初心者向けおすすめFX動画

トレンドライン

トレンドライン
初心者おすすめポイント FX取引高世界第一位(ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2020年12月)の大手FX会社 預かり資産は3年連続で国内No,1 FXの他に株式やCFDも取り扱っている GMOクリック証券 を詳しくチェック

チャートにトレンドラインを描画する


トレンドライン描画ツール、フィボナッチ描画ツールを使って、チャートにトレンドラインやフィボナッチを追加できます。ものさしを使うとチャート上の期間や株価の変動幅などを測定できます。

①トレンドライン描画ツール
トレンドライン描画ツールを呼び出します。描画ツールでは、トレンドラインの色や太さ、ラインの向きや種類を変更できます。
他の銘柄で同じトレンドラインで比較したい場合は、⑤のレイアウトから「上書き保存」で保存します。
また、次回開いた際には⑤のレイアウトの「呼び出し」保存データを呼び出しができます。

トレンドラインを描画した画面例(下図)。

「フィボナッチ・リトレースメント」はアイコンをクリックした後、チャート内でフィボナッチの基準となる始点(高値または安値)をクリックし、クリックしたままマウスカーソルを移動すると、フィボナッチに基づいた水準がチャート内に表示されます。終点(安値または高値)までそのまま移動し、一度マウスのクリックを止め、再度クリックすると確定されます。始点/終点にマウスカーソルを合わせると表示される「○」印をクリックすると、以下の設定バーが表示されます。

設定バーでは、歯車アイコンをクリックすると、色の設定や表示するフィボナッチ数、背景色の有無などを変更できます。
歯車アイコン押下後の画面で、スタイル設定画面の「ラインを左に延長」「ラインを右に延長」にチェックを入れると、描画したフィボナッチ水準がチャートの先に向かって延長されます。
「背景」のチェックを外すと、背景の塗り潰しがなくなり、ラインだけが描画されます。
「反転」にチェックを入れると、描画したフィボナッチ水準が反転します。

③ものさしツール
チャート上で指定した期間や株価の変動幅などを測定します。変動幅(変動率)、変動幅の10倍、足本数、カレンダー日数を表示します。
例えば、14626.9(83.95%),146269 55バー,1673日と表示されている場合、当該期間の変動幅は14626.9円、変動率は+83.95%、変動幅の10倍は146269円、ローソク足の本数は55本、カレンダーベースの期間は1673日であることを示しています。

④マグネットモード
マグネットモードを使うとローソク足にトレンドラインなどの起点を簡単に合わせることができます。対象となるのは、ローソク足の始値、高値、安値、終値です。
この部分をクリックし、アイコンが青色になっていると、マグネットモードになっています。
トレンドラインなどの起点や終点を四本値にしたい場合は、マグネットモードにしておくと便利です。

フォルクスワーゲン・ゴルフTSIトレンドライン(FF/7AT)【試乗速報】 小は大を兼ねられる

ブランド一覧はこちらこの記事を読んだ人が他に読んだ記事試乗記ニュース画像・写真モーターショー自動車ヒストリー特集エッセイクルマ生活Q&AFrom Our StaffデイリーコラムCarScope谷口信輝の新車試乗水野和敏的視点池沢早人師の恋するニューモデル思考するドライバー山野哲也の“目”あの多田哲哉の自動車放談webCGプレミアム記事一覧日刊!名車列伝動画ギャラリープレゼント トヨタレクサススバルマツダスズキダイハツホンダ日産三菱ポルシェメルセデス・ベンツアウディBMWMINIフォルクスワーゲンボルボルノープジョージャガーアルファ・ロメオフェラーリ

フォルクスワーゲン・ゴルフTSIトレンドライン(FF/7AT)【試乗速報】

フォルクスワーゲン・ゴルフTSIトレンドライン(FF/7AT)【試乗速報】

期待の“安いやつ”

ここ数年、フォルクスワーゲンの「TSIエンジン」には驚かされ続けている。TSIは、小排気量エンジンに直噴システムと過給器を組み合わせたエンジンで、高性能と低燃費を両立。いまや日本で販売されるフォルクスワーゲンの多くがTSIを搭載する。最初の衝撃は、2007年発売の「ゴルフGT TSI」だ。たかが1.4リッターと侮っていたら、ターボとスーパーチャージャーを組み合わせたTSI“ツインチャージャー”の力強さにノックダウン! さらに、燃費の良さにもう一度驚いた。


フォルクスワーゲン・ゴルフTSIトレンドライン(FF/7AT)【試乗速報】の画像拡大
サイドビュー。ホイールのサイズは、シリーズのなかで最小にして唯一の15インチ。材質もアルミではなく、スチール&ホイールキャップとなる。 トレンドライン
サイドビュー。ホイールのサイズは、シリーズのなかで最小にして唯一の15インチ。材質もアルミではなく、スチール&ホイールキャップとなる。拡大

今度は1.2リッター!?

コンパクトハッチの「ポロ」にも搭載される新開発の1.2リッターターボユニット。従来の1.6リッターNAユニットと同等のパワーを発生しつつ、燃費は20%も向上しているという。
コンパクトハッチの「ポロ」にも搭載される新開発の1.2リッターターボユニット。従来の1.6リッターNAユニットと同等のパワーを発生しつつ、燃費は20%も向上しているという。拡大
運転席まわりの景色は、ほかゴルフシリーズと共通のもの。テスト車はディーラーオプションのHDDナビゲーションシステム(32万5800円)とETCユニット(1万9740円)を装備する。
運転席まわりの景色は、ほかゴルフシリーズと共通のもの。テスト車はディーラーオプションのHDDナビゲーションシステム(32万5800円)とETCユニット(1万9740円)を装備する。拡大
写真をクリックするとシートの倒れるさまが見られます
拡大

これぞゴルフ

燃費も価格も魅力的だ。では、カンジンの走りはどうか? 私自身、1.4TSIシングルチャージャーのゴルフヴァリアントに乗っているので、興味津々である。1.4TSIに比べて、どのくらい非力なんだろう、と。
ところが、走り出して、またしても驚いた。全然、非力じゃない! 軽くアクセルペダルを踏む状況、つまり、ふつうに走る場合、1.4TSIにまるで引けを取らないのだ。低速に限れば、自然吸気の2リッター並みのトルク感だ。しかも、1500rpm以下の低回転から粘りがあり、アクセルペダルに載せた右足の動きにも素早く反応する。2000rpmを超えたあたりからは、さらに余裕を増し、頻繁に加減速を強いられる街なかでも実に扱いやすい。この感覚こそ、まさにベーシックゴルフの魅力なのだ。静粛性は1.4TSIと同等。ひょっとすると1.2TSIのほうが優れているかもしれない。ちなみに、組み合わされるトランスミッションは、ともに7段DSGで、ギア比は共通だった。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる