分析の簡単なやり方7つ

さっそく自己分析の簡単なやり方を7つご紹介します。時間があるならすべて試してもよいですし、いくつか選んで試してみてもよいでしょう。

【自己分析の簡単なやり方1】自己分析ツール

最も簡単な自己分析のやり方は、自己分析ツールを利用する方法 です。自己分析ツールとは、用意された質問にスマホやパソコンで答えるだけで、性格の傾向や職務適性が分かるツールを指します。

逆求人サイト『キミスカ』が提供する自己分析ツール「適性検査」 は、150問の質問に答えることで9つの結果が出る完全無料のツールです。

【自己分析の簡単なやり方2】モチベーショングラフ

モチベーショングラフとは、 幼少期から現在を振り返り、それをグラフに記入していく自己分析方法 です。人生の分岐点やモチベーションの上下を明らかにすることで、自分の価値観や特徴が見えてきます。

【自己分析の簡単なやり方3】自分史

自分史とは、 幼少期から現在までの経験を年表のようにまとめたもの を指します。自分史を作ることで、自分が頑張ったことやはまったこと、幼い頃からの夢などを思い出すことができます。

【自己分析の簡単なやり方4】逆算型自己分析

逆算型自己分析とは、逆 算的な思考で自分を掘り下げていく自己分析方法 分析方法も解説 です。一般的な自己分析は過去を振り返る作業を行いますが、逆算型自己分析は 思い描く未来から自分を読み解いていきます

【自己分析の簡単なやり方5】SWOT分析

SWOT分析とは、 企業選びの軸を明確にするのに役立つ自己分析方法 です。

SWOT分析は 自分の強みと弱み、就活市場における自分へのメリットとデメリットを箇条書きでまとめる必要がある ので、ある程度自己分析が進んでいる人におすすめの方法です。

【自己分析の簡単なやり方6】マインドマップ

マインドマップとは、 過去の経験やその時に感じたことをどんどん書き出し、視覚的に分かりやすくする自己分析方法 です。ゲーム感覚で簡単に自己分析できるうえに、いつでも何個でも項目を追加できるという特長があります。

【自己分析の簡単なやり方7】自己分析セミナー

自己分析の簡単な方法を 講師や社会人から直接学びたいなら、自己分析セミナーに参加するのがおすすめ です。

自己分析が簡単だと思えない時に試したいこと

ここまで簡単にできる自己分析のやり方を紹介しましたが、学生の中には自己分析への苦手意識が拭えずにいる人もいるでしょう。

【自己分析が簡単に思えない時1】自己分析の流れを把握する

自己分析が簡単だと思えないのは、自己分析の流れを把握できていないからかもしれません。まずは 自己分析の流れを把握して、苦手意識を払拭しましょう

  1. 過去の経験を振り返る
  2. 過去の経験から自分の性格や価値観、強み・長所を把握する
  3. 自分の性格や価値観、強み・長所を踏まえたうえでやりたいことを見つける
  4. やりたいことの中から適性のある業界・職種を探す
  5. 適性のある業界・職種の中でマッチ度の高い企業を絞る

【自己分析が簡単に思えない時2】期限を設定する

自己分析の期限は、あなたが決めて構いません 。もし期限を設定するのが難しければ、以下の記事で紹介している頻出質問に答えられるところをゴールとしましょう。

【自己分析が簡単に思えない時3】他己分析を行う

どんなやり方でも、何を試してみても自己分析が簡単だと思えない人は、他己分析を行ってみるのがおすすめです。他己分析とは、 周りの人たちから自分がどう見られているかを知ることで、自分の良さや欠点を理解する ものです。

自己分析は簡単!7つの方法の中で試したいやり方から始めよう

とくに キミスカの自己分析ツール「適性検査」 は、性格の傾向や職務適性など9つの診断結果を得られるおすすめのツールです。
手軽に自己分析したい人や、スケジュールがタイトになりがちな就活真っただ中の学生は、ぜひ適性検査で自己分析してみてください!

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる