入門講座

ポジション管理機能を改善

ポジション管理機能を改善

Operations Manager, On the Road

担当業務と責任範囲:
・限られた時間の中で、担当エリアにおいて配送エリアの状況を把握し、Amazonが運営する複数のデリバリーステーションのマネージャーなどの利害関係者と調整しながら、配送の担い手となるパートナー候補をリストアップした上で営業活動を行い、パートナーの獲得を推進する。
・チャネルや配送拠点毎の担当エリアの配送コストが、計画通り推移するよう、管理する。
・パートナー企業(Delivery Service Provider、以下DSP)、店舗などの業務提携先が、計画通りの配送能力を確実に保有するよう管理する。
・業務提携先が、ピーク時の配送量の変化に対応出来る配送能力を確保する様管理する。
・DSPの意思決定者との信頼関係を構築する。
・担当地域での新サービス、ビジネスの実現を促進する。
・チームの育成、管理:チームを組成、管理し、OJT、メンター等の活動を通じてパフォーマンスを管理する。
・各配送チャネル、及びネットワークでのコストを分析した上で理解し、予算を常に達成する様管理する。
・担当するプログラムにおいて、標準化されたプロセスの管理者として機能し、且つ既存のプロセスを速やかに改善するよう、一貫して試みる。
・配送品質向上のために、革新的な解決策を試みる。
・業績や、配送に関する顧客体験の改善、ファイナンスの監査、代替として考えうる配送手段の見極め等の試験的なプログラムを推進する。
・新しい業務プロセスが、関係者に伝達され、計画の時間通りに適用され、且つ全ての拠点で標準化されて確実に適用されているようにする。継続的に当該業務プロセスが適用されているよう、継続的に評価する。

======================
More Information
■事業企画・プランニング: https://www.amazon.co.jp/b?node=5609903051
■トランスポーテーション: https://www.amazon.co.jp/b?node=5637343051
■関東エリア勤務地: https://www.amazon.co.jp/b?node=8521082051
======================

※Amazon は多様かつインクルーシブな職場づくりを目指しています。Amazonは男女雇用機会均等法を順守しています。人種、 出身国、性別、性的指向、障がい、年齢、その他の属性によって差別することなく、平等に採用選考の機会を提供しています。障がいをお持ちの方は、以下をご覧ください。https://www.amazon.jobs/disability/jp

BASIC QUALIFICATIONS

PREFERRED QUALIFICATIONS

Please check the website below for measures to eliminate unwanted second-hand smoking in each facility:
https://www.amazon.jobs/en/landing_pages/passivesmoking
就業の場所における受動喫煙を防止するための措置に関する事項については、下記リンク先をご覧ください。
https://www.amazon.ポジション管理機能を改善 jobs/jp/landing_pages/passivesmoking

The salary information will be provided individually prior to the 1st interview.
賃金に関する条件は、1回目の面接時までに個別に通知します。

ラインマネージャーとは?役割や求められる資質について解説

ラインマネージャーとは?役割や求められる資質について解説 | オンライン研修・人材育成 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの細部に至るまで調整・管理業務の役割を担うことになるため、ラインマネージャーよりも細かい部分を管理するポジションといえます。 プロジェクトマネジャーが現場での作業管理責任者であるとすれば、ラインマネジャーはその上の立場から、プロジェクトに関わるすべての業務を管理する責任者に該当するのです。 そのため、プロジェクトマネージャーはライン組織の中ではラインマネージャーの下位に位置付けられています。そして、ラインマネージャーはプロジェクトマネージャーよりも広範囲で業務を行う必要があります。

課長との違いとは

ラインマネージャーのふたつのポジションとは

ファーストマネージャー

ファーストラインマネージャーは、主に現場での業務に責任を負いながら、最前線で部下を管理する現場指揮官にあたる役割を果たします。組織の中では、最も現場寄りのポジションです。刻々と変化する現場の状況を正確に把握して、問題が生じた場合は、即座に判断して適切に対処する力が求められます。柔軟に、そして臨機応変に対応しなくてはいけない場面も少なくありません。 ポジション管理機能を改善 役割としては、現場における意思決定、部下の管理、部下の育成と評価などがあり、部下を理解すべき立場にあります。部下の業務管理を適切に行い、上層部からの指示を的確に伝えて、指示通りに部下をコントロールしなければなりません。 また、現場からのフィードバックや部下の適切な評価を上層部へと伝達する役割も担います。そのことから現場と管理職をつなぐパイプ役として、コミュニケーション力を求められる機会も少なくありません。

セカンドマネージャー

ラインマネージャーの主な仕事とは

現場の状況を正確に把握し適切に対処する

部下やチームメンバーのマネジメントを行う

部下やチームメンバーの育成をする

ラインマネージャーに求められる資質とは

部下を牽引するリーダーシップ

コミュニケーションスキル

危機管理能力

部下を育成する力

プレッシャーに打ち勝つメンタルの強さ

「 研修をしてもその場限り 」「 社員が受け身で学ばない 」を解決!
研修と自己啓発で学び続ける組織を作るスクーの資料をダウンロードする


■資料内容抜粋
・大人たちが学び続ける「Schoo for Business」とは?
・研修への活用方法 ポジション管理機能を改善
・自己啓発への活用方法 など

ポジション管理機能を改善

定額プランの費用が発生するタイミングはいつですか? 定額プランはご契約の期間に応じた定額制となっており、お申し込みした時点で費用(ご請求)が発生します。なお、無料アカウントから自動で定額プランに切り替わることはございません。 定額プランで追加費用が発生することはありますか? 「コンピテンシー診断」「バイアス診断ゲーム」の社員受験および結果閲覧には費用がかかる場合もあります。また、定額プランの更新時には、新たに費用が発生します。 お申し込みから利用開始までに、どれくらい時間がかかりますか? お申し込みから3営業日前後でご利用いただけます。インターネットに接続できるパソコンがあれば、特別な機材の準備も必要ありません。 具体的にミイダスの説明を聞きたい。 お気軽にお問い合わせからご連絡ください。担当者よりご連絡させていただきます。

ミイダスについて

ミイダスとはどのようなサービスですか? 人材の分析から採用まで一気通貫で行える「アセスメントリクルーティングプラットフォーム」です。「HRアワード2019 プロフェッショナル 人材採用・雇用部門」最優秀賞を受賞し、現在32万社を超える企業さまに導入いただいております。(※2022年2月時点) どのようなユーザーが登録していますか? 全国の幅広い年代・職種の方にご登録いただいている、総合型のデータベースとなります。無料登録(所要時間3分)をすると、有料プランのお申し込み前に登録ユーザーを閲覧いただけます。 掲載できる求人数やオファー数に上限はありますか? ございません。お客さまの募集状況に応じて、柔軟にご活用ください。 募集可能な雇用形態を教えてください。 正社員、契約社員、業務委託の募集が可能です。 会社説明会の集客に使うことはできますか? 可能です。ただし「面接確約オファー」の場合は、面接が必須となります。 採用担当者が複数います。何名まで使用できますか? 利用人数に制限はございません。いつでも自由に追加・削除ができます。また「部門」を作成すると、担当者さまごとに別の管理画面にてご利用いただけます。

独自の機能について

自動オファーとは 求める人材の職種・スキルなどの条件を設定しておくと、条件に合致するユーザーへ毎日自動で「オファー」を送信できる機能です。職務経歴書の読み込みやオファー文面の作成など膨大な工数をかける必要が無く、効率的な採用活動をサポートします。 コンピテンシー診断とは 経験やスキルでは分からない「業務で高い成果を出す人材」の行動特性がわかる診断です。無料アカウントを作成すると、自社で活躍する人材の分析や、データベースからフィットするユーザーの検索・閲覧ができます。 バイアス診断ゲームとは 思い込みや慣れ、経験、感情などによって無意識のうちに生じる「意思決定の癖(バイアス)」を知ることができる診断です。 HP連携とは HP経由の応募者も一括管理できる「採用管理システム」としてご利用いただける機能で、無料で利用が可能です。経験、スキル、資格、所属企業などあらゆる項目で候補者の情報管理ができます。 トライ応募とは 選考過程で応募者に体験入社をしてもらうフローです。実際に業務を体験してもらうことで、応募者のパフォーマンスや組織との相性を見極めてから内定を出すことができます。 ミイダス質問集とは 専門知識がなくとも「誰でも簡単に構造化面接を実施できる」面接質問集です。「構造化面接」とはGoogle社も採用している面接手法です。どの面接官でも同じ基準で候補者を評価することができるため、採用時のミスマッチを防止することができます。 業務委託の募集について 最短1時間からの「スポット」、数ヶ月単位で稼働する「レギュラー」など、多様な勤務形態を募集いただけます。「専門家からアドバイスが欲しい」「プロジェクトの人員を探したい」など、ニーズにあわせてご活用ください。 組織サーベイとは 簡単なアンケートを実施することで、社員やチームのコンディションを測定できるツールです。集計データを活用することで、パフォーマンス向上や離職の未然防止など、組織改善をスピーディーに実現できます。 助成金・補助金検索とは 必要項目を入力するだけで、3000種類以上の中から申請できる助成金・補助金を探せるサービスです。難しい申請条件や受給条件もわかりやすく要約しているため、膨大な書類を読む手間もかからず、簡単に助成金・補助金を活用できます。

アカウントについて

「すでに使用されている企業名です」と表示され、無料アカウント登録ができません。 1企業さまにつき1アカウントまでとなっております。別部門にてご利用されたい場合、お手数ですがお問い合わせよりご連絡ください。 アカウントを作成すると、企業の担当者名や電話番号などの個人情報は公開されますか? ご担当者さまの個人情報が公開されることはございません。なお、企業名・所在地・企業規模の情報はユーザーに公開されますので、ご了承ください。 ミイダスを退会したい 退会(アカウントを削除)したい場合は、お申し込みが必要です。お手数をおかけしますが、お問い合わせより退会を希望する旨を記載の上、ご連絡ください。

定額プランの導入後について

応募ユーザーとの面接調整は誰が行うのですか? ご担当者さまに直接行っていただきます。ミイダス上で簡単に応募ユーザーとメッセージのやり取りをしていただけます。 採用について相談したり、選考プロセスでフォローがほしいのですが営業担当はいますか? 採用方法に関するアドバイスや、選考プロセスをフォローするサービスは、現在ご用意しておりません。個別に対応可能なケースもございますので、お気軽に担当者までご相談ください。 ミイダス以外の応募者管理システムを使うことは可能でしょうか? 原則、ミイダスの応募者管理システムのご利用をお願いしておりますが、JobSuite(ジョブスイート)とは連携することが可能です。 工数がかかるか不安です。 利用開始時に求人情報などをご準備いただく必要はありますが、開始以降は「自動オファー」機能を活用することで、最小工数でご利用いただけます。オファー文面を作成する必要もないため、効率的に採用活動を行えます。

利用環境について

ブラウザ
Windows:Google Chrome(最新版) / Microsoft Edge(最新版)
Mac:Google Chrome(ポジション管理機能を改善 最新版)

インサイドセールスとは?基本知識やメリット、成功事例を紹介

インサイドセールスとは、相手先を訪問しない内勤型営業のことです。これに対し、相手先を訪問する外勤型営業は、フィールドセールスと呼ばれます。
また、最近では新型コロナウイルスの感染予防の観点から、訪問営業を控える企業も増えています。このような場合に、直接訪問しないフィールドセールスとして、オンラインセールスという呼び方が生まれました。オンラインセールスがオンラインで行うセールス全般を指すのに対して、インサイドセールスは案件創出に関わる営業活動を指すことが多いです。
また、インサイドセールスにおいても、マーケティング部門が獲得した見込み顧客情報に対してのアプローチを中心とするか、ターゲット企業に対しフィールドセールスと連携して能動的な企業開拓を中心とするか、といった役割を分ける場合があります。

インサイドセールスの種類

従来の営業とインサイドセールスの違い

インサイドセールスの特徴

  • 訪問時間を短縮することで、アプローチ数の増加が期待できる
  • 従来のマーケティングでは実現が難しかった、双方向のコミュニケーションが可能
  • カスタマー部門では察知しきれない事象に対しての、能動的なアクションが可能

インサイドセールスとフィールドセールスの違い

インサイドセールスとテレフォンアポインター(テレアポ)との違い

これからの営業組織の作り方

インサイドセールスが注目されている理由

激化する競争の中で営業生産性を高める必要がある

テクノロジーを活用した破壊的な製品やサービスが数多く生まれ、ビジネスの変化が激しくなり、また、投資家などからの期待が高まる現代においては、あらゆるビジネスにおいて予測した通りの成果を出し続ける必要があります。
1人の営業担当が新規開拓から受注までの全てのプロセスを担当することは、顧客を深く知る上ではメリットがある一方で、役割が多岐にわたるために全ての営業担当が安定した成果を出し続けることが難しいこともあります。具体的に起きることとしては、受注間近の案件が増えると新規開拓の活動がおろそかになったり、逆に受注確度の高い案件がないと、新規開拓のために闇雲にアポイントを取得するなど、時期によって受注見込み数がばらつく可能性が高まります。
こういった現象を避けるために、案件創出と受注に関する営業活動を分業化することで、役割ごとに責任を持たせ、それぞれの活動の生産性を高めることが見込めます。

人手不足や働き方改革対策から、業務効率化が求められている

さまざまな顧客に対応するため、多様な営業手法が必要とされている

サブスクリプションビジネスの増加

非対面型コミュニケーションツールの発達

新型コロナウイルス感染症対策

デジタル変革がリードする新時代

インサイドセールスを行うメリット

商談化率や成約率が向上する

少人数で多くの顧客をカバーすることができる

インサイドセールスが効果を発揮する場面

営業担当者の負担を減らしたい

商材の単価が低く、営業コストをあまりかけたくない

営業マーケティング連携強化の手法

インサイドセールスの導入手順

1. 営業プロセスの設計と担当範囲の設定

全営業プロセスのうち、どの部分をインサイドセールスで行い、どの部分をフィールドセールスで行うのが最適なのかは、扱う商材の種類や価格、顧客層によって違ってきます。
そのため、インサイドセールスの導入にあたっては、まず現在の自社の営業マーケティング活動がどのようなプロセスで進行しているのかを整理した上で、インサイドセールスがどこまでの役割を担い、マーケティングチームやフィールドセールスチームとどう業務を分担するのかを決めなければいけません。
具体的には、下記のような見直しが必要です。

  • マーケティング部門が実施する展示会やウェブサイトといった集客施策で、営業予算を達成するのに十分な見込み顧客(リード)を獲得できているのか
  • マーケティング部門が獲得した見込み顧客を営業担当者が十分にフォローしきれており、"塩漬け"になっているリードが数多く放置されていないか
  • マーケティングから営業に送客したリードからのアポ数や商談化案件数は、営業予算を達成するために十分か
  • ポジション管理機能を改善
  • 商談単価を考慮し、現在の営業活動のコストがかかりすぎていないか
  • 営業予算を達成する上で、フィールドセールスは(移動時間等を考慮して)提案活動に時間を十分使えているか

2. インサイドセールスチームの設置部署を決定

・マーケティング部門管轄
インサイドセールスチームをマーケティング部門管轄とすることで、見込み顧客の獲得やイベント・セミナーといったマーケティング部門主導の施策と連動した活動を行うことが容易になります。

・営業部門管轄
インサイドセールスチームを営業部門管轄とすることで、フィールドセールスの担当者と密に連携をとりながら、ターゲットとする企業や業界に注力したアプローチや、フィールドセールスの余力を見ながらのアプローチが可能になります。

・インサイドセールス独立の部門
インサイドセールスを独立させると、他部門からの干渉を受けずに独自の施策を実施するなど、大きな裁量を持って施策を実施できます。

3. 人員確保の方法を決定

インサイドセールスチームを自社人員で構成するのか、専門ベンダーにアウトソーシングするのかは悩みどころです。それぞれのメリットとデメリットを把握した上で、自社に合った方法を選択しましょう。
どちらにも一長一短がありますが、長期的な視点では専門的な知識を持った人材を育成し、より高度な顧客体験を提供できることにつながるため、ソリューションビジネスでは自社人員でチームを構築することが多いです。経験を積んだインサイドセールスがフィールドセールスやマーケティング部門に異動することで、各部門の底上げにもつながります。
インサイドセールスを自社人員で行う場合とアウトソーシングする場合の、メリットとデメリットは下記のとおりです。

    <インサイドセールスを自社人員で行うメリット>
  • 社内にノウハウを蓄積できる
  • 顧客の反応に応じて柔軟な対応が可能になる
  • 他部署からのフィードバックをオペレーションに活かしやすい
  • トラブルにも迅速に対応できる
    <インサイドセールスを自社人員で行うデメリット>
  • 担当者の育成に時間とコストがかかる
  • 設備投資が必要
  • 採用など人的リソースの確保に時間がかかる
    <インサイドセールスをアウトソーシングするメリット> ポジション管理機能を改善
  • 設備投資や人員の育成に時間やコストを割く必要がない
  • 短期間で確実な効果が望める
  • ポジション管理機能を改善 ポジション管理機能を改善
  • 人的リソースの調整が容易
    <インサイドセールスをアウトソーシングするデメリット>
  • 自社にノウハウが蓄積しない
  • 顧客への見積もり送付などは外注先だけでは完結しないため、手続きが煩雑化する可能性がある
  • 外注先に自社商材の研修を行ったり、最新情報をアップデートし続けたりする手間がかかる

4. 顧客データの収集とリストの作成

5. シナリオ作成、KPI設定

インサイドセールス導入の成功のカギは、KPI(Key Performance Indicator)をどう定義するかです。KPIとは、目標の達成度合いを計測する指標のこと。営業活動におけるKPIの指標は、大きく下記の3つに分けられます。

企業のマネジメント層におけるリーダーシップの課題と解決方法を解説

・トップマネジメント:社長や経営者など、企業や組織における最上位の人物や、その層を指す。経営計画の策定や事業の方向性の決定など、組織の根幹となる部分を担う。
・ミドルマネジメント:部長や課長など「中間管理職」と呼ばれる立場にある人物の層を指す。部署・部門における業務の運営や、部下の管理・育成、トップマネジメント層との業務調整などの役割を担う。
・ロワーマネジメント:係長や主任など、現場にもっとも近い立場で指揮や管理をおこなう人物の層を指す。ミドルマネジメント層からの指示や目標を達成すべく、現場の実務を遂行する社員に対して指揮や管理をする役割を担う。

リーダーシップとマネジメントの違い

リーダーシップの定義

「リーダーシップとは、組織の使命を考え抜き、それを目に見える形で明確に確立することである。リーダーとは目標を定め、優先順位を決め、基準を定め、それを維持する者である」

マネジメントの定義

マネジメントという言葉は研究者によってさまざまに定義されていますが、マネジメントの概念を最初に提唱したのは、ピーター・F・ドラッカーといわれています。ドラッカーは、マネジメントを「組織に成果を上げさせるための道具、機能、機関」と定義しました。つまりは人員や資金などのツールを駆使し、組織が成果を上げるための戦略や仕組み作りを「マネジメント」といいます。

業務の管理

人と組織の管理

マネジメント層のリーダーシップにおける課題

マネジメントスキルの向上

目標達成能力の向上

目標を明確化して達成を目指すには、組織全体の課題やメンバーごとの課題をマネジメント層が理解し、解決へと導く必要があります。課題解決を目指すためのリーダーシップにはいくつかの定義がありますが、その一つに、日本の社会学者である三隅二不二(みすみじゅうじ)が提唱した「PM理論」と呼ばれるものがあります。

PM:P・Mともに高く維持されている理想のリーダー。目標を明確にしているだけではなく、人間関係にも気を配っている。
Pm:目標提示や達成への努力に重点を置くが、組織内の人間関係にあまり気を配れていないリーダー。目標をメンバーに意識してもらう機会を増やす努力が必要である。
pM:目標よりも、人間関係を重視するリーダー。組織の風通しはよくなるが、成果を上げるための具体的な施策を考える必要がある。
pm:P・Mともに消極的なリーダー。組織内での存在意義が薄く、組織として課題の多い状態。

マネジメント層のリーダーシップにおける課題の解決方法

ジョン・アデアの掲げた「8つの行動」の実践

リーダーシップ論の第一人者であるジョン・アデアのリーダーシップモデルでは、「リーダーシップは先天的なものではなく、学ぶことで身に付けられる後天的なもの」と定義されています。リーダーとは「なにか」ではなく「なにをするか」という「行動」に焦点を当てていることが特徴であり、職種や環境を問わず、リーダーシップを醸成するために活用しやすいといえるでしょう。

1.仕事を明確にする:「なぜこの仕事をするのか?」を、リーダー自らが組織や部下に示すことが求められます。
2.計画する:「どのように仕事を進めていくのか」を明確に示します。仕事を計画するときは、万が一の事態に備えた代替案の用意も欠かせません。
3.説明する:業務に取り掛かる前に、目的や計画を部下に説明します。組織に共通の目的意識を持たせることで、従業員個々の役割を明確にします。
4.統制する:業務を効率的に進められるように、個々のエネルギーを目標へと向けます。そのためには部下への効果的な指示や、規制ができる能力が必要です。
5.評価する:組織や部下の業績を見極め、正しい評価や査定をおこなうことが求められます。
6.動機づけをする:組織や部下が内在的、外在的にモチベーションを維持できるような動機付けを行います。
7.組織化する:組織の一貫性を保てるように、部下を育成します。
8.模範化する:リーダーは、常に部下から見られていることを意識し、「自らが模範となる行動」をすることが求められます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる