FXとは

スワップ計算機

スワップ計算機

個人口座 スプレッドとスワップポイント | GMOあおぞらネット銀行

The following pages are about services provided for foreigners who live in Japan.
Please agree after confirming the following items.
- The Bank's original web site in Japanese uses the automatic translation system to translate in foreign languages. Please note that the contents of translated plages might not the same as the original スワップ計算機 Japanese pages. In case that there is any discrepancy between the Japanese original and such post-translational, the Japanese original is assumed to be correct.
- In addition, our company holds no responsibility for スワップ計算機 translations.
- Customer services are only available in Japanese. Please make note that inquiries in other languages cannot be made. (Customer services include call center, Q&A, email notification, important notice, letters, and etc..)

GMOあおぞらFX

  • 外国為替証拠金取引は、取引対象である通貨の価格の変動により損失が生じることがあります。また、取引対象である通貨の金利の変動によりスワップポイントが受け取りから支払いに転じることもあります。さらに、取引金額がその取引についてお客さまが預託すべき証拠金の額に比して大きいため、その損失の額が証拠金の額を上回ることがあります。
  • 相場状況の急変により、売付価格と買付価格のスプレッド幅が広くなったり、レートの提示が困難になる場合があり、お客さまの意図した取引ができない可能性があります。
  • 外国為替証拠金取引の取引手数料は1万通貨未満は3銭(片道1通貨あたり)、1万通貨以上は無料です。
  • 強制決済およびロスカット時には片道1通貨あたり、南アフリカランド/円とメキシコペソ/円の場合は0.5銭、その他通貨ペアについては5銭が手数料としてかかります。
  • 取引にあたっては各通貨の売付価格と買付価格には差(スプレッド)があります。スプレッドは通貨ペアごとに異なります。

スプレッド

スプレッドとは

スワップポイント

スワップポイントとは

FX取引で低金利の通貨を売り、高金利の通貨を買うと、その金利差を利益として受取ることができます。
その金利差をスワップポイント(スワップ金利)といいます。
ただし、逆に高金利の通貨を売り、低金利の通貨を買うと、
スワップポイントを支払うことになり、損失を出す場合があることに注意が必要です。

スワップポイントは毎日発生

スワップポイントは毎日受取ることができます。
スワップポイントの付与されるタイミングはポジションをロールオーバーするニューヨーク時間 午後5時
(米国標準時間:日本時間 午前7時、米国夏時間:日本時間 午前6時)に評価損益として毎日加算され、
ポジションを決済したときに、初めて実現損益としてお客さまのFX取引口座に計上されます。

GMOあおぞらネット銀行株式会社(金融機関コード:0310)
登録金融機関 関東財務局長(登金)第665号
一般社団法人 金融先物取引業協会加入

Copyright © 2022 GMO Aozora Net Bank, Ltd. All スワップ計算機 Rights Reserved.

第15章 swap 領域

Linux の スワップ領域 は、物理メモリー (RAM) が不足すると使用されます。システムに多くのメモリーリソースが必要で、RAM が不足すると、メモリーの非アクティブなページがスワップ領域に移動します。スワップ領域は、RAM が少ないマシンで役に立ちますが、RAM の代わりに使用しないようにしてください。スワップ領域はハードドライブにあり、そのアクセス速度は物理メモリーに比べると遅くなります。スワップ領域の構成は、専用のスワップパーティション (推奨)、スワップファイル、またはスワップパーティションとスワップファイルの組み合せが考えられます。 Btrfs はスワップ領域を サポートしない ことに注意してください。

過去数年、推奨されるスワップ領域のサイズは、システムの RAM スワップ計算機 サイズに比例して増加していました。しかし、最近のシステムには通常、数百ギガバイトの RAM が含まれます。結果として、推奨されるスワップ領域は、システムのメモリーではなく、システムメモリーのワークロードの機能とみなされます。

表15.1「システムの推奨 swap 領域」 では、システムの RAM の容量別に推奨されるスワップパーティションのサイズと、システムがハイバネートするために十分なメモリーが必要かどうかを示しています。推奨されるスワップパーティションのサイズは、インストール時に自動的に確定されます。ハイバネートを可能にするには、カスタムのパーティション分割段階でスワップ領域を編集する必要があります。

表15.1「システムの推奨 swap 領域」 の推奨では、メモリーが少ないシステム (スワップ計算機 1 GB 以下) で特に重要になります。このようなシステムで十分なスワップ領域を割り当てられないと、不安定になる問題が生じたり、インストールしたシステムが起動できなくなる可能性があります。

表15.1 システムの推奨 swap 領域

システム内の RAM スワップ計算機 の容量 推奨されるスワップ領域 ハイバネートを許可する場合に推奨されるスワップ領域
⩽ 2 GB RAM 容量の 2 スワップ計算機 倍 RAM 容量の 3 倍
> 2 GB ~ スワップ計算機 8 GB RAM 容量と同じ RAM 容量の 2 倍
> 8 GB ~ スワップ計算機 スワップ計算機 64 GB 最低 4GB RAM 容量の 1.5 倍
> 64 GB 最低 4GB ハイバネートは推奨されない

ご使用のシステムが 表15.1「システムの推奨 swap 領域」 に記載されている境界線上 (RAM が 2GB、 8GB または 64GB) になる場合、swap サイズやハイバネートへの対応を決める際は適宜判断してください。システムリソースに余裕がある場合は、スワップ領域を増やすとパフォーマンスが向上することがあります。

スワップ領域として割り当てたファイルシステムおよび スワップ計算機 LVM2 ボリュームは、変更時に 使用しない でください。システムプロセスまたはカーネルがスワップ領域を使用していると、スワップの修正に失敗します。 free コマンドおよび cat /proc/swaps コマンドを使用して、スワップの使用量と、使用中の場所を確認します。

システムを rescue モードで起動している間に、スワップ領域を変更する必要があります。『 Red Hat Enterprise Linux 7 Installation Guide 』 の Booting Your Computer スワップ計算機 in Rescue Mode を参照してください。ファイルシステムをマウントするように指示されたら、 スキップ を選択します。

15.1. スワップ領域の追加

場合によっては、インスト-ルした後にさらに swap 領域の追加が必要になることもあります。たとえば、システムの RAM 容量を 1 GB から 2 GB にアップグレードするときに、スワップ容量が 2 GB しかないとします。メモリーを大幅に消費する操作を実行している場合や、大量のメモリーを必要とするアプリケーションを実行する場合は、スワップ領域を 4 GB に増やすことが有益となる可能性があります。

選択肢が3つあります: 新規の swap パーティションの作成、新規の swap ファイルの作成、あるいは既存の LVM2 論理ボリューム上で swap の拡張。この中では、既存論理ボリュームを拡張することが推奨されます。

15.1.1. LVM2 スワップ計算機 論理ボリュームでのスワップ領域の拡張

Red Hat Enterprise Linux 7 は、デフォルトで、使用可能なすべての領域をインストール時に使用します。この設定を選択している場合は、まず swap 領域として使用するボリュームグループに新しい物理ボリュームを追加しなければなりません。

swap 領域のボリュームグループにストレージを追加した後に、それを拡張することができるようになります。これを実行するには、次の手順に従います ( /dev/VolGroup00/LogVol01 ボリュームのサイズを 2 GB 拡張するとします)。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる