通貨ペア

エリオット波動理論の定義や条件は

エリオット波動理論の定義や条件は

トレード回数平均40回/月
TariTaliとの相性よし!
エリオット波動理論の定義や条件は 自動売買EA「PEACE」
通常販売価格23,800円(税込)

初心者向け仮想通貨取引完全ガイド

仮想通貨 の場合、ファンダメンタル分析には、オンチェーン・メトリクス と呼ばれるパブリック・ブロックチェーンのデータを扱うデータサイエンスの分野が含まれることもあります。これらのメトリクスには、ネットワーク・ハッシュレート、トップホルダー、アドレス、トランザクションの分析などが含まれます。パブリック・ブロックチェーンの豊富なデータを利用して、アナリストはネットワークの全体的な健全性や特定の側面を分析する複雑なテクニカル・インジケーター を作成することができます。

ファンダメンタル分析は株式市場や FX では広く使われていますが、現状の仮想通貨にはあまり適していません。このアセットクラスは非常に新しく、市場評価を決定するための標準化された包括的なフレームワークが存在しません。さらに、市場の多くは 投機 や当事者の経験によって動いています。そのため、基本的な要因が 仮想通貨 の価格に与える影響は、一般的にはごくわずかです。しかし、市場が成熟すれば、より正確な仮想資産の評価方法が開発されるかもしれません。

テクニカル分析とは?

とはいえ、テクニカル分析は、将来の値動きの確率を予測するためだけのツールではありません。つまり、リスクマネジメント の枠組みとしても有効です。テクニカル分析は、市場構造を分析するためのモデルを提供しているため、トレードマネジメントをより明確に 測定可能 にします。そういった意味で、リスクを測定することは、リスクマネジメントをするための最初のステップといえます。そのため、テクニカル・アナリストの中には、厳密にはトレーダーとはいえない人もいます。彼らは、テクニカル分析を純粋にリスクマネジメントのためのフレームワークとして使用することがあります。

ファンダメンタル分析 vs テクニカル分析 - どちらが良いのでしょうか?

金融市場を動かしているものは何でしょうか?

先に述べたように、経済状況などの ファンダメンタル 要因も考えられます。さらに、仮想通貨の 時価総額 のような技術的な要因も考えられます。また、市場状況 や最近のニュースなど、他の要因を考慮する必要があるかもしれません。

マーケットトレンドとは?

マーケットトレンドの特徴は、後から見たときに絶対的な確信を持って判断することができることです。あるイベントが発生する前に、そのイベントを正確に予測していたと自分に言い聞かせる傾向があることを意味する 後知恵バイアス という概念をご存知でしょうか。ご想像のとおり、後知恵バイアスは、マーケットトレンドを見極め、取引の判断を下すプロセスに大きな影響を与えます。

マーケットサイクルとは?

第2章–金融市場とトレード戦略

コンテンツ

金融コモディティとは?

現物市場とは?

現物市場とは、金融コモディティを ”直渡し” と呼ばれる形で取引する市場です。ここでいう ”直渡し” とは、金融コモディティを現金と交換することを意味します。これは不要な区別のように思えるかもしれませんが、市場によっては即座に現金で決済されないものもあります。例えば、先物 市場の話をすると、資産は後日(先物契約の満期時)に引き渡されます。

では、これは仮想通貨市場の文脈ではどのような意味を持つのでしょうか?バイナンスの現物市場では、どんなことができるのでしょうか?お互いにコインを交換することができます。つまり、BNBをBUSDに交換したい場合は、BNB/BUSD の現物市場に行ってみてください!同じように、BNBを BTC に交換したい場合は、BNB/BTC の現物市場に行くことになります。注文が完了すると、あなたのコインは即座に交換されます。これは、仮想通貨を取引する最も簡単な方法の一つです。

マージン取引とは?

マージン取引とは、第三者から借りた資金を使用して取引を行う方法です。マージン取引は、結果を増幅させることになります – 上げても下げても、結果が増幅されます。マージン取引アカウントがあれば、トレーダーはより多くの資金を利用することができ、カウンターパーティリスクをある程度排除することができます。それはなぜでしょうか?それは、トレーダーは同じ ポジションサイズ で取引しても、仮想通貨 取引所 に置いておく資金が少なくて済むためです。

マージン取引というと、証拠金レバレッジ という言葉をよく耳にします。証拠金とは、お客様がコミットする(つまり自身のポケットから出す)資本額のことです。レバレッジとは、マージンを増幅させる量のことです。つまり、2倍のレバレッジを使用すると、証拠金の2倍のポジションを開くことになります。4倍のレバレッジを使用した場合、マージンの4倍の金額のポジションを開くことができます。

デリバティブ市場とは?

ある推計によると、デリバティブ市場は世界で最も大きな市場の一つです。それはなぜでしょうか?デリバティブは、ほとんどすべての金融商品に存在します – つまり、デリバディブ自体にもそれは存在しており、デリバティブからデリバティブを作成することができます。そして、その デリバティブからさらなるデリバティブが作られたりしています。これは、今にも崩れそうなカードの家のように聞こえるでしょうか?しかし、それはあながち間違いではないかもしれません。2008年の金融危機 では、デリバティブ市場が大きな影響を及ぼしたという意見があります。

エリオット波動のルールは難しい?使い方をわかりやすく簡単説明

エリオット波動①

自動売買EAランキング

\人間には不可能な超高速トレードも?/

サインツールランキング

\いまだに裁量トレードで消耗してるの?/

勉強方法まとめ

\勉強する方法はたくさんある!/

本気で勉強するなら?おすすめ本

\本から学べる情報は貴重!/

おすすめブログ

\勝ってるトレーダーを参考に!/

専業トレーダーから学べ

\専業トレーダーの生の声をお届け!エリオット波動理論の定義や条件は /

userimg

FX歴6年目のFXマニア。
●3年目からプラ転
●4年目にようやく7桁達成
いわゆるザ遅咲きトレーダー。
主にEAとサインツール使ってる。
ポジポジ病患者さんをいかに治すかを考えている。
★検証して欲しいEAなどご意見・ご質問はTwitterフォローしDMください★

エリオット波動理論の定義や条件は 初心者向け
完全無料FXマニュアル
\登録無料でもらえる!エリオット波動理論の定義や条件は /

メルマガ登録するだけ!
「FX投資マスターガイド」
メルマガ登録無料

高還元率
キャッシュバックサイト
\キャッシュバックで稼ごう!/

TariTali


稼ぐ手段のひとつに!
「TariTali(タリタリ)」
登録無料

天と地のインジケーターバナー

おすすめサインツール
\爆発的に売れてます!/

自動利確機能付き!
「天と地のインジケーター」
通常販売価格39,800円(税込)

おすすめEA
\仮想通貨もトレード可能!/

自動売買EA「PEACE」


トレード回数平均40回/月
TariTaliとの相性よし!
自動売買EA「PEACE」 エリオット波動理論の定義や条件は
通常販売価格23,800円(税込)

チャート分析とは?楽なシステムは絶対ダメ

チャート分析とは?楽なシステムは絶対ダメ

よくFXの難しそうなブログに勝率90%なんて書かれているのを見かけますが、これがお金を払って手法を買うシステムトレードです。
そのブログを読んで理論的にはなるほどって思ってしまいうっかり買っちゃおうかな?なんて思う人いると思います。
でも待ってください。よーく考えて見てくださいね。
そんなシステムを構築できる人はシステムを販売しなくともFXで稼げるのです。
なぜそういう人がシステムを売ろうとしているのか?
答えは簡単です。
自分でそのシステムを使って稼げないから販売するんです!
全然役に立たないわけではなさそうですが、そんなに複数の条件が重なるときが何回あるでしょうか?
その条件が少なければ少ないほどエントリーは多いが勝率は低いだろうし、条件が多ければ多いほどチャンスは無いでしょうね。
どんな世界でも楽はさせてくれません。

どうしたら勝てるの?

勝ち負けは大事ですがさほど気にしなくてOKです。
「なにいってんだこいつ」ってなりますが、勝ち負けを気にする前に今どんな相場なのか?
これからどう動いていくのか?
何通りか予測を立てれる事が大事。
そのうえで、自分の立てた予測と照らし合わせてどうだったか?を検証して、仮に第一候補から第三候補まで3パターン予測を立てたとします、その予測の第一候補なのか?第二候補なのか?それとも第三候補なのか?でどのくらい相場と向き合えているかがわかります。
相場は上がるか、下がるか、横ばいか?って最初に書いた手前こんな事書きたくありませんが、複雑です。
でもやりがいはあります。
私自身も100%理解しているか?と聞かれればまだまだ全然素人に毛が生えた程度です。
それでも相場に向き合うためには必ずエリオット波動は役に立ちます。
今現在あなたが使用しているテクニカルをさらに精度の良い物にエリオット波動を学んでいきましょう。

エリオット波動|1つの周期を5つの上昇波と3つの下降波で捉える


Warning: Use of undefined constant php - assumed 'php' (this will エリオット波動理論の定義や条件は throw an Error in a future version of PHP) in /home/media/runcha-app.com/public_html/technical/wp-content/themes/technicalbook/content.php on line 4
-->

図解で分かるエリオット波動の見方

要するに、エリオット波動とは

  • 相場で確認されるサイクルをパターン化したもの
  • 基本形は上昇局面5波と下降局面3波からなる
  • 数分から100年以上の大小様々なサイクルがあり、トレードスタイルを問わず利用可能

エリオット波動から分かること

エリオット波動は 相場において起こる波のサイクル のことで、上の画像のように実際の相場に当てはめて使います。

簡単に言ってしまうと、ラインで引いたA→B→C→D→E→F→G→H→Iという大きな流れを、比較的早い段階でシナリオとして描けるようになります。

そのため、例えばエリオット波動において重要となる大きく伸びやすいC→Dのところを狙って、利幅を伸ばしやすいトレードが可能になります。

また、トレンドが一服して調整の流れとなったF以降では、下方向に2回目に押すH→Iのところも売り方向で狙いやすい局面です。

今回は、こういった相場のサイクルを整理したエリオット波動理論について、サイクルの基本形を紹介しながら考え方を説明していきます。

エリオット波動の基本形

エリオット波動理論とは、 相場が一定の規則性を持った値動きのサイクルが繰り返される とする相場分析方法のことです。

上昇局面5波、下降局面3波

エリオット波動の基本となる上昇局面5波、下降局面3波

最初の5つの波は「上げ→下げ→上げ→下げ→上げ」となっており、全体としては上昇しています。これらの波は、それぞれ 第1波、第2波、第3波、第4波、第5波 と呼ばれます。

その後の3つの波は「下げ→上げ→下げ」となっており、全体としては下降しています。こちらの波は、それぞれ A波、B波、C波 と呼ばれます。

波は、全体の方向性に沿って伸びる 推進波 と、全体とは逆方向に調整する 修正波 という2つのモードに分けられます。

第1波~第5波のそれぞれを推進波と修正波に分ける場合、上昇局面で上昇している第1波、第3波、第5波が推進波で、上昇局面で下落している第2波、第4波が修正波となります。

A波~C波も同様に、下降局面で下落しているA波、C波が推進波で、下降局面で上昇しているB波が修正波となります。

ちなみに、大きな流れで見てみると、第1波~第5波自体が推進波であり、A波~C波はそれに対する修正波と言うこともできます。

明確な方向性を持つ推進波の条件

先ほどの図では、上昇という明確な方向性が出ている状態に見られる典型的なチャートの形状でした。

ここで意識しておきたいのは、そういった相場においても 第2波や第4波のような修正波がある ということです。

上昇局面における3つのルール

まず、明確な方向性が出ているのであれば、第1波、第3波の修正である第2波、第4波が、元の推進波よりも大きくなることはありません

また、推進波の中でも第3波は最も大きく伸びることが多く、少なくとも最も短くなることはありません。

言い方を変えると、 第1波と第5波が重なることはない ということです。

大きなレバレッジをかけられる先物市場では、現物市場には見られない価格の一時的な行きすぎが起こる。それゆえに、日足や日中の動きでは第1波と第4波の価格帯が重複することもあるが、それでもこうしたことはあまり起こらない。

エリオット波動入門 p.43

実際のチャートからエリオット波動の基本形を見出すときには、これらの条件を満たしているかどうかを確認することが大切です。

エリオット波動のフラクタル構造

それぞれの波は分解できる

エリオット波動の基本形として上昇局面5波、下降局面3波を紹介しましたが、これをより大きく見ると、最初の5波は1つの推進波、その後の3波は1つの修正波となることに触れました。

逆に言うと、上の画像のように 1つの推進波は5つの波に、1つの修正波は3つの波に分解できる ということです。

★画像挿入【alt:細かい波に分解したエリオット波動】
elliot1_gazou05
「エリオット波動入門」から引用
※記載されている記号や数字は全部外してください。ただ、全体として1つの推進波、1つの修正波としても見られるというのは、伝わる形でお願いいたします。

上の画像を最も大きく見てみると、1つの推進波、1つの修正波に分けられます。

これを次に大きな形に分解すると、第1波、第2波、第3波、第4波、第5波、A波、B波、C波の8つの波に分けられます。

さらにもう一段階分解すると、例えば第1波は、さらに5つの波に分解することができ、全体では34個の波となります。

その34個もさらに分解することが可能で、上図の中で最も細かい波は144個まで分解されている形です。

このような繰り返し同じような形が見られることを フラクタル構造 と言います。

エリオット波動理論では、相場をこのフラクタル構造のように見ており、同様のサイクルが様々な時間軸で確認できるとしています。

9つのサイクル(波の段階)

エリオット波動理論では、全ての入手可能なデータ全体という最も大きなレベルから細かい時間足のレベルまで、様々なレベルで波のサイクルが見られるとしています。

波の段階期間(参考数値)
グランドスーパーサイクル100年以上
スーパーサイクル数十年以上
サイクル1年~数十年
プライマリー数ヶ月~1年
インターミディエット数週~数ヶ月
マイナー数週
ミニュット数日
ミニュエット数時間
サブミニュエット数分

そのため、スイングやデイトレード、スキャルピングといったトレードスタイルに関わらず、エリオット波動は幅広いトレーダーが利用できると考えていいでしょう。

エリオット波動をトレードに活かす際には、自分が確認した相場の波形が上どの段階に当てはまるかを特定するよりも、 自分が見ているの波形よりも大きなレベル、小さなレベルにも同様の波形が見られる ことを、しっかりと認識しておくことが大切です。

エリオット波動とフィボナッチ比率の関係

相場においては、 黄金比 との関係が深いフィボナッチ比率がよく現れるとされています。

フィボナッチ数列とフィボナッチ比率

上の画像における左矢印で示しているように、フィボナッチ数列が進んでいくと、前項は次項に対して61.80%の値に近づいていくことが知られています。

逆に、上の画像における右矢印で示しているように、次項は前項に対して161.80%の値に近づいていきます。

23.60%、38.20%、(50.00%)、61.80%、78.6%、100%、123.60%、138.2%、161.80%…

相場によく現れるこれらの比率は、エリオット波動にも当てはめることができるわけです。

推進波と修正波の間に見られるフィボナッチ比率

この推進波の値幅とそれに対応する修正波の値幅は、よくフィボナッチ比率になることが多くあります。

とくに第1波でトレンドがスタートしたところでは、比較的鋭い角度の修正が起こることが多く、第2波は第1波の61.80%または50.00%などの値幅だけ、トレンドと逆方向の動くというのがよくあるパターンです。

また、トレンドの勢いが強くなりやすい第3波の後の修正である第4波は、フラットな形状の修正パターン(※1)を描くことが多く、値幅は第3波の38.20%となるのがよくあるパターンです。

リトレイスメント(注:調整、修正)を値幅で表すことは簡単なので、残念なことに多くの分析家はそうした表示をかなり重視している。しかし、同じ方向を向いている交互の波やその長さの比率のほうが、はるかに正確で信頼できる。

エリオット波動入門 p.171

推進波に見られるフィボナッチ比率

推進波の中に現れやすいフィボナッチ比率

推進波の基本形においては、 第4波によって第1波~第5波の値幅が黄金比(フィボナッチ比率)で分割される ことがあります。

具体的には、上の画像のように第1波~第3波(0→3)の値幅に対して第5波(4→5)の値幅は61.80%となりやすいとされています。

推進波をフィボナッチ比率で分割するその他のパターン

例えば、上の画像において緑色で示しているように、第1波の始点~第4波の始点(=第3波の終点)(0→3)と第4波の始点~第5波の終点(3→5)の比率といった形です。

また、上の画像において青色で示しているように、第1波の始点~第4波の終点(0→4)と第4波の終点~第5波の終点(4→5)の比率というパターンもあるでしょう。

第5波がどこまで伸びるかを予測する際には、フィボナッチ比率によって1つの値を厳密に算出するというよりは、柔軟に変動する目安として使う方がいいかもしれません。

修正波に見られるフィボナッチ比率

修正波の中に現れやすいフィボナッチ比率

修正波の基本形においては、上の画像のようにA波(5→A)とC波(B→C)の値幅がイコール(100%)の関係になることが多く見られます。

その以外にも、C波(B→C)がA波(5→A)の61.8%や161.8%の値幅となるケースもあります。

エリオット波動の一般的な使い方

狙いやすいのは第3波、第5波、C波

エリオット波動における狙いやすいポイント

大きく伸びる方向にトレードした方が利益を伸ばしやすいので、基本的には1つ上のレベルでのトレンドに合わせた方が良いと考えられます。

これを踏まえると、エリオット波動の波形を見極めていく中で、上の画像の中で「狙い目」と示した 第3波(2→3)、第5波(4→5)、C波(B→C)を狙う というスタンスを取るというのが一般的と考えられます。

簡単にまとめると、相場にエリオット波動を当てはめて大きな展開を予測した上で、フィボナッチ比率を使ってトレードポイントの目安を作っておくというわけです。

なお、実際のエントリーポイントを見極めるときには、移動平均線やMACD、RSIといったインジケーターを使うのもいいでしょう。

フラクタル構造で細かく分析する

狙った波を1つ下のレベルまで分解する

具体的に説明すると、 エリオット波動のフラクタル構造を利用して、もう一段階細かいレベルに波を分解していく 方法です。

例えば第3波を狙ってトレードするのであれば、上の画像のオレンジ色のようにその第3波を5つの波( 第ⅰ波、第ⅱ波、第ⅲ波、第ⅳ波、第ⅴ波 と表記します)に分類します。

その上で、第ⅰ波(2→ⅰ)の推進に対する第ⅱ波(ⅰ→ⅱ)の修正の動きを確認した上で、第ⅱ波(ⅰ→ⅱ)が反転して第ⅲ波(ⅱ→ⅲ)がスタートするタイミングを狙います。

なお、エントリーした後にもし想定通りに相場が推移せず、第ⅰ波の起点(2)を相場が抜ける、割り込むことがあれば、第ⅰ波(2→ⅰ)以降がイメージした推進波ではなかったことになります。

実際のチャートで確認

上の画像は、ドル円の日足チャートにエリオット波動の基本形を当てはめたものです。

「2」で下値を切り上げて「1」の水準を上抜けしてきたところで、上昇の推進波となる5つの波が発生する可能性が出てきて、そのシナリオを組むことができるでしょう。

ここでは、 第3波を狙ってエントリータイミングを見極めていく ことにします。

第3波動を5つの波に分解

上の画像は、1つ目のチャートの黄色い部分を拡大した4時間足チャートです。

★画像挿入【alt:トレードポイントの判定】
elliot1_gazou14_chart03
※クリエイター様へ加工のお願い:
ここでは、以下の画像の白い部分(0、1、2、3とライン)を除く形で画像の作成をお願いいたします。

トレードポイントの判定

第ⅰ波を形成後はいったん修正の段階となりますが、(あ)の38.2%程度の浅く押したタイミングでいったん上に跳ね返るという展開になりました。

すると、この反転上昇ではⅰの水準は超えられず、再び下落となりますが、同じ38.2%押しの水準で再び上に跳ね返ります。

同じ水準で2度の反転を見せたことから上昇の勢いが強いと判断し、ここから第ⅲ波の上昇がスタートすると仮定してエントリーを行います。

なお、もし想定通りに上昇せずに、2の水準を割り込んでしまうと、 「第2波が第1波の起点を割り込むことはない」という推進波の条件 を逸脱することになり、第ⅰ波と第ⅱ波の設定が誤っていたことになります。

このような形で、エリオット波動でトレードを行う際には、 条件に基づいてシナリオを立てつつ、1つ上のレベルの方向性に合わせてトレードしていく のが基本となります。

エリオット波動の注意点、懸念点

実際のチャートに当てはめるのが難しい

エリオット波動を学び始めた初心者が引っかかるのが、実際のチャートにどのように8つの波のサイクルを当てはめていくかというところでしょう。

また、うまく当てはめられたとしても、その後の相場展開の中で条件から逸脱してしまい、想定したシナリオから外れてしまうこともあるはずです。

このようなことがあることも踏まえて、リアルタイムで分析を行っていく際には、「ここまで伸びたらこうなる」「ここで反転したらこうなる」という形で、 今後の展開のシナリオにある程度の幅を持たせた上でエリオット波動のシナリオを組んでおく ことが有効です。

分かりやすい売買シグナルがあるインジケーターとは違い、実際のチャートで練習を繰り返しながら、少しずつ自分のものにしていくようにしてください。

基本形以外にも様々なパターンがある

つまり、今回紹介した基本形のみで相場の全て説明するのは、あまり現実的ではないということです。

エリオット波動理論の成り立ち

彼が相場の世界に入っていくのは1920年~1930年頃で、その中で過去の膨大な相場データを検証して、相場の中に規則性があることを発見します。

その理論は著書としてまとめられ、1938年に『The wave principle(波動の原理)』、1946年に『Nature’s law : The secret of the universe(自然の法則~宇宙の神秘~)』が出版されました。

エリオット波動理論が広く世間で知られるようになった書籍としては、1964年のA・ハミルトン・ボルトンの『The Elliott Wave Principle - A Critical Appraisal(エリオット波動-ビジネス・サイクル)』(※2)が挙げられます。

その後もたくさんのエリオット波動理論に関する書籍は刊行されていますが、1977年の『Elliott Wave Principle : Key to Market Behavior(エリオット波動~市場行動のカギ~)』(※3)などが有名でしょう。

ダウ理論は、エリオット波動理論に先駆けて19世紀に構築された相場理論です。

エリオット波動理論はこのダウ理論の影響を受けた部分もあると考えられ、両者にはいくつか共通点も見られます

ダウ理論における主要トレンドの3段階

段階内容
先行期 一部の優れた投資家 が、他の投資家に先駆けてポジションを構築している段階。この段階では、相場に明確なトレンドは発生していない
追随期相場に明確なトレンドが発生し始め、これに追随する形で 勝つ投資家 がポジションを持つ段階。先行期に動いていた投資家も、さらにポジションを増やしていく。
利食い期相場は大きく上昇しており、先行期・追随期でポジションを構築した投資家が利食いを行う段階。相場には期待感が膨らんでおり 一般投資家(負ける投資家) がポジションを持ち始めるが、新たにエントリーする人がいなくなればトレンドは終わることになる。

つまり、ダウ理論の先行期に当たるのが第1波~第2波で、追随期に当たるのが第3波~第4波、そして、利食い期に当たるのが第5波以降という形です。

エリオット波動を使ってハイローオーストラリア攻略精度UP!基礎から応用まで徹底解説!

エリオット波動を利用した相場状況把握

この相場状況を把握する方法としてエリオット波動を利用するわけですが、具体的な利用方法は以下のようになります。

①推進第1波:
相場の反転ポイント(上記チャートの場合は戻り高値)を上抜けしたことにより状況トレンドに転換した可能性を見つける
②推進第2波:
戻りの波が推進第1波の始まりを下抜けしないことを確認できたのでエリオット波動が成立している
可能性が高くなる
③推進第3波:
推進第2波が成立したので推進第3波が最も勢いがよく上昇すると予想できるため上昇方向のエントリーを考える
④推進第4波・推進第5波→調整 1、2、3
推進第4波に入ったと思われる部分で上昇方向へのエントリーポイントを探すのを中止し、推進第5波の発生後、調整 1、2、3 波の動きを分析しつつ、次の戦略(再び上昇した場合、相場転換した場合)を立てる

エリオット波動推進第3波の勢いに乗った順張り

エリオット波動を利用した順張りポイント

エリオット波動の推進第 3 波を利用した順張り

①推進 1 波、推進 2 波から推進第 3 波の発生を予測
②推進 3 波が推進第 1 波の高値を超えるつまりダウ理論の高値更新・安値切り上げが成立
※下降のエリオット波動の場合は推進第 1 波の安値を超えることでダウ理論成立
③次足からハイエントリー

エリオット波動推進第2波から3波への転換を狙った逆張り

サポレジ転換

エリオット波動を利用した逆張り

このチャートで言えば赤矢印部分が推進第 1 波の始まりとなり、同時に推進第 3 波の始まりのポイントと重なりロールリバーサルとなっていることがわかるはずです。

エリオット波動で役立つインジケーター

ZigZag標示

ZigZag設定値

また ZigZag は設定値の「Depth」を変えることにより波の見え方を変えることができます。

設定値の変化による波の見え方
• Depth を大きくする:波の間隔が広くなる→大きな波の動きを見ることができる
• Depth を小さくする:波の間隔が狭くなる→細かい波の動きを見ることができる

エリオット波動の注意点

  • フラクタル構造を意識する
  • 調整波は推進派となる場合がある
  • パターンが崩れることがある
  • 長めのエントリーが有効

フラクタル構造を意識する

エリオット波動フラクタル構造

この画像のように 大きな時間足で作られるエリオット波動は、短い時間足で作られるエリオット波動の集まりとイメージすれば良い でしょう。

そのため、フラクタル構造を意識して大きな時間足の推進第 3 波内のエリオット波動を狙えば有利なエントリーポイントを見つけることができるのです。

フラクタル構造を意識したエントリーポイント

フラクタル構造を意識したエントリーポイント

この画像のように大きな時間足の推進第 3 波の中ならば、まずエントリー方向を迷うことが無くなります。(上図の場合はハイエントリーだけを考えれば良い)

そのため、例えば青丸部分は短い時間足の推進第 3 波の勢いに乗った順張り。
赤丸部分は推進第 2 波から 3 波への転換ポイントを捉えた逆張り等、勝率の高いポイントを効率よく探すことができるのです。

この考え方は 「マルチタイムフレーム分析(MTF)」と言われ、エリオット波動だけでなくすべての分析の基礎であり、勝つためには重要な分析方法 となります。

調整波は推進派となる場合がある

そのため、調整 1、2、3 波は同時に推進 1、2、3 波と考える必要が出てくるわけです。
基本的には次の要件のどちらかを満たしたときに調整波が推進波となっていると推測すれば良いはずです。

調整波が推進派となる場合

調整波が推進波と判断するポイント(上昇のエリオット波動の場合)

①調整第 1 波が推進第 4 波の安値を下抜け:
押し安値を下抜け状態のため相場転換の可能性が高くなる
②調整第 2 波が調整第 1 波の始点を超えない:
エリオット波動の原則 2 をクリアした状態
②調整第 3 波が調整第 2 波の安値を下抜けする:
下降のダウ理論「安値更新・高値切り上げ」が成立した

短い時間足ではエリオット波動が成立しない場合が多々ある

5分足トレンド

1時間足

実はエリオット波動は 1 時間足や日足など投資家が意識する時間足だからこそ成立しやすい法則となのです。

長めのエントリー時間が有効

一時的な逆行

そのため、 エリオット波動を利用する際は1分足なら3分以上の取引時間、5分足なら10分以上など長めの取引時間を選択し、確実に流れに乗れるようにすることをおすすめ します。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる