バイナリーオプション教材

新株予約権ってなに

新株予約権ってなに
取材に応じる佐々木ベジ会長©東京商工リサーチ

フリージアグループ・佐々木ベジ会長 単独インタビュー(後編)投資リターンは売却ではなくキャッシュフロー

alt

佐々木ベジ・取締役会長率いるフリージア・マクロス(株)(以下フリージア社)は2021年4月以降、婦人フォーマルの(株)東京ソワール(以下ソワール社)の株を買い増した。
フリージア社はソワール社を持分法適用会社化する意向を示し、2021年12月末現在で19.23%を持つ筆頭株主となった。
ソワール社は2022年3月29日の定時株主総会で、フリージア社による大量買付に対する買収防衛策の承認を求めた。フリージア社はソワール社の小泉純一・代表取締役社長の解任など3項目を提案した。注目を集めた株主総会ではソワール社の買収防衛策が可決され、フリージア社の株主提案はいずれも否決となった。

―ソワール社との攻防が注目を集めた

ソワール社は、在庫に経営の厳しさが表れている。2020年12月期末の在庫が約55億円。量で考えると1年分の売上を超える在庫を期首から抱えている。礼服は流行りに左右されにくいとはいえ、これが何年も継続することは異常だ。
株主総会では、「僕らの(株主)提案を引っ込めるから、お互いに人を出してチームを作って在庫調査をさせてほしい。その上で対策を考えよう」と提案した。だが、取り合ってくれなかった。おまけに虎の子の青山のビルも売却してしまった。虎の子の財産を売るのであれば、それを資金繰りに回し、借入返済は一旦棚上げしてもらい、在庫を償却して損金を立て、その間に(不動産売却で)手に入れた資金を元手にダウンサイジングすべきだ。
こういう時代だから銀行も協力してもらえると思うが、ソワール社はそれをしない。
株主総会の終了後、創業家から手紙がきた。実はもともと、調査チームを立ち上げる提案は創業家からのものだった。創業家は大きな危機感を持っている。
創業家は現在、大株主ではない。だが、フリージア社にすべてを任すことが良いかどうかは別としても、今の体制ではダメということは認識している。特に、在庫に関しては以前から問題視していたようだ。
創業家から総会後に本音で話し合ったらどうだとの提案を受け、ソワール社に連絡した。ソワール社もお会いしましょうとは言っているが、まだ実現していない ※ 。早く会って話をしたいと思っている。

取材に応じる佐々木ベジ会長©東京商工リサーチ

-ソワール社の開示資料にはフリージア社を拒否する文言が並ぶ

―フリージアグループの今後について

グループには多くの分野があり、手が回っていない部分もあるが、そろそろ方向性をまとめて一つに機能するようにしていきたい。 新株予約権ってなに
方向性としてはSDGsだ。低炭素社会の実現に向けてグループの力を結集させたい。
例えば、アパレルビジネスは標準化して生産性を追求できる分野と、それ以外に分けて考える。ファッション性を伴わないものは標準化できる。消費者自身のデータを作り手と共有し、ビッグデータとして活用すれば、見込み生産によるムダやムラを削減でき、資源の無駄遣いだけではなく、CO2排出抑制にも繋がる。
標準化すべき商品は、日本風に言えば「ケの日 ※ 」の消費だ。ケの日の商品はコロナ禍でもよく売れたが、デパートは「ハレの日」の商品が多いため苦戦する。ハレの日の商品は感性を楽しむものだ。両者を使い分け、ケの日の商品の生産性を上げ、浮いたお金でハレの日のオーダーメイドを作るという消費になれば、パイは減らず、作り手の付加価値も高まる。
かつて日本は作り手を大事にし、感謝しつつ消費していた。また、作り手側にも高い文化があった。消費者は「神様だ」と威張らず、消費者が生産性向上に協力していく姿勢が重要だ。消費者と作り手による協力を生産や流通に取り入れることこそ、我々グループが掲げる「配給」(顧客参加型の製造供給システム)の理念だ。
友情や愛情、正義といったものからお金が生み出されれば、お金自体の質が上がる。質のいいお金を作り、省資源、低炭素社会を実現することが、我々グループの求めることだ。巷に流れる噂とはかけ離れているかもしれないが(笑)。

モブキャストホールディングスが保有する株式会社ゆとりの空間の株式を一部譲渡。ゆとりの空間とオイシックス・ラ・大地が資本業務提携契約を締結。

(2022年12月期第1四半期決算説明資料より抜粋)

(2022年12月期第1四半期決算説明資料より抜粋)

  • ◆ ゆとりの空間のIPO実現に向けた「4つの成長戦略」を加速させる

<取り組みの背景>

Oisixの主力商品であるミールキットKit Oisixを通じたシナジーの創出
オイシックス・ラ・大地は、2019年からゆとりの空間との協業を開始し、オイシックス・ラ・大地が展開する「Oisix」の主力商品であるミールキットKit Oisixでは、栗原はるみ、栗原心平が監修し、お客様にも高く評価をいただきました。ゆとりの空間が持つ料理への知見と、オイシックス・ラ・大地のミールキットを中心としたプロダクトは、レシピを通じて親和性が高いことから、継続的な協業事業についての検討が進むこととなりました。

オンライン動画付きミールキット 栗原はるみ監修

オンライン動画付きミールキット 栗原はるみ監修

栗原心平監修「豚スパイシートマトドリア」

栗原心平監修「豚スパイシートマトドリア」

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる