初心者向けおすすめFX動画

システムトレード(シストレ)って何

システムトレード(シストレ)って何
画像出典元:インヴァスト証券(シストレ24)

FXのシストレとは?システムトレードで自動売買化する方法

FXのシストレとは?システムトレードで自動売買化する方法

設定方法|みんなのシストレ(みんなのFX)

画像出典元:みんなのシストレ(みんなのFX)

システムトレード(スマホ版)の設定方法

FXの自動売買「フルオート機能」を使いこなすコツ

例えば、インヴァスト証券のフルオート24というサービスでは、好調なストラテジーを自動入替する便利な機能を搭載しています。ここまで「システムトレードは、ストラテジーを選択して…」という説明をしましたが、フルオート機能であればストラテジーを選択する必要もありません。

インヴァスト証券のフルオート24

画像出典元:インヴァスト証券(シストレ24)

システムトレードのフルオート機能は収益率200%を超えることも!

インヴァスト証券のフルオート機能収益ランキング

画像出典元:インヴァスト証券(シストレ24)

みんなのFXの評判は?特徴的な自動売買などおすすめポイントを解説!

みんなのFXのアイキャッチ

スマホアプリ版FXトレーダー

みんなのFXではPCの取引ツールとして提供している「FXトレーダー」を スマホアプリでも提供 しています。

注文やチャート機能はPC版と変わらず、画面表示も シンプルで操作しやすくなっています 。以下の画像はスマホアプリで見た新規注文画面です。

みんなのFXスマホアプリ版注文画面

このアプリはiPhone用、Android用それぞれ用意しているので スマートフォンをお持ちの方はどなたでも利用 することができます。

みんなのシストレでできること

自動売買サービス「みんなのシストレ」とは

みんなのシストレ

システムトレードと言うと、自らで1から取引ルールを設定し使うといったイメージがあり、特にFX初心者に敬遠されがちではあります。しかし、みんなのシストレでは 優秀なストラテジーを選択し、あとは投資数量や投資金額を決めるだけ で簡単に自動売買をすることが可能です。

そのほかにも 口座開設費や取引手数料が無料 であったり、1,000通貨単位から取引ができたりと初心者でも安心して始められる環境が整っています。

画面の基本的見方の解説

シストレの使い方

ランキングの対象となる期間を選びます。

リピート注文のみにランキングを絞り込みます。リピート注文とは、相場の一定範囲に等間隔に注文を仕掛け、その範囲を価格推移するごとに利益確定が繰り返される、自動売買の一種です。

FXシストレは2種類ある!ストラテジー型システムトレードとリピート型。君は何を選ぶのか?

侑(Yuu)

佑菜(Yuna)

凜(Rin)

再確認です。そもそもFXシステムトレードとは?

FXのシステムトレードとは平たく言えば 「FX取引をプログラムにもとずいて自動売買」 するFXの取引方法です。

プログラムにもとに自動売買いと言うと、専門的なプログラミングの知識が必要と思われがちですが、あらかじめ用意されている プログラム(=ストラテジー) の中から自分で選ぶだけで、あるいは自動売買の設定を決めるだけで、FXシステムトレードを開始することが出来ます。
ちなみにストラテジーとは英語でStrategyと書き意味は「戦略」「作戦計画」を意味します。

ストラテジー(自動売買プログラム)型のシステムトレードとは?

・概要:ストラテジー(自動売買プログラム)型システムトレード

・ストラテジー(自動売買プログラム)型シストレサービス提供のFX会社

インヴァスト証券 (シストレ24)
トレイダーズ証券 (みんなのシストレ)
セントラル短資FX (セントラルミラートレーダー)
FXプライムbyGMO (ちょいとれFX)

・メリット

なんていっても簡単にFXの疑似裁量トレードができる。24時間全自動で取引してくれます。大きな利益を狙える可能性がある。大きな含み損は抱えない。

・デメリット

過去に儲かった利益を出したストラテジーでも将来も利益を出す保障はない。あくまでも期待値が高いと考えるべき。損切貧乏になる可能性がある。

リピート型のシステムトレードとは?

・概要:リピート型システムトレード

・リピート型シストレサービス提供のFX会社

リピート型FXシステムトレードのサービスを提供している代表的なFX会社は以下の3社になります。
システムトレード(シストレ)って何 M2J (トラリピ)
アイネット証券 (ループイフダン)
FXブロードネット (トラッキングレコード)
各FX会社の仕組みは基本的な仕組みは同じです。システムが全自動でリピートして取引してくれます。違いはやはり最低取引単位、手数料などになります。

・メリット

設定(通貨、値幅設定)をどうするか?自分で決めなければならない。レンジ相場で利益を積み上げることが得意。

・デメリット

設定幅を超えて下落すれば買ポジションは含み損塩づけ状態になる。また仕掛けた値幅以上に通貨が上昇していくと売りポジション設定の場合は含み損状態になる。その時の含み損は大きな金額になってしまう。

結局ストラテジー(自動売買プログラム)型とリピート型はどちらが儲かるの?

・ストラテジー系は選択する ストラテジー しだい。

・リピート系は設定する 通貨とリピート幅 がすべて。

ということになります。為替相場のトレンドで一番儲かるシステムは違います。当たり前です。どんな時でも必ず儲けられる100戦100勝のストラテジーはありません。あればみんな全財産すべて投資してセミリタイア出来ます(笑)

では許容損失額、ストップロスから考えるとどちらが儲かるのか?

その FXシストレのストラテジーストップ運用 ですが、リピート系では運用を損切ストップすると全投資額の半分以上を失います。ストップロス設定も可能ですが、それでは期待値を下げることになります。設定幅を超えて為替相場が動いたときリピート型は損失が発生する仕組みですので当然です。これはデモトレでの体験談です。

よって、「許容損失額から損切ストップをかけて、新規で再度システムトレードを再開する運用方法」を実行するなら、ストラテジー型でシステムトレードをすべきというのが結論です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる