プロが直接査定

取引ツール

取引ツール
「Monex Trader FX」は、黄金分割比率として人気が高いフィボナッチやMACDなど充実したテクニカル指標、TICK足や4時間足など計12種類の中から選択できる多彩なチャート足など、従来のブラウザ版チャートにはなかった機能が搭載されています。
また、チャート上からの発注も可能となり、よりスピーディーなトレーディングをお楽しみいただけます。 引用元:https://info.monex.co.jp/tradetool/monex-traderfx/index.html

取引ツールが優れている仮想通貨取引所5選!各社取引ツールの機能性も紹介

仮想通貨取引所,ツール,比較

テクニカル分析するために必要なインジケーターの種類は数多く、「MACD」や「移動平均線」、「ボリンジャーバンド」などたくさんのインジケーターを搭載しているほどです。描画ツールに関しても、通常のトレンドライン(直線)に加えて、引いた線の延長まで引けるものや平行チャネル、フィボナッチ・リトレースメントなどの特殊な描画まで利用できます。コインチェックのトレードビューを利用すると、ワンランク上のテクニカル分析が仮想通貨取引に活かせるでしょう

coincheck

Coincheck(コインチェック)の口コミ・評判

こちらは17種類もの通貨を取り扱っているのが大きな特徴で、取引手数料が全て無料な点も魅力です。 何よりもアプリが使いやすく、チャートや総資産画面が見やすいだけではなく、暗号資産の購入・売却、日本円への入出金・送金などの一通りの機能を利用できます。 プッシュ通知機能を利用すると、タイミングを逃さずに取引できる点もいいなと思いました。

ビットフライヤー

ビットフライヤー

ビットフライヤーには、ビットフライヤーライトニング(bitFlyer Lightning)と呼ばれる高機能な取引ツールが用意されています。ビットフライヤーライトニングの特徴は、取引ツール画面の色が変更できるテーマ変更や、板情報から独自のサウンドを鳴らせられるなど、カスタマイズ性が高いことが挙げられます。

取引ツールの背景が暗く、チャートをはっきりと表示させたい場合には明るいテーマに変更することで、取引ツールをより使いやすくできるでしょう。さらにビットフライヤーライトニングには、板情報と呼ばれる仮想通貨の注文情報が記載された表を確認できます。どの価格帯を投資家が意識しているのかを確認でき、より有利に取引できるはずです。

bitFlyer(ビットフライヤー)の口コミ・評判

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインではブラウザ型の取引ツールとして、トレーディングビュー(TradingView)を採用しています。トレーディングビューは世界中の投資家が利用する高機能な取引ツールであり、非常に使い勝手のよいことが特徴です。

他にもローソク足の時間を「分・時・日・週」と自由に変更可能で、多角的な仮想通貨チャートの分析もできます。また、スマホ用の取引ツールとしてGMOコイン 暗号資産ウォレットが用意されており、チャートを確認しながらワンタップで発注ができるように、アプリの使いやすさが追求されています。

GMOコインの口コミ・評判

初心者の私でもアプリの使い方が分かりやすく、簡単に始められ、現在1年以上がたちました。 特に資産推移グラフは自分の資産がどうなっているのか、一目瞭然で分かりやすいです。 販売所や取引所の売買だけでなく、暗号資産FXや積み立てもあり、色々な取引とコインの種類の多さが魅力だと思っています。 小額から始められるのも、初心者でも始めやすい所だと感じています。

ビットコインはもちろん、イーサリアムなどのアルトコインも豊富に扱っています。 web上で簡単に口座開設でき、本人確認書類の提出もスマホでできるので、非常にスピーディーでストレスがありません。 チャートや画面操作もわかりやすいので、初心者にとってビットコインの現物保有をするには十分な環境です。 経験者にとっても海外の取引所やウォレットとの入出金操作がわかりやすく、送金も他の取引所と比べて速いように思います。 何より入出金手数料0円はとてもお得です。 非常に使い勝手がよく、人気があるのも納得です。

DMMビットコイン

GMOコイン

スマホ版取引システムアプリにもテクニカル分析が用意されており、チャートを最大4分割させて確認ができるなど、スマホの画面を最大限活かした取引ツールで注文できます。注文方法に関してもパソコン版とほぼ同様の注文が出せるため、パソコンとスマホの両方で高機能ツールが使えることが魅力です。

DMM Bitcoinの口コミ・評判

国内の仮想通貨の口座の中では、かなりサービスの質が良いと思います。 入金、送金の手数料が無料に加え、取扱い通貨に関しても15銘柄と多い方だと言えます。 レバレッジにも対応しており、現物で仕掛けないような取引所ではないので、最もウケを得たいという方にもお勧めできます。 細かいサポートも充実しており、電話対応の人も丁寧な対応をしてくれましたので、とても満足しています。

SBI VC トレード

SBI VCトレード

SBI VC トレードではSBI VCTRADE Proとして、チャートにトレーディングビュー(TradingView)を採用した取引ツールが用意されています。テクニカル分析のためのインジケーターはもちろん、描画ツールも豊富に用意されているため、高機能なツールで分析できます。

取引ツールの画面にはチャートと板情報、注文画面が同時に表示されており、リアルタイムなトレードも可能です。さらに、SBI VCTRADE Proは圧倒的な約定処理能力を誇る「NASDAQマッチングエンジン」を搭載しており、市場が活況時にあったとしてもスムーズな取引ができます

暗号資産取引所の口座開設方法

ステップ1:メールアドレスとパスワードを登録

コインチェック-口座解説①

ステップ2:本人確認

コインチェック-口座解説②

コインチェック-口座解説③

コインチェック-口座解説④

ステップ3:審査が完了し、承認されると完了

コインチェック-口座解説⑤

暗号資産取引所のイメージ調査結果

暗号資産取引所のイメージ調査の概要

・実施期間:2021年5月

・調査の概要:暗号資産取引所各社のイメージに関するアンケートの収集

・調査対象:暗号資産(仮想通貨)取引所で口座を有する国内の20歳以上の男女

・有効回答件数:500件

イメージ調査の結果

暗号資産取引所の取引ツールに関するイメージ調査結果

取引ツール 取引ツール
取引所 暗号資産取引所の取引ツールに関するイメージ調査結果
かなり使いやすいと思う 使いやすいと思う 普通 使いにくいと思う かなり使いにくいと思う 特にイメージはない
Coincheck 7.6% 18.8% 34.4% 5.0% 1.8% 32.4%
GMOコイン 6.6% 18.4% 32.4% 5.4% 1.6% 35.6%
bitFlyer 5.取引ツール 2% 17.8% 39.0% 5.2% 1.2% 31.6%
DMM Bitcoin 3.8% 14.6% 33.2% 4.2% 1.6% 42.6%
bitbank 4.4% 11.2% 33.8% 4.2% 1.6% 44.8%
BITPOINT 4.0% 9.0% 31.0% 4.6% 1.6% 44.8%
Liquid by Quoine 2.8% 6.8% 32.2% 4.2% 1.8% 52.2%
TAOTAO 3.4% 7.2% 30.2% 4.2% 2.6% 52.4%
FXcoin 3.4% 8.8% 29.4% 3.8% 1.8% 52.8%
SBI 取引ツール VCトレード 4.2% 10.8% 31.2% 3.0% 2.4% 48.4%
ディーカレット 3.2% 7.4% 30.6% 4.2% 1.6% 53.取引ツール 0%
LINE BITMAX 4.0% 8.0% 31.4% 3.6% 1.4% 51.6%

暗号資産(仮想通貨)投資の取引ツールに関するQ&A

Q. 暗号資産(仮想通貨)における、取引ツールとは何ですか?

Q. 取引ツールを使用するメリットは何か?

A:チャートによる価格推移の確認、テクニカル分析に役立ちます。 取引ツール
暗号通貨(仮想通貨)の価格変動をテクニカル分析を用いて予測することで、売買の時期を決める大きな助けになります。
分析以外にも、取引所口座の残高確認、入出金、売買などトレードに使う機能が含まれています。

Q. 取引ツールに必要な機能は何ですか?

A:もっとも重視すべきは「チャート機能」です。
指標(インジケータ)はテクニカル分析において極めて重要で、チャートに表示したり、描画することで分析の補助となります。
「チャート機能」は、それらを兼ね備えた機能です。
次に気にかけたいのは「注文機能」です。
単純な売買ではなく、暗号資産(仮想通貨)では「成行」「指値」をはじめ、「逆指値」「一括決済」「IFD注文」といった多様な注文方法があります。
注文方法により取引を有利に行えるため、注文機能は取引ツールでも重要な要素です。
他にも、取引ツールを選ぶ際は操作性も考慮しましょう。

Q. 取引ツールの性能差は何に注目すればいいですか?

A:インジケータの表示数、描画ツールの豊富さに注目です。
テクニカル分析は1つのインジケーター(指標)に頼るのではなく、複数の指標に基づいて論拠を積み上げるのが大切です。
性能が低い取引ツールだと、1つのチャートに表示できるインジケーターが2、3個までというものもあります。 取引ツール
描画ツールも重要で、いくつかの線を引くことで価格動向を見出す分析もあります。
低性能な取引ツールの場合、単純な線しか引けず、精度が高い分析ができないことがあります。
分析面のほか、様々な注文方法ができるかどうかにも注目です。
いくつもの注文方法を駆使することで、有利な取引きができます。

Q. 高性能な取引ツールを提供しているのは、どの暗号資産(仮想通貨)取引所ですか?

A:コインチェックが取り入れている「トレードビュー(Tradeview)」は高性能な取引ツールの1つです。
コインチェック独自のツールではないものの、よく使われる「移動平均線」「MACD」「ボリンジャーバンド」をはじめ、多様な指標が含まれています。
平行チャネル、フィボナッチ・リトレースメントなどの特殊な描画もできます。
ビットフライヤーは「ビットフライヤーライトニング(bitFlyer Lightning)」を展開しています。
柔軟なカスタマイズ性が特徴で、取引ツール画面の色を変更することで視認性を高められます。
板情報(暗号資産の注文情報が記載された表)の確認も容易で、他の投資家が意識している価格を把握しやすく、より有利な取引に寄与します。
他にもGMOコインが採用する「トレーディングビュー(TradingView)」は80種類以上のインジケーター、70種類以上の描画ツールを搭載しています。

新井智美

新井智美氏
CFP(R)認定者・一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)・DC(確定拠出年金)プランナー・住宅ローンアドバイザー・証券外務員。個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)の他、資産運用など上記相談内容にまつわるセミナー講師を行う傍ら、これまでに1,000件以上の執筆・監修業務を手掛けている
HP:オフィシャルウェブサイト

取引ツールの機能性で仮想通貨取引所を選ぶ

取引所選びは取り扱い仮想通貨の種類や、取引所の知名度で選ぶこともありますが、取引ツールの機能性で選んだ方がより有利な取引ができるはずです。

どれだけ豊富な仮想通貨の取り扱いがあったとしても取引ツールが使いにくく、思ったような取引ができないと、仮想通貨の投資で損失ばかりを出してしまう恐れがあります。しかし、取引ツールの機能性を基準に仮想通貨取引所を選ぶことで、テクニカル分析で仮想通貨の価格変動を予測し、描画ツールでトレンドを確認することで、利益を大きく伸ばした取引ができる可能性を高められます

取引しやすい高機能取引ツールの使いやすさがさらに向上されるので、将来的に仮想通貨で利益を出していきたい投資家であれば、取引ツールの機能性で仮想通貨取引所を選ぶことがおすすめです。もちろん、すでに仮想通貨取引所の口座を開設しており、他の仮想通貨取引所の取引ツールの方が使いやすいのであれば、そちらを登録して利用するとよいでしょう。

取引ツールのご案内

東京本社

RSSフィード

各種お知らせ

「くりっく365」「くりっく株365」におけるリスクについて

・「くりっく365」「くりっく株365」は、元本及び収益が保証された取引ではありません。取引の額が預託された証拠金に対して非常に大きく、相場急変動等により建玉を維持するため追加証拠金の預託が必要となる場合や、お客様が預託された証拠金を上回る損失が生じる恐れがある取引です。
・ご契約・お取引に際しましては、当該商品等の「契約締結前交付書面」「取引説明書」等をよくお読みいただき、取引の仕組み・内容・リスク等を十分ご理解の上、ご自身の判断と責任においておこなってください。
・くりっく株365・くりっく365ではマーケットメイク方式を採用しており、表示する売付価格と買付価格に差があります。くりっく365の証拠金額は、レバレッジ25倍上限付きHV方式で計算されており、くりっく株365の証拠金額はリスクに応じて算定される方式を採用しているためレバレッジ比率は一定ではありません。最新の証拠金額は「証拠金基準額(くりっく365・くりっく株365)」よりご確認ください。
・くりっく株365・くりっく365では注文が成立した際に手数料が掛かります。手数料の額はお取引口座の内容や銘柄により異なり、くりっく株365では1枚あたり最大で4,400円(税込)、くりっく365の通常銘柄では1枚あたり最大1,100円(税込)、くりっく365のラージ銘柄では1枚あたり最大で11,000円(税込)です。詳しくは「サービス内容と手数料(くりっく365・くりっく株365)」をご確認ください。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1614号
商品先物取引業者 農林水産省指令28食産第3988号
経済産業省20161108商第10号

加入協会:日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

※「くりっく365」「取引所為替証拠金取引 くりっく365」「取引所FX くりっく365」は、株式会社東京金融取引所の登録商標であり、同取引所が上場している取引所為替証拠金取引の愛称です。

取引ツール

BITPOINT

取引サイト WEB取引ツール

WEB取引ツール

あしたを、もっと、あたらしく

【暗号資産取引に関するリスク説明】

暗号資産に関する留意事項

  • 当社が取り扱う暗号資産は、当社自身が資金決済法上の定義に該当することを確認したものにすぎません。
  • 金融庁・財務局が、これらの暗号資産の価値を保証したり、推奨するものではありません。
  • 暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か金融庁・財務局のホームページで確認してください。
    暗号資産交換業者登録一覧
  • 暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。
  • 暗号資産の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

《暗号資産を利用する際の一般的な注意点》

  • 暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落したり、突然無価値になってしまうなど、損をする可能性があります。
  • 暗号資産は移転記録の仕組みの破綻等により、その価値が失われる場合があります。
  • 秘密鍵やパスワードを失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値が失われる可能性があります。
  • 当社が倒産した場合には、預託された金銭及び暗号資産を返還することができない可能性があります。
  • 暗号資産は対価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使⽤することができます。
  • 当社の提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)があり、その差額がお客様の取引コストとなります。
  • 暗号資産の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。
  • 暗号資産や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産を利用したり、暗号資産交換業の導入に便乗したりする詐欺や悪質商法に御注意ください。

詳しくはこちらを御覧ください。
その他の重要事項及び取引内容、手数料等につきましては、「取引約款」「暗号資産現物取引に関する説明書」をご確認ください。
お問い合わせ・よくあるご質問はこちら

株式会社ビットポイントジャパン 〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-3-9 暗号資産交換業者 関東財務局長 第00009号 加入協会: 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 公益社団法人 日本監査役協会

取引ツール

  • 現在の損益状況を一目で把握することができる
  • スマートなデザインと日本語サポートでストレスなく取引できる
  • わかりやすさを追求した操作画面で現物/レバレッジ取引がスムーズにできる
  • アカウント管理、売買、入金・送金、お客様へのお知らせなど、必要な機能へ簡単アクセスできる

推奨環境はこちら 操作マニュアルはこちら

VCTRADE web

  • 注文機能、高性能チャートなど取引に必要な情報を一画面に集約
  • 取引スタイルに合わせて画面レイアウトが自由自在!作成したレイアウトが保存できる
  • 本格的なチャート分析ができる

Trade Blotter
(トレードブロッター)

  • 未決済建玉情報:決済されていないポジションのデータを金額レンジ毎に確認できる
  • 指値情報:未約定の指値注文の一覧を確認できる
  • 歩み値:実際に約定があった取引の金額を時系列で確認できる

※ アプリの「Trade Blotter(トレードブロッター)」をクリック、もしくはPC版取引画面の左メニューの「情報サイト」から「情報サイト表示」をクリックいただくと、参照いただけます。なお本レポートを参照いただくためには、口座開設を完了する必要がございますのでご注意ください。
※ 指値情報は各暗号資産におけるお客様の指値注文状況、およびASK/BIDが入れ替わる価格を1時間ごとに表示します。
※ レポートは1時間ごとに30分前の情報が更新されます。最新の更新日時は「データ更新日時」をご参照ください。
※ 相場急変時等については、注文の状況等は短時間で大きく変化しますので、お取扱いには十分にご留意ください。

暗号資産を利用する際の主な注意点 暗号資産は、日本円、ドルなどの「法定通貨」とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
暗号資産は、価格変動により損失が生じる可能性があります。
暗号資産は、移転記録の仕組みの破綻によりその価値が失われる可能性があります。
当社が倒産した場合には、預託された金銭及び暗号資産を返還することができない可能性があります。
暗号資産は支払いを受ける者の同意がある場合に限り、代価の支払いのために使用することができます。
当社の取り扱う暗号資産のお取引にあたっては、その他にも注意を要する点があります。
お取引を始めるに際してはサービスごとの「取引約款」(旧VCTRADE)「サービス総合約款」(旧TAOTAO)、「契約締結前交付書面」(旧VCTRADE)、「取引説明書」(契約締結前交付書面)(旧TAOTAO)等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み(旧VCTRADE)、取引内容や仕組み(旧TAOTAO)、リスク等(旧VCTRADE)、リスク等(旧TAOTAO)を十分にご理解いただきご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。
秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値を失う可能性があります。 手数料について 口座管理費、年会費、日本円の入金手数料、暗号資産の受取・送付(入出庫)手数料はかかりません。ただし、旧VCTRADEに関しては日本円の出金に対しては手数料がかかります。詳しくはサービス概要(旧VCTRADE)及び「手数料について」 (旧TAOTAO)をご確認ください。 商号等 SBI VCトレード株式会社(暗号資産交換業者) 登録番号 関東財務局長 第00011号 加入協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 上記に加え、暗号資産関連店頭デリバティブ取引を行う場合の主な注意点 暗号資産関連店頭デリバティブ取引に関して顧客が支払うべき手数料、報酬その他の対価の種類ごとの金額若しくはその上限額又はこれらの計算方法の概要及び当該金額の合計額若しくはその上限額又はこれらの計算方法の概要は、「レバレッジ手数料」(旧TAOTAO)に定める通りです。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引を行うためには、あらかじめ日本円又は暗号資産(BTC、ETH、XRP)で証拠金を預託頂く必要があります。預託する額又はその計算方法は、「証拠金について」(旧TAOTAO)をご確認ください。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引は、少額の資金で証拠金を上回る取引を行うことができる一方急激な暗号資産の価格変動等により短期間のうちに証拠金の大部分又はそのすべてを失うことや、取引額が証拠金の額を上回るため、証拠金等の額を上回る損失が発生する場合があります。当該取引の額の当該証拠金等の額に対する比率は、個人のお客様の場合で最大2倍、法人のお客様の場合は、一般社団法人日本暗号資産取引業協会が別に定める倍率です。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引は、元本を保証するものではなく、暗号資産の価格変動により損失が生じる場合があります。取引説明書(契約締結前書面)(旧TAOTAO)等をよくお読みのうえ、リスク、仕組み、特徴について十分に理解いただき、ご納得されたうえでご自身の判断にて取引を行って頂きますようお願いいたします。 商号等 SBI VCトレード株式会社(金融商品取引業者) 登録番号 取引ツール 関東財務局長(金商) 第3247号 加入協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会
一般社団法人 日本STO協会 免責事項 当社ウェブページ遷移前に表示された情報は、当社が作成・管理しているものではありません。

商号:SBI VCトレード株式会社
金融商品取引業 関東財務局長(金商)第3247号
暗号資産交換業 関東財務局長 第00011号 加入協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 一般社団法人 日本STO協会

Macに対応する取引ツールは?ネット証券各社のツールを徹底解説

Macに対応する取引ツールは?

すべてのMacユーザーに、最高の投資体験を。
100銘柄を一望する画面や、各画面をパーツ化してあなただけの画面配置を実現できるなど、投資家目線の使いやすいMac専用ツールです。 60種類以上のチャート種類、27種類以上のランキング情報を搭載し、「日経テレコン21」や「四季報速報」など無料のニュースも多彩です。 スマホアプリ「iSPEED」とお気に入り銘柄を連携できるので、iPhoneとの相性もバッチリです。

引用元:https://www.rakuten-sec.co.jp/web/service/tool/

SBI証券のツールはMac未対応

松井証券:「ネットストック・スマート」「Fxトレーダー・プラス」

ネットストックスマート

ツール名 ダウンロードの有無 利用料 取引できる資産
ネットストック・スマート 不要 無料 ・国内株式
・先物取引
・オプション取引
・FX
Fxトレーダー・プラス 不要 無料 FX

マネックス証券:「Monex Trader FX」

monextrader

ツール名 ダウンロードの有無 利用料 取引できる資産
Monex Trader FX 不要 無料 FX

「Monex Trader FX」は、FX取引に特化したブラウザ版のツールです。テクニカルチャートや為替ニュースの詳細な分析から、新規注文、決済、注文履歴によるトレード振り返りまで、FX取引に関するすべてをツール上で完結できます。

「Monex Trader FX」は、黄金分割比率として人気が高いフィボナッチやMACDなど充実したテクニカル指標、TICK足や4時間足など計12種類の中から選択できる多彩なチャート足など、従来のブラウザ版チャートにはなかった機能が搭載されています。
また、チャート上からの発注も可能となり、よりスピーディーなトレーディングをお楽しみいただけます。

引用元:https://info.monex.co.jp/tradetool/monex-traderfx/index.html

auカブコム証券:「auカブコム FX ナビ」

auカブコム

ツール名 ダウンロードの有無 利用料 取引できる資産 auカブコム FX ナビ 必要 無料 FX

「auカブコム FX ナビ」は、FX取引に特化したダウンロード版の取引ツールです。

「auカブコム FX ナビ」は、従来から提供しておりますPC版取引ツール「シストレFXナビゲーター」と同様に充実した機能はもちろんのこと、さらに操作性、カスタマイズ性に優れており、情報収集から発注までをワンストップで行うことができる取引ツールとなっております。

auカブコム証券はダウンロード版の取引ツールが充実していますが、Mac対応のものは「auカブコム FX ナビ」のみです。ブラウザ上で利用できる情報ツールの「カブナビ」「EVERチャート」「先物OPナビ」等は、Macでも利用できます。

GMOクリック証券:はっちゅう君CFD

はっちゅう君

取引ツール
ツール名 ダウンロードの有無 利用料 取引できる資産
はっちゅう君CFD 必要 無料 CFD

DMM 株:「DMM 株STANDARD」「DMM 株 PRO+」

DMM 株

ツール名 ダウンロードの有無 利用料 取引できる資産
DMM 株 STANDARD 不要 無料 ・日本株
・米国株
DMM 株 PRO+ 必要 無料

「DMM 株 STANDARD」は、ブラウザ版の取引ツール。シンプルでわかりやすい操作性にこだわっており、売買はもちろん入出金、情報収集、銘柄検索といった、取引に必要な基本機能が搭載されています。

「DMM 株 PRO+」は、ダウンロード版でMacに対応するツールがまだまだ少ない中、ユーザーの要望に応えて登場したMac対応の取引ツール。日本株と米国株の取引ができます。

動作環境にmacOSを追加
インストール型としては希少な、Macintosh(Mac)に対応した取引ツールです。
「Macを使ってプロの投資家のように取引したい」というMacユーザーの希望を叶えます。

その他、銘柄スクリーニング機能をはじめとする取引の補助機能も充実しています。
視認性の高さなど、細部までこだわり抜いたプロ仕様の取引ツールをぜひご利用ください。

引用元:https://kabu.dmm.com/tool/pc_pro_plus/

Macで使える!2つのダウンロード版高性能取引ツールを詳しく解説

楽天証券の「MARKETSPEED for Mac」とDMM 株の「DMM 株 PRO+」は、Macに対応しているダウンロード版高機能取引ツールです。ここでは、2つの取引ツールのメリットやデメリットを詳しく見ていきましょう。

【Macで使える2つのダウンロード版高性能取引ツール】
・楽天証券のMac専用取引ツール:「MARKETSPEED for Mac」
・DMM 株の米国株取引もできる:「DMM 株 PRO+」

楽天証券のMac専用取引ツール:MARKETSPEED 取引ツール for Mac

marketspeed

楽天証券の「MARKETSPEED for Mac」は、Mac専用の取引ツールです。ダウンロード版の取引ツールは、Mac非対応かWindowsと兼用のものがほとんど。その中でMac専用の「MARKETSPEED for Mac」は、貴重な選択肢の一つとなるでしょう。

「MARKETSPEED for 取引ツール Mac」のメリットはスマホアプリ「iSPEED」と連携できる点

「MARKETSPEED for Mac」は、iPhoneやiPad向けトレードツール「iSPEED」と連携した取引ができる点が、大きなメリットとして挙げられます。

具体的には、「MARKETSPEED for Mac」にお気に入り登録した銘柄を「iSPEED」と連携することで、スマホやタブレットからも取引可能。時間や場所を選ばない取引ができるので、よりフレキシブルな株式投資が実現できるでしょう。

「MARKETSPEED for Mac」のデメリットは国内株式取引しかできない点

「MARKETSPEED for Mac」のデメリットは、国内株式の取引しかできない点です。とはいえ、現物取引だけでなく信用取引にも対応しており、投資初心者から投資経験が豊富な人まで、幅広く使える取引ツールであることは間違いありません。

「MARKETSPEED for Mac」がおすすめなのはどんな人?

「MARKETSPEED for Mac」がおすすめなのは、以下の投資を検討している人です。

国内株への投資をメインに考えているなら、
「MARKETSPEED for Mac」は最適なツールです。現物取引だけでなく信用取引にも対応しており、ハイリスクハイリターンの積極的な投資も可能です。

iPhoneと連携し、時間や場所を選ばず柔軟に投資をしたい場合にも、「MARKETSPEED for Mac」は有力な選択肢となるでしょう。

米国株取引もできるDMM 株の「DMM 株 PRO+」

DMM 株2

DMM 株が提供する「DMM 株 PRO+」は、WindowsにもMacにも対応するダウンロード版取引ツールです。操作性が高くいろいろな注文方法に対応できるほか、多彩なチャートボードを搭載しているなど、幅広い取引ができるツールとなっています。

「DMM 株 PRO+」のメリットは米国株も取引できる点

「DMM 株 PRO+」のメリットは、日本株だけでなく米国株も取引できる点。米国株は、日本株に比べ配当頻度や配当額が多い企業が多く、分散投資先として人気があります。

「DMM 株 PRO+」なら米国株をすでに運用している人も、ゆくゆくは米国株にも投資したいと考えている人も満足できる取引ツールといえるでしょう。

「DMM 株 PRO+」のデメリットはパソコンのみの利用である点

「DMM 株 PRO+」のデメリットは、対応端末がパソコンのみという点です。そのため、なかなかパソコンを開く時間がない人は、少し不便に感じるかもしれません。

DMM 株 PRO+がおすすめの人

「DMM 株 PRO+」がおすすめなのは、以下の投資を検討している人です。

資金の一部をアメリカの資産に分散投資したいなら、「DMM 株 PRO+」が有力な選択肢となります。また、せっかく投資をするなら時間を取ってチャートなどをしっかり研究したい、と考えている人にも「DMM 株 PRO+」はおすすめできる取引ツールだといえるでしょう。

SBI証券と楽天証券の取引ツールの機能を比較しよう

取引ツール 取引ツール
SBI証券 楽天証券
PCウェブサイト ダウンロード版
(HYPER SBI※)
ブラウザPCウェブサイト ダウンロード版
(MARKETSPEED for Mac)
国内株式
国内先物
オプション
× ×
米国株式 × ×
FX ×
(楽天FX・らくオプのみ)
×
投資信託 × ×

ネット証券で取引ツールを利用するメリットは?

【楽天証券で取引ツールを利用するメリット】
・スムーズでスピーディーな取引ができる
・チャートなどのデータをまとめて比較できる

ネット証券で取引ツールを利用するデメリットは?

Mac対応の取引ツールは少ない。ウェブサイトでの利用またはブラウザ版とダウンロード版を使い分け、快適な投資を目指そう

Mac対応のネット証券取引ツール関連でよくある8つのQ&A

【Mac対応のネット証券取引ツール関連でよくある8つのQ&A】
1. Macユーザーは、ブラウザ版のツールを利用することが多いですか?
2. Macに対応するダウンロード版取引ツールを提供している証券会社はありますか?
3. Macに対応しているダウンロード版取引ツールの利用料はいくらですか?
4. 楽天証券のMac対応ツールの特徴を教えてください
5. DMM 株のMac対応ツールの特徴を教えてください
6. SBI証券にMac対応のツールはありますか?特徴も教えてください
7. 松井証券にMac対応のツールはありますか?特徴も教えてください
8. ネット証券のツールを利用するメリットと注意点は何ですか?

Macユーザーは、ブラウザ版のツールを利用することが多いですか?

Macに対応するダウンロード版取引ツールを提供している証券会社はありますか?

あります。Macに対応するダウンロード版としては、楽天証券の「MARKETSPEED for Mac」、auカブコム証券の「auカブコム FX ナビ」、GMOクリック証券の「はっちゅう君CFD」、DMM 株の「DMM 株 PRO+」が挙げられます。

Macに対応しているダウンロード版取引ツールの利用料はいくらですか?

楽天証券の「MARKETSPEED for Mac」、auカブコム証券の「auカブコム FX ナビ」、GMOクリック証券の「はっちゅう君CFD」、DMM 株の「DMM 株 PRO+」の利用料は無料です。

楽天証券のMac対応ツールの特徴を教えてください

楽天証券の「MARKETSPEED for Mac」は、Mac専用の取引ツールです。ツールで取引できる資産は、国内株式です。スマホアプリのiSPEEDと連携もできます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる