FXビギナーズガイド

取引プラットフォーム

取引プラットフォーム
MetaTrader 4モバイルアプリは、AndroidおよびiPhone搭載のモバイル機器向けの完全に構成された完全な取引プラットフォームです。 このユニークなアプリケーションは、トレーダーがトレーダーのビジネスのために競争している何百もの仲介会社から選ぶことを可能にします。 プログラムは成功した外国為替取引を可能にするためにトレーダーが必要とするすべてを提供します。 プラットフォームに組み込まれているのは:注文の完全なセット、取引履歴、インタラクティブチャート、テクニカル分析、そしてサポートされているモバイル機器の幅広い選択。

取引プラットフォーム

アジアにおけるデジタル資産金融サービスグループである東京ハッシュの親会社HashKey Group(以下、「HashKey」)は、4月28日、香港証券先物委員会(以下、「SFC」)より、Hash Blockchain Limited(以下、「HBL」)において、タイプ1(有価証券取引)およびタイプ7(自動取引サービス(Automated Trading Service, ATS)の提供)のライセンスに基づく暗号資産取引プラットフォームの運営を申請するための基本承認(Approval-in-Principle, AIP)を取得したことを明らかにしました。

すべての条件が満たされ最終承認を受けた後、HashKeyは、香港では初めての、金融機関を含む適格投資家に向けた機関投資家クラスの暗号資産取引プラットフォーム運営会社(Virtual Asset Trading Platform Operators, VATPO)となります。HBLが運営するプラットフォームで提供される暗号資産取引には、ビットコインやイーサリアムなどの暗号資産や仮想商品のほか、ステーブルコイン、セキュリティトークンなどが含まれる予定です。HashKeyにとってこのライセンスは、仲介および自動取引サービスの提供、ならびに適格投資専門家や機関投資家向けの様々なトークン化プロジェクトの実施を許可することを意味します。またHashKeyは、グループの広範なエコシステムに基づく革新的な技術を構築し、OTC取引、仲介サービス、カストディから資産管理まで、投資家や顧客のあらゆるニーズを満たすデジタル資産ソリューションを提供し続けます。

Hash Blockchain LimitedのCEOであるColin Zhong氏は、次のように述べています。「私たちは適切な時期に適切な場所にいます。機関投資家や適格投資家は、デジタル資産へのエクスポージャーを得るために、規制当局との連携を求めるようになっています。AIPの取得は、当社のビジネス、テクノロジー、エコシステムを構築し、強力なポジションに押し上げた、当社チームの長年にわたる努力の証と言えます。我々は、ライセンス条件をクリアし、香港での完全なプロバイダーライセンスを確保するために、SFCとコミュニケーションを取り、緊密に協力してまいります。」

HashKey Groupのエグゼクティブ・プレジデントであるMichel 取引プラットフォーム Lee氏は、次のように述べています。「HashKey Groupは、設立以来最も厳しいコンプライアンスと規制基準を維持・遵守し、アジアの機関投資家がこの新しい資産クラスでのビジネスチャンスを得られるように取り組んでおります。」

HashKey Groupは、3つの異なる管轄区域で運営するための登録済み暗号資産取引ライセンスを持つアジア初のデジタル資産グループとなることを目指しています。HashKeyの日本事業として2018年に設立されたTokyo Hashは、2021年6月に、日本の資金決済に関する法律に基づく運営ライセンスを取得し、日本における暗号資産交換サービス登録事業者となりました。また、HashKeyは2021年にシンガポールでデジタル決済トークン(Digital Payment Tokens, DPT)サービスの規制対象プロバイダーとして運営するための主要決済機関ライセンス申請書を提出しています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる