成功事例

トレンド市場とは

トレンド市場とは
インプレス総合研究所「ドローンビジネス調査報告書2020」を基に作成

【ドローンとは?】急成長中のドローン市場と関連銘柄をご紹介!

国内ドローン市場の市場規模推移

インプレス総合研究所「ドローンビジネス調査報告書2020」を基に作成。

まさに”右肩上がり”だね!

さらに各分野で見ると、 特にサービス分野の成長が著しい ことが分かります。

ドローンが活躍する産業分野は?

サービス分野の産業別構成比

インプレス総合研究所「ドローンビジネス調査報告書2020」を基に作成

このグラフのポイント!

  • サービス分野は急成長。
  • 2019年度は農業が主要な産業分野。
  • 2025年度までに点検と物流が急成長し、点検と物流、農業が主要な産業分野へ

つまり、サービス分野において 最も成長が見込まれているのは点検・物流においてのドローンサービス ということです。

ともだち登録で記事の更新情報・限定記事・投資に関する個別質問ができます!

ドローンの活用事例

ドローン ✕ 風力発電機の点検

従来とドローンによる点検

従来の風力発電機の点検では、地上から望遠カメラを使い、損傷が無いか確認していました。
そのため、以下のような課題がありました。

・風力発電機の羽を全て撮影するには、風力発電機を一旦停止し、羽の角度を変えながら撮影しなくてはいけない。
・1基撮影するのに数時間程度要する。
・撮影角度によっては羽の状態が確認しづらい。

・風力発電機を停止せずに、撮影可能に。
約7分で撮影が完了。
・風力発電機に沿って自動飛行するため、細かい部分の撮影が可能に。

ドローン ✕ 離島への物流

ドローンによる物流のフロー図

  1. 専用スマートフォンアプリから本土のスーパーマーケット(距離約4km)に注文を送信。
  2. 商品を自動飛行ドローンが離島の施設まで配達し、荷物を切り離す。
  3. 注文者は事前に選んだ到着時間に離島の施設に荷物を取りに行く。

ドローン物流によって、 物流業界の長年の課題である「交通渋滞」や「労働力不足」が解決 されるのではないかと期待されています。

ともだち登録で記事の更新情報・限定記事・投資に関する個別質問ができます!

ドローン関連銘柄3選

株式会社自律制御システム研究所(6232)

株式会社自律制御システム研究所(以下、ACSL)は 2018年に世界で初めて上場したドローン専業メーカー です。
ACSLは優れたドローンの自動制御技術を持っており、特にドローンの「小脳」「大脳」部分の開発が強みです。

ACSLのここに注目

ソニー株式会社(6758)

ソニー株式会社は、 AIロボティクス事業として、ドローンやEV(電気自動車)を開発 しています。

ソニーのここに注目!

  • ソニーのイメージング・センシング技術がドローンに搭載。
  • 2021年春から、プロフェッショナル映像制作領域へ向けてドローン事業を展開する予定。
  • 「Airpeak」と共にソニーのEV「VISION-S」にも注目。

EVやCASE、MaaSも最近注目されているよね!一緒にチェックしよう!

Kudan株式会社(4425)

Kudan株式会社は 人工知覚(AP)アルゴリズム を開発している会社です。

人工知覚とはロボットなどに人間のような眼を与える技術だよ。AIは機械の脳、APは機械の眼だね

Kudanのここに注目!

  • 機械の自律化や無人化に欠かせない技術を提供。
  • 自社の「Kudan Visual SLAM」という製品が、世界的に権威のある『embedded award トレンド市場とは 2021』のスタートアップ部門で最優秀賞を受賞。
  • 技術普及と収益化拡大が今後の注目点。

ドローン活用の課題と注目点

今回ご紹介したように ドローン市場は急成長 しています。

一方日本においては、 ドローンの成長を阻害する課題 も存在しています。

その一つが 制度的課題 です。

現在、日本では都市部でのドローンの目視外飛行は禁止されていますが、 都市部でのドローンの目視外飛行はレベル4の飛行レベル となります。

動画マーケティングの市場は今後どうなる?最新のトレンドとあわせて解説

動画マーケティングとは?

動画マーケティングとは、 その名のとおり動画をメインとしたマーケティング方法です。

  • 誰に向けて動画を発信していくか
  • どういった動画を制作し発信していくか
  • 動画を発信した後の効果測定はどのようにおこなうか

動画マーケティングの市場動向

動画マーケティングの市場動向

気になる動画マーケティングの市場動向についてですが、 動画マーケティングの市場は今後も順調に拡大していくと予想されています。

動画マーケティングの市場が今後も成長していくと予想される3つの理由

動画マーケティングの市場が今後も成長していくと予想される3つの理由

動画マーケティングの市場は後数年で今の3倍近い規模にまで成長すると予想されているわけですが、それにはいくつかの理由があります。

理由1. デジタルデバイスが一般的なものになってきているから

理由2. インターネット環境が整ってきたから

理由3. インターネットで動画を視聴するのが当たり前になってきているから

動画マーケティングの市場の今後のトレンド

動画マーケティングの市場の今後のトレンド

今後も伸びていくことが予想されている動画マーケティングの市場ですが、そんな動画マーケティングを取り入れる際に意識しておきたいのが今後のトレンドについて。

トレンド1. インタラクティブ動画

ユーザーはただ単に動画を視聴するだけでなく トレンド市場とは コンテンツに参加できるようになった わけですが、これにより得られる主なメリットとしては、

  • 操作をうながすことでより強い印象をあたえられる
  • 視聴時間やシェア数などのエンゲージメント率が高くなる
  • PRなどに活用しやすく、宣伝効果も高い

インタラクティブ動画作成なら「DOOONUT」がおすすめ

インタラクティブ動画はツールを活用すれば簡単に作成できます。

トレンド2. ライブストリーミング

ライブストリーミングのビジネスへの代表的な取り入れ方としては、 ライブコマース があげられます。

トレンド3. VR・AR動画

まとめ:動画マーケティングは今度も順調に伸びていく魅力的な市場

動画マーケティングは今度も順調に伸びていく魅力的な市場

動画マーケティングの市場は今後も伸びていく魅力的な市場です。

また、 動画マーケティングを成功させるためには”効果分析”が必要です。
弊社サムシングファンが提供する「DOOONUT」では、インタラクティブ動画の制作に加え、動画の効果分析も行えます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる