仮想通貨ニュース

トレンドとは

トレンドとは
お問い合わせは トレンドとは
株式会社ストック・データバンク新宿事業所 まで
(営業時間:平日9:00~18:30 土日祝休み)

初心者のためのテクニカル分析【保存版】:月足チャートの重要性2

このコンテンツは、過去に行った集中連載をお客様の多数のリクエストにより再掲載したものです。
チャート分析をする上で欠かせないチャートの見方の基礎の基礎ですので、チャート画像は少し古いですが、「チャート分析は初めて」という方など、チャート分析の基礎を知りたい方には大変有効なコンテンツです。
初心者の方は特に熟読されることをオススメします。
その他オススメコンテンツ →買い時・売り時必勝パターン →チャート分析のための指標の見方・使い方

下降トレンドとは

長期下降トレンドの底値圏と天井圏と基調分析の見方を説明いたします。

長期下降トレンドの上昇期間は1年から2年が目安

2001年10月は60ヶ月移動平均線-30%ライン以下で-50%ラインに達し下げ止まっています。この様に下降トレンドは60ヶ月移動平均線-30%ライン以下から-50%ラインを底値位置として下げ止まる動きです。
ここを目安に底入れし反発に転じます。高値圏は60ヶ月移動平均線を上値抵抗線にして天井圏と見る位置です。この様に-50%ラインを底値位置にして、60ヶ月移動平均線を高値の上値目途とする株価の動きを下降トレンドと判断します。
高値圏は60ヶ月移動平均線を上回ることもありますが、高値警戒ゾーンと判断しますが、この前後の位置で6ヶ月移動平均線を下回ったら下降転換したと判断します。

-30%ラインから-50%ラインの範囲で6ヶ月移動平均線を上回ったら上昇転換と見ます。 トレンドとは
6ヶ月移動平均線を下回っている間は下降相場継続中で上昇転換したとは見ません。60ヶ月移動平均線が上向きになるまでは下降トレンドは継続中と判断します。
下降トレンドの上昇期間は短く、92年8月から94年11月の約2年2ヶ月、98年1月から99年8月までの1年半が長く、後は1年程度です。この様に下降トレンド株は60ヶ月移動平均線の位置を上値抵抗線とします。

92年の底値から上昇してからの底値反転位置を見ると、98年1月に146円で下げ止まった位置は価格は違うものの60ヶ月移動平均線-50%ラインです。95年7月の下げ止まった位置は60ヶ月移動平均線-30%ラインです。
下降トレンドでは60ヶ月移動平均線-30%ラインから-50%ラインで下げ止まり、下げ止まりから6ヶ月移動平均線を上回ったら上昇転換したと見る基調転換のポイントです。
その後、6ヶ月移動平均線を上回って株価が上昇している期間は上昇基調です。天井圏は60ヶ月移動平均線前後に達したら高値警戒ゾーンと見る位置です。

高値ゾーンの位置で6ヶ月移動平均線を下回ったら下降転換と判断します。下降転換してから6ヶ月移動平均線を下回っている間は下降相場と見る時期です。 トレンドとは
93年4月に420円の高値を付けた後、ボックスを続けていましたが、94年12月に6ヶ月移動平均線を下回りました。下降転換したポイントです。 上昇トレンド、下降トレンドの株価の反転ポイントは、この様に見て判断していきます。

月足でトレンド、上昇期間や株価位置、基調が解った上で、週足チャートでどの様に判断しますか。

週足チャートでは、99年以降下降相場が続いています。月足で6ヶ月移動平均線を下回った状態は50週移動平均線は下向きの下降相場です。また下向きの間は、上回った位置が戻り高値になっています。
この様な下降相場の動きは、月足トレンド、株価位置を知らない人は、下げた位置を買ってしまいます。また、上げてきた戻り高値を上昇相場に入ったと見て買ってしまいます。99年以降は下降相場が続いていますが、月足チャートで上昇期間、トレンド判断、株価位置を知っていれば、この位置を「戻り売り場だ・これから下落する」と知ることができます。
週足チャートでも、基調を知ることはできますが、長期で見るトレンドや上昇期間や株価位置を知ることはできません。 この様に、チャート分析の基本は、月足チャートから、上昇トレンド、株価位置、下降転換、下げ余地などを知ることから、投資判断の基本ができるようになります。

月足チャートで見る上昇トレンドの上昇相場・下降相場局面

長期下降トレンドの中の基調と買い場・売り場のポイントと見方

  1. 「上昇相場」1番(黄色)の局面では、95年7月に下げ止まってから、9月に6ヶ月移動平均線を上回り上昇転換しました。その後、6ヶ月移動平均線を上回り上昇相場に転じて96年7月まで約1年間の上昇相場となっています。
    この様に60ヶ月移動平均線-30%ライン以下で6ヶ月移動平均線を上回ってから上回ったポイントから上昇相場と判断します。
    上昇相場は約1年続きましたが、高値を見ると96年、99年、2001年と60ヶ月移動平均線前後の位置です。下降トレンドでは60ヶ月移動平均線前後で伸び悩んでいることがわかります。
  2. 「上昇相場」2番、3番(黄色)の局面でも、6ヶ月移動平均線を上回り上昇相場になっています。
    この様に、株価の下げ止まる位置は多少の違いがあっても、トレンドの変化がない間は、概ね、この位置で6ヶ月移動平均線を上回ったことで上昇に転換したと判断します。
  3. 下降トレンドの上昇基調の天井圏を見ると60ヶ月移動平均線前後の位置です。
    この位置を上回ると株価維持の期間が短いことがわかります。この位置を高値圏と認識できた中で、6ヶ月移動平均線を上回っている状態を上昇相場、下回った段階から下降相場に転じたと判断します。
  4. この様にトレンドの中の上昇相場は、6ヶ月移動平均線を上回った状態から転換したと判断します。このトレンドの中で6ヶ月移動平均線を下回っている状態を下降相場と判断します。
  5. 「下降相場」の1番、2番、3番(水色)の局面は、株価が60ヶ月移動平均線前後で6ヶ月移動平均線を陰線で下回った状態で判断します。
    下回っている間を下降相場と判断して買いはしません。あくまで、株価位置、上昇転換の確認ができるまで待たなければなりません。
  6. この様に下降トレンドであることを知っても株価位置と基調を理解し、上昇転換を待たなければ買っても株式投資は成功しません。
    企業業績の内容も大切ですが、基調、株価位置、基調転換のタイミングが解らなければ株式投資で成功することは難しいということを理解ください。

無料でお試し!様々な分析ノウハウを実際の株の達人で試してみるチャンス!

お問い合わせ

お問い合わせは
株式会社ストック・データバンク新宿事業所 まで
(営業時間:平日9:00~18:30 土日祝休み)

kabunotatujinをフォローしましょう

©1997-2022 StockDataBank, Inc. All Rights Reserved
当ホームページで掲載されているチャートのデータはストックウェザー株式会社より提供されています。

トレンドとは

Untact:「アンタクト」(非対面) – 非接触の新たな動きに対応して韓国で生まれた造語。リポートの項目は以下のとおり。

  • QRコードの復活。ファストフード大手タコベル(Taco Bell)が今年ローンチする非接触型レストランコンセプト、デファイ(Defy)で期待される。
  • エンタテインメントでアバターが台頭(フォックス[FOX]のオルター・エゴ[Alter Ego]コンテストなど)。
  • 広告キャンペーンでVRとARを使用(ウォルマート[Walmart]やFacebookで見られた2021年のクリスマス商戦など)。
  • ブランドへの提案:自動車メーカーなら、世界中から場所を選べるバーチャルテストドライブ。デート・恋愛アプリには、顔認証技術の活用を提案。ユーザーの好みの理解度を高める。

Restivism:レスティビズム(休息第一主義) – リポートでは、大離職時代にあって、心の健康と息抜きの必要性が注目され、仕事一辺倒の働き方から少し距離を置き、「働くときは働く、遊ぶときは遊ぶ」という仕事の倫理観に対する異見も取り上げられている。

  • Apple iOS 15の集中モード。複数のアプリで、「ドゥ・ノット・ディスターブ(Do Not Disturb)」リストのカスタマイズが可能に。
  • イケア(Ikea)の昼寝用移動式ボックス、シエスタ(Siesta)。パリの街を走り、30分間の昼寝を推奨する。
  • ブランドへの提案:ホスピタリティやホテルのブランドなら、地元の企業を組んで、マイクロステイ(移住前の短期お試し体験)を割引料金で提供する。コーヒー注文アプリで店舗付近の地図を提供し、顧客に店舗界隈の街歩きを勧める。

Empowered Privacy:プライバシー保護の強化 – 新型コロナウイルスの感染拡大から、オンラインの時間が急増した結果、「プライバシー保護の喚起」のようなものが生じた。たとえば、間もなく訪れるCookieの終焉、ユーザー承諾やオプトインの導入の改善のほか、人事ではプライバシー保護関係役員の増員も見られる。

  • Facebookが顔認証システムを廃止。
  • モバイルユーザーは、新しい暗号化メッセージアプリにシフト。
  • 複数のテレビ番組で、トラッキングの闇をフューチャー(たとえば、Netflixの「YOU ー君がすべてー」シーズン3)。
  • ブランドへの提案:顧客から個人のデータや情報をもらうときには、何らかの見返りを提供する。広告主は、取引相手として、プライバシー保護の規制に明記されている項目すべてに準拠した業者を選ぶように心がけることも重要。

Carbon-Omics:カーボン全般 – 企業は2022年以降、これまで以上に炭素排出量削減に本腰を入れて取り組み、責任の一端を担わなければならなくなるとリポートは指摘する。

  • ビザ(VISA)のフューチャーカード(FutureCard)。顧客が古着や公共交通機関の切符などを購入した場合、キャッシュバックを実施した。
  • Google Maps(グーグルマップ)。目的地まで燃費の良いルートを提示するオプションを導入。
  • ブランドへの提案:ゲーム会社なら、再生可能エネルギーだけを利用したり、クリーンエネルギーを利用している場合は特別なエレメントが使えたりするゲームを作る。食品メーカーや食品販売店なら、バナナの皮から卵の殻まで、廃棄される商品の使い方を紹介する。

Civic トレンドとは Integrity:健全な市民活動 – ニュースメディアや政治家がSNS企業の危険性をいくら声高に訴えたところで、市民の手に権力を取り戻すために、口コミや内部告発は今後も続くという(実際に市民が権力を取り戻しているのかどうかは、議論の余地がある)。

  • フランセス・ハウゲン氏の証言とテレビ番組「60ミニッツ(60 Minutes)」への出演で、Facebookの卑劣な裏の顔が暴露された。
  • アストロワールド(the Astroworld)のコンサートで起きた惨劇以降、ヒップホップのトラヴィス・スコット氏は世間から叩かれている。
  • ハイブランドのコーチ(Coach)が古いバッグのリサイクル方法に関して顧客に誤解を与えたと、パーソナリティのアンナ・サックスが暴露。
    トレンドとは
  • ブランドへの提案:ファストフードレストランは、定期的にアンケート調査を実施して、従業員の労働条件の改善に取り組むべき。また、調査結果は年次報告書で発表することが求められる。

本リポートにはほかにも、NFTの台頭を取り上げた「NFTマニア(NFT Mania)」、環境と政治の激変で必要とされている救助テクノロジー「スキューテック(Rescue Tech()」、さらに、UFOなど未知で神秘なものや精神世界を含む「ワンダー・フル(Wonder-full)」の3つのトレンドが紹介されている。

トレンドとは

テクニカル分析では、トレンドがトレンドライン、または値動きによって識別されます。価格がより高い高値(ハイヤーハイ、英:Higher high)、より高い安値(ハイヤーロー、英:Higher low)を更新していく場合は、上昇トレンドを示します。または、価格がより安い安値(ロウワーロウ、英:Lower トレンドとは low)、より安い高値(ロウワーハイ、英:Lower high)を更新していく場合は、下降トレンドを示します。通常、テクニカル分析を行うトレーダーは、上昇相場、下落相場、持ち合い相場を視覚化できるようにトレンドラインを描きます。トレンドラインは、ローソク足の2つ以上の安値を結び、サポートライン(支持線)もしくはレジスタンスライン(上値抵抗線)としてその線をさらに延長する直線のことを言います。

トレンドの仕組み:

トレーダーは、トレンドライン、値動き、テクニカル指標など、様々な形式のテクニカル分析を使用してトレンドを特定できます。たとえば、トレンドラインはトレンドの方向を示し、相対力指数(英:Relative Strength Index、RSI)は特定の時点でのトレンドの強度を示すように設計されています。

トレンドは、ファンダメンタル分析に焦点を当てた投資家によっても使用される場合があります。この形式の分析では、収益、またはその他のビジネスまたは経済指標の変化に注目します。たとえば、ファンダメンタルアナリストは、1株当たり利益(EPS:Earnings Per Share)と収益成長率を調べることができます。過去4四半期の収益が増加した場合、プラス傾向を表しています。ただし、過去4四半期に収益が減少した場合は、マイナス傾向を示しています。

主要ポイント:

  • トレンドとは、市場、資産、または指標の一般的な方向です。
  • 上昇トレンド、下降トレンド、または保ち合い(トレンドのない期間)があります。
  • 上昇トレンドは、より高いスイングハイ、より高いスイングローなどの上昇傾向のデータポイントによって示されます。
  • 下降トレンドは、より低スイングローおよびより低スイングハイなどの下降傾向のデータポイントによってマークされます。
  • 多くのトレーダーは、トレンドと同じ方向で取引することを選択し、そのトレンドの継続から利益を得ようとします。
  • 値動き、トレンドライン、およびテクニカル指標はすべて、トレンドを特定し、トレンドが反転しているときに警告するのに役立つツールです。

トレンドラインの使用

トレンドを識別する一般的な方法では、一連の高値(下降トレンド)または低値(上昇トレンド)を結ぶトレンドラインを使用します。上昇トレンドは一連のより高い安値(ハイヤーロー、英:Higher low)を結び付け、将来の価格変動に対するサポートレベルを作成します。下降トレンドは一連のより安い高値(ロウワーハイ、英:Lower high)をつなぎ、将来の価格変動に対するレジスタンスレベルを生み出します。サポートレベルとレジスタンスレベルに加えて、これらのトレンドラインはトレンドの全体的な方向を示しています。

【簡易版】Google トレンドの見方・使い方・活用法

未分類

    (Googleによるヘルプ) (Simon Rogers, 2016/7/2)

Google トレンドとは?

  • 全ての検索データではなく、ランダムにサンプリングされた標本データを扱う
  • データは匿名化、カテゴリー化、集約化されている
  • 場所は全世界、都市ごとに確認することが可能(各地域ごとの傾向を見ることが可能)
  • 大きく、「調べる (Explore)」と「急上昇ワード (Trending searches)」に分けられる
  • 複数のキーワードを比較可能

本筋の話題ではありませんが、データにはリアルタイムデータ(Real-time data)とそうでないもの(Non-realtime data)、の2種類が存在。前者は過去7日間のデータ。後者は、2004年から36時間前までのデータ。

具体的な実例

数値の見方

また、各データ地点(Each data point)はその地域の全検索と期間の範囲で除算されます。要するに、各地域で見る場合は、各地域の相対的な数値が示されます。このように数値を正規化して比較しないと、検索量の多い地域が常に突出してしてしまうため。例えば、インターネット人口の多い地域は検索の量が多いので、他の地域と単純に比較できませんね。現在と過去を比較する場合も同様のようです(2004年は今よりも検索の量がそもそも少ない)。

注意点など

除外されているデータ

  • 僅少な量の検索データ(ゼロとして扱われる)
  • 重複した検索(短期間に同一人物が行った検索)
  • アポストロフィなど特殊文字

数値を見る際の注意

世論や世論調査と同様ではないことを、わざわざ公式も書いています(*1)。
Google トレンドのデータはあくまで何らかの理由で多数のユーザーが検索したという事実を示すだけで、”pupular”とか”winning”とは言えず、結論を導き出すためのデータの1つに過ぎないと考えるべき、だと。
これは重要なことで、「あくまでGoogleでよく検索されたキーワード」であることは念頭に置いた方がよさそうです。

他のサービスとの違い

Google トレンドの使い方

「調べる (Explore)」

急上昇ワード(Trending searches)

毎日の検索トレンド (Daily search trends)

リアルタイムの検索トレンド(Realtime search trends)

最新の全検索について急上昇したものが見ることができるもの。公式によると、Knowledge Graphのトピック、検索の関心、Googleニュースを独自のアルゴリズムで集約したもの、だそうです。
(※ Knowledge GraphはGoogleの技術で、検索と現実のもの・場所を結びつけるものらしい)

Google トレンドの活用法

  • Google検索のデータを基に関心の推移を見る
  • 何が関心を持たれているか比較・分析に使えそう(どの製品がよく使われていそうか?など)
  • 地域差(国・都市)の比較
  • 今、何がよく検索されているか
  • など

大事なポイントは、あくまでGoogleで、どのトピック・キーワードが検索されかが分かる、ということだと思います。

株式投資でよく聞くトレンドって何?

トレンド=流行というのがいわゆる一般的な解釈になるのですが、株式投資においては、株価のチャートの形状、カタチのことを言います。トレンドは株価をチャートによって動向を大きな波として捉え、今後の動向を知る手掛かりとすることができるのです。
言葉にするとちょっと難しくなってしまいますが、簡単に言い換えれば「これからこんな感じに株価は動きそうだよ」と言うのがトレンドです。そう考えると、一般的な言葉の解釈とは大差はありませんね。
株価はどのように動くのかは誰にも分からないものの、ある程度、その株の動向が分かれば買い時なのか、売り時なのかを判断しやすくなります。その判断に大いに役立ってくるのがトレンドなのです。つまり、いかにしてトレンドを掴んで分析するかが、株式投資では大切なテクニックになってくるのです。

シンプルにトレンドの見極める

そもそも株価のチャートは、直線に動くことはありません。とはいえ値動きの線がボコボコ、ギザギザと動きながらもその動きを線で結んでいくと、上向いていたり、下向きになっていることが見て取れます。これがトレンドなのです。

トレンドが上向きになっている場合は上昇トレンドと言って、値上がり傾向にある状態にあることを意味しています。一方トレンドが下向きになっている場合は下降トレンドと言って、値下がり傾向にある状態にあることを意味しています。
そしてこの線を結ぶ期間は短期、数ヵ月、長期のトレンドがあります。短期は5日、25日、数カ月は3週、26週、52週、長期は24ヵ月、60ヵ月、120ヵ月です。

初心者が知っておくべき売買テクニック

株式投資にはさまざまな売買テクニックがあるのですが、投資を始めたばかりではテクニックを実践するのは大変! トレンドを使った売買テクニックも実は奥深いものなのですが、最低限押さえておくと役立つテクニックでもあります。
ここでシンプルな方法を考えてみます。
トレンドを使った基本的な売買テクニックとしては、株は上昇トレンドのときに購入することです。そうすることで、その値上がり益を充分に得られますし、上昇トレンドを見つけるのが早ければ早いほど、利益幅も大きくなりますよね。そして、下降トレンドに移ったタイミングで売却すれば、利益を得られるハズ? です。
とはいえ初心者なら下降トレンドは一切無視!上昇トレンドのときに買い、下降トレンドに移る前に売却してしまいましょう。
本来であれば上昇トレンドの間は持っておきたいところですが、上昇トレンドがいつまで続くのか、いつから下降トレンドになっているのかを見極めるのは至難の業です。
分からない状態で株を保有するのは大きなストレスになります。投資に慣れるまでは、売買の周期を短めにすると良いかもしれませんね。もちろん投資に慣れてきたらトレンドも見極められるようになると思います。そのときは下降トレンドに移ったタイミングで売って、最大限の利益を得ることにチャレンジしてみて下さいね。
売るタイミングを逃してしまい、下降トレンドに突入してしまった場合には利益が出るようなら売る。損をしてしまうようなら上昇トレンドになるまで待つというテクニックが使えます。そして上昇トレンドになり利益が出るまで持ち続け、利益が出るタイミング売ればOKです。
言葉にすると簡単ですが、投資の現場は単純ではありません。しかしながらトレンドを知っていれば、売り買いのタイミングや持ち続けるべきか、手放すべきかを知る手掛かりになります。トレンドの知識は、株式投資では欠かせない知識なのです。
株式投資で利益を出すのに必要な基礎知識を1日でマスターできる

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる