初心者にもおすすめ

アベレージコスト

アベレージコスト

返品費用は、販売原価+返品物流費の合計

ドルコスト平均法 / Dollar Cost Averaging 海外投資や海外ファンドの積立・株式・保険・不動産やマンションを購入するにあたり、オフショア香港からブログやセミナーで初心者がリスクや複利等の違いを勉強し投資に失敗しないためにも、英語の投資用語や意味を解説。今では香港のHSBC銀行・フレンズ・信託・移民・ドルや中国に投資しているだけではお金が増えない時代になりました。

投資家の誰もが、市場の最低値(Market’s Bottom)でエントリーできることを夢見ます(Investor’s Dream)が、市場がいつ底かは結局、誰にもわかりませんよね。
反対にみなさんもよく市場の最高値(Top of the Market)で株などを買ってしまい損をしてしまった多くの人をご存じかと思います。投資家は誰もがみな、安く(低く)買って、高く売りたいのです(Investors want to buy low and sell high but turn out to buy high and sell low)。

ドルコスト平均法とは

投資家がドルコスト平均法(Dollar Cost Averaging)のテクニックを利用すると不適正な時に全てのおカネを市場に投入することを避けることができます。投資家は一定期間に定額のお金を投資(Investing a fixed sum of money at fixed intervals of time)することで実践します。例えば、ある投資家がHKD150,000をA株に投資したいが、適切なエントリー時期かは断定できない場合、その人が資本を5等分し、1つがHKD30,000とし、その後、毎月HKD30,000のA株を購入する。以下はその人の取引記録を表にまとめました。

アベレージコスト

アベレージコスト
日期(Date) 市場価格(Market Price) 購入数(No. of share Bought)アベレージコスト
1月15日 HKD50 600
2月15日 HKD60 500
3月15日 HKD40 750
4月15日 HKD25 1,200
5月15日 HKD50 600
購入した株式総数(Total no. of shares bought) 3,650株
1株当たり平均価格(Average cost per share) HKD41.10

少し骨休め-積立式ファンドは本当にお勧めか

積立投資の方法は株価やファンドの価格や為替の上げ下げによって短期で売却するのではなく、毎月なり半年なり同じ額を投資する方法です。同額を投資すると株価が落ちる局面(ここでは、株式に投資するファンドを前提)にはかえって多数の口数(ユニット数)を購入することができ、株価が上がる局面には反対に購入口数は減ってしまいます。例をあげると、2012年にファンド価格が1ユニット:1千円の場合、毎月1万円を投資した投資家であると10ユニットを購入することができます。一方、株価が落ちるのに伴い、次の月には1ユニット:500円に下がれば投資家は20ユニットを購入することになります。このように、我慢強く積立てれば投資家は、投資期間の平均株価より安く投資ができますが、これをコスト平均法(Cost Averaging)効果、通貨をドル基準で考えてドル・コスト平均法(DCA; Dollar cost averaging)とも呼ばれています。

アベレージコスト

However, this was largely attributable to a reversal of unfavorable impact of inventory valuation factors in the previous fiscal year (reflecting the higher cost of sales of inventory valuation under the average cost method and the write down of inventories due to decreased profitability).

また、連結営業利益は 867 億円(前期比 3,992 億円の損益良化)となりましたが、 これは前期に発生したたな卸資産の在庫評価による損益悪化影響(原油価格の下落によ り、総平均法によるたな卸資産の評価が売上原価を押し上げる影響および収益性低下に アベレージコスト 基づき簿価の切下げを実施した影響)が、反転したことなどによるものであります。

[. ] purchased goods, work in process, raw materials and supplies are principally アベレージコスト stated at monthly moving average cost (アベレージコスト アベレージコスト the value method to devaluate a book value for decreasing profitability).

商品及び製品、仕掛品、原材料及び貯蔵品は主として、月 平均 による 原価 法( 収益 性の低下に基 づく簿価切下げの方法)により、連産品の一部は、売価還元総平均法に 原価 アベレージコスト 法( 収益 性の低下に基づく 簿価切下げの方法)よっております。

Beginning with the first quarter of the current fiscal year, due to the adoption of “Accounting Standard for Measurement of Inventories” (Accounting Standards Board of Japan Statement No. 9), inventories are valued primarily using the specific-identification cost アベレージコスト method (method in which book values are

[. ] アベレージコスト ついては収益性の低下に基づく簿価切り下げの方法)お び移 平均 アベレージコスト 原価 (貸 借対 照表価額に ついては収益性の低下に基づく簿価切り下げの方法)により算定しております。

Goldman Sachs calculated an illustrative range of values of the common stock of each of OSE and the Tender Offeror, based on a discounting of future free cash flow of OSE for the projected years using a range アベレージコスト of

[. ] reflecting an estimate of OSE’s アベレージコスト weighted average cost of capital, and アベレージコスト of the Tender Offeror for the projected years using a range of discount rates with a mid-point of 5.0%, reflecting an estimate of the Tender Offeror’s weighted average cost of capital.

ゴールドマン・サックスは、当社及び公開買付者の アベレージコスト アベレージコスト 普通株式価値の算定レンジを計算するにあたり、当社については当社の推定加重平均資本コストを踏まえ、 6.0%を中央値とする一定の範囲の割引率を用いて、公開買付者については公開買付者の 推定 平均資 コストを 踏まえ、5.0%を中央値とする一定の範囲の割引率を用いて、当社及び公開買付者がそれぞれ 財務予測期間において生み出す将来フリーキャッシュフローを割り引いております。

Stated at cost by the weighted average cost basis, being written-down to reflect the decline of profitability.

在庫管理の7大費用:在庫金利など代表的コストの紹介|在庫管理110番

デスクトップパソコンに掛かる在庫コスト

加重平均資本コスト(WACC)


資本コストとは、企業が資本を調達・維持するために必要なコスト(費用)のことで、通常はパーセンテージ(%)で表示されます。
一般的には加重平均コストが使われます。

WACC(加重平均資本コスト:Weighted Average Cost of Capital)とは、借入にかかるコスト(負債コスト)と株式での調達にかかるコスト(株主資本コスト)を加重平均したものです。
企業が最低限あげなければならない期待(要求)収益率となります。
市中金利を使うよりも、資金コストに注目することをお勧めします。

加重平均資本コストの算出
WACC(%) = 株主資本コスト × 株主資本/(有利子負債 + 株主資本)
+ アベレージコスト 負債コスト × (1-実効税率) × 有利子負債/(有利子負債 + 株主資本)

金利率が決まったら、次は、どのように在庫にあてはめたらよいかです。
ほどんとの会社では在庫は日次で把握できていると思いますので、
在庫の品目ごとに金額を掛けることになります。

在庫額 1000円
数量 10000個

在庫金利の推移


日々の在庫推移(棒グラフ)で在庫金利(年利3%として算出)した際の累積在庫金利です。1か月で26,359円発生していることが分かります。

外部倉庫の場合

倉庫業者との取り決め、商品の特性で保管費用は異なります。
例えば、30kgの紙袋に食材の場合、1袋当たりの保管料を決めます。
棚ごと、重量/容量で決める場合もあります。
また3期制では、1日~10日を第1期、11日~20日を第2期、21日~末日を第3期として、それぞれの期で保管料を計算します。

保管料金の算定方法(1期あたり)
保管料:保管数(前期末在庫数+今期入庫数)× 保管単価

在庫保管量の算出

紙袋の場合を事例に計算してみます。

第1期: 保管数(1000+400)×保管単価100円=140000円
第2期: (1200+200)× 100円=140000円
第3期: (970+0) × 100円=97000円
保管料合計:377,000円

自社倉庫の場合

  1. 貯蔵保管に要する設備費用及び光熱費など
    (自社倉庫の建設費または倉庫の原価償却費なども含む)
  2. 保険料(倉庫への保険)
  3. 運搬費用(人件費)
  4. 棚卸し費用(人件費)
  5. 陳腐化、設計変更による未利用品、目減りや盗難、台帳との差異による損失処理
  6. 資本の費用
    (在庫はその分資金を投資することになり、この資金調達借入金利、及び在庫金額分を他の投資に回せない機会損失なども含む)
  7. 販売促進用物流加工費用
    (商品を特定できればその費用として計上)

在庫評価損

企業によっては、
先々、購入の予定がなく、現在の在庫回転日数の度合いによって、評価損の率(30%、50%、100%)を定めている会社もあるようです。
また商品ライフの短い商品は、1年で100%すべて評価損を実施する会社もあります。

価格補償費

小売価格1000円の商品を800円で納入し、小売価格を800円に
下げるような場合、卸価格800円を600円に下げると、
200円の費用が発生します。
在庫数量が1000個の場合、合計200,000円の費用となります。

返品費用

複数の商品のキャンペーンをまとめて行った場合は、それを構成する商品の旧価格と改定後の価格の差額を按分することになります。
例えば、一律20%値下げの場合は、商品A、B、Cは以下の価格補償費が発生

返品費用


返品費用は、販売原価+返品物流費の合計

在庫起因コストはすべて変動費、一元管理に意義がある

損益分岐点


一般的に、在庫起因コストは管轄部署がそれぞれ管理している
のではないでしょうか?

  • 在庫金利: 経理・管理部門
  • 保管費: 物流部門
  • 在庫評価損:製品は営業部門、材料は調達部門、補修用部品はサービス部門
  • 在庫補償費: 営業部門
  • 返品費用: 営業部門、物流部門

在庫起因コスト管理サイクルは週次

在庫起因コストは、その都度集計して、関係者と共有し、改善活動につなげる
ことです。目的は収益性の改善、損益分岐点の改善等、より具体的に定めたうえで
集計結果を月末に経営陣に対して報告する必要があります。

リスク軽減技術のドルコスト平均法 / Dollar Cost Averaging

投資家の誰もが、市場の最低値(Market’s Bottom)でエントリーできることを夢見ます(Investor’s Dream)が、市場がいつ底かは結局、誰にもわかりませんよね。
反対にみなさんもよく市場の最高値(アベレージコスト Top of the Market)で株などを買ってしまい損をしてしまった多くの人をご存じかと思います。投資家は誰もがみな、安く(低く)買って、高く売りたいのです(Investors want to buy low and sell high but turn out to buy high and sell low)。

ドルコスト平均法とは Dollar cost averaging

投資家がドルコスト平均法(Dollar Cost Averaging)のテクニックを利用すると不適正な時に全てのおカネを市場に投入することを避けることができます。投資家は一定期間に定額のお金を投資(Investing a fixed sum of money at fixed intervals of time)することで実践します。例えば、ある投資家がHKD150,000をA株に投資したいが、適切なエントリー時期かは断定できない場合、その人が資本を5等分し、1つがHKD30,000とし、その後、毎月HKD30,000のA株を購入する。以下はその人の取引記録を表にまとめました。

アベレージコスト
日期(Date) 市場価格(Market Price) 購入数(No. of share Bought)
1月15日 HKD50 600
2月15日 HKD60 500
3月15日 HKD40 750
4月15日 HKD25 1,200
5月15日 HKD50 600
購入した株式総数(Total no. of shares bought) 3,650株
1株当たり平均価格(Average cost per share) HKD41.10

上の表からA株価は変動を経て元々の価格水準である50HKDに戻っていることが見てとれるますね。投資家は結局41.10HKDの平均価格(Average Price)を以ってポートフォリオを構築できました。理由は投資家が一定額の投資を利用し、株価が低い時に多く株式を購入し、高い時には少なくなるため平均コストが下がったからです。
価格が低いときには多くの口数を購入し、高いときには少ない口数を購入することになり、結果的に平均購入単価をならす効果が期待できます。また、買うタイミングによって起こりうる失敗を小さくできるため、リタイヤ後の大切な糧を一気に失うようなリスクを回避することにもつながります。相場動向は予測することは非常に困難ですが、最悪の事態を避けるための備えは可能です。

ちょっと一息。積立式ファンドは本当にお勧めか?

世界経済が低迷しているなか資金が依然としてファンドに流入してきています。
ここ数年、円高とファンド自体から受けるリターン(収益率)の急落をうけ、買い取りを請求した投資家が無数に及んでいると思います。しかし、積立投資は長期に渡り収益をあげるものだと理解し、今も一定の額を積立投資する投資家も多いのも確かです。
長期、アセット分散、積立の方法による投資は黄金比率であると、一般的に言われているとおり、投資の原則にあげられます。この中で長期、アセット分散投資と異なり、一定の額の積立てる投資方法は基本的に多数のファンドマネージャーから推薦される投資方法であります。以下、積立投資に対して肯定的な意見やメリット、デメリットをまとめます。
積立投資の方法は株価やファンドの価格や為替の上げ下げによって短期で売却するのではなく、毎月なり半年なり同じ額を投資する方法です。同額を投資すると株価が落ちる局面(ここでは、株式に投資するファンドを前提)にはかえって多数の口数(ユニット数)を購入することができ、株価が上がる局面には反対に購入口数は減ってしまいます。例をあげると、2012年にファンド価格が1ユニット:1千円の場合、毎月1万円を投資した投資家であると10ユニットを購入することができます。一方、株価が落ちるのに伴い、次の月には1ユニット:500円に下がれば投資家は20ユニットを購入することになります。このように、我慢強く積立てれば投資家は、投資期間の平均株価より安く投資ができますが、これをコスト平均法(Cost Averaging)効果、通貨をドル基準で考えてドル・コスト平均法(DCA; Dollar cost averaging)とも呼ばれています。
上の事例では500円まで下落した株価がさらに800円に反発した場合。この場合、はじめの時期に1千円で証券に直接投資した人ならマイナス20%の損失を被っていますが、積立投資の場合、下落した際にも購入した経緯があるために利益を出すことができます。コスト平均法を通じて、継続して同額を投資したため収益をあげれた訳であります。しかし、積立投資がいかなる時も万能というわけではなく、積立て投資信託(ファンド)の弱点、デメリットも理解しておく必要もあります。
ITバブル崩壊後の2003年4月に日経平均株価は反転し、2007年7月に最高値をつけていますが、特に2005年7月1日から2007年6月1日の2年間は株価は大幅な拡大がありました。次のグラフは、その期間をもとに一括投資と積立投資の投資収益率(ROE)を比較したチャートとなります。積立式投資の場合は、株価が継続的に上昇するときには、収益率をかえって引き下げることになります。これは、上昇トレンドの際にも時期をずらし分けて購入するため、コスト平均法がかえって最終(直近)の投資収益率を、引き下げる効果を発揮してしまいました。つまり、積立方式の株式投資ファンドは、下落も上昇(リスクもリターン)も吸収してしまい、そのリスクを分散する結果、安定するにせよ、大幅な上昇局面では最大上昇分の収益率を圧縮することになってしまいます。
この期間、日経平均株価は¥11,900から¥18,138へ上昇しましたが、仮に2005年7月1日の時点で一括投資、積立投資を始めた両者を比較した場合、積立は投資収益率(ROE)は12パーセントにとどまりますが、一括は株価と完全に連動するため52パーセントの収益率となり、その差は40%となります。
積立式であると必ず高い収益が無条件に保障されるという誤認に気づくかと思います。
それにも関らず、積立ファンドが魅力的に商品に見えるのは、一括投資より投資家の損失に対する恐怖を軽減するからに他なりません。損失の幅が少ないということは、投資家の損失に対する恐怖が大きいために、一度、投資し損失を被るかもしれないといった心情的な負担から遠ざけることになります。
そのほか積立ファンドに対してたくさんの人が初歩的な誤解をしていることに、銀行の窓口で肯定的なファンドに対する話をたくさん聞くためか、積立投資信託に対する誤解のなかで最も多いのが、定期預金のような商品と信じている人であります。毎月なり一定の額を支払う積立定期預金と支払方法は似ていますがが、リターンも、リスクもまったく異なる商品となります。積立には必ず満期があるので、誤解を招きやすい一因となっているようです。

R&S®NRP6AN アベレージ・パワー・センサ

R&S ® NRP-ZKU USBインタフェースケーブルを使用して、USBインタフェース経由でパワー・センサをノートパソコン/PCに接続することができます。ベースユニットが不要な超省スペース型で、コストパフォーマンスの高いソリューションです。ノートパソコン/PCからのセンサの操作を簡素化するために、2種類のソフトウェア・ツール(R&S ® Power Viewer PlusとR&S ® NRPV 仮想パワー・メータ)が用意されています。これらのツールは、センサに実装されているすべての測定機能をサポートします。

R&S ® NRP-ZK6 インタフェースケーブルは、パワー・センサをR&S ® NRX ベースユニットで使用するためのものです。このケーブルは、パワー・センサをの各種信号発生器やシグナル・スペクトラム・アナライザに接続することで、高性能パワー・メータ機能を搭載する用途にも使用することができます。

  • 各センサをLANモデルとして使用可能
  • LAN経由の任意の距離でのリモートモニタリング

  • Power over Ethernet(PoE)による電源供給
  • 内蔵ウェブGUI
  • EMCアプリケーション用の特別な設計

EMCアプリケーションでは通常、平均パワーだけが測定対象となります。この場合には、R&S ® NRPxxA(N) アベレージ・パワー・センサが最適です。これらは、8 kHzまでの重要な低周波数帯に加えて、無線通信で使用される測定範囲をカバーします。最大93 dBのダイナミックレンジ、変調の影響が非常に少ない測定、卓越したインピーダンス整合など、3パス・ダイオード・パワー・センサの優れた特性の恩恵を受けることができます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる