戦略

国内FX20社のスプレッドを徹底比較

国内FX20社のスプレッドを徹底比較

→当サイト限定レポートがもらえる!

FXとは?メリット・デメリットやFX事業者や口座比較など初心者に分かりやすく解説

USD/JPY 0.2銭
EUR/JPY 0.5銭
GBP/JPY 1.0銭
AUD/JPY 0.7銭
NZD/JPY 1.2銭
CAD/JPY 1.7銭
ZAR/JPY 1.0銭
TRY/JPY 1.7銭
MXN/JPY 0.3銭
CHF/JPY 1.8銭
EUR/USD 0.4pips
GBP/USD 1.0pips
AUD/USD 0.9pips
NZD/USD 1.6pips
EUR/GBP 1.0pips
EUR/AUD 1.5pips
GBP/AUD 1.6pips
USD/CHF 1.国内FX20社のスプレッドを徹底比較 6pips
EUR/CHF 1.8pips
GBP/CHF 2.8pips
※「原則固定の適用対象外」と記載のない場合は原則固定

DMM FX

DMM FXの特徴

・高性能システムで人気の取引ツール
・業界最狭水準のスプレッド
・各種取引手数料が無料
・初心者でも安心!電話やメールに加え、FX業界初のLINEによる問い合わせにも対応

DMM FXのスペック

外為オンライン

外為オンラインの特徴

・簡単な設定で自動で注文を繰り返す「iサイクル注文」が便利 国内FX20社のスプレッドを徹底比較
・豊富な情報コンテンツや無料セミナーを利用できる
・初心者からエキスパートまで、誰もが使いやすく親しみやすい取引システム

外為オンラインのスペック

みんなのFX

みんなのFXの特徴

・業界最狭水準のスプレッド
・約定率99.9%で安心して取引できる
・投資に関する質問にマンツーマンで講師が答えてくれるプライベートレッスンを用意
・24時間サポートのコールセンター

みんなのFXのスペック

・米ドル/円:0.2銭
・ユーロ/円:0.4銭
・ポンド/円:0.8銭 国内FX20社のスプレッドを徹底比較
・豪ドル/円:0.6銭
・NZドル/円:1.0銭
・ユーロ/米ドル:0.3pips
・トルコリラ/円:1.6銭
・メキシコペソ/円:0.3銭
・南アフリカランド/円:0.9銭

FXプライムbyGMO

FXプライムbyGMOの特徴

・大手のGMOグループが運営
・初心者向けツール「ぱっと見テクニカル」で未来の値動きを予想できる
・為替のプロが解説するオンラインセミナーが毎週開催されている
・たった5,000円からスタートできるので安心

FXプライムbyGMOのスペック

USD/JPY 0.3銭 ※1shot 50万通貨以下の場合
EUR/JPY 0.6銭 原則固定※例外あり
GBP/JPY 1.国内FX20社のスプレッドを徹底比較 1銭 原則固定※例外あり
AUD/JPY 0.9銭 原則固定※例外あり
NZD/JPY 1.6銭 原則固定※例外あり
CAD/JPY 1.7銭
CHF/JPY 1.8銭※例外あり
SGD/JPY 5.0銭
HKD/JPY 2.0銭
ZAR/JPY 0.9銭
TRY/JPY 4.8銭 原則固定※例外あり銭 国内FX20社のスプレッドを徹底比較
MXN/JPY 0.9銭
PLN/JPY 5.9銭
EUR/USD 0.6P※例外あり
GBP/USD 1.8pips
AUD/USD 1.4pips
NZD/USD 1.9pips
EUR/GBP 1.0pips
EUR/AUD 1.9pips
GBP/AUD 1.9pips

FXブロードネット

FXブロードネットの特徴

・取引コストが安い
・利用料はすべて無料の使いやすい取引ツール
・少額から取引可能

FXブロードネットのスペック

USD/JPY (米ドル/円) 0.2銭
EUR/JPY (ユーロ/円) 0.5銭
GBP/JPY (英ポンド/円) 1.0銭
AUD/JPY (豪ドル/円) 0.6銭
NZD/JPY (NZドル/円) 1.3銭
CAD/JPY (カナダドル/円) 4.8銭

LIGHT FX

LIGHT FXの特徴

・業界最狭水準のスプレッドは原則固定なので安心して取引できる
・トルコリラ/円(TRY/JPY)、メキシコペソ/円(MXN/JPY)、南アフリカランド/円(ZAR/JPY)が高金利 国内FX20社のスプレッドを徹底比較
・24時間のコールセンターを完備

LIGHT FXのスペック

米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.4銭
ポンド/円:0.9銭→0.8銭
豪ドル/円:0.6銭
NZドル/円:1.国内FX20社のスプレッドを徹底比較 0銭
ユーロ/米ドル:0.3pips
トルコリラ/円:1.6銭
メキシコペソ/円:0.3銭
南アフリカランド/円:0.9銭
中国人民元/円:0.9銭

みんなのシストレ

みんなのシストレの特徴

・自身の代わりに優秀なストラテジーが自動売買してくれる(上級トレーダーと同様の取引ができる)
・自動売買プログラムは350種類
・パソコンはもちろんスマホ専用アプリでも取引可能

みんなのシストレのスペック

マネーパートナーズ

マネーパートナーズの特徴

・「パートナーズFX」か「パートナーズFX nano」、タイプに合わせて2つのコースから選べる
・現金がなくてもFX取引可能!株券を証拠金として利用できる
・「パートナーズFX nano」ならわずか100円でFXが始められる
・多機能型のハイスペック取引ツールが便利

マネーパートナーズのスペック

・パートナーズFX:20ペア
・パートナーズFX nano:18ペア

・パートナーズFX:証拠金維持率40%
・パートナーズFX nano:証拠金維持率100%

YJFX!(ワイジェイFX)

LINE FX

LINE FXの特徴

経済指標や急な価格変動もLINEで通知してくれるので使いやすいと評判です。
業界最狭水準のスプレッドを誇り、取引手数料や出金手数料をはじめ、ロスカット手数料や即時入金手数料など、あらゆる手数料が無料になっているのも魅力です。
サポート体制も充実しており、AIチャットや問い合わせフォームで無料で相談可能。初心者でも安心して取引を始められます。

LINE FXのスペック

国内FX20社のスプレッドを徹底比較 国内FX20社のスプレッドを徹底比較 国内FX20社のスプレッドを徹底比較
運営会社LINE証券株式会社
投資対象 FX
最低取引単位 全通貨で最低取引単位は1万通貨が1取引単位
手数料 あらゆる手数料がすべて無料
専用アプリ あり

「FX」は「 Foreign Exchange 」の略で、「 外国為替証拠金取引 」のことをいいます。ドルやユーロなど外国の通貨を売買し、その差額を利益とする取引です。
基本は「通貨の価値が安くなったときに買い、高くなったときに売る」ということ。
例えば、1ドル=90円のときに日本円から米ドルに両替して、1ドル=100円になったときに米ドルから円に戻せば10円の利益が出ます。もし1万ドルを買っていたとすれば、1ドルあたり10円しか上がらなくても、全体では10万円の利益を得ることになるのです。

FXでは経済指標の見方を知ると良い

為替レートの動きを予想し、その予想通りとなれば大きな利益を得ることができるFX。 為替レートは日本や世界の経済の流れを刻々と織り込みながら変化していきます。 そのため、FXで一番大事なことは経済の流れをよく観察し動きを敏感に感じ取ることと言[…]

積立FXとは?

SBIFXトレードには、積み立てるFX「積立FX」というものもあります。
銀行に定期預金するような感覚で、定期的に自動で売買します。買ったあとは長期保有してスワップポイントを得る手法なので、忙しく値動きを見るのが苦手な方に向いています。
買い付けの頻度は、毎日・週1回・毎月の3種類から選べます。

FXのメリットとデメリット

FXのメリット

少ない資金でも大きな投資が可能(レバレッジ取引)

FXの 最大の魅力とも言われるのが「レバレッジ」 です。
より大きな利益を出すためには多くの資金が必要となりますが、FXでは手元に大金が少なくてもレバレッジをかけることで大きな取引が可能に。
レバレッジ倍率はFX会社によってさまざまですが、 自己資金の25倍もの投資を行うこともできます 。

24時間いつでも取引が可能

株の場合、取引できる時間が証券取引所が開いている時間に合わせて平日の09:00から15:00までと決まっています。
しかし、 FXは株とは違って平日なら24時間いつでも取引可能 です。

FXは相場が下がっていても利益が出せる

株など通常の取引では、買ったときよりも値が上がった時点で売って利益を出しますが、FXでは 値が下がっている相場でも利益を出す ことができます。
つまり、FXなら円安や円高、不況といったどんな相場においても稼ぐチャンスがあるのです。

なぜかというと、FXは「外貨を買う」という取引から始めるだけでなく、 先に「外貨を売る」ところから始めて「後で買い戻す」ことが可能 だからです。

FXは 値動きの方向(トレンド)に関係なく利益を上げることができる ため人気を集めています。

スワップ金利(スワップポイント)で利益が出せる

FXにも「金利」が存在します。つまり、 外貨を買って持っているだけで預金金利のように資金を増やすことができる のです。
これは「スワップポイント」と呼ばれ、その値はFX会社によって異なります。 高額なスワップポイントを提供しているところで口座開設 をし、スワップポイントで稼ぐという手もあります。

FX業者が倒産したとしても資金は守られる

これを受けて、 2010年からFXでは、顧客の資産をFX業者の資産と分別した上で、信託銀行に保管することが義務付けられました 。「信託保全」といい、FXの投資資金を銀行に託すことによって、 万が一その業者が倒産をしたとしても、銀行を通じて投資資金が返却される 仕組みです。

FXのデメリット

高いレバレッジによる大きな損失が生じる可能性がある

FXはレバレッジによって自己資金以上の金額を投資することができます。 利益が大きくなる反面、損失も大きくなる可能性がある のです。 国内FX20社のスプレッドを徹底比較
例えば10倍のレバレッジをかけていた場合、上手くいけば利益は10倍となりますが、損失が10倍になるリスクもあります。
大きな損失を出す可能性も十分に考え、無理のない範囲で取引を行うようにしましょう。

寝ている間も動く相場

24時間取引が可能ということは、自分が寝ている間も相場が動いているということになります。しかし、24時間ずっと取引画面に張り付いているわけにはいきません。 仕事中も気になって仕方がない、夜も眠れないということにならないよう気をつけましょう。
また、見ていない間に大きな値動きがあり、思わぬ損が出てしまうのを防ぐためにも世界経済やFXの仕組みについて理解しておくことが大切です。

【動画】FXとは?メリット・デメリットやFX事業者/口座比較など初心者にわかりやすく解説

FXを始める前に知っておきたい用語

FXや株などの取引において、 「チャート」とは相場の動向をグラフに表したもの を指します。つまり、価格が上がっているのか下がっているのか、日々の値動きを視覚的に確認し、解析・予想することができます。
一般的に使われるチャートの種類として、「バーチャート」「ラインチャート」「ローソク足チャート」「平均足チャート」などがあります。

ポジション

ポジションとは、外貨の保有を表します。取引が約定して、 外貨を買っている状態・または売っている状態を「ポジションを持っている」 といいます。

ロングとショート

FXでは、買い注文は「ロング」、売り注文は「ショート」といいます。 「買い」から入った場合は「ロング・ポジション」、「売り」から入った場合は「ショート・ポジション」 となります。ロングポジションでは安いときに買って高く売ることで利益を出し、ショートポジションでは高いときに売って安く買い戻すことで利益を出します。

FXは証拠金取引という形なので、少額から始めることができます。これから資産形成をしようという方も手軽に始めることができるのです。 国内FX20社のスプレッドを徹底比較 そこで今回は、新たにFXを始めたいと考えている方に向けて、FXの基本を解説します。 まずは「ポジションを建てる[…]

通貨ペアとは、FX取引で 売買する2国の通貨の組み合わせ のことです。
例えば「米ドル/日本円(USD/JPY)」や「ユーロ/ポンド(EUR/GBP)」のように、「/」で区切って通貨ペアを表します。
ちなみに、 左側は「基軸通貨」 と呼ばれ、購入する通貨を意味しています。 一方、 右側を「決済通貨」 と呼び、支払う通貨を意味しています。つまり、「米ドル/日本円」の場合、「ドルを円で売り買いする」ということになります。

スプレッド

FXには 「買値(ASK)」と「売値(BID)」の2つの値段 があります。
例えば、為替レートのニュースで「現在の外国為替市場は1ドル90円50銭から53銭の間で取引されています。」といった表現が聞いたことがあるかと思いますが、これは1ドルを買う場合の値段が90円50銭、1ドルを売る場合の値段が90円53銭という意味です。
スプレッドとは、このような 「売値と買値の差」 を指します。
FX取引をする以上、事業者に強制的に支払うことになるため 「手数料」だと理解しておく といいでしょう。
つまり、 スプレッドが小さければ小さいほど利益を出しやすくなります 。スプレッドはFX会社によって異なるので要チェックです。

「銭」と「pips」

多くの場合、スプレッドの単位には「銭」が使われていますが、「pips(ピップス)」が使われることもあります。
「銭」で表されるのは、取引する通貨ペアの対象が「外貨/日本円」の場合です。つまり、取引する 通貨ペアのどちらかが日本円の場合は、スプレッドは「銭」 という単位を使うことになります。しかし、「ユーロ/ポンド」のように、 通貨ペアが日本円以外の場合、共通の単位として「pips(ピップス)」 が使われるのです。

Lot(ロット)

FXの取引単位は「Lot(ロット)」という呼び方をすることがあります。
こちらもFX会社によって異なりますが、 1 Lot(ロット)あたり1万通貨 というのが一般的です。つまり、 10万通貨は10 国内FX20社のスプレッドを徹底比較 Lot、1,000通貨は0.1 Lot と呼びます。

スワップポイント

スワップポイントとは、 預金金利のようなもの です。外貨を買って持っているだけで資金を増やすことができます。 国内FX20社のスプレッドを徹底比較
通貨にはそれぞれの国が設定した金利が存在し、日本の場合はたったの年0.1%しか金利がつきません。しかし、 トルコの場合は年8.0%という超高金利 なのです。例えば、トルコリラのような高金利の通貨を買って日本円のような低金利の通貨を売るという取引を行った場合、2国間の金利の差額分「7.9%」を利益として受け取ることができます。
正しくは、FXで売買を行ったときに発生する2国間の金利の差が「スワップポイント」というわけです。
FXでは、 毎日付与されるスワップポイントで稼ぐ こともできます。

レバレッジ

FXの最大のメリットとしても紹介した「レバレッジ」。 実際に保有している資金よりも大きな金額の取引ができる ことをいいます。
レバレッジとは、そもそも 「てこの原理」 です。小さい力で大きな力を生み出す「てこ」のように、レバレッジを設定するだけで保有する資金の何倍もの金額の取引を行うことができるのです。つまり、資金が10万円だったとしても、10倍のレバレッジをかけて100万円の取引ができるようになります。小さな資金で大きな利益を得られる可能性がありますが、その反面、 失敗すれば多額の損失を出すことになるのでレバレッジ倍率の設定は慎重に行いましょう 。

少ない資金で大きな利益が得られるチャンスのあるFX。 多くの投資家に人気のFX取引に必要不可欠な「レバレッジ」という仕組みがあります。 FXにおいてレバレッジは必須知識であるため、レバレッジとはどういうものなのか、そしてどのようなメリット・[…]

FXと仮想通貨はどっちがおすすめ?それぞれの違いと特徴を徹底比較!

お母さん

【最強】初心者におすすめなFX会社比較&ランキング!口座開設すべきはどこ? FX会社はたくさんあり、どこで取引するか迷ってしまいますよね。 今回はおすすめのFX会社をランキング形式にして紹介していきますので.

・本ウェブサイトは、株式会社デジタルアイデンティティ(以下、「弊社」と表記します。)によって運営されており、その著作権その他の知的財産権は弊社に帰属します。本ウェブサイトの全部又は一部を無断で転用・複製することはできません。
・本ウェブサイトは、情報提供及び解説を目的としたものであり、FXその他の金融商品に関する契約締結の代理、媒介、斡旋、勧誘や投資・運用等の助言を行うものではありません。本ウェブサイトの情報の利用及び投資に関する最終的な決定は利用者の判断によるものとし、弊社はこれに一切の責任を負いません。
・本ウェブサイトに含まれる記述・計算等はあくまでも例に過ぎず、弊社はその使用等に関して一切の責任を負うものではありません。
・本ウェブサイトに含まれる情報には将来の業績や事象に関する記述が含まれている可能性がありますが、それらの記述は予想であり、その内容の正確性等を保証するものではありません。弊社はその使用等に関して一切の責任を負うものではありません。
・本ウェブサイトに掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、弊社はその内容について保証するものではなく、その使用等に関して弊社は一切の責任を負いません。
・本ウェブサイトの内容は予告なしに変更、削除する場合があるほか、システムメンテナンス等のため一時的に公開、情報提供を停止する場合があります。
・その他、弊社は利用者が本ウェブサイトを用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

LIGHTFX


→当サイト限定レポートがもらえる!

トラッキングトレード


→FXブロードネットの口コミを見てみる

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる