取引プラットフォームガイド

売値の定義

売値の定義
日経平均株価とは、日本経済新聞社が東証一部に上場している企業から選んだ225銘柄の平均株価のことです。

「ネット」と「グロス」の違い|ビジネスでよくある間違いとは?

事例から学ぶオウンドメディアマーケティング成功の鍵|メリット・デメリット|Senses Lab.| 1

マージン(margin)とは、「利ざや」「売上総利益」という意味をもち、販売価格から原価を引いた「粗利」の意味で使用されます。マーケティング業界では、広告代理店に支払う手数料のことを意味します。つまり、【ネット】+【マージン】=【グロス】という構造になります。
「手数料」の他に「余白」という意味もあり、出版業界で印刷するページの周囲を囲む空白部分を指すこともあります。
交渉や取引の場所で多様される言葉なので、よく理解しておきましょう。

ビジネスで使われるネットとグロスの例

マーケティングにおけるネットとグロスの注意点

今更聞けない「ネット」と「グロス」の違い|メリット・デメリット|Senses Lab.| 2

マーケティング担当者が、1件のコンバージョン獲得にかかったコスト「CPA(Cost Per Action)」を考える際、ネットを見ずにグロスだけで考えてしまうと失敗してしまうことがあります。
例えば、打ち出した広告の費用が、グロス=1000・ネット=800だったとします。そして、この広告で獲得したCV数が10件であった場合、以下のような計算でCPAが算出されます。

【CPA目標→90】
CPA=広告費用÷CV
グロス(1000)÷10=100
ネット(800)÷10=80

つまり、グロスを広告費用として考えると、1件のCVを獲得するのに100円かかり、ネットで考えると、80円かかることがわかります。CPAの目標が90に対して、グロスで見ると損しているように思えますよね。代理店に対してマージンを払うのは無駄なことなのでしょうか?
手数料であるマージンを支払わずに、自社で広告運用を行う場合、さらに人件費がかかります。手数料に対し、長期的な人件費をかけることを考えると、多少赤字になってしまっても、代理店に広告を頼むことが得策でしょう。
マージンを自社で広告運用した場合の「人件費」として考えて差し引き、ネットで計算したCPAを見ると、得していることに気がつくでしょう。
ネットとグロス、どちらか一つに偏らずに両方見ることが大切です。

グロス売上とネット売上の見方

グロス売上は、販売価格をそのまま売上とみなすものであり、ネット売上は販売価格から仕入れ価格を控除したものであり、販売利益を売上とみなすものです。
売上高を考えるとき、グロス売上とネット売上のどちらで考えるかは経営者次第です。百貨店などではグロス売上を見るのが一般的ですが、商社は口銭商売であるため、ネット売上で考えます。
IFRS(国際会計基準)はネット売上を推奨しているため、近年ではネットで売上をだす企業が多くなってきています。
ネット売上はグロス売上よりも売上高が少なくなってしまいますが、その代わり利益率が高くなるため、収益の高さを印象つけることができるでしょう。

【税理士監修】棚卸資産(在庫)の評価損とは?損金算入する条件とは

棚卸資産(在庫)評価損とは

棚卸資産(在庫)評価損とは

棚卸資産評価損とは

棚卸資産評価損の計算方法

*1棚卸資産(在庫)の金額-*2棚卸資産の時価=棚卸資産の評価損

会計で棚卸資産(在庫)評価損はどう計上する?

会計で棚卸資産(在庫)評価損はどう計上する?

会計で棚卸資産(在庫)評価損はどう計上する?

評価損は売上原価として計上する

評価損が特別損失として計上される場合も

  • 地震、風水害、火事などによって商品が全損又は一部損失
  • 部門の統廃合など事業リストラよる商品の販売停止、処分

棚卸資産(在庫)評価損になりやすい商品の特徴

 棚卸資産(在庫)評価損になりやすい商品の特徴

棚卸資産(在庫)評価損になりやすい商品の特徴

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる