初心者必読

相場分析の見極めに必要な4つの視点

相場分析の見極めに必要な4つの視点
の頭文字を取ったもので、マーケティング戦略の中で使われるフレームワークの一つです。
マーケティング戦略の立案と実行には、いくつかのステップがあります。
一般的には、以下のようになっています。
つまりSTP分析は

相場分析の見極めに必要な4つの視点

「ミラートレードって一体なんのこと?」

「儲かるミラートレードはどうやって選べばいいの?」

「そもそもミラートレードって違法なの?」

ミラートレードは 他のトレーダーの戦略をコピーして資産運用する自動売買 ですが、FX会社によってはサービス名称に使われているため、混乱する原因になっています。

今回の記事では、ミラートレードの基礎知識や特徴はもちろん、儲かるミラートレードの選び方も解説していきます。

・ミラートレードの基礎知識
・ミラートレードは儲かるのか
・ミラートレードに違法性はないのか
・ミラートレードのメリット・デメリット
・ミラートレードの業者やプログラムを選ぶ時の5つのコツ
・初心者におすすめのミラートレード業者3つ

ミラートレードの基礎知識

ミラートレードの基礎知識.jpg

ミラートレードとは他の投資家の戦略をコピーするもの

ミラートレードとは、 他の投資家の戦略をコピー(鏡にそっくり映すイメージ)して資産運用する手法 相場分析の見極めに必要な4つの視点 です。

つまりは個人トレーダー、ヘッジファンド、投資会社が提供するストラテジーを選択して運用するシステムトレード全般を指します。

「FXミラートレード」と「ミラートレーダー」はサービス名称

セントラル短資FXが提供する「ミラートレーダー」と、海外のFX会社であるGEMFOREXが提供する「FXミラートレード」はサービスの名称です。

ミラートレードは果たして儲かるのか?

ミラートレードは果たして儲かるのか?.jpg

儲かるか、儲からないかはストラテジー次第

利益を出せるかどうかは、 ストラテジーの選択と運用するタイミング次第 です。

まずはバックテストフォワードテストの結果から収益性の高いストラテジーを探します。

【バックテストとは】
・ストラテジーを 過去の為替データに 当てはめた時の損益グラフ
・良い結果が出るようにストラテジーを調整できるので参考程度にとどめよう

【フォワードテストとは】
・ストラテジーを 実際の相場で 運用した場合の損益グラフ
・ストラテジーの実力が判るのでバックテストよりも信頼できる

ミラートレードは長期戦略で儲けていこう

一時的に損失を抱えるストラテジーでも、 長期で運用すれば儲かる場合があります。

EUR/GBPのストラテジー

ミラートレードで儲けるには、リスクとリターンのバランスを見極めて、余裕のある証拠金で長期運用を心がけましょう。

ミラートレードに違法性はないのか?

ミラートレードに違法性はないのか?.jpg

投資運用業としての金融庁への登録があれば違法でない

ストラテジーを提供して報酬を得る行為は 金融商品取引法に抵触する 可能性がありますが、違法かどうかの見解は定まっていないため、結論はグレーゾーンです。

ただし、金融商品取引法第28条第4項に規定される「投資運用業」として、金融庁に登録して営業する業者は合法です。

イ 投資信託及び投資法人に関する法律第二条第十三項に規定する登録投資法人と締結する同法第 百八十八条第一項第四号に規定する資産の運用に係る委託契約

ロ イに掲げるもののほか、当事者の一方が、相手方から、金融商品の価値等の分析に基づく投資 判断の全部又は一部を一任されるとともに、当該投資判断に基づき当該相手方のため投資を行う のに必要な権限を委任されることを内容とする契約(以下「投資一任契約」という。)

安心できる合法な業者の見分け方

日本投資顧問業協会に加入している業者 は合法な業者と言えます。

理由は投資運用業の登録を受けた者だけが日本投資顧問業協会に加入できるためです。

無登録業者は違法でなくても、安心とは言えない

例えば、FXミラートレードを提供するGEMFOREXは、無登録で金融商品取引業を行っているとされ金融庁のリストに載っている業者です。

無登録=違法というわけではないものの、 トラブルがあった時に金融庁に対応してもらえないリスクがある ので、利用は自己責任となります。

ミラートレードの特徴! メリット・デメリットを理解しよう

ミラートレードの特徴!-メリット・デメリットを理解しよう.jpg

ミラートレード4つのメリット

【ミラートレード4つのメリット】

・プロトレーダーのストラテジーをコピーして運用できる
・プログラムが取引してくれるため、テクニカル分析が不要でFX初心者でも始めやすい
・初心者がつまずきやすいポジションの損切りが不要
・24時間自動で売買してくれるため忙しい人でも始められる

ミラートレード4つのデメリットと注意点

ミラートレードの収益性を高めるには、ストラテジーを理解して 相場の状況に合ったプログラムで運用するための勉強が必要 です。

【ミラートレード4つのデメリットと注意点】

・テクニカルの勉強は不要でも、ストラテジーを理解して合理的な選択が必要
・相場の急変にストラテジーが対応できない場合に備えて、マクロ視点で相場の分析は必要
・リスクを抑えた長期間での投資が推奨されるため、短期取引で稼ぎたい人には向かない
・裁量取引より手数料が高く、取引回数が多いストラテジーの場合はコストがかさむ

ミラートレードの業者やプログラムを選ぶ時の5つのコツ

ミラートレードの業者やプログラムを選ぶ時の5つのコツ.jpg

①業者ではなく、勝てるストラテジーを優先せよ
②自動売買は長期戦略。長期の過去実績を確認せよ
③過去実績の最大ドローダウンを知りリスクをヘッジ
④業者選択の肝は、使いやすさと理解にあり 相場分析の見極めに必要な4つの視点
⑤取引が頻繁なストラテジーは手数料が大事

業者ではなく、勝てるストラテジーを優先せよ

ミラートレードで稼げるかどうかは、 業者ではなくストラテジー次第 です。

バックテストだけでなくフォワードテストの結果、損益グラフが緩やかな右上がりのストラテジーが安定した利益を期待できます。

自動売買は長期戦略。長期の過去実績を確認せよ

ストラテジーを選ぶ時は 長期間の実績をチェックすべき です。

なぜなら自動売買は短期ではなく、年単位の長期投資で利益をあげる手法だからです。

過去実績の最大ドローダウンを知りリスクをヘッジ

自動売買はどうしても含み損を抱えながら運用する取引手法です。

ストラテジーを選ぶ時は、長期間の最大 ドローダウン (含み損を含む最大損失)とリスクリターン率を見て、リスクに応じた収益が期待できるかを見極めましょう。

FXの一目均衡表とは?具体的な使い方と相場の流れを掴むコツ

menu

【SBI FXTRADE及び積立FX(店頭外国為替証拠金取引)】
店頭外国為替証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。外貨での出金はできません。経済指標の結果によっては価格が急激に変動し、思わぬ損失が生ずるおそれがあります。また、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。取引価格、スワップポイント等は提供するサービスによって異なり、市場・金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。取引価格は、買値と売値に差があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。店頭外国為替証拠金取引にあたっては必要な証拠金の額は提供するサービス及び取引通貨ペアごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(「SBI FXTRADE」個人のお客様:4%(レバレッジ25倍)、ただし、ロシアルーブル/円およびブラジルレアル/円は10%(レバレッジ10倍)、法人のお客様:一般社団法人金融先物取引業協会が毎週発表する通貨ペアごとの為替リスク想定比率*(通貨ペアごとにそれぞれレバレッジが異なります)、「積立FX」個人および法人のお客様:100%(レバレッジ1倍)、50%(レバレッジ2倍)、33.334%(レバレッジ3倍))の証拠金が必要となります。
*為替リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【オプションFX(店頭通貨オプション取引)】
店頭通貨オプション取引は店頭外国為替証拠金取引の通貨を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。当社が提示するオプションの取引価格は、買値と売値に差があります。当社の提供する店頭通貨オプション取引の決済方法は反対売買による清算となり、また、NDO(ノンデリバラブル・オプション)であるため権利行使日に権利行使価格と実勢価格による反対売買を行います。
【暗号資産CFD(店頭暗号資産証拠金取引)】
店頭暗号資産証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。暗号資産の価格の変動によって思わぬ損失が生ずるおそれがあり、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。当社の取り扱う暗号資産は、本邦通貨または外国通貨ではありません。また、特定の国家または特定の者によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。取引価格は、買値と売値に差(スプレッド)があります。スプレッドは暗号資産の価格の急変時や流動性の低下時には拡大することがあり、お客様の意図した取引が行えない可能性があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。暗号資産の現物でのお預かり、お受取りはできません。店頭暗号資産証拠金取引を行う上で必要な証拠金の額は取り扱う暗号資産ごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(個人のお客様:50%(レバレッジ2倍)、法人のお客様:一般社団法人日本暗号資産取引業協会が毎週発表する暗号資産ごとの暗号資産リスク想定比率*(暗号資産ごとにそれぞれレバレッジが異なります))の証拠金が必要となります。証拠金の詳細については、当社ホームページでご確認ください。取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、当社ホームページでご確認ください。 相場分析の見極めに必要な4つの視点
*暗号資産リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第51項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【共通】
店頭暗号資産証拠金取引を除くその他のサービスは、原則、口座開設・維持費および取引手数料は無料です。ただし、当社が提供するその他の付随サービスをご利用いただく場合は、この限りではありません。また、元本及び利益が保証されるものではありません。決済方法は反対売買による差金決済又は清算となります。お取引を始めるに際しては、「契約締結前交付書面」、「取引約款」等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。

SBI FXトレード株式会社(金融商品取引業者)
関東財務局長(金商)第2635号
加入協会:一般社団法人 金融先物取引業協会
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会

SEO施策費用の相場は?施策内容別の料金・費用対効果の考え方を解説

近年、ZMOT(ジーモット|顧客は、店舗に来店する前にインターネット等の下調べにより購入する商品を決定している、というGoogleが提唱するマーケティング論)などの消費行動に代表されるように、購入検討を行う顧客へのアプローチ方法としてSEOへの取り組みは欠かせないものとなっています。実際に取り組む場合にどの程度の予算があればいいのか、悩んでしまうケースは多いのではないでしょうか。
今回は SEO施策別に料金や内容を詳しく解説 するとともに、 費用対効果の考え方についても説明 します。

SEO施策内訳

施策別のSEO費用相場・料金体系の概要

施策別のSEO費用相場一覧

  • SEO総合コンサルティング
  • SEO設計コンサルティング
  • コンテンツ施策(コンテンツSEO)
  • 相場分析の見極めに必要な4つの視点
  • 内部SEO施策
  • 外部SEO施策

それぞれの施策についての詳細は、後ほど詳しく紹介します。
施策別の概要と費用の相場 は以下の通りです。

相場分析の見極めに必要な4つの視点 相場分析の見極めに必要な4つの視点 相場分析の見極めに必要な4つの視点 相場分析の見極めに必要な4つの視点
施策名 費用相場(料金体系) 概要
SEO総合コンサルティング 10〜50万円程度
(月額固定型)
SEOで成果を上げるための
総合的な支援を行う施策
SEO設計コンサルティング 10〜100万円程度
(一括支払い型)
サイトをSEOの観点で
設計・改善を行う施策
コンテンツ施策
(コンテンツSEO)
5〜10万円以上/本
(月額固定型/一括支払い型)
SEOの観点に基づいて
コンテンツを制作する施策
内部SEO施策50万円〜
(一括支払い型)
サイト内の設計を見直し、
SEOの視点から適切な改善を行う施策
外部SEO施策 数万円〜
(月額固定型/成果報酬型)
外部リンクをマネジメントし、
リンクアーニングを行う施策

SEO施策・3つの料金体系

SEO施策を外部委託する際には、大きく3つの料金体系があります。例えば、↑上記の表で、費用相場の欄に”()”で記しているのが料金体系です。

1.月額固定型 年間契約などSEO施策を委託する契約期間を定め、その期間内は毎月固定で委託費用を支払うタイプです。多くの場合、契約期間中での目標(KPI)を定め、それに応じて毎月継続した作業が発生する場合や、納品物の数が毎月固定で決まっている場合に多く採用されます。 2.一括支払い型 コンテンツ制作やサイト改善など作業内容が明確な場合は業務内容に応じた委託費用を一括で支払うケースがあります。基本的には年間契約などではなく、スポットで依頼する場合に多く見られます。 3.成果報酬型 作業内容に応じて委託費用を支払うことはせず、施策によってサイトが検索上位に表示された時点から日ごとに成果報酬を支払うケースが多いです。

SEO費用

ただし、地域場所、時間によって一部順位が変化する、また検索結果がリッチ(画像やpeople also ask※他の検索ユーザーがどのような質問をしているのかが表示される機能)になっているがゆえ、オーガニックで10番目にもかかわらず 2ページ目以下に位置するケースもあります。

また、成果報酬が発生する順位は契約時の取り決めに応じて定められます。一般的には外部SEO施策で多く採用される料金体系です。

成果報酬型のSEO施策は、一時期多くのSEO会社で提供されていましたが、多くの問題があったためほぼ最近では聞かなくなっています。
例えば、何の施策もしていないにも関わらず対象顧客サイトの検索順位の上下動によって課金するということが横行したからです。 成果報酬を謳い、その施策内容の詳細を明かさないSEO会社には注意が必要です。

ユーザー行動や認知を考慮したSEOが重要になってきている

SEOで成果を上げるためには、 サービス認知獲得やユーザー行動を最適化するための施策も重要 です。Google Analyticsやサーバーログなどの分析を通して、ユーザー行動を改善するコンサルティングやサイト外からの認知を獲得するための施策も含めて検討・提案できるエージェンシーを選ぶことが望ましいでしょう。

施策別のSEO費用相場詳細

SEO総合コンサルティング(10〜50万円/月)

SEOで成果を上げるために必要な作業、総合的な支援を行うものです。主な作業内容としては、 現状のサイトの分析 や 競合調査 、 対策キーワード調査 などを踏まえ、SEOの観点から改善が必要な点を整理し施策を企画します。また、施策としてコンテンツ制作が有効な場合は、制作支援も業務内容に含まれる場合があります。

SEO総合コンサルティングはサイトの状態や委託会社により、対応する範囲に違いが出やすいです。アクセス解析やサーバーログの分析を通してサイト内の導線改善の提案まで対応してくれる場合もあります。できればヒートマップ等を活用した、 ユーザー行動の改善提案まで含まれているのが理想 です。

SEO設計コンサルティング(10〜100万円以上/回)

SEO設計コンサルティングは、サイトの構造をSEOの観点に基づいて設計、改善するものです。SEO総合コンサルティングの内容から 「サイト分析」「調査」「企画」を切り離した作業 と考えるとわかりやすいでしょう。

コンテンツ施策(コンテンツSEO)(5〜10万円/記事)

小手先のテクニックが通用しない昨今のSEO状況に鑑みると、ユーザーにとって有益なコンテンツを増やしていくことは本質的な施策になります。
コンテンツで良いユーザー体験を生むためには 、E-A-T(専門性・権威性・信頼性)を満たし、読みやすさも意識する必要 があります。

ただ、これらの全てのコンテンツ制作プロセスを外部委託する場合は、かなり費用がかさみます。 企画や構成作成などの根幹の部分はインハウス化をするほうがクオリティも高くなることが多い と考えます。
当社の「ミエルカ(MIERUCA)」は、そうしたインハウス化のためのツールとしてもご活用いただきます。現状リソースやインハウス化に向けたご相談も承っていますので、お気軽にご連絡ください。

無料サイト診断

内部SEO施策(50万円~/回 ※サイト規模による)

SEO設計コンサルティングとの違いは、狙うべきキーワードの調査や競合調査は既に行われている前提で作業を行う点です。この施策ではそれに対して、 サイトの設計が適切かどうかを確認し、より良い状態に改善していくこと に注力します。

ただ、最近の検索エンジン進化はめざましく、大きな不備がない限り 内部SEO施策(タグ調整等)だけで大きなSEOパフォーマンスの改善の恩恵は受けられない可能性が高い でしょう。
もちろんマイナスがないことに越したことはありませんので、できる限り整備することはオススメします。

とは言え、システム改修なども絡むと工数(費用)のわりに、改善効果はそこまで見込めないというケースもあります。このあたりを加味して改善提案してくれるエージェンシーを選択すると良いでしょう。
また、大規模サイト(ポータル系やECサイトなど)の場合は、内部クロール分析や導線の再設計、サイト内検索結果画面の設計なども施策内容に含まれることがあり、サイト規模によっては100万円を超えるケースもあります。

外部SEO施策(数万〜/月)

SEO施策の費用対効果の考え方

SEO施策は重要と思いつつも、 施策を実施した後の費用対効果測定方法はどうすればいいのか? と疑問に感じる方もいるのではないでしょうか。

SEO施策は中長期での効果測定が必要

一方、SEOは施策を始めてすぐ、あるいはコンテンツを公開して数週間でコンバージョンが発生することは稀です。SEO施策は自社サイトのドメインを強化し、Googleの検索アルゴリズムに有益なサイトであることを認識されてから上位表示する一連の流れがあり、 検索上位に表示されるまでのリードタイムが少なくとも半年程度はかかる とされています。

費用対効果の例

SEO成功事例

  • コンテンツ制作費用:5万円×3記事=15万円
  • 1記事のセッション獲得数:1,400セッション×3記事=4,200セッション
  • 3記事とも1年間、安定的に1,400セッションずつ獲得する
  • コンテンツ制作費用:5万円×3記事=15万円
  • 年間セッション数:4,200×12ヶ月=50,400セッション
  • 1セッションあたりの費用:2.97円

コンテンツSEOでは検索行動を起こしたユーザーが自社コンテンツにアクセスするため、 自社が発信したいコンテンツに関心のあるユーザーを約3円で誘導できているということ にもなります。

また、コンテンツ制作は通常3記事で終わることはなく、公開するコンテンツが増えるほど、 1セッションあたりの費用は下がる傾向がある点も特徴のひとつ です。

SEOを外部委託する際の注意点

SEOを外部委託する場合は各企業が得意としている分野を把握することはもちろん、 提案内容が適切かどうかを見極める必要 があります。ここでは、適切な外部委託先を見極めるために注意しておきたいポイントについて解説します。

同業界の実績がある会社を選ぶ

外部リンク施策を推奨する会社には注意する

現在のGoogleアルゴリズムでは、意図的な外部リンクの購入や自作自演の被リンクの獲得はガイドライン違反とされています。そのため、これらの 外部リンク施策の実施を提案する委託先には注意 してください。

コンテンツの品質をあらかじめ確認する

コンテンツ制作を委託する場合は、その会社の納品物やサンプルを確認し、コンテンツの品質に問題がないかをあらかじめ確認しましょう。特に、 コンテンツSEOは委託費用が安すぎると、コタツ記事(未経験者が執筆する記事)などの品質の低い納品物が提出される可能性 があります。

はじめは施策の一部をお試しで委託する

委託する予定の企業が信頼できるかどうかを見極めるためにも、最初から全てのSEO施策をお願いすることは避け、 キーワード調査やサイト分析など一部の施策をお試しで依頼することから始めてみるといい のではないでしょうか?

SEOツールを活用して内製化することもできる

  • 外部委託に対する費用が抑えられる
  • PDCAをスピーディに回せ、施策実行スピードが速くなる
  • 社内にSEOに関するノウハウが蓄積される
  • 専門性の高いコンテンツを制作しやすい

ミエルカ(MIERUCA)ではツールの提供だけではなく、SEOのノウハウを学ぶための学習コンテンツや、専任のカスタマーサクセスのバックアップを行っています。

SEOの委託会社は費用だけで選ばないことが大切

大森真澄

ダイレクトマーケティング会社を経て、株式会社CARTA COMMUNICATIONS入社。メディア広告支援や新規事業立ち上げを経験後、TikTok For Business広告事業の日本展開およびマネジメント業務に従事し、TikTok For Business Awardにて2年連続プラチナ賞を獲得。2021年より独立し、デジタルマーケター・ライターとして活動中。

相場分析の見極めに必要な4つの視点

SalesZine Day 2022 Summer

SalesZine Day 相場分析の見極めに必要な4つの視点 2022 Summer
2022年7月26日(火)13:00-18:05

SalesZine Day 2021 Summer レポート総まとめ

SalesZine Day 2021 Winter レポート総まとめ

セールスDX研究所 powered by NTTコミュニケーションズ

SalesZine Day 2020 Summer レポート総まとめ

SalesZine Day 2020 Winter レポート総まとめ

SalesZine Day 2019 Summer レポート総まとめ

SalesZine Day 2022 Winter レポート総まとめ

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

SalesZine Day 2022 Summer

SalesZine Day 2022 Summer

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

STP分析とは?分析方法や重要性、活用事例を紹介!

stp

マーケティング戦略手順

の頭文字を取ったもので、マーケティング戦略の中で使われるフレームワークの一つです。
マーケティング戦略の立案と実行には、いくつかのステップがあります。
一般的には、以下のようになっています。
つまりSTP分析は

  1. 同質のニーズを持った市場を細分化
  2. 細分化した市場のなかでどこを狙うのかを決定
  3. 狙う市場のなかで自社の立ち位置を明確にする

という役割があるのです。
内部環境と外部環境の分析では、3C分析、5F(ファイブフォース)分析、SWOT分析などが使われます。
では、上記のマーケティング戦略を立案・実行するにあたってSTP分析をする目的はどこにあるのでしょうか?

なぜSTP分析が重要?

市場や顧客のニーズは時代とともに変化していきます。時代の変化に対応していくためには、ターゲットを明確にしたマーケティング戦略が必要です。
ターゲットを明確にしていない商品・サービスは、訴求軸がぶれてしまい、顧客に魅力が伝わりません。そのため、自社の強みを活かせない結果となってしまうでしょう。
マーケティング戦略を考えていくうえで、事前の調査・分析は欠かせないといえます。

STP分析のメリット

  • 顧客やニーズについて整理できる
  • 自社の商品の強みを明確化できる
  • 他社との競争を回避できる

顧客やニーズについて整理できる

STP分析を行う最初のメリットは、顧客やニーズについて整理できることです。
STP分析は、どのようなニーズがあるのか、そのニーズの中でどういった市場をターゲットにするのかを分析します。
ですので、STP分析をしっかりと行えば、商品を購入してくれるユーザー像(ペルソナ)を具体的にイメージできるでしょう。

自社の商品の強みを明確化できる

他社との競争を回避できる

STP分析の項目・指標を詳しくみてみよう

  • Segmentation:セグメンテーション
  • Targeting:ターゲティング
  • Positioning:ポジショニング

セグメンテーション

セグメンテーションとは、市場を顧客やニーズなどの共通項によって細分化する作業です。
市場は、消費財市場と生産財市場に分けられます。
消費財市場と生産財市場は、それぞれ4つの軸に分類されます。

消費財市場の4つの軸

    相場分析の見極めに必要な4つの視点 相場分析の見極めに必要な4つの視点
  1. 人口動態軸(年齢、性別、家族構成、職業)
  2. 地理軸(地域、人口密度、住まい、文化、行動範囲)
  3. 社会心理学軸(ライフスタイル、価値観、パーソナリティ、購買動機)
  4. 行動軸(購買活動、購買心理、購買契機)

生産財市場の4つの軸

  1. 人口軸(業種、規模)
  2. オペレーティング軸(使用頻度、顧客の能力)
  3. 購買アプローチ軸(購買方針、購買意欲)
  4. 状況要因軸(緊急性、受注量)

セグメンテーションで大切なこと

セグメンテーションで大切なことは、どういった観点でどのくらい厳密に細分化すべきかの塩梅です。
現在は消費行動が多様化しています。
消費財市場は特に、どこまで細分化して考えるべきか難しい局面も考えられます。
セグメンテーションを行うにあたっては、「細分化した市場が充分なサイズか」「自社の強みを生かしやすい市場か」を考えるのが一つのポイントになるでしょう。

ターゲティング

ターゲティングでは、細分化された市場の中からどこを標的とするのかを決定します。
自社の商品の強みや、ブランドイメージが生かされるような市場を選択します。
狙いを定める市場を決定するときには、大きく3つのパターンがあります。

  1. 無差別型マーケティング
  2. 差別型マーケティング
  3. 集中型マーケティング

無差別型マーケティング

無差別型マーケティングは、セグメンテーションで分類した市場をあえて無視して、さまざまな市場に共通の商品を提供する戦略です。
無差別型マーケティングは、資金力が豊富な大企業向けの戦略です。
また、消費行動が多様化している現在では、大企業であっても有効とは言えないケースも増えているでしょう。

差別型マーケティング

複数の市場に対して、それぞれ異なる商品を提供する戦略です。
例えば、多くの自動車メーカーが無差別型マーケティングを採用しています。
商品そのものを分けるのではなく、複数の料金タイプの設定や、似たジャンルの商品を機能を変えて販売することも差別化マーケティングの一種になります。

集中型マーケティング

ポジショニング

ポジショニングでは、狙うと決めた市場の競合を調査し、自社がどのような立ち位置で勝負するかを決定します。
分析方法として、ポジショニングマップという2軸のマトリック図を作成することが多いです。

X軸とY軸それぞれにどのような価値の軸で分類するかを設定し、自社がどのような立ち位置かを分析していきます。
価値の軸に関しては、値段や品質、販売チャネルなどがあります。

ポジショニングでは「データに基づいた分析をおこなうこと」「一度に多くの指標を比較しないこと」が大切です。
データを無視して感覚で判断すると、正確な分析ができない場合があります。
また、多くの指標を同時に比較するとデータが複雑になってしまい、大事なデータを見落とす可能性が高くなります。

同時に比較する指標は、1~4つくらいにするのが良いでしょう。

STP分析の活用事例

俺の株式会社

  • スタンディング席を採用し、二時間制にすることで回転率を上げる
  • 高級食材や有名シェフ、好立地を実現し、ブランディングを確立する

「居酒屋よりも高級な料理を提供し、高級レストランよりも低価格で提供する」といったポジショニングで、社会的地位を中間所得層に設定しています。
通常、飲食店でのフード原価率は25-30%ですが、俺の株式会社は40%超え、店舗によっては60%を超えている状態です。
回転率を上げることで、食材の大量発注が可能となり、コストを下げられるというシンプルな仕組みがうまく機能しています。そのため、低価格のメニューを提供しても売上を上げられています。

株式会社ニトリ

小価格・中価格でありながら高品質で高機能な商品を提供するという、圧倒的なポジションを確立している「ニトリ」。
「お、ねだん以上 ニトリ」というフレーズがCMで浸透し、ブランディングに成功しました。

STP分析をおこなう際の注意点

分析順は柔軟に考え、各要素の連動性を意識する

セグメンテーション、ターゲティング、ポジショニングはそれぞれ別で考えずに、連動させて考えることで正しい分析ができます。
また、どのような商品をアプローチするのかで、分析順は変わります。
縦の順番にこだわりすぎず、ポジショニングを最初におこなうなど、柔軟に考えるようにしましょう。

市場を多角的に分析する

狙う市場から十分な収益が得られるかを考慮し、選定しましょう。
あまりに小規模すぎたり、成長が見込めない市場は、そもそも売上がたたない可能性があります。
STP分析でしぼった市場であっても、多方面からの分析を重ねて、最適な市場を導きましょう。

客観的な視点を意識する

自社の強みを最大限に活かすには、顧客のニーズを理解する必要があります。
良い商品であっても、アプローチする場所が違えば、誰にも響かない商品となってしまいます。
競合を分析し、自社のポジションを優位にするには、客観的な視点での分析が必要です。

フレームワークを組み合わせ、分析を見直す

STP分析の活用方法

  1. 自社に適した消費者グループを見つけ出す
  2. 自社の優位性を見極める
  3. 3C分析と組み合わせる
  4. 5R視点で評価する

自社に適した消費者グループを見つけ出す

まずは、自社に適した消費者グループを見つけ出すという活用方法です。
STP分析では、顧客やニーズによって市場を細分化し、自社が狙う市場を見極めます。
そこで、自社に適した消費者グループを見つけ出すことができれば、そのグループに向けて、新しい商品を提供することができます。

自社の優位性を見極める

またポジショニングでは、競合を分析し、自社がどの立ち位置で勝負を仕掛けるかを決めていきます。
そのとき、さまざまな観点からポジショニングマップを作成することで、自社の優位性を再認識するきっかけになるでしょう。

3C分析と組み合わせる

STP分析は、3C分析と組み合わせて使われるケースも多いでしょう。
3C分析とは、内部環境と外部環境を分析し、市場機会を見つける時に使われ、Customer(市場・顧客)、Competitor(競合)、Company(自社)から分析します。
ターゲティングをCustomer(市場・顧客)、Competitor(競合)、Company(自社)の観点で、自社に適した市場を見つけ出しやすくなるでしょう。
反対に、3C分析で魅力的な市場でないと分かれば、狙う市場を変えるというのも有効かもしれません。

5R視点で評価する

  • Realistic Scale(充分な規模があるか?)
  • Rate of Growth(成長率は高いか?)
  • Rank 相場分析の見極めに必要な4つの視点 相場分析の見極めに必要な4つの視点 & Ripple Effect(優位性と波及効果はあるか?)
  • Reach(達成することは現実的か?)
  • Rival(競合の状況はどうか?)

というものです。
5R視点で評価することで、狙うと決めた市場が本当に正しい選択となっているかを確認する手助けになるでしょう。

STP分析は、市場を顧客やニーズなどの共通項によって細分化し、細分化された市場の中からどこの市場を狙うのか、その市場で自社の立ち位置はどこになるのかを分析するものです。
競合に差をつける優れた施策をおこなえるか否かは、STP分析をどの程度おこなったかによって左右されるでしょう。
自社の収益を大きく伸ばしたいときは、このSTP分析に立ち返ってみてください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる