FX動画

取引ルール変更について

取引ルール変更について

連鎖販売取引

具体的には、「この会に入会すると売値の3割引で商品を買えるので、他人を誘ってその人に売れば儲かります」とか「他の人を勧誘して入会させると1万円の紹介料がもらえます」などと言って人々を勧誘し(このような利益を「特定利益」といいます)、 取引を行うための条件として、1円以上の負担をさせる(この負担を「特定負担」といいます。)場合であれば「連鎖販売取引」に該当します。 取引ルール変更について
実態はもっと複雑で多様な契約形態をとっているものも多くありますが、入会金、保証金、サンプル商品、商品などの名目を問わず、 取引を行うために何らかの金銭負担があるものは全て「連鎖販売取引」に該当します。

連鎖販売取引に対する規制

1. 氏名等の明示(法第33条の2)

  • 統括者、勧誘者又は一般連鎖販売業者の氏名(名称)(勧誘者、一般連鎖販売業者にあっては統括者の氏名(名称)を含む)
  • 特定負担を伴う取引についての契約の締結について勧誘をする目的である旨
  • その勧誘に係る商品又は役務の種類

2. 禁止行為(法第34条)

  • 契約の締結について勧誘を行う際、又は契約の解除を妨げるために、商品の品質・性能、特定利益、特定負担、契約解除の条件、そのほかの重要事項等について事実を告げないこと、あるいは事実と違うことを告げること。
  • 取引ルール変更について
  • 契約を締結させ、又は契約の解除を妨げるために、相手方を威迫して困惑させること。
  • 勧誘目的を告げない誘引方法(いわゆるキャッチセールスやアポイントメントセールスと同様の方法)によって誘った消費者に対して、公衆の出入りする場所以外の場所で、特定負担を伴う取引についての契約の締結について勧誘を行うこと。

3. 広告の表示(法第35条)

  • 商品(役務)の種類
  • 取引に伴う特定負担に関する事項
  • 特定利益について広告をするときにはその計算方法
  • 統括者等の氏名(名称)、住所、電話番号
  • 統括者等が法人で、電子情報処理組織を使用する方法によって広告をする場合には、当該統括者等の代表者又は連鎖販売業に関する業務の責任者の氏名
  • 取引ルール変更について
  • 統括者等が外国法人又は外国に住所を有する個人であって、国内に事務所等を有する場合には、その所在場所及び電話番号
  • 商品名
  • 電子メールにより広告を送る場合には、統括者などの電子メールアドレス

4. 誇大広告等の禁止(法第36条)

5. 未承諾者に対する電子メール広告の提供の禁止(法第36条の3)

消費者があらかじめ承諾しない限り、統括者、勧誘者又は一般連鎖販売業者が連鎖販売取引電子メール広告を送信することを、原則禁止しています(オプトイン規制)。
この規制は、連鎖販売事業者のみならず、連鎖販売取引電子メール広告受託事業者も対象となります。 したがって、当該電子メール広告の提供について、消費者から承諾や請求を受けた場合は、最後に電子メール広告を送信した日から3年間、その承諾や請求があった記録を保存することが必要です。以下のような場合は、規制の対象外となります。

【重要】暗号資産CFD取引ルール変更に伴う規約変更に関するご案内

menu

【SBI FXTRADE及び積立FX(店頭外国為替証拠金取引)】
店頭外国為替証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。外貨での出金はできません。経済指標の結果によっては価格が急激に変動し、思わぬ損失が生ずるおそれがあります。また、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。取引価格、スワップポイント等は提供するサービスによって異なり、市場・金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。取引価格は、買値と売値に差があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。店頭外国為替証拠金取引にあたっては必要な証拠金の額は提供するサービス及び取引通貨ペアごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(「SBI FXTRADE」個人のお客様:4%(レバレッジ25倍)、ただし、ロシアルーブル/円およびブラジルレアル/円は10%(レバレッジ10倍)、法人のお客様:一般社団法人金融先物取引業協会が毎週発表する通貨ペアごとの為替リスク想定比率*(通貨ペアごとにそれぞれレバレッジが異なります)、「積立FX」個人および法人のお客様:100%(レバレッジ1倍)、50%(レバレッジ2倍)、33.334%(レバレッジ3倍))の証拠金が必要となります。
*為替リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【オプションFX(店頭通貨オプション取引)】
店頭通貨オプション取引は店頭外国為替証拠金取引の通貨を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。当社が提示するオプションの取引価格は、買値と売値に差があります。当社の提供する店頭通貨オプション取引の決済方法は反対売買による清算となり、また、NDO(ノンデリバラブル・オプション)であるため権利行使日に権利行使価格と実勢価格による反対売買を行います。
【暗号資産CFD(店頭暗号資産証拠金取引)】
店頭暗号資産証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。暗号資産の価格の変動によって思わぬ損失が生ずるおそれがあり、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。当社の取り扱う暗号資産は、本邦通貨または外国通貨ではありません。また、特定の国家または特定の者によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。取引価格は、買値と売値に差(スプレッド)があります。スプレッドは暗号資産の価格の急変時や流動性の低下時には拡大することがあり、お客様の意図した取引が行えない可能性があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。暗号資産の現物でのお預かり、お受取りはできません。店頭暗号資産証拠金取引を行う上で必要な証拠金の額は取り扱う暗号資産ごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(個人のお客様:50%(レバレッジ2倍)、法人のお客様:一般社団法人日本暗号資産取引業協会が毎週発表する暗号資産ごとの暗号資産リスク想定比率*(暗号資産ごとにそれぞれレバレッジが異なります))の証拠金が必要となります。証拠金の詳細については、当社ホームページでご確認ください。取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、当社ホームページでご確認ください。
*暗号資産リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第51項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【共通】
店頭暗号資産証拠金取引を除くその他のサービスは、原則、口座開設・維持費および取引手数料は無料です。ただし、当社が提供するその他の付随サービスをご利用いただく場合は、この限りではありません。また、元本及び利益が保証されるものではありません。決済方法は反対売買による差金決済又は清算となります。お取引を始めるに際しては、「契約締結前交付書面」、「取引約款」等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。

SBI FXトレード株式会社(金融商品取引業者)
関東財務局長(金商)第2635号
加入協会:一般社団法人 金融先物取引業協会
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会

取引ルール変更について

※下記の内容が変更となる際には、改めてご案内いたします。
※ 7月27日(月)以降お取引を継続 いただくには、 マイナンバー情報等をご提出いただく必要があります 。まだご提出いただいていないお客様につきましては、ご提出いただくための書類をお送りさせていただきますので、必要書類をご用意の上ご提出いただきますようお願いいたします。

OSEへの移管日

OSEへの移管予定日
2020年7月27日(月)

※移管予定の前営業日( 2020年7月22日(水) )は、 商品先物取引の夜間立会は行われません
※移管予定日( 2020年7月27日(月)を超える注文を移管予定日前に発注いただく事はできません ので、予めご留意いただきますようお願いいたします。
※移管予定前営業日の日中立会終了時点の建玉(OSE移管対象銘柄)が、OSEに移管されます。

各市場の取扱い

市場 2020年7月27日(月)以降 2020年7月22日(水)まで
貴金属

※貴金属、ゴム、農産物銘柄につきましては、7月27日(月)以降は大阪取引所のルールにてお取引いただく事となるため、改めて各種規約に同意いただく必要がございます。 規約への同意をいただけない場合、7月27日(月)以降、注文の発注(新規注文・仕切注文)が行えなくなります のでご注意いただきますようお願いいたします。
※各種規約への同意方法、同意開始日等は別途ご案内させていただきます。
※各種規約への同意には、パソコン、またはスマートフォン、タブレットのいずれかが必要となります。7月27日(月)以降に取引を継続いただくにあたり、 取引ルール変更について フィーチャーフォンのみお持ちのお客様は、パソコンやスマートフォン等のご用意をお願い申し上げます 。

証拠金不足(追証)の対処ルール

2020年7月27日(月)以降 2020年7月22日(水)まで
対処期限 翌営業日の午前11時まで
翌営業日の正午まで
対処方法
発生した不足金額以上の入金

※2020年7月27日(月)以降は、 証拠金不足は『入金』でのみ解消 となります。当社による 強制決済後でも追証の解消とはならず、追証状態が継続 します。
入金による対処を行っていただけない場合 には、 取引の継続をお断り させていただく場合がございますのでご注意ください。

取引ルール変更について

※3月22日(火)更新 取引ルール変更について
・アプリの対応バージョンを追記しました。
-------
いつもヤフオク!をご利用いただき、ありがとうございます。
かねてよりユーザーの皆様からお声をいただいていたキャンセル時の仕様について、2022年3月22日(火)午後0時(正午)より、以下のように変更いたします。

画像をタップすると拡大表示できます。

  • 従来どおり、出品者による「落札者削除」の操作が必要です。
  • ただし、「落札者削除」時に自動で悪い評価がつかなくなります。(「1. 自動で悪い評価がつく仕様を廃止します」参照)
  • 従来:出品者側では「取引中止(落札者への返金)」、「落札者削除」の2つ操作が必要です。
  • 今回の仕様変更:この2つの操作を「取引中止」という1つの操作のみで実施できるようにします。(「2. 取引中止で返金と落札者削除が同時に行われます」参照)
    同時に行われるようになる落札者削除時にも、自動で悪い評価はつきません。(「1. 自動で悪い評価がつく仕様を廃止します」参照)
    また、「まとめて取引」の同意後であっても「取引中止」が可能になります。(「3. まとめて取引でキャンセルが可能になります」参照)

1. 自動で悪い評価がつく仕様を廃止します

<従来(2022年3月21日以前)>
出品者が落札者削除をする際、「出品者都合」もしくは「落札者都合」いずれか選択されたほうに自動で「悪い」評価がつきます。 取引ルール変更について
また、出品者都合で落札者削除した場合、出品者側にはauction_masterからも自動で「悪い」評価がつきます。

<2022年3月22日以降>
落札者削除の際に、自動で「悪い」評価がつきません。
また、出品者に対してauction_masterから自動で「悪い」評価もつきません。
※ヤフオク!ストア商品も同様です。

  • 自動での評価はつきませんが、これまで通り手動で評価をすることは可能です。
  • 自動で悪い評価はつきませんが、落札者削除時には「落札者都合」「出品者都合」の選択は行います。

2. 「取引中止」操作で落札者への返金と落札者削除が同時に行われます

  • 取引中止および落札者削除期限については以下のヘルプページをご確認ください。
    取引できなかったときの各利用料について
  • 支払い期限を過ぎてしまった場合を含め、商品代金が支払われていないときは、落札者削除を実行してください。落札者削除をしない場合には落札システム利用料が発生します。
  • オプション利用料や出品システム利用料(特定カテゴリで対象)については、取引中止の場合でも発生します。
  • 取引中止をした場合、補欠落札者(次点の落札者)の繰り上げは行われません。 での取引は対象外です。

3. まとめて取引でキャンセルが可能になります

<2022年3月22日以降>
同意後であっても取引中止操作をできるように変更します。
取引中止操作をすると、落札者への返金と落札者削除が同時に行われます。(落札者が支払い前の場合には落札者削除のみ)

  • ブラウザ版(PC版、スマートフォン版)
  • アプリ版(iOS、Android)


本件に関するご意見については、お手数ですが、下記のフォームよりお聞かせください。
ヤフオク! - ご意見・ご要望フォーム
※上記は受付専用フォームです。
※こちらからお寄せいただいたご意見・ご要望につきましては、個別の回答を行っておりません。あらかじめご了承ください。

必要証拠金ルール変更でより高い資金効率の取引が可能に!

URL https://www.moneypartners.co.jp/
会社名 株式会社マネーパートナーズ
〈金融商品取引業の登録番号〉
関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉
日本証券業協会
一般社団法人金融先物取引業協会
日本商品先物取引協会
一般社団法人日本暗号資産取引業協会
〈資金移動業の登録番号〉
関東財務局長第00022号
〈加入協会〉
一般社団法人日本資金決済業協会
所在地 東京都港区六本木3-2-1六本木グランドタワー33階
設立 2008年5月9日
代表者代表取締役社長 福島秀治
事業内容 金融商品取引法に基づく外国為替証拠金取引、有価証券関連業務及びこれに付随する一切の業務
外国通貨の売買、売買の媒介、取次ぎもしくは代理、その他これに付随する業務
金融商品取引業及びこれに付随する業務
資金移動業、商品先物取引業
資本金 31億円(2021年3月31日現在)
----------------------------
FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引、証券取引、および暗号資産CFD取引(暗号資産関連店頭デリバティブ取引)に関するご注意

【パートナーズFXおよびパートナーズFXnano
パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。
パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの建玉必要証拠金金額は原則、一般社団法人金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。 取引ルール変更について
取引手数料は無料です。なお、外貨両替については1通貨あたり0.20円、受渡取引については1通貨あたり0.10円の手数料をいただきます。

【CFD-Metals】
CFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。
CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。

【暗号資産CFD】
暗号資産は法定通貨(本邦通貨又は外国通貨)ではなく、特定の者によりその価値を保証されているものではありません。暗号資産は、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。
暗号資産CFDは、取引時の価格の変動により、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。
暗号資産CFDの取引に必要な証拠金は、取引の額の50%以上の額で、証拠金の約2倍までの取引が可能です。
取引にあたり、営業日をまたいで建玉を保有した場合にはレバレッジ手数料が発生します。
取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会 一般社団法人日本暗号資産取引業協会

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる