外為ニュース

ダブルボトムの基礎知識

ダブルボトムの基礎知識
詳しくみる

重要パターンであるダブルトップ(ダブルボトム)が確認できたら反転のシグナル

FXで覚えておくべき重要ポイントはテクニカル指標だけではありません。相場には似た様な、どこかでみたことがあるようなパターンが存在します。こういったパターンを覚えておけば 勝率が格段に上がります 。相場と言うものは人間の集団真理が反映されてできるものですから 『ここまできたら買いたい・・・』、『ココまで来たら耐えられない』、といった人の心理を反映して同じようなチャートを形成することが多くなります。そして前回同じようなパターンがあるとみんながそのパターンに合致するかを確認するようになり、結果として同じようなチャートを描くことが多くなるのです。

パターンで重要視されるのは前回の高値や安値です。前回の高値や安値に付近に相場が上がってくると前回の値を越えるのかどうか非常に注目されます。今回説明するダブルトップ(Wトップ)とは 相場の天井を示すチャートパターン です。ダブルトップ(Wトップ)では重要視されている前回の高値付近に上げながらその高値付近から下落してしまった相場です。同じ価格帯に2つの高値をつけたところが山のように称されることからダブルトップ(Wトップ)と呼ばれます。

ダブルトップ(ダブルボトム)は反転のシグナル

ダブルトップ(Wトップ)は前回と同じようなところで高値をつけた後に下がってしまった相場です。こういう相場になるとどう考えるでしょうか? 『あの高値でまた反落したのだから上には行けないな』 と考える人が多いはずです。そうなると買いにまわる人が少なくなり、売りに回る人が多くなります。すると相場は下落してしまうことが多くなります。こういったことからダブルトップ(Wトップ)が出現すると、相場は逆の方向に動きやすくなります。つまりダブルトップ(Wトップ)が出れば、 反転のシグナル ということです。

ダブルトップ(Wトップ)には反転の目安となるところがあります。それは山と山の間にある谷の値段です。この値段があるところを ”ネックライン” といい、この値を下回ると相場は完全に下方向へ動きます。ネックラインの上にいればまだ上昇の可能性があると思う人が多いですが、ここを下回れば相場は転換したと思う人が多くなるからです。すると上方向を見ていた人たちがそっくりそのまま下を向くので、ダブルトップ(Wトップ)で上げた幅と同じくらい下落することが多くなります。 『倍返しだぁ~~!』 されるのです。このためネックラインを割れてダブルトップ(Wトップ)が完成すれば、相場は 上昇幅と同じくらい下落する ことが多いのです。これがダブルトップ(Wトップ)のパターンです。

ストキャスティックス

ストキャスティックス

ストキャスティックスは、逆張りのテクニカル分析という性質を持っているため、利益確定は素早く行う必要があると考えられます。
これは、ストキャスティックスの手仕舞いのサインを待ち過ぎると利益を確定するのに出遅れてしまうリスクを意味しています。
また、オシレーター系の指標に一般的に言えることですが、強いトレンドが形成されたときに、ストキャスティックスは上下に張り付いてしまい機能できなくなることがあります。
その意味でも、ストキャスティックスは、相場の細かな波に反応して短期売買を行いトレードに向いているテクニカル指標ということがいえます。

FX初心者におすすめ!FXの基礎知識や失敗しないための方法を紹介

詳しくみる

【初心者におすすめ】FX自動売買とは?

詳しくみる

スプレッドとは

詳しくみる

【2021年】FXの税金や確定申告・税率について

詳しくみる

FX取引手法とは?初心者に役立つ分析方法を紹介

詳しくみる

【初心者向け】無料デモトレード

詳しくみる

トラッキングトレード ガチンコバトル!

詳しくみる

FX用語集

詳しくみる

FXブロードネットが選ばれる5つの理由

詳しくみる

テクニカルチャート分析

詳しくみる

【初心者から上級者に人気】ドル円予想レポート

詳しくみる

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる