FX初心者向け

RSI(相対力指数)の見方

RSI(相対力指数)の見方
強いトレンドの方向に取引することは、リスクを減らし、潜在的な利益を増やします。相対力指数は、トレーダーが情報に基づいた決定を下すのに役立ちます。トレンドトレーディングは、特定の方向への資産の勢いの分析を通じて利益を獲得しようとします。

相対力指数(RSI)は、最近の価格変動の大きさを測定して、株式の価格の買われ過ぎまたは売られ過ぎの状態を評価する勢いの指標です。

【仮想通貨(ビットコイン)FX】RSIの見方や設定、チャート分析手法から注意点までを解説

しかし、このRSIを14日から「9日」に設定変更する事で、70%や30%の水準に達する割合が増加します。

仮想通貨(ビットコイン)FXにおけるRSIを使ったトレード手法

  • 買われすぎ・売られすぎ水準を狙って売買する
  • ダイバージェンスを狙う
  • リバーサルシグナルを狙う

買われすぎ・売られすぎ水準で売買する

このように、RSIを用いる事で「逆張り」のトレード戦略を立てる事ができます。

RSI指標を見るにあたって、相場の買いと売りが均衡するのは「50%」だという事を覚えておきましょう。

ダイバージェンスを狙う

RSIは買われすぎ・売られすぎ水準で売買を判断する方法だけではなく、「ダイバージェンス」と呼ばれる現象を狙って売買する方法もあります。

ダイバージェンスとは、価格とRSIなどのテクニカル指標におけるトレンドが「逆行」していく現象であり、発生するとトレンド転換の可能性が高まります。

リバーサルシグナルを狙う

そして、「隠れたダイバージェンス(ヒドゥン・ダイバージェンス)」とも呼ばれる「リバーサルシグナル」を狙って売買する方法もあります。

仮想通貨(ビットコイン)FXにおけるRSIの設定方法

TradingView

TradingViewの場合、まず画面上にある「インジケーター」をクリックし、「RSI」と検索してRSIを選択しましょう。

その後はチャートの下にRSIが表示されるので、もしもRSIの期間を設定したい場合は「設定(歯車)」をクリックして入力してください。

GMOコイン

GMOコインのビットコインFXチャートの場合、チャート画面の左上にある「チャート設定」をクリックし、RSIを選択するようにしましょう。

bitFlyer

RSIは仮想通貨取引アプリからでも確認できる!

また、DMMビットコインの場合であれば以下のチャート画面の右上にある赤枠をタップし、「オシレーター」から「RSI」を選択すれば表示できます。

仮想通貨(ビットコイン)FXにおけるRSIの注意点

  • 必ずしも「買われ過ぎ・売られ過ぎ」水準から相場がセオリー通りに動くとは限らない
  • 強力なトレンドの初期段階には注意が必要

必ずしも「買われ過ぎ・売られ過ぎ」水準から相場がセオリー通りに動くとは限らない

強力なトレンドの初期段階には注意が必要

特にダイバージェンスだと思って逆張りのエントリーをした時、トレンドが強力な場合だとダマシが多くなる為、損切りを入れておかないと外れた時に大やけどしてしまいます。

仮想通貨(ビットコイン)FXにおけるRSIのまとめ

RSIのメリット

  • 相場の過熱感を把握する事ができる
  • レンジ相場でのトレードに強い指標
  • 見方が簡単で初心者でもすぐに使える

RSIを用いたトレード手法

  • 買われすぎ・売られすぎ水準を狙って売買する
  • ダイバージェンスを狙う
  • リバーサルシグナルを狙う

RSIを用いる際の注意点

  • 必ずしも「買われ過ぎ・売られ過ぎ」水準から相場がセオリー通りに動くとは限らない
  • 強力なトレンドの初期段階には注意が必要

執筆者プロフィール

ペイ編集長

キャッシュレスPAY編集長。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、キャッシュレス決済に関する研究を続けている。

【告知】 「200日など長期移動平均線」および「RSI」「RCI」一挙新搭載のお知らせ

なかでも、多くのユーザーから要望が寄せられていた「200日移動平均線」を追加したことにより、移動平均線を使った代表的なテクニカル手法である「グランビルの法則」を活用してチャートを分析いただくことも可能となります(図1)。※200日移動平均線につきましては、今春に予定している 次回の機能強化で株価チャートの表示期間拡大を予定 しており、200日線が表示される期間も長期化される計画ですので、ご期待ください。

【タイトル】

●図1 ソニー 日足チャートに「200日移動平均線」を追加

【タイトル】


●図2 ソニー プレミアムユーザーは自由に移動平均線を設定可能

●図3 移動平均線の追加・機能強化項目の一覧

日足 (旧)「5日 25日 75日」
【新】「5日 25日 75日」+「 25日 75日 200日 」
週足 (旧)「5週 13週 26週」
【新】「 9週 13週 26週」+「 13週 26週 52週 」
月足 (旧)「6カ月 12ヵ月 24ヵ月」
【新】「6カ月 12ヵ月 24ヵ月」+「 12ヵ月 24ヵ月 60ヵ月 」
年足 (旧)「3年 5年」
【新】「3年 5年 10年 」+「 5年 10年 20年 RSI(相対力指数)の見方 RSI(相対力指数)の見方
1分足 (旧)「5分 25分 75分」
【新】「5分 10分 RSI(相対力指数)の見方 30分 」+「 10分 30分 60分 」
5分足 (旧)「5本(25分) 25本(125分) 75本(375分)」
【新】「 30分 60分 120分 」「 60分 120分 240分 」
【プレミアム会員限定】自由に3本の移動平均線の期間を設定可能

【タイトル】

●図3 ソフトバンクグループ RSIチャート


【RSI 買いシグナル】
20~30%以下は売られすぎ(安値圏)
30%以下から反転し再び30%を上抜いたとき

【RSI 売りシグナル】
70~80%以上は買われすぎ(高値圏)
70%以上から反落し再び70%を下抜いたとき

【タイトル】


●図4 ソフトバンクグループ RCIチャート


【RCI 買いシグナル】
(1)マイナス100に接近した後に反転
(2)マイナス80以下の水準からマイナス80以上に浮上
(3)短期線と長期線のゴールデンクロス(短期線が長期線を下から上抜く)

【RCI 売りシグナル】
(1)プラス100に接近した後に反落
(2)プラス80以上の水準からプラス80以下に下落
(3)短期線と長期線のデッドクロス(短期線が長期線を上から下抜く)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる