弱気相場での取引

株価予想達人がシステムトレードを選んだ理由

株価予想達人がシステムトレードを選んだ理由
私も斉藤さんが作ったソフトということで期待してこのソフト買ったのですが… 少なくとも後発組のソフトに求められる、既存のソフトにない優位性というものがなく、むしろ機能面で劣後していると思います。
引用元:株システムトレードを語ろう!「システムトレードの達人を語ろう!」より

日本株システムトレードの検証ソフト「システムトレードの達人」「シストレ魂」の質問

最近販売された、日本株システムトレードの検証ソフトである「システムトレードの達人」と「シストレ魂」についての質問です。 日本株のシステムトレードを実践するためにはソフトが必要だということで、その検証ソフトを探しているのですが、どちらにしようか迷っています。 一見すると、「シストレ魂」のほうがやれることが多そうな気がするので、そっちにしようかなと思っていますが、「システムトレードの達人」はあの斉藤正章さんが作ったソフトということで、そっちも捨てがたいと思っています。 値段もほぼ同じくらいなだけに迷うところです。 むろん、ソフトの性能が第一ですが、分からなかったときのサポートや情報が充実していることも判断材料にしようかなと思っていますが、この2つの検証ソフトを使ったことのある人で 「こういう理由から、こっちのほうがいいと思うよ」 というご意見をお待ちしております。

質問者が選んだベストアンサー

「シストレ魂」のほうが絶対におススメです。 ソフトの性能、サポートの良さ、情報の充実度、のいずれで評価しても「システムトレードの達人」よりも「シストレ魂」のほうが上回っています。 私は、主要な日本株の検証ソフトである 「パイロン」「検証くん」「イザナミ」「システムトレードの達人」「シストレ魂」 を全て持っていますが、性能面でいうと、 シストレ魂 > 検証くん = イザナミ > システムトレードの達人 > パイロン という順になるのではないかと個人的には思っています。 一方、システムトレードの達人ですが、先行組の「検証くん」や「イザナミ」よりも性能が低いと思います。(ちなみに、「検証くん」はもう販売していないので、入手できません。) それと、サポートですが、「シストレ魂」はバージョンアップもメール対応も早いですから、これも問題ないと思います。 最後に、情報発信ですが、シストレ魂だけはメールマガジンやホームページでシステムトレードの情報を無料で提供してくれています。他のソフトではこんなに情報を提供してくれません。 こちらについては、参考URLにメールマガジンのページを掲載しましたので、何か参考になればと思います。

質問者からのお礼 2010/02/28 09:59

「システムトレードの達人」と「シストレ魂」の比較のみならず、他の既存のソフトとの性能比較もしていただいてありがとうございます。 全てのソフトの販売ページをもう一度読み直してみて、「シストレ魂」が一番充実しているなあと感じました。 株価予想達人がシステムトレードを選んだ理由 質問への回答も丁寧でしたので、購入に至りました。

その他の回答 (3)

  • 2010/02/24 17:04 回答No.4

これまでに日本株システムトレードの検証ソフトとして、「パイロン」「検証くん」「イザナミ」といった優秀なソフトが販売されているので、まずそちらを検討する事をお勧めします。 「検証くん」は、残念ながら販売中止になっているようですが、オークションを使えば入手可能です。 株価予想達人がシステムトレードを選んだ理由 「イザナミ」「パイロン」に至っては現役で販売していますし、商品の信頼性や実績、サポートも抜群です。 どうしても、「システムトレードの達人」「シストレ魂」どちらかに限定という話であれば、「システムトレードの達人」は注意したほうがいいのではないかと思います。 理由は、評価版がないからです。 そもそも20万円近いソフトを衝動買いさせる売り方に、ユーザー保護の精神が感じられません。

質問者からのお礼 2010/02/28 10:15

回答ありがとうございます。とても参考になりました。 やはり販売実績がそれなりにある既存のソフトとの比較というのは重要ですね。 販売ページをもう一度見て、自分でもいろいろと機能比較をしてみました。 検証くんをオークションで入手するというのは、サポートが期待できないですから、これは選択肢にはなかったです。 パイロンですが、資金管理がないソフトということで、自分がイメージするようなバックテストが出来なそうだということがわかったので、これも除外しました。 最終的には、イザナミかシストレ魂をと考えたのですが、体験版をそれぞれダウンロードして操作性を比較したところ、シストレ魂のほうが分かりやすかったので、販売されたばかりのソフトではありますが、シストレ魂を購入するに至りました。 システムトレードの達人は体験版がないということで、ユーザーから見てどんなソフトが分かりにくかったことと、斉藤さんに対する不信感も出てきましたので、これは選択肢に入れないことにしました。 同じように見えるソフトでも、よくよく調べると性能面やサポート面でかなり違いがあることが分かりましたので、勉強になりました。

  • 2010/02/19 07:54 回答No.3

先の方が書いていますように、斉藤正章さんが作ったというのはソフトを選ぶ理由になっていないと思います。 ソフトの性能とサポートや情報の充実度という点だけで十分かと思いますので、シストレ魂でいいのではないでしょうか。 昔ならばともかく、今において斉藤正章さんが作ったというところに魅力を感じること自体がよく分かりません。 検証ソフトで確認したら分かりますが、2006年からご自身の逆張りストラテジーも芳しくないですし、リーマンショックのときには相当やられているような様子も伺えます。(参考URLをご覧ください。) 昔のセミナーで売り物のソフトを作らないと言っていたのに、ここに来て作ったってことは、お金に困っているのかなという気がしてなりません。 まあ、それはともかく、良いソフトを入手したいというのであれば、システムトレードの達人はやめておいたほうが無難です。

質問者からのお礼 2010/02/28 10:08

回答ありがとうございます。とても役に立ちました。 斉藤正章さんと言えばシステムトレードの第一人者という評判だったので、ついついそれで良いソフトかなと思っていた節がありました。 ご指摘いただいたことを踏まえて斉藤正章さんのブログをもう一度読み直してみると、「この人ホントにシステムトレードの達人なのかなあ」と疑問を持つようになりました。 システムトレードの達人はやめておいて正解でした。

  • 2010/02/13 20:06 回答No.1

シストレ魂のほうがいいと思います。 株価予想達人がシステムトレードを選んだ理由 システムトレードの達人を購入した人に触らせてもらったのですが 正直完成してるとは言えません。あれでお金をとるのはどうかと思います。 将来のことは分かりませんが、いきなり信頼度ダウンです。 今のところ体験版もないですし、斉藤さんだからという理由で18万円はキツすぎます。 シストレ魂は体験版を触っただけなのですが、感想としてはそつないソフトです。 初心者がやりたいと思えることがいろいろできます。 発売が始まったばかりでいきなり4回もバージョンアップしているので不安な気もしましたが、基本的には機能UPのバージョンアップのようですし好感がもてます。 システムトレードを行う上で一番大切なことは、何事も自分で確認し決断するというスタイルです。 ぜひ体験版等で触れてみてからの購入をお勧めします。 株価予想達人がシステムトレードを選んだ理由 そういう意味では先行しているイザナミがいいとおもってます。 最適分散投資の設定は変えられないものの、それ以外は全部製品版と同じ機能が試せるので好感がもてます。サポートメールの返事も早いです。

質問者からのお礼 2010/02/28 10:03

回答ありがとうございます。とても役に立ちました。 システムトレードの達人には体験版がなかっただけに、販売ページだけでしか判断できないのがつらいところでした。 斉藤さんが作ったソフトという理由では買えないことも分かったので、無駄なお金を使わずに済みました。 最終的には、イザナミとシストレ魂でどうしようかなとは思いましたが、体験版をダウンロードして操作性を比較してシストレ魂のほうが分かりやすかったので、シストレ魂にしました。

関連するQ&A

以前(2010年)にこのような投稿が質問があり、回答されていますが、既に5年を経過しており状況も変わってきていると思います。 どこのソフトがよいのか教えてください。 最近販売された、日本株システムトレードの検証ソフトである「システムトレードの達人」と「シストレ魂」についての質問です。 日本株のシステムトレードを実践するためにはソフトが必要だということで、その検証ソフトを探しているのですが、どちらにしようか迷っています。 一見すると、「シストレ魂」のほうがやれることが多そうな気がするので、そっちにしようかなと思っていますが、「システムトレードの達人」はあの斉藤正章さんが作ったソフトということで、そっちも捨てがたいと思っています。 値段もほぼ同じくらいなだけに迷うところです。 むろん、ソフトの性能が第一ですが、分からなかったときのサポートや情報が充実していることも判断材料にしようかなと思っていますが、この2つの検証ソフトを使ったことのある人で 「こういう理由から、こっちのほうがいいと思うよ」 というご意見をお待ちしております。

株システムトレード検証ソフト「検証くん」はデタラメなのですか? 発売元のホームページを見ると、「これはデタラメです!」といっているような超怪しげなホームページです。なぜ普通の企業的ホームページをつくらないで、あのような怪しげな内容・写真・デザインのホームページなのか不思議です。 Google等で「検証くん」を検索すると、いろんな掲示板等で「詐欺だ」とか書かれていますが、具体的にこのソフト自体の何が詐欺なのか書かれていません。あと、販売者の自作自演的ホームページもあり、いったい何を考えているのかと思います。 「検証くん」を使って儲けられるかどうかではなく、信頼できるデータによって、信頼できる検証が本当に出来るのですか?

日経225システムトレードするなら、どのソフト・プラットフォームがよいですか? 検証ソフト、自動売買ソフトは問いません。 日経225先物(ミニ)でのシステムトレードをはじめようと思っていますが、 正直、トレードスタジアム、トレードシグナル、楽天RSS、岡三RSSなどなど 数多くあり、どれが使いやすいのかわかりません。 私自身エクセルは使えますが、 投資言語はほぼ書けません。(本は買って少しは知識有りですが) まずは、寄付き、大引けシステムを考えています。 ゆくゆくはデイトレードも考えていますが。 どうぞよろしくお願いいたします。

株のシステムトレードソフトを開発するのにどのようでプログラミング言語が必要なんでしょうか? ちなみにRubyはどうなんでしょうか? 時系列のデーターはヤフーファイナンスからひっぱて日々保存していきデーターを保存していく それを元に分析していく。 参考になるHP&参考書籍もあれば教えてください。

株チャートソフトをダウンロードしようと思っていますが、PCの不具合などありますか? 225先物3分足リアルタイムチャート Quote.com トレードシグナル マルチチャート 株の達人 など 他にいいソフトはありますか?

システムトレードをしようと検証くんというソフトを買いました。 このソフトはダウンロードするのではなくインストールするのですが この意味がよく分かりません。 つまりダウンロードするならば完全に自分のPCのハードディスクの中に入るということだと思うのですがインストールとはどういう意味なのでしょうか?一般的にはアプリケーションが使用できるように設定をするという意味で使われるらしいのですが、一般のプログラマーの方に質問してもダウンロードとの違いが分からない始末です。 つまり何がいいたいのかというと、このソフトでせっせとストラテジーをつくって結果を残すのはいいのですがそれは同時に大本のサーバーか何かに蓄えられ素晴らしいストラテジーが集められているのではないかということです。 他のシステムトレードには、時間の短縮を目的にサーバー内で作業をしていることを公言しているソフトもあります。つまり結果も丸見えということです。ただPCの性能や環境で異常に時間がかかるのも事実です。 ただインストールと言われると意味がわかりません。またいろいろな意味で感覚的に捕らえられることもあると思います。また、仮にダウンロードしていても結果を向こうのサーバーに送る設定にするなどネットワークで繋がっていれば考えられないことはないと思います。 制作した会社の社長もすぐれた方達とストラテジーを共有し、などという意味深な発言もこのごろしています。 自分はシステムエンジニアではないのでどこにプログラムがあるのかさえも分かりません。 売り方に対しては批判があるソフトですが、一石を投じた意味は大きいとわたしは評価していますが、はたしてそんな設定が出来るのでしょうか?プログラムの場所がわかれば一応安心します。

システムトレードについて興味があるのですが、よくわからないので教えて下さい。 国内株式に対応したソフトを購入しようかと思っているのですが、システムが理解できません。 過去の検証で優位なルールを見つけるというのは理解できます。 わからないのは、そのルールにマッチした銘柄をどうして見つけるのかがわかりません。 購入したソフトが、現在時点でそのルールにマッチした銘柄はコレコレだよ、と教えてくれるのですか? もしそうなら日々のデータ入力が大変だと思うのですがどのようにするのでしょうか。 それとも自分でスクリーニング等を利用しながらルールにマッチした銘柄を探すのでしょうか? わからなくて何かトンチンカンな質問かもしれませんがよろしくお願いします。

株で46億円を稼いだ投資家・テスタさんが「株初心者が
やるべきこと」を伝授! 投資歴6年で“億り人”になれ
たトレードの秘訣や、注目している投資対象を直撃!

facebook-share

今回は特集の中から、株式投資の利益で46億円を稼ぎ出した個人投資家・テスタさんのインタビューを紹介。投資歴16年の間に、投資手法を少しずつ変えてきたテスタさんのポリシーや、脱・初心者を目指す際に注意すべきことなど、投資で勝つための秘訣を聞いた! 株価予想達人がシステムトレードを選んだ理由 株価予想達人がシステムトレードを選んだ理由
【※関連記事はこちら!】
⇒伝説の投資家・cisさんが語る「株で勝つために必要な“3つの鉄則”」とは? 資産230億円を実現したcisさんの「シンプルだけど大事な“株の鉄則”」を心に刻め!

一つの手法にこだわりすぎず、投資の引き出しを増やすのが重要!
最初は勝てなくても、とにかく相場と向き合い続けよう

【個人投資家・テスタさん】2005年に株式投資をスタート。初期は秒単位のスキャルピング、2016年から中長期投資も始める。2019年は1年だけで10億円を稼いだ。

【個人投資家・テスタさん】2005年に株式投資をスタート。初期は秒単位のスキャルピング、2016年から中長期投資も始める。2019年は1年だけで10億円を稼いだ。
拡大画像表示

──テスタさんは株式投資をスタートしたときから、投資成績がマイナスの年は一度もないということですが、どうしたら毎年勝てるのでしょうか。

テスタ 2005年に、 300万円を元手 に専業投資家としてスタートしました。初月はマイナス30万円、2カ月目はマイナス15万円負けましたが、3カ月目からプラスに転じ、幸いここまで年間の負けはなしで来ています。初期は 「スキャルピング」 といって、秒単位のトレードで数百~数千円の利益をコツコツ積み上げていきました。その後も10年間はデイトレがメインで、1日に稼げる利益が数十万円単位へと増えていきました。
【※関連記事はこちら!】 株価予想達人がシステムトレードを選んだ理由
⇒株初心者はいくらから株式投資を始めればいいのか? 1株単位で株が買えて「1株=数百円」から始められる「5つのサービス(LINE証券・ネオモバ・S株など)」を解説!

──途中、アルゴリズム取引(コンピューターによる高速売買)が入ってきてスキャルピングのような超短期売買は難しくなりませんでしたか?

テスタ システムや仕組みが変わるのに合わせて、自分のやり方を変えてきました。アルゴリズムの研究にも時間を費やしましたし。コロナの件だってそうですよね。それまで好調だった産業が崩れたり、反対に新たな有望銘柄が出てきたり。 時代の変化とともに、その都度、正解も変わる ので、株式市場で生き残り続けるには 「変化力」 が大切です。

テスタさんの資産は、これまでに46億円を突破!


拡大画像表示

──2016年からは中長期投資も始め、投資スタイルが大きく変わったそうですね。そこから、さらに資産増加のペースが加速しています。

テスタ 僕はもともとファンダメンタル(企業の財務や業績)分析は苦手でした。ずっとデイトレでいきたかったけど、資産額が増えてスキャルピング以外の手法をやらざるを得なくなった。それでIPO株に興味を持ったり、決算分析の勉強も始めました。デイトレでは、おもに需給(買い手と売り手の力関係)を読みながらトレードしていたので、これは得意。中長期投資でもファンダメンタル分析に加えて需給もみているので、それが強みになっているとは思います。

――いまは中長期投資のみですか?

テスタ いまでもデイトレもやるし、相場全体が下がれば高配当株を買って長期で保有もします。一時的に有効な手法でも、流行るとすぐ使えなくなったりするので、 毎年、投資手法の引き出しは増やす ようにしています。

──初心者が陥りがちな失敗は?

テスタ 損切りできない人が多い です。みんな株を買うときは株価が上がると思っていますが、 万が一、上がらなかったらどうするか、最初に決めておくべき です。株価が下がったということは、自分の想定通りに進んでいないので、そのトレードは終えて次に切り替えるべき。それができないと、ポートフォリオが含み損の銘柄ばかりになり、身動きが取れなくなります。 僕だって3~4割は損切りしています。 「損切り=損」とは思わないこと。「適切な損切り=利益確定」くらいに考えましょう。

──テスタさんでも3~4割も損切りしているんですか。

テスタ そもそも僕は自分の「買値」も気にしていません。株価がどう動くかに自分の買値は関係ないからです。トレード中は、自分の含み益や含み損は表示させていません。その日のトレードが終わって初めて表示させて、プラスなら利益になっているし、マイナスなら損になっている、という感じです。

──将来、有望だと考えているのは、どのような分野でしょうか?

テスタ 例えば、自動運転は市場が拡大すると思いますが、みんながそう思っているので、すでに株価に織り込まれています。一方で成長するかわかりませんが、気になっているのはデジタル資産の 「NFT」 です。ツイッターのツイートが3億円で落札された(※)とニュースになりましたが、ビットコインを初めて耳にしたときの違和感と可能性に似ています。ビットコインも最初は何だかよくわかりませんでしたが、めちゃくちゃ大きな市場になりました。 「確かに成長する」ものより、「成長するかもしれない」ところに投資したい ですね。
(※編集部注:デジタル資産をNFT化すると、その資産がコピーではなくオリジナルであることを電子的に証明することができる。2021年3月、ツイッター社のCEOが最初のツイートのNFTを約3億円で販売し、話題になった)

──投資初心者へのアドバイスをお願いします。

勝つのは後になってもいいので、ともかく株式市場に居続けることです。最初から大きく勝てている人はいません。毎日、株のことを考えていれば、わかること、気づくこと、勉強できることがたくさん出てくるし、自分に合う投資スタイルにたどり着きます。 株式投資はほかの仕事に比べれば、1億円に到達できる可能性が高い。 一生豊かになる可能性を秘めています。
【※関連記事はこちら!】
⇒株の配当金で暮らす生活も実現可能な投資術を公開! 株の配当が増え続ける会社を選んで投資するだけで、1億5000万円の資産を築いた会社員の投資法を紹介 株価予想達人がシステムトレードを選んだ理由

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・楽天証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBI証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・LINE証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBIネオトレード証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・松井証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・マネックス証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・GMOクリック証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・DMM.com証券(DMM株)の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・野村證券の公式サイトはこちら

【SBI証券×ザイ・オンライン】タイアップ企画
新規口座開設+条件クリアした人 全員に
現金2000円プレゼント! ⇒関連記事はこちら

システムトレードの達人 評判が悪く2020年内で販売終了

システムトレードの達人の運営者西村氏が2020年での販売終了を明言

引用元:[email protected]より

システムトレードの達人の開発者である斉藤氏と協議の上、2020年内の販売終了を決めたとのことです。

いまさら選ぶ理由なしとの声

私も斉藤さんが作ったソフトということで期待してこのソフト買ったのですが… 少なくとも後発組のソフトに求められる、既存のソフトにない優位性というものがなく、むしろ機能面で劣後していると思います。
引用元:株システムトレードを語ろう!「システムトレードの達人を語ろう!」より

引用元:株システムトレードを語ろう!「システムトレードの達人を語ろう!」より

にもかかわらずシストレの先駆者的ソフトとの差はなく、むしろ劣っているとの評価を受けています。

アップデートが少なく機能が古い

引用元:システムトレードの達人「お知らせ」より
更新頻度が極めて低いです。

5年単位で機能更新が行われなければ、変化が激しい業界で取り残されるのも当然のこと。

ロジック販売はなく自力開発必須

自力での売買ルール作成は難しいけど、とにかく勝てるロジックを使って自分も勝てるようになりたい人には適さないソフトです。

シストレ検証用ソフトでは最高額

にもかかわらず費用面だけで見ても業界トップクラスの高額ソフト

システムトレードの達人で勝てるようにはならない

システムトレードの達人は「使ったら勝てるようになる」代物ではありません

肝心なのは結局のところ、「勝てるロジックを自分で編み出せるかどうか」です。

大損した投資家の例
サラリーマン投資家の遠州屋仁左衛門さんは、コロナショックの2~3月に約120万円の損失を経験。

引用元:平凡なサラリーマンの資産運用ブログ「コロナショックの経験」より

大勝ちした投資家の例
統計トレーダーの夢幻さんは、2月+17.2%、3月+26.3%と好成績。

引用元:実践投資家から学ぶ、実践トレーダーへの道「2020年成績 途中経過」より

結局のところ、勝てるロジックを開発できるかがシステムトレードの達人利用者の明暗を分けています。

システムトレードの達人を使えば勝てる、ということは一切ありません

システムトレードの達人を選んだ人の選定理由

引用元:株システムトレードを語ろう!システムトレードの達人を語ろう!」より

斎藤氏がいくら優れたトレーダーであれ、優れたシステムトレードソフトを開発できるかは別問題

システムトレードの達人は評判の悪いソフト

システムトレードの達人が2020年内で販売終了するのは、「いまさら選ぶ理由がない」との評判が影響していそうです。

自分で売買ロジックを開発する自信がない方やテクニカル以外の情報分析もしたいという方は、「AIソフトに銘柄抽出を任せる」という選択肢もありです。

おすすめの株式投資本39選!おすすめランキングとネット証券もあわせて紹介

株式投資,ネット証券,信用取引,ファンダメンタル,システムトレード,初心者,初級,中級,上級,分析,書籍

楽天証券

(画像=引用:楽天証券公式サイト)

楽天証券は、さまざまな金融商品を取り扱う証券会社です。インターネットを中心に、幅広いサービスを展開する楽天グループ株式会社が運営しています。国内外の株式をはじめ、投資信託やFX、金・プラチナなど資産形成に効果的な商品の取り扱いも豊富です。

楽天証券の場合、楽天グループが運営する他のサービスと連携することで、よりお得に利用できます。例えば、楽天銀行で口座を開設して楽天証券と連携させると、振込手数料が無料になります。初めて信用取引する場合には「信用デビュー応援プログラム」が用意されており、条件を満たすことで楽天ポイントが200ポイントプレゼントされます。付与されたポイントは、楽天市場など他のサービスで利用可能です。特に楽天ユーザーに向いている証券会社といえるでしょう。

  • 外国株の取り扱いが豊富
  • 外国株の取引をするときの手続きが簡単
  • 他の楽天サービスをお得に利用可能
  • ポイント投資ができる
  • 米国株のリアルタイム確認に条件あり
  • 中国株の取引手数料が高め
  • ポイント投資に期間限定ポイント利用不可

楽天証券のメリット

金融商品の取り扱いが豊富なことが利用するメリットの一つです。国内株式やFXをはじめ、「iDeCo」や「NISA」などにも対応しています。また、楽天ポイントを使って、ポイント投資ができることも魅力。いきなり現金での投資にとまどいを感じる方などには、利用しやすいサービスだといえるでしょう。

楽天証券ポイント投資

外国株も豊富に取り扱っており、シンガポールやタイ、マレーシアなどの外国株へ投資可能。外国株の取引をする際の手続きも簡単にできます。外国株の取引をする場合、外国株式用の口座を別途に開設することが一般的ですが、楽天証券では総合口座を開設するだけで外国株の取引もできます。中国株をはじめとするアセアン株に投資したい方には、向いている証券会社でしょう。

楽天証券のデメリット

米国株の株価をリアルタイムで確認したいときは、月額料金がかかるので注意してください。基本的に米国株式の株価は、実際の時間より15分遅れて表示されています。楽天証券でリアルタイムに株価を確認する場合、月額330円(税込み)の利用料金を支払わなければなりません。ただし、月に1回以上の約定をしていれば無料です。楽天証券をメインに頻繁に取引するのであれば、大きなデメリットにはならないでしょう。

中国株の取り扱いはありますが、SBI証券などで取引した方が手数料を抑えることができます。楽天証券の場合、中国株の取引手数料は約定金の0.55%(税込み)ですが、SBI証券であればおよそ半分の0.株価予想達人がシステムトレードを選んだ理由 286%しかかかりません。中国株を頻繁に取引する場合などには、利益に大きな影響を与えることもあるでしょう。

楽天証券のキャンペーン

キャンペーン期間 2022年1月13日~2022年3月31日午前10時まで
キャンペーン内容 キャンペーン期間中にエントリーし、はじめての米株積立または、ポイント投資(米国株式_円貨決済)設定と約定をされたお客様全員で200万ポイントを山分け!
※引用元:楽天証券「口座開設キャンペーン」
※2022年1月21日時点

SBI証券

SBI証券

画像=引用:SBI証券公式サイト

SBIホールディングス株式会社が運営する証券会社です。同社は証券や保険、住宅ローンをはじめとする金融商品全般を扱っており、ネット金融業界では大手企業として知られています。SBI証券はその子会社に当たる企業です。国内株式の個人取引シェア1位など(公式サイトより)、業界でもトップクラスの確かな実績を誇ります。

SBI証券Tポイント投資

投資信託ではTポイントを使った取引も可能で、普段の買い物でためたポイントを資産運用にも活用できます。逆にSBI証券との取引でTポイントをためることもでき、サービスや取引内容に応じてTポイントが付与されます。新規口座開設の方であれば、申込時のポイント選択で「Tポイント」を選ぶことで100ポイントがもらえるなど、Tポイントでお得に利用したい方には、おすすめサービスです。

  • ネット証券界でトップクラスのIPO銘柄数
  • 手数料が安い
  • NISAにも対応
  • デモ口座がない
  • 国内株と米国株のアプリが別々
  • Tポイント利用は投資信託のみ

SBI証券のメリット

SBI証券は、ネット証券の中でも多くの新規株式公開(IPO)銘柄を取り扱っています。IPO銘柄は、今後の成長が見込まれるため、上場後の値上がりに期待できる銘柄です。SBI証券では80社のIPO銘柄の取り扱いがあり、2021年3月通期では全体の93%を取り扱うなど確かな実績を誇ります。取り扱いが多く、購入できるチャンスが増えることがメリットです。

手数料も2つのプランから選択でき、自分の取引スタイルに合わせてお得に利用できます。特に定額プランは、約定代金によって手数料が変わらないのがうれしいポイントです。NISAにも対応しており、投資初心者でも利用しやすいでしょう。外国株式の取り扱いも豊富なので、興味がある方にもおすすめです。

SBI証券のデメリット

ネット取引の場合「デモ口座」を提供する証券会社もありますが、SBI証券ではデモ口座の提供はされていません。デモ口座とは仮想口座のことで、実際の取引と同じように体験ができるものです。特に経験のない初心者であれば、無料で経験を積むために役立ちます。本番の投資に向けて練習ができないことは、デメリットといえるでしょう。

国内株と米国株で、使用するアプリが別になっていることもデメリットです。どちらかのみを取引する方には問題ありませんが、2つを同時に取引する場合は少々煩わしさを感じることもあるでしょう。

SBI証券のキャンペーン

キャンペーン期間 2021年7月1日~
キャンペーン内容 証券総合口座の開設月にメッセージボックス「重要なお知らせ」に配信される本プログラムのご案内の受取りから翌月末(現地約定日ベース)までの最大2ヵ月間、米国株式・米国ETFの市場への通常注文時の取引手数料が無料となります。
※引用元:SBI証券「キャンペーン・プログラム」
※2022年1月21日時点

マネックス証券

マネックス証券

画像=引用:マネックス証券公式サイト

マネックス証券は、1999年の創立からオンラインでの金融取引を展開しています。取り扱う商品が豊富なことでも知られ、なかでも米国株式に強い証券会社です。

取引を行うとマネックスポイントが付与され、nanacoをはじめとするさまざまなサービスに利用できます。取引手数料や暗号資産に交換することができることに加え、日本赤十字社などに寄付することも可能なので、自分の利益になるだけでなく社会貢献にもなります。

また、新規公開株(IPO)の抽選が平等であることもポイントです。同じ申込者が2単位以上当選できない仕組みが採用されており、資金の多さなどにかかわらず申込者全員が平等に抽選されます。資金の少ない初心者でも、IPO銘柄を狙いやすい証券会社といえます。

  • 取扱商品が豊富
  • 米国株に強い
  • 高機能な取引ツール
  • ビットコインに投資できる
  • 国内株の手数料が高め
  • 外国株の取扱いは米国株、中国株のみ
  • 国内株だけの取引ではメリットが少ない

マネックス証券のメリット

マネックス証券では、投資信託やETFをはじめ、中国株や債券まで豊富に金融商品を取り扱っています。特に米国株に強く、4,000銘柄以上の取り扱いがあるため、米国株への投資がしたい方にはおすすめの証券会社です。

マネックス証券「MONEX

マネックス証券では、暗号資産に投資できます。「マネックスビットコイン」サービスでは、ビットコインをはじめリップル、イーサリアムなど主要な銘柄の取引が可能です。手数料は無料のため、暗号資産に興味があれば気軽に投資できます。

マネックス証券のデメリット

対して、国内株の取引がメインとなる場合には、他社と比べてメリットが少ないといえるでしょう。他の主要なネット証券と比べると、手数料もやや割高となっています。

また、米国株には強いですが、米国株と中国株以外の外国株は取り扱っていません。米国株ならびに中国株以外の海外株に投資したい場合には、他のネット証券を利用する必要があります。米国株に絞って取引をする分には、大きな問題にはならないでしょう。

マネックス証券のキャンペーン

株価予想達人がシステムトレードを選んだ理由
キャンペーン期間 2022年1月5日(水)~2022年2月28日(月)
キャンペーン内容 米国株取引デビューを応援するため、米国株の取引手数料(税抜)を最大3万円まで全額キャッシュバックするプログラムを実施しています。
※引用元:マネックス証券「キャンペーン・お得なプログラム」
※2022年1月21日時点

松井証券

引用:松井証券

100年以上の歴史を誇り、知名度と実績のある証券会社です。日本で初めてインターネット証券に参入した企業としても知られています。豊富で厳選された品ぞろえを誇る株主優待があることも、魅力の一つです。公式ページでは、各月ごとに人気の商品やサービスが紹介されています。

自分の目的やシーンに合わせてロボットがアドバイスをしてくれるのもポイントです。主に投資信託に関することを提案してくれます。自分が今後どうすべきか迷った時などに参考になるでしょう。

  • 50万円までは手数料無料
  • 25歳以下は手数料無料
  • 取扱商品が豊富
  • 外国株やETFの取り扱いがない
  • 取引金額が大きくなると、手数料が割高
  • ツールの連携ができない

松井証券のメリット

松井証券では現物取引の場合、50万円までの取引であれば手数料が無料で利用できます。初心者が経験のために少額取引から始めたいときには、大変便利なサービスです。

松井証券では株式やFXから、オプション取引やNISAまで幅広い商品を扱っています。若年層からベテラン投資家まで、幅広い層が利用しやすい証券会社といえるでしょう。

2021年5月から、25歳以下はボックスレート手数料が無料となりました。若年層のうちから資産形成をしたい方にも向いている証券会社です。取扱商品が多いことに加えて、アプリやツールが充実していることも魅力の一つです。松井証券の「投信アプリ」についての口コミ・評判をまとめたのでこちらも是非参考にしてみてください。

松井証券「投信アプリ」の良い評判・口コミ

この投信積立は、自分でポートフォリオを作る人達にとっては最強だと思う。 希望としては、現在は一つしか積立設定が出来ないが、将来の目的別に三つ位あれば 非常に助かります。

出典:Google Play プレビュー

松井証券「投信アプリ」の悪い評判・口コミ

新しいバージョンがあります。アップデートしてくださいから進みません。 どうやったらアップデートできるのでしょう? Googleプレイにもアップデートが出ません

出典:Google Play プレビュー

松井証券のデメリット

一方で、外国株やETFに対応していないことがデメリットに挙げられます。加えてリスクが低いとされる債券の取り扱いもしていません。

主要なネット証券と比べると、取引金額が上がった際の手数料がやや高めな点が気になります。松井証券では取引金額が100万円を超えると、100万円ごとに1,100円ずつ手数料が加算されていきます。

松井証券のキャンペーン

キャンペーン期間 2021年11月15日~2022年2月28日
キャンペーン内容 ①デビュープログラムとして、口座開設時に、松井証券200ポイントをプレゼント
②上記のキャンペーン期間中に口座開設完了したお客様のうち、開設日の翌月末までに株式取引をしたお客様を対象に、株式取引の手数料総額の20%相当の松井証券ポイント(上限10万ポイント)をプレゼント(なお、デビュープログラムで付与の200ポイントを差し引いた金額分をポイントバック)します。
※引用元:松井証券「キャンペーン・プログラム一覧」
※2022年1月21日時点

LINE証券

LINE証券

取引手数料が売却時のみとなり、少額の投資にも向いているネット証券です。1株から取引でき、さまざまな投資スタイルに対応しています。現物取引や信用取引も可能です。使っている方も多いLINE内から取引ができるため、操作もなじみやすく、スマートフォンを利用して手軽に株式投資ができます。

対して、未成年者の口座開設ができないことがデメリットです。LINE証券は、19歳以上から70歳までの方しか口座を作ることができません。また、NISAやiDeCoにも対応していないため、節税対策としては向いていないといえるでしょう。

  • スマホで気軽に取引ができる
  • 1株単位で株が買える
  • タイムセールで通常よりもお得に買える
  • 出金手数料がかかる
  • NISAに対応していない
  • 株価予想達人がシステムトレードを選んだ理由
  • PC操作には不向き

LINE証券のメリット

通常の株取引の場合、100株単位となるため、株によっては、数万~数十万円の資金が必要となります。ところが、LINE証券の場合、1株単位で株が買えるため、数百円の資金で始められるのが魅力的です。

特に株や投資信託などをスマホから行う場合、他の証券会社では、アプリをインストールするところから始めなければならない不便さがあるのに対し、LINE証券の場合は、普段利用しているLINEアプリから購入したい銘柄の選択から購入までの操作を簡単に行なえるのが便利なところです。

さらに、LINE証券では不定期でタイムセールが開催されており、指定された銘柄が通常の7%安く買えるのが、他の証券会社にはない特徴と言えるでしょう。

LINE証券のデメリット

多くの証券会社では、PCがメインで株取引ができるような操作の設計になっています。ところが、LINE証券の場合、取引からそのほかの手続きまでスマホで完結できる設計になっているため、PCをメインに利用している方にとっては、不向きと言えるでしょう。

LINE証券のキャンペーン

株価予想達人がシステムトレードを選んだ理由
キャンペーン期間 2021年12月27日~2022年1月24日
キャンペーン内容 ①口座開設後に簡単なクイズに正解で最大4,000円相当の株購入代金
②1万円以上の株購入で1,000円をプレゼント
※プレゼント適用についてはHPにて確認してください
※引用元:LINE証券「キャンペーン」
※2022年1月21日時点

auカブコム証券

auカブコム証券

auカブコム証券は、金融大手三菱UFJフィナンシャルグループ傘下の証券会社です。以前は「カブドットコム証券」でしたが、2019年に現在のauカブコム証券へ社名を変更しました。名前からも分かるように、通信大手企業のauが資本参加したことでも知られています。auと連携したサービスを提供しており、さまざまなサービスをお得に利用できることも特徴です。

最近ではFXのデモ取引サービスが開始され、FX口座を新規開設して取引をすると、最大で5万円のキャッシュバックを受け取れます。また三菱UFJ銀行と連動したサービスでは、代理人を選出することができ、決められた代理人も口座を管理できます。相続や信託サービスも充実した証券会社といえます。

  • auと連動したサービスが豊富
  • Pontaポイントで投資できる
  • 1株から取引可能
  • プロの投資家とコミュニケーションがとれる
  • 外国株の取り扱いがない
  • Pontaポイントの利用は投資信託でのみ
  • 取引金額が上がると手数料が他社と比べやや割高

auカブコム証券のメリット

auと連動したサービスが豊富なことが最も大きなメリットです。auカブコム証券は、「auじぶん銀行」の銀行代理業を行っており、auユーザー以外でも住宅ローンの利用ができます。auカブコム証券で取引した場合などには、預金金利の優遇もされます。

「au PAY」に新規入会することで、最大1万3,000Pontaポイントがプレゼントされます。Pontaポイントは、auカブコム証券が取り扱う投資信託に使うことが可能です。また、「プチ株」では1株から取引もできるため、少額取引をしたい方にも向いているサービスとなっています。

提供されている「ファンドスクエア」というアプリは、プロの投資家と気軽にコミュニケーションが取れるソーシャルサービスです。アプリをダウンロードするだけで、誰でも記事の閲覧やファンドの検索ができます。コミュニケーション機能を利用するときは、Google IDなどを使ってログインするか、auカブコム証券に口座を開設することが必要です。

auカブコム証券のデメリット

auカブコム証券は、外国株の取り扱いがありません。米国株などの主要な外国株も取り扱っていないため、外国株に興味がある方には向いていないといえます。一方で他の商品は充実したラインアップで、FXや投資信託をはじめ、ETFやオプション取引にも対応しています。

auカブコム証券は、100万円以下の取引であれば手数料も安く、お得に利用できます。しかし100万円を超えると、主要なネット証券と比べて手数料が割高となります。

auカブコム証券のキャンペーン

キャンペーン期間 2017年2月3日~
キャンペーン内容 ご紹介者さま(当社のお客さま)
紹介者が、ご家族・ご友人紹介プログラムに申込みされた日の翌々月末営業日までに、ご家族・ご友人が口座を開設された場合、開設月翌月の紹介者の現物株式、プチ株Rの取引手数料(税込)の合計から最大5,000円までキャッシュバック。
紹介された方(ご家族、ご友人)
紹介月の翌々月までの投信買付金額が合計10万円以上で2,000円プレゼント。
※引用元:auカブコム証券「キャンペーン・割引特典」
※2022年1月21日時点

SMBC日興証券

SMBC日興証券

ネット取引を専業する証券会社では相談できるコンサルタントがいない企業が多い中、支店に専門のコンサルタントを配置しています。投資のプロに相談しながら取引できるのは、初心者にとってうれしいポイントです。

また、株式や投資信託をはじめ、債券やファンドラップまで幅広い商品がそろっています。商品は細かく分けられており、自分に合った商品の選択が可能です。自分のスタイルに合わせた投資がしたい方に、ぴったりの証券会社でしょう。

  • 初心者向けのサービスが充実
  • AIによるサポート
  • IPOにも強い
  • 総合コース手数料が高い
  • ダイレクトコース手数料が主要ネット証券より高め
  • 先物取引の取り扱いがない
  • オプション取引の取り扱いがない

SMBC日興証券のメリット

SMBC日興証券は、初心者向けのサービスが充実しています。例えば「株式ミニ投資」では、単元株の10分の1の数量で取引が可能なため、少額取引をしたい方に適したサービスです。「金額・株数指定取引(キンカブ)」では、東京証券取引所に上場されている株式の中から、SMBC日興証券が独自で選んだ株式を100円から購入できます。

人工知能(AI)による充実したサポート体制も魅力の一つです。ダイレクトコース限定ですが、AIを利用した「株式ポートフォリオ診断」「株価見守りサービス」が利用できます。

SMBC日興証券のデメリット

総合コースを利用するときの手数料が高く設定されていることがデメリットです。

総合コースと比べると安いダイレクトコースでも、主要なネット証券と比べると高めの設定で、200万円までの取引で1,650円(税込み)です。とにかく手数料を抑えたい方には、向いていないサービスといえるでしょう。

株価予想達人がシステムトレードを選んだ理由

横山利香「テクニカル指標」解説セミナー写真

AllAboutガイド・テクニカルアナリスト あの現役トレーダーの横山利香さんが
「すぐに使えて、利益を上げる」 テクニカル指標を、初心者向けにやさしい言葉で解説。
システムトレード初心者でも安心して、システムトレードを始められます!

この手紙をお読みいただいている あなた は、私がYahoo!ファイナンスで連載している「株価予想」をお読みいただき、そして日刊メールマガジン【システムトレードの達人】をお読みいただいていることでしょう。
私の株価予想を見たり、メールマガジンを読んだりして・・・

  • 一獲千金ではなく、着実に利益を積み上げたい!
  • 投資信託で損した分を取り返したい!
  • 塩漬けから卒業したい!
  • 退職金の運用を安全にしたい!
  • 株価を気にすることなく生活したい!

そう思ったあなたはトレーダーとして成功する素質があるでしょう。なぜなら トレードで成功するために最も重要なこと に気付いているからです。

トレーダーとして成功するために最も重要なことは?

トレードで成功するために絶対に必要なことは 根拠を持ってトレードすることです。 根拠もなくカンや証券会社の言われたとおりに売買したところで負けるのは当然です。私もこれまで数多くの個人投資家、機関投資家とお会いしましたが、プロ、アマ問わず根拠を持ってトレードしている投資家は 100名中5名 程度に過ぎません。ほとんどの投資家が証券会社の営業マンのいいなりや新聞やニュースを見ながらなんとなくトレードをしているに過ぎないのです。プロと呼ばれる機関投資家も同じです。ほとんどの機関投資家は証券会社のアナリストが書いた良くわからないレポートを参考に、当たり障りのない誰もが知っているような大企業の株を、気分に合わせて売ったり買ったりしているに過ぎないのです。

根拠を持ってトレードができるようになるメリットは?

根拠を持ってトレードができるようになるメリットは 感情に左右されずトレードできる ようになります。しっかりとした根拠を持ってトレードすれば利益をあげることや損切りをすることなどトレードのほとんどが自分の想定する範囲内になります。そのため日経平均が上げようが下げようが 淡々とトレードを行い利益を積み重ねる ことができるのです。そして、淡々とトレードを行い利益を積み重ねるには、下にある、たった「3つの手順」を実践すれば良いだけなのです。

3ステップ

利益と損失が事前に分かっているので、余裕ができました

あなたもこのような投資家に成長することができます!

システムトレード歴:1年未満

値動きに一喜一憂せず、ストレスなく売買できるようになりました!

株価を気にせず、仕事に集中できるようになりました!

あなたもこのような投資家に成長することができます!

初心者が根拠を持ってトレードできるようになるには?

初心者が根拠を持ってトレードできるようになるためには システムトレード をマスターするしかありません。システムトレードとは 過去の株式市場において安定的に機能した売買ルールを見つけ出し、その売買ルールを自分の運用資産やリスクに合わせて改良し、機械的に売買するトレード手法 です。過去の株価データを分析し勝ちパターンを見つけ出しシュミレーションを繰り返すことでトレードの根拠を確立しあとは機械的に売買すればいいのです。

初心者がシステムトレードをマスターするためには?

初心者がシステムトレードをマスターするためにはエクセルを使って自分で株価データを分析するか、自分でプログラミングを行うしかありません。ただほとんどの方にとってこれらの方法は難しいのではないでしょうか。そこでこの 「システムトレードの達人 スタートアップ講座」 を、あなたに活用していただきたいのです。

「システムトレードの達人 スタートアップ講座」とは?

「システムトレードの達人 スタートアップ講座」とは、検証ソフト「システムトレードの達人(スタンダード版)」と、私が毎月80時間以上かけて分析して執筆しているマル秘戦略レポートを手に入れることができます。この2つは、これからシステムトレードを実践した 初心者が短時間でプロと同じようにシステムトレードを実践できるようになる 講座なのです。ではこの講座に含まれているサービスをひとつずつみてみましょう。

「システムトレードの達人 スタートアップ講座」

斉藤正章氏が著書で紹介する売買ルールを
そのまま利用できる!

検証ソフト「システムトレードの達人(スタンダード版)」には、フリー版には搭載されていない2つのサンプルストラテジーが搭載されています。このストラテジーは、検証ソフト「システムトレードの達人」開発者であり、アマゾン株式・投資信託部門でランキング1位を獲得した現役システムトレーダー斉藤正章氏が著書で書かれている売買ルールを基本にしたストラテジーです。この講座に参加されたみなさまは、すでに搭載されているサンプルのストラテジーを過去20年間でバックテストしてみてください。サンプルにも関わらずその有効性に驚くでしょう。サンプルのストラテジーでそのまま運用してもいいですし、すこしアレンジを加えて更に成績のよいストラテジーで運用していただいてもかまいません。みなさん独自の売買ルールを見つけてみてください。良いストラテジーが作成できたらフリー版には無い「売買シグナル機能」を使ってみてください。
検証ソフト「システムトレードの達人」に搭載されている売買シグナル機能を使えば ボタン一つで売買ルールに合致した銘柄が抽出 されます。きっと初心者でも簡単に実践できるでしょう。

検証ソフト「システムトレードの達人」 売買シグナル機能

検証ソフト「システムトレードの達人」 売買シグナル機能

※日々の株価データ更新はデータゲット社 http://www.data-get.com/main/ との別途ご契約が必要です。(月額1,000円~)

検証ソフト「システムトレードの達人(スタンダード版)」の搭載された
特別サンプルストラテジー

1.斉藤式逆張り(実践テクニック編)

1.斉藤式逆張り(実践テクニック編)【運用資産の推移】

1.斉藤式逆張り(実践テクニック編)【検証結果】

2.【特典】デイトレ型(空売り)

2.【特典】デイトレ型(空売り)【運用資産の推移】

2.【特典】デイトレ型(空売り)【検証結果】

1.斉藤式逆張り(実践テクニック編)&2.【特典】デイトレ型(空売り)

1.斉藤式逆張り(実践テクニック編)&2.【特典】デイトレ型(空売り)【運用資産の推移】

1.斉藤式逆張り(実践テクニック編)&2.【特典】デイトレ型(空売り)【検証結果】

この検証結果をご覧頂くと今回の特典でお渡ししている斉藤式逆張り(実践テクニック編)&2.【特典】デイトレ型(空売り)で運用したときのイメージが掴めるでしょう。もちろんこれらのサンプルストラテジーを皆さん自身で改良を加えていただきさらに良い成績のストラテジーを開発してもらってもかまいません。特典のストラテジーだけでも私たちの 資産運用にとって強力な武器 になることがお分かりになると思います。

サンプルを使えば、私でも自分の売買ルールが作れます!

あなたもこのような投資家に成長することができます!

買いシグナル・売りシグナルが表示された
チャート機能が使える!

システムトレードの達人 売買シグナル機能

売買ルールにヒットした銘柄を「売買シグナル機能」で抽出し、チャート画面では買い(仕掛け)のタイミングが青い線、売り(手仕舞い)のタイミングが赤い線で表示されます。 チャート画面上で実際にどのタイミングで売買をすればよいかが分かる ため、トレードの根拠がより明確になります。

過去20年の株価データを使ったシュミレーションや
指値・寄り指値など実際の取引条件に近い形で
検証ができる!

システムトレードの達人(スタンダード版)の機能紹介

  1. 過去20年の株価データを用いて運用成績をシミュレーションできる検証機能
    ・レベルに合わせて変えられる「標準」「達人」のモード切り替え機能
    ・自分の資金量に応じた検証が可能な資金管理機能
  2. 現実のトレードを忠実に再現した、指値・逆指値・引け成行など多彩な注文方法による検証機能
  3. 斉藤正章氏のノウハウが詰まったフィルター機能
  4. 信用余力や委託保証金維持率を反映した「ドテン売買」での検証が可能
  5. 検証した売買ルールに合致した銘柄をスクリーニングする売買シグナル機能

このように、検証ソフト「システムトレードの達人(スタンダード版)」ではフリー版にはない 「プロのトレーダーに必要不可欠な機能」が搭載 されています。検証ソフト「システムトレードの達人(スタンダード版)」を使いこなし、有効な売買ルールを作り上げることさえ出来れば初心者でも私たちと同じようにプロのシステムトレーダーとして 安定的に利益をあげるトレーダーになれる のです。

システムトレード歴:1年未満

こんなソフト待っていた!

システムトレード歴:3年以上

現実に近い検証ができ、自分の検証方法に自信が持てました!

システムトレード歴:5年以上

「これ以上のトレードソフトはもう出ない?」と思います!

どんなに優れたソフトでも、
使ってもらわないと意味がないのです

システムトレードの達人 サポート

システムトレード歴:5年以上

究極のサポート体制があります。 株価予想達人がシステムトレードを選んだ理由
「これ以上のトレードソフトはもう出ない?」と思います!

システムトレード歴:3年以上

なくてはならない手放せないツールです!

システムトレードの実践的なノウハウも手に入る

このように検証ソフト「システムトレードの達人(スタンダード版)」の優れた機能や充実したサポート体制は分かったが、自分自身で優れた売買ルールを見つけられるかなぁ・・・とお思いの方もいるかと思います。システムトレードを実践する上で一番難しいのは「独自の優れた売買ルールを作成することができるか」ということです。私も更に優れた売買ルールを作成するために毎日検証を行っています。私の場合、有効な売買ルールを見つけるためにおおよそ 月80時間ほど検証 を行っています。

その中で 「あっ!これは使えるのではないか!?」「勝率を上げるためにはここがポイントだったのか」 といった 気付き が見つかります。このような膨大な検証結果の中から生まれる「気付き」の中から、皆さまにもお伝えしたい!という情報や現役システムトレーダー斉藤正章氏がどのように有効な売買ルールを見つけているのかといった情報をレポートという形で、毎月お伝えします。

このレポートに記載されていることは 市販されている書籍やインターネットでは手に入れることが出来ない 非常に価値のある情報です。事実このレポートをすでにご購読いただいている方からは「こんな有益な情報は公開しないでほしい」、「ここまで公開してしまって大丈夫なのですか?!」といったご意見を頂くこともしばしばあります。そのため普段は定員を設けており現状では募集されていない価値のあるレポートなのです。この講座にお申し込みいただいた方には

システムトレードの達人 マル秘戦略レポート

新しい売買ルールのアイデアが刺激されます!

あなたもこのような投資家に成長することができます!

毎月少しずつ知識を蓄積できます!

あなたもこのような投資家に成長することができます!

サンプルを使えば、私でも自分の売買ルールが作れます!

あなたもこのような投資家に成長することができます!

今決意してくださったあなただけへの特典をお伝えします

こう決意していただいた方は 私もできるだけ応援したい と思います。そこで今回新たな一歩を踏み出す決意をされたあなたのためにさらにシステムトレードの知識が身に付くように普段は有料でお渡ししている特典を用意いたしました。

特別特典1 ゼロからはじめるかんたんシステムトレードセミナー

西村剛の直接授業写真

あなたがこの講座を受講してくださって分からない点や疑問に思った点が出てきた際には、私が直接個別指導(60分)致します。私の講演は 通常1時間33,000円以上 いただいておりますが、今回お申し込みいただいたあなたには 無料で個別指導&コンサルティング させていただきます。

今回お申し込みいただいた あなたは私たちにとって大事なトレード仲間でありパートナーです。 あなたを私たちが開催している限定された懇親会やセミナーにご招待いたします。

セミナー写真

様々な情報や仲間がいるので、トレードを諦めずに継続できます

あなたもこのような投資家に成長することができます!

システムトレード歴:5年以上

ソフトだけでなく、実際に会うコミュニティ(勉強会や懇親会)で色々ヒントをもらえて、役立ちます!

あなたはこの講座を受講することでどのくらい利益を得られるでしょうか?

これまでのご説明で、この「システムトレードの達人 スタートアップ講座」を手に入れたあなたは、現役システムトレーダー斉藤正章氏の売買ルールとそれをさらに改良するためのソフトウェアを手に入れ、私が毎月80時間以上かけて検証したシステムトレードのノウハウを手に入れ、有益な情報やアイデアが手に入るトレード仲間が集まる限定の懇親会やセミナーに参加することが出来ます。 あなたが株式投資で成功するために必要なものが全て手に入る といっても過言ではありません。あなたはこの講座にいくらの価値をつけるでしょうか?

私たちもこの講座の受講料を決める際に悩みました。すでに数百名に及ぶ方がこの講座と同等の内容を 数十万円 かけて受講されており、あまり安い金額に設定は出来ません。彼らは、最低でも、初期費用に「207,900円(検証ソフト代)+毎月5,280円(月間レポート代)= 合計:213,180円」 費やしてきました。

だからといって、本当に「どうやったら株式投資で成功できるのだろう」と悩んでいるあなたにはできるだけお手頃なな金額で受講していただきたいと思っています。正直私は悩みました・・・しかし、あなたに成功を手に入れていただくために、可能な限り努力しました!そして、何とか・・・ 毎月 10,株価予想達人がシステムトレードを選んだ理由 780 円(税込) (配送料無料) で受講できるように設定しました。 株式投資で成功するためのノウハウと現役システムトレーダーが開発したツールを、英会話や習い事と同程度の金額で手に入れることができるのです。もちろん今回限定の特典としてお渡ししている定価10,780円のDVDと私の直接指導も追加費用一切なしで手に入れることが出来ます。

しかし、あなたにはお渡しできないかもしれません…

この「システムトレードの達人 スタートアップ講座」を手に入れれば、一流のシステムトレーダーが開発したツールとそれを駆使するためのノウハウがつまったレポートを手に入れることが出来ます。加えてそれらを活用するために電話やメール、受講生限定のセミナーや懇親会にも参加することができるのです。これまで証券会社に勧められるがままに株を購入しずっと塩漬けにしたまま悔しい思いをしている方、カンで適当にトレードを繰り返し損失を膨らませている方で安定的に利益をあげるシステムトレードをマスターしたいとお思いの方全てに受講していただきたいと考える一方、あまり多くの投資家にこのノウハウをお渡しすると 株式市場に大きなインパクト を与えてしまう可能性があります。

また、受講してくださった方にはひとりひとり丁寧にサポートしてあげたいと考えていますので一度に多くの方にお申し込みいただくと十分なサポートができません。株式市場にインパクトを与えず、十分なサポートを提供できる人数は20名が限界だと考えます。そのため募集は毎月 先着20名限定 とさせていただきます。お申し込みが21番目以降の方は欠員が出た場合のみ受け付けさせていただきます。あらかじめご了承下さい。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる