投資徹底攻略

FXのテクニカル、ボリンジャーバンドの使い方は

FXのテクニカル、ボリンジャーバンドの使い方は
以下のチャート画像赤マル部分は、ボリンジャーバンド3σタッチの部分です。
(画像クリックで拡大できます)

多くの箇所で反転、もしくは一旦の押し戻しを確認できます。

FXのテクニカル、ボリンジャーバンドの使い方は

3つのうちひとつは20日移動平均線。これはすぐにわかりますね。ミッドバンドのことです。2つめは標準偏差、これはバンド幅を見ることによってわかります。

【バンド幅とは】
バンド幅とはバンド上限からバンド下限までの幅のことを言います。
バンド上限とは+2シグマの位置を言い、バンド下限とは-2シグマの位置を言います。
とするとバンド上限からバンド下限までの幅は標準偏差×4となります。

標準偏差とはばらつきの大きさを表すもの。ボリンジャーバンドにおいては20日間の値動きの大きさを表します。つまりボラティリティです。そして、現在、標準偏差が広がっているのか縮小しているのかはバンド幅を見ればわかります。標準偏差が大きくなればバンド幅広がり、標準偏差が小さくなればバンド幅が狭くなります。もっとわかりやすく言えば、20日間の値動きが大きいときはバンド幅が広がり、20日間の値動きが小さいときはバンド幅が縮小します。このことを理解することがとても大事です。

3つめはバンドの中で価格がどの位置にあるかです。+2シグマを超えているのか?ミッドバンドの位置にいるのか、もっと下か。その位置によって現在の価格が相対的にどれくらい高いか安いかが判定出来ます。

2、ミッドバンドによる分析

ミッドバンド=20日移動平均線

上昇トレンド=ローソク足の実体がほとんどの期間、ミッドバンドの上にある。
下降トレンド=ローソク足の実体がほとんどの期間、ミッドバンドの下にある。
もみあい期間=ローソク足の実体部分が短期間に何度もミッドバンドと交錯する。

3、バンド幅分析

ボージ・・・バンド幅が最大に広がったとき=価格変動がもっとも大きかったとき
スクイーズ・・・バンド幅が最小になったとき=価格変動がもっとも小さかったとき

ボージ・・・トレンド終了のサイン
スクイーズ・・・新しいトレンドスタートのサイン

スクイーズからバンド幅が広がっていくということは新しいトレンドが発生しているということを教えてくれますが、どちらにトレンドが出来るのかは教えてくれません。それをボリンジャーバンドは上限タッチ、下限タッチで判断します。上限タッチとは価格が+2シグマのバンドを超えること。下限タッチとは価格が-2シグマのバンドを下回ることです。

4、バンドの中の価格の位置

%b=(C-バンド下限)÷(バンド上限-バンド下限)×100
※Cは現在値

%K=(C-Ln)÷(Hn-Ln)×100
※Cは現在値、Lnはn日間の最安値、Hnはn日間の最高値

【偏差値の計算法】
偏差値70・・・平均点+2シグマ
偏差値60・・・平均点+1シグマ
偏差値50・・・平均点
偏差値40・・・平均点-1シグマ
偏差値30・・・平均点-2シグマ

スマートフォン専用トレーディングアプリ

補足

テクニカル指標は、メインチャート、サブチャート1、サブチャート2に、それぞれ1種類ずつ表示できます。

テクニカル指標の設定を変更する

  • 1. 「テクニカル」をタップする

補足

テクニカル指標の変数は、以下の範囲で変更できます。

FXのテクニカル、ボリンジャーバンドの使い方は FXのテクニカル、ボリンジャーバンドの使い方は
テクニカル指標 変数の範囲
移動平均線 短期、中期、長期ともに1~255まで設定できます。
ボリンジャーバンド 期間を1~150まで設定できます。
一目均衡表 転換線、基準線、スパンともに1~150まで設定できます。
指数平滑移動平均 短期、中期、長期ともに1~255まで設定できます。
多重移動平均 最短期間は1~254、最長期間は1~255、本数は15まで設定できます。
パラボリック AF、上限ともに0.01~1.FXのテクニカル、ボリンジャーバンドの使い方は 00まで設定できます。
MACD 短期EMA、長期EMA、シグナルともに1~150まで設定できます。
RSI 短期線、中期線、長期線ともに1~150まで設定できます。
RCI 短期線、中期線、長期線ともに1~150まで設定できます。
DMI/ADX DI、ADX、ADXRともに1~150まで設定できます。
ストキャスティクス %k、%D、Slow%Dともに1~150まで設定できます。
移動平均乖離率 短期、長期ともに1~255まで設定できます。
サイコロジカル 期間を1~255まで設定できます。
標準偏差 期間を1~255まで設定できます。
モメンタム期間、シグナルともに1~255まで設定できます。

比較チャートを表示する

  • 1. 片方の銘柄のチャート画面で、「テクニカル」をタップする

補足

比較チャートを表示している場合は、同時にサブチャートは表示できません。

ボリンジャーバンド 傾向とトレード手法【FXテクニカル分析】

各インジケーターの基本・応用

ボリンジャーバンドの基本では、
基本的に売られ過ぎ買われ過ぎを示すテクニカル指標と記載しました。

ボリンジャーバンドの傾向とトレード手法を覚え、
FXのテクニカル分析に活かしましょう。

ボリンジャーバンドには様々な傾向・トレード手法がある

2σのボリンジャーバンドのバンド内に収まる確率は95,4%でした。

基本的な使い方は逆張り

ボリンジャーバンドの基本、使い方【FXテクニカル分析】

基本的な使い方はこの①で、ミドルバンドの20SMAは移動平均線ですから、

中二病

反発するのではないか?

という予想ができます。

このように、バンドから突き抜けるということは、
①より更に急上昇、もしくは急下降したと推測でき、反発するんではないか?もしくは

中二病

突き抜けたから流れが止まるのではないか?

と予想することができます。

ボリンジャーバンドの収束

③~④ 【ココは重要(使える手法)です】

ボリンジャーバンドの基本、使い方【FXテクニカル分析】

③は上昇が緩やかになった後、バンドが縮んでいます。

個人的には、ボリンジャーバンドのココが重要だと思っていますが、
バンドは、大きな値動きをした場合は広がって、値動きが小さくなると縮まります。

バンドが縮んできた

中二病

そろそろ大きな動きになるかも?

と予想する事ができます。

また、この局面では②の大きな陽線の「はらみ足」とも見ることが出来ます。
二つの要素が重なった局面ですね。

もちろん放たれた後に、すぐに戻ってくることもありますが、
バンドが縮んだ時は、要注意と共にエントリーのチャンスです。

バンドウォーク

ボリンジャーバンドの基本、使い方【FXテクニカル分析】

⑤はボリンジャーバンド特有の 【バンドウォーク】 です。

バンドウォークとは、バンドに沿って市場価格が、上昇または下降することを言い、
バンドウォーク時は【強い上昇】または【強い下降】と予想します。

バンドウォークを始めたら、その方向にズルズルと動いていく傾向があります。

ですが、バンドウォーク中でも②や⑧のように、
バンドを大きく突き抜けると

中二病

バンドウォークが終わるかも?

と考えてください。

バンド到達+他サイン

また、ここでは「バンド到達+毛抜き天井」が出現しています。
バンドに到達+毛抜き天井、その後20SMAを下抜け=更に下降。トリプルサインですね。

⑧は②と同じような局面です。
バンドウォーク後、少し突き抜け、次のローソク足がほぼ逸脱しています。
そのローソク足は「十字架」次のローソク足は「トンボ」(カラカサ)で上昇に転じています。
「バンド抜け+十字架+トンボ」で下降から転換のトリプルサインですね。

ローソク足「十字架・トンボ」参考記事↓

順張り派なのか?逆張り派なのか?それによって見え方、使い方も変わってきます。

バンドだけの判断では弱い場合もありますが、バンドだけの判断だけでなく、
「毛抜き天井」「20SMAを抜けた」など、複数のサインと重なると更に信頼度が増します

また「天井圏」「底値圏」でのサインで信頼性UPです。

  • ボリンジャーバンドには様々な傾向・トレード手法がある。
  • 基本的には「逆張り指標」
  • バンド収束、バンドウォークなどがある。
  • バンドサイン+他サインで信頼性UP。
  • 天井圏、底値圏で信頼性UP。
  • 順張り派、逆張り派により、見方、使い方が変わる。

本キャンペーンは
2022年6月1日(水)0時~ 2022年6月30日(木)23時59分59秒まで

ハイレバレッジの王道【 XM 】日本語サポートも充実の最大888倍の取引が可能!
「MT4」メタトレーダーも使えて、条件無しで3000円貰えるFX業者!

同じカテゴリーのおすすめ記事

MT4(メタトレーダー)に経済指標を表示するインジケーター

平均足 とは?基本と傾向【FXテクニカル分析】

【MT4】トレンド・レジスタンス・サポート/各ラインを自動で表示する

ライントレードでFX取引を行う方は、トレンドラインを自動で引いてくれる Fractals - adjustable period trend lines とサポート・レジスタンスを引いてくれる Fractals FXのテクニカル、ボリンジャーバンドの使い方は - adjustable period extended 2 、2種類のインジケーターを…

【MT4】水平ラインに到達すると「アラーム」が鳴るインジケーター

MT4のアラーム付きの水平ライン(レジスタンスライン・サポートライン)を探していたところ、数種類のインジケーターを見つけ、色々試しましたが、無料で一番便利なのは AlertLine2 …他のアラーム付きラインだと、MT4のデフォルトのアラームしか鳴らなかったり、設定しても使いにくいインジケーターが…

メタトレーダー(MT4)Guppy(GMMAチャート)基本・使い方「複数のEMA」

MT4 ボリンジャーバンドMTF(マルチタイムフレーム)アラーム付き

RSI 基本と傾向・ダイバージェンス【FXテクニカル分析】

ボリンジャーバンドとは?基本と傾向【FXテクニカル分析】

メタトレーダー【MT4】で「パラボリックSAR」マルチタイムフレームを表示する

メタトレーダー(MT4)の「マルチタイムフレーム」は様々なインジケーターで使用でき、違った視点でテクニカル分析を行え、FXトレードに活かせます。マルチタイムフレーム(MTF)の パラボリックSAR(Parabolic SAR)を表示し、FXのトレード精度を高めましょう。マルチタイムフレームの表示方法…設定…

MACD-2TC(2tonecolor)の基本と傾向【FXテクニカル分析】

FXには様々なテクニカル分析の方法があり、MT4(メタトレーダー)には数多くのインジケーターがあります。MACD-2TC(2tonecolor)の基本と傾向、FXトレード手法を知り、FXテクニカル分析に活かしましょう…まずは通常の MACD と、MACD-2TC(2tonecolor)を見比べてみましょう…

ボリンジャーバンドを使いこなせばFXはカンタンに稼げる!その2

ボリンジャーバンドを使いこなせばFXはカンタンに稼げる!その2

柳生大穂
1986年3月生まれ。金融や歴史を中心とした書籍・ムックなどを製作する編集プロダクション「バウンド」所属。FXや株、投資信託などお金系中心のムックや書籍などを執筆・編集を行う。これまでの過程で100人以上の投資家や識者に取材。著書は「FXで稼ぐ人のテクニック」「FXメタトレータースターティングガイド」「投資2.0 ~投資型クラウドファンディング入門~」「FXメタトレーダーベストテクニック」「ボリンジャーバンドを使いこなせばFXはカンタンに稼げる! 2019年最新版」など多数。

9784866365695

2022年版 株の稼ぎ技 短期売買

9784866365664

9784866365701

9784866365589

9784866365510

9784866365466

9784866365350

9784866365428

9784866365275

9784866365244

Copyright © standard All Right Reserved. This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

ボリンジャーバンドFXでの見方使い方と期間設定方法解説

ボリンジャーバンドバナー

ボリンジャーバンド見方

以下は期間設定21で偏差1(1σ)と偏差2(2σ)を表示させたチャート。
(チャート画像はクリックで拡大できます)

上記のチャート画像を見ても、殆どの価格推移が±2σ圏内に収まっていることがわかります。

  • ボリンジャーバンドの±1σの範囲内に収まる確率:約68.3%
  • ボリンジャーバンドの±2σの範囲内に収まる確率:約95.5%
  • ボリンジャーバンドの±3σの範囲内に収まる確率:約99.7%

殆どの時間帯がボリンジャーバンドの±2σの中に収まる統計がでているわけです。

ボリンジャーバンドσ抵抗線

(以下のチャート画像は、クリックで拡大できます)

±1σ、±2σのバンドを表示させているチャート画像です。
赤マル部分等で価格が反転したり意識しているのがわかります。

ボリンジャーバンドのバンドを表示させることで、
明確なレジスタンス、サポートラインだけではなく、
チャート上で価格と同時に動く抵抗値を認識することができます。

また、
ボリンジャーバンドを表示させてレンジ相場とトレンド相場を見ると、
以下のような傾向を掴むこともできます。

  • レンジ相場での±2σタッチは反発してミドルラインを越えやすい
  • トレンド相場では±1σがサポートラインになりやすい
  • ±3σにタッチしたら一旦反発しやすい

ボリンジャーバンドで相場のボラティリティを見る

ボリンジャーバンドボラティリティ

以下のチャート画像は、レンジ相場から下抜け下降する様子です。
(チャート画像はクリックで拡大できます)

バンドが収縮したところから価格が下抜けしていくにつれ、
ボリンジャーバンドも上下に一気に拡大しているのがわかります。
(その後、上のバンドは下向きになり、並行に近くなります)

更に、バンドが収縮した状態の低ボラ相場の時は、
ミドルラインMA(20MA)付近を価格が取り巻くように上下しますが、
(20MAが横ばいの時は、価格が20MA付近に戻る習性があると言える)
バンドが上下に拡大してボラティリティが大きくなると、
一旦ミドルラインと価格が離れて乖離していく傾向になります。

その後、ミドルラインMAと価格の乖離が進むと、
その後更にトレンド方向に価格が進んでいくとしても、 FXのテクニカル、ボリンジャーバンドの使い方は
一旦ミドルラインMA側に価格が戻る習性もあります。
(押し戻しでミドルラインMA側へ)

ボリンジャーバンドMT4での設定方法と期間設定

    MT4の「挿入」部分より「Bollinger Bandsを選択

mt4ボリンジャーバンド


上記の「挿入」→「インディケーター」→「トレンド」→「Bollinger Bands」と選択します。

ボリンジャーバンドMT4設定


上記の設定画面でボリンジャーバンドのパラメーター設定をしていきます。

ボリンジャーバンド設定2

以下の「表示選択」箇所は、バンドを表示させる時間足を指定できます。

基本的には「すべての時間足に表示」でいいかと思います。

ボリンジャーバンド表示

期間21、偏差2で表示させると、以下のチャート表示となります。

これに必要に応じて他のバンド偏差も足していきます。

ボリンジャーバンド設定3

2σのみでなく、他のバンドも追加します。

上記の赤枠部分を変更し、1σバンドも追加します。色は水色を選択。

ボリンジャーバンドMT4設定

以下のように1σと2σが表示されました。

ボリンジャーバンド設定5

同じ要領で3σバンドも表示させます。

FXMA

以下のように目立つ赤色で21MAを挿入していきます。

ボリンジャーバンド表示2

ミドルラインが赤色で目立つチャートになりました。

期間と偏差の設定

3σにタッチした価格は「異常価格」と形容されることもあり、
かなり極端に突出した値動きとみなされるので、
価格が3σにタッチした後、一旦反発することが多くみられます。

ボリンジャーバンドのトレードでの使い方

ボリンジャーバンドはボラティリティの状況確認だけでなく、
相場の状況の転換要素としても使用することができ、
トレンド転換の逆張りからトレンドフォローまで、
様々なトレードスタイルで使用することができるテクニカルインジケーターです。

ボリンジャーバンドが意識されて効いている傾向を見つけ、
過去チャートで検証してパターンを理解しておくことで、
トレンド判断やエントリー根拠として使用していけます。

また、
ボリンジャーバンドとチャートパターン、プライスアクションを組み合わせることで、
トレードルールロジックとして高い勝率と利益率を残すトレードも可能です。

ボリンジャーバンド3σは異常値

ボリンジャーバンドの3σは異常値と形容される価格帯で、
その後トレンド方向に更に価格が進むとしても、 FXのテクニカル、ボリンジャーバンドの使い方は
一旦押し戻ししてくることが高い確率で出現しています。

ボリンジャーバンド3σタッチ

以下のチャート画像赤マル部分は、ボリンジャーバンド3σタッチの部分です。
(画像クリックで拡大できます)

多くの箇所で反転、もしくは一旦の押し戻しを確認できます。

逆に3σタッチを根拠に逆張りトレードをする場合は、
(強い価格同意で3σタッチしていることもあり)
トレンド状況をしっかりと認識したうえで慎重に逆張りしていけば、
小利であれば狙うことができる可能性を秘めたポイントと言えます。

ボリンジャーバンド1σはトレンド転換の目安にも

ボリンジャーバンドゴールデンクロス

以下のチャート画像赤マル部分は、それまで±2σの中で推移していたレンジ相場が、 FXのテクニカル、ボリンジャーバンドの使い方は
+2σタッチから明確に+1σを下抜けすることさえできずに、
陽線ピンバーを出現させて上昇を示唆するプライスアクション出現。 FXのテクニカル、ボリンジャーバンドの使い方は
結果、バンドも上下に拡大して大幅に上昇していきました。

この箇所を簡単に抜けていくと、反対側の1σあたりまでするする進むことも多く、
ボリンジャーバンドと価格の推移を検証してパターンを理解しておくことで、
トレード根拠のひとつとして重宝できるポイントになると思います。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる