FX取引の利点

ストップロスオーダー

ストップロスオーダー
上図は2つ目のチャートと同様です。まず、1つ目の○印で反発しました。これにより、2つ目の位置まで到達した時に、「再び、ここで止まるだろう」と考えるトレーダーがロングポジションを構築します。特に、レバレッジをかけて大金を賭けるトレーダーは、エントリーの段階で損切りポイントを決めています。この例で言えば、水色の水平線を割れた付近が妥当な損切ポイントとなりそうです。

FXの注文の「リミット(Limit)」と「ストップ(Stop)」の違いをわかりやすく教えてください。

FXの注文の「リミット(Limit)」と「ストップ(Stop)」の違いをわかりやすく教えてください。 目次

リミットとストップは、指値と逆指値の違い

FXにおけるリミット・オーダー(Limit Order)は指値注文という意味で、ストップ・オーダー(Stop Order)は逆指値注文という意味です。

ストップロスオーダー
日本語 英語 意味
指値注文 リミット・オーダー 有利なレートでする予約注文または決済予約
逆指値注文 ストップ・オーダー 不利 なレートでする予約注文または決済予約

リミットは、利益確保(利確)

FXでは、 利益が確保できる注文をリミット・オーダー (Limit Order)といいます。

ストップとは、損切り

リミット・オーダー同様に、買い注文でも売り注文でも、それが決済であっても、それらが 損失を限定するための予約注文であったら、ストップ・オーダー (Stop Order)です。

買い注文と売り注文ごとのリミットとストップの使い方

FXのリミット・オーダーとストップ・オーダーの違いは、注文のやり方(注文のタイミング)です。

買い注文 売り注文
今より高い価格での予約注文 バイ・ストップ セル・リミット
今より低い価格での予約注文 バイ・リミット セル・ストップ

買い注文のバイ・ストップとバイ・リミット

  • 今より低い価格で取引開始を予約した買い注文は、バイ・リミット(Buy Limit、指値注文)
  • 今より高い価格で取引開始を予約した買い注文は、バイ・ストップ(Buy Stop、逆指値注文)

売り注文のバイ・ストップとバイ・リミット

  • 今より高い価格で取引開始を予約した売り注文は、セル・リミット(Sell Limit、指値注文)
  • 今より低い価格で取引開始を予約した売り注文は、セル・ストップ(Sell Stop、逆指値注文)

Posted by Mori Masaaki

  • Mori Masaaki 最新の記事

最新のページ

  • SimpleFX(シンプルFX)が、最大レバレッジを1,000倍に引き上げ
  • XM(XMTrading)の仮想通貨取引を徹底解説!XMで仮想通貨を取引するメリットとデメリット!
  • FXGTが、無料VPSホスティングサービスを提供開始
  • XM(XMTrading)が、仮想通貨取引を再開 – ハイレバ250倍&スワップフリー&24時間365日取引できる
  • HotForex(ホットフォレックス)が、ブランド名を「HFM(HF Markets、HFマーケット)」に変更

他のFAQ

トピックス

FX市場の闇「ダークプール」とHFT(超高速売買)

FX市場の闇「ダークプール」にはびこるHFT (高頻度取引)

海外FX業者 SimpleFX(シンプルFX)の初回限定の入金ボーナス

SimpleFX 最大2,500ドルの初回入金ボーナス+スプレッドキャッシュバック 10%

経済と通貨の関係 – FX初心者3分ガイド!

経済と通貨の関係 - FX初心者3分ガイド!

海外FX業者 ThreeTrader(スリートレーダー)でポイントを稼いで、iPhoneやAirTagをもらおう

ThreeTrader ポイントプログラム

外国為替(FX)とは? - FX初心者3分ガイド!

外国為替証拠金取引(FX)とは? - FX初心者3分ガイド!

ロイター ビジネスビデオ - 最新情報はロイターでリサーチしよう

ロイター ビジネスビデオ - 最新情報はロイターでリサーチしよう

関連ページ

IronFX

FBS

iFOREX

ページナビゲーション

  1. ホーム
  2. FAQ
  3. FXの注文の「リミット(Limit)」と「ストップ(Stop)」の違いをわかりやすく教えてください。

最近のコメント

わんちゃん のコメント

gggggg のコメント

Kinjo のコメント

Kinjo のコメント

********* のコメント

GWも休み のコメント

海外FX会社

仮想通貨取引所

新着情報・お知らせ

  • SimpleFX(シンプルFX)が、最大レバレッジを1,000倍に引き上げ
  • FXGTが、無料VPSホスティングサービスを提供開始
  • XM(XMTrading)が、仮想通貨取引を再開 - ハイレバ250倍&スワップフリー&24時間365日取引できる
  • HotForex(ホットフォレックス)が、ブランド名を「HFM(HF Markets、HFマーケット)」に変更
  • easyMarkets(イージーマーケット)が、MT5口座を提供開始 - MT5(メタトレーダー5)は変動スプレッド
  • AXIORY(アキシオリー)より、公式ウェブサイトの大幅リニューアルのお知らせ

重要なお知らせ

  • SuperForex(スーパーフォレックス)より、模倣サイトを使った詐欺に関する注意喚起
  • AXIORY(アキシオリー)より、模倣サイトおよびAXIORYを名乗る偽メールに関する注意喚起
  • HotForex(ホットフォレックス)より、偽装サイトに関する注意喚起
  • XM(XMTrading)より、偽サイトや偽アプリに関する注意喚起 - 詐欺に注意
  • AXIORY(アキシオリー)より、お中元ボーナスキャンペーンに関する大切なお願い
  • 廣常智輝(広常智輝、ひろつねともき、Tomoki Hirotsune、徳島県名西郡石井町在住)への警告

キャンペーン

  • FBS x レスター・シティFC サイン入りグッズ ストップロスオーダー 10名様
  • MiltonMarkets 30%入金ボーナス
  • SimpleFX スプレッド・キャッシュバック 25%
  • HFM × みんなで海外FX 口座開設キャッシュバック 最高10万円
  • OXSecurities 損失補填ボーナス 最大250ドル
  • PUPrime スワップフリーキャンペーン

キャンペーンとボーナス

ニュース・リリース

コントラクト

みんなで海外FXは、個人投資家・トレーダーのためのFX・株式投資総合情報サイトです。 ストップロスオーダー 日本国外の証券会社(海外証券会社)、日本国外のFX会社(海外FX会社)の情報を中心に、投資用の各種海外口座における会社選びや口座選びの安心と安全の目安を提供します。 これから海外口座で投資(FXや株式、CFDなど)を始める方も、既に海外口座をご利用でも、どんな方でもご利用いただける情報の提供を行っています。 2016年より、海外取引所を中心に仮想通貨取引所および仮想通貨販売所の掲載を開始しました。

投資は、開始される前に市場の仕組みや各社の定める規定や契約を十分に認識し、取引システムの操作方法への理解を深めていただく必要があります。 金融サービスガイドやリスクの説明は、各社のサポートデスクまでお問い合わせください。 取引を開始される前に、金融サービスガイドやリスク説明をお読みいただくようお願いいたします。 いついかなる場面でも、必ずご自身の意思で投資を開始されてください。

みんなで海外FXが提供する全てのサービス及び全ての情報は、FXや株式投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、勧誘を目的としたものではありません。あわせて、当サイトは、主にユーロ圏在住の日本語スピーカーの方へ向けたものであり、日本在住の方を勧誘することを意図したものではありません。 みんなで海外FXに含まれる市場分析やその他情報は全て個人の見解であり、情報の正確性・普遍性などにおきまして一切の保証・確約をするものでもございません。みんなで海外FXの情報やその内容につきましては万全を期しておりますがその内容を保証するものではなく、これらの情報によって生じたいかなる損害についてもみんなで海外FXおよび本情報提供者は一切の責任を負うものではないことを予めご了承ください。 みんなで海外FXでは、各種の投資商品及び投資におけるアドバイスは提供しておりません。 みんなで海外FX上の記載事項は、予告なしに内容が変更又は廃止される場合がございます。 ユーザーは、FX会社(海外FX会社、海外FX業者、海外証券会社)の選択、取引口座(海外口座、海外FX口座、証券口座)の開設、資金のご入金、投資行為、その全てをご自身の責任で行うものです。みんなで海外FXは、ユーザーのどのような行為であってもユーザーの責任のもとで発生したいかなる損害に対して責任を負いかねます。 実際に利用する取引口座の設定や環境(スプレッド、ロスカット、マージンコール、取り扱い銘柄など)必ずご自身でご利用となるFX会社(証券会社)にてご確認ください。 みんなで海外FXは、ユーザーが利用するFX会社(証券会社)が提供するサービスにつきまして、一切の責任を負わず、FX会社はみんなで海外FXが提供するサービスに責任を負いません。ご利用のFX会社とみんなで海外FX、それぞれに対しユーザーがその全責任を負う必要があります。 上記されるユーザーの責任につきましては、みんなで海外FXにFXや株式投資だけではなく掲載される全てのファイナンシャル・サービス(電子マネー、オンライン・ウォレット、市況配信サービスなど)においても同様です。投資の抱えるリスクについて十分にご理解とご納得の上でお取引してください。

相場で最も大切なことは何か?ポール・チューダー・ジョーンズの相場哲学

※注:トレーリングストップとは、相場の値動きに合わせて逆指値注文を移動させる方法です。トレーリングストップは、「トレール注文」とも呼ばれ、簡単に言えば、逆指値注文(ストップ注文)に値幅指定機能を付けた注文方法をいいます。また、ストップ注文において、値動きによって逆指値価格を引上げたり、引下げたりする手法を「トレーリング」と呼び、通常、トレーリングストップでは、価格(レート)が動くと常に一定の値幅で逆指値価格を自動的に修正してくれるため、トレンドの流れに付いていくことができます。

ドル/円(日足)とストップロスラインとトレーリングストップライン

レンジブレイクアウトの売買シグナル 買いシグナル(緑の↑)と売りシグナル(赤の↓)
買いポジションの損切りライン(赤)・売りポジションの損切りライン(青)・トレーリングストップライン(緑の蛍光緑)
出所:石原順

もし損の出ているポジションを持っていて不快なら、答えは簡単だ。手仕舞うだけだ。

「自分はうまいなどと思ってはいけない。そう思った瞬間に破滅が待っている」

「ナンピンをしないこと。トレードがうまくいかないときは枚数を減らすこと。うまくいっているときには枚数を増やすこと。コントロールができないような局面では決してトレードしないこと。例えば、私は重要な発表の前には多くの資金をリスクにさらすようなことはしない。それはトレードではなくギャンブルだからだ」

「もし損の出ているポジションを持っていて不快なら、答えは簡単だ。手仕舞うだけだ。いつでも相場に戻ってこられるのだから。新鮮な気持ちでスタートを切るのに勝るものはない」

「史上最高の投資家、ジェシー・リバモアは長期的には相場では決して勝てないと言ったと伝えられている。相場に決して勝てないという考え方は驚くべき見方だ。だからこそ私の哲学は巧みな防御なのだ。自分が超人的な洞察力を持っているなどと思ってはいけない。常に自信を持っていなくてはならないが、注意を怠ってはいけない」

マーク・ファーバーのブラックマンデーの回顧

以下の記事は、陰鬱博士と呼ばれるマーク・ファーバーのブラックマンデーの回顧である。The Gloom, Boom & Doomレポートからの転載許可をもらって掲載している。

【1987年夏まで、米国だけでなく世界中に浮かれたムードが漂っていた。ところが、1987年夏までに、米国株が買われ過ぎている状況を懸念する予測者が出てきた。同年に株価が40%を超える上昇をみせたことを思い出してほしい。

ロバート・プレクターもそのひとりである。彼は1978年に『エリオット波動入門』を執筆したときには、ダウ平均が3,000近くにまで上昇するだろうと強気を唱えていた(そして、誰にも信じてもらえなかった)。その彼が1987年9月初旬には弱気に転じたのだ。しかし、これは過半数の見解ではなかった。

10月19日ブラックマンデー直前直後の日々は、私をひどく揺さぶった。極めて混沌としていたからだ。 自分の顧客も個人的にも稼ぐことはできた。しかし、ソロスのような賢明な人物でさえ2週間で資産の32%を失ったのだ。とすれば、私にも起こる可能性があると考えた。そこで、私は売り玉を減らし、しばらくの間、相場から離れると誓った。

NYダウ(日足)1986~1987年のチューダーのエリオット波動カウントとブラックマンデー

先ほどロバート・プレクターが1987年9月に弱気に転じたと述べた。しかし、暴落直前に大量の売りを仕掛けて富を築いたファンドマネジャーは、友人のポール・チューダー・ジョーンズだった。彼が80年代に叩き出した運用成績はソロスよりもはるかに優れている。彼は1987年を約100%のリターンで終えたのだ!

ポールは私が今まで会った中で最も偉大で、最も誠実なトレーダーである。彼には持って生まれたトレードの本能があるにちがいない】

(マーク・ファーバー)

出所:The Gloom, Boom & Doomマーク・ファーバー博士の月刊マーケットレポート2017年11月号『1987年から30年で何が変わったのか!』・国内代理店パンローリングの掲載許可をとって掲載

ビットコイン購入のタイミングを見極める、ストップロスを利用したビットコイン・トレーディング手法

Stop loss trade 1

上図はビットコイン円の日足チャートです。水色の水平線がサポートラインとして機能していましたが、青色の○印のタイミングで下方ブレイクしています。節目を突破すると値動きが大きくなっていることがわかります。

Stop loss trade 2

こちらもビットコイン円の日足チャートです。水色の水平線が何度もサポートラインとして機能していることがわかります。しかし、1つ目の○印のタイミングで下方ブレイクし、価格は急落する動きとなりました。

Stop loss trade 3

上図は2つ目のチャートと同様です。まず、1つ目の○印で反発しました。これにより、2つ目の位置まで到達した時に、「再び、ここで止まるだろう」と考えるトレーダーがロングポジションを構築します。特に、レバレッジをかけて大金を賭けるトレーダーは、エントリーの段階で損切りポイントを決めています。この例で言えば、水色の水平線を割れた付近が妥当な損切ポイントとなりそうです。

②節目のブレイクを利用したトレード手法

  • IFO(IF-DONE-OCO)注文:ある水準に到達したらエントリーし、その後損切りと利益確定の注文も同時に出す方法

Stop loss trade 6

こちらは先ほどのビットコイン円の日足チャートを拡大したものです。緑の○印で、1,000,ストップロスオーダー 000円の節目をブレイクして相場が走っています。ストップロスの売りが発動し、一気に850,000円付近まで15%急落すると、まもなく戻した格好です。

Stop loss trade 4

こちらもロールリバーサルの背景があり、サポートをブレイクすると相場が下方向に走っています。暗号資産の世界では、このような値動きが頻繁に見られます。是非色々なチャートをチェックして見てください。

③テクニカル指標と組み合わせる

Stop loss trade 5

この場合、RSIはまだ「売られ過ぎ」の範囲内に到達していないので、自信を持ってショートポジションを構築することができます。仮にRSIで30以下の売られ過ぎのラインまで低下していた場合、あまり下落しない結果になっていたかもしれません。

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

外国為替取引に関するお取り扱い方針

当行はマーケットメーカーとして、取引毎ではなく合計して為替持ち高(ポジション)を管理しております。当行はマーケットメイクを行う為に、お客さまとの取引の前、または同時に、ポジションの調整や解約、他の取引相手との取引等を行うことがあります。これはお客さまのオーダーが執行される前に、実際の、または予想されるリスクに対するヘッジを行うこと(プリヘッジ)も含みます。
当行自身の取引やマーケットメイク活動は、お客さまのオーダーを執行する為の取引や流動性に影響することがあります。これはストップロスや通貨オプションの権利発生・消滅、またはこれらと同様の状況を引き起こすことも含みますが、不当な市場への影響を避ける努力を当行は常に行います。
当行は取引やマーケットメイクを通じて当行が取得する情報から想定される利益相反を適切に管理いたします。

お客さまの情報の保護

  • 取引の執行、事務、清算、譲渡、決済に必要な場合
  • 関連法規に応じて開示する必要がある場合、または関連規制当局、公的機関、省庁、中央清算機関の要求がある場合
  • 公的な政策目的の為に中央銀行の要求がある場合
  • 機密情報を保護するという条件で、アドバイザー、コンサルタント、システムベンダー等のサービス提供会社または外部委託先に対して開示する場合
  • お客さまの同意または依頼がある場合
  • 当行の営業担当、市場部門、その他関係部署によるお客さまの興味、取引目的、取引に関する要望、マークアップ、ビッド・オファー・スプレッド、その他関連事項の協議
  • 取引に係る流動性の確保とリスク管理
  • 取引に係る市場への影響の評価や与信リスク管理、マーケティング、お客さま関係管理等の内部管理

マーケットカラー

当行は、「グローバル外為行動規範」への遵守意思表明を行っており、同規範に基づいて当行の外国為替取引業務を行っております。当行の「遵守意思表明書」は こちら(PDF/132KB) をご覧下さい。
当行は、流動性提供者として「グローバル外為行動規範」で推奨されている「ディスクロージャーカバーシート」を制定しております。当行の「ディスクロージャーカバーシート」は こちら(PDF/458KB) をご覧下さい。

注文方法の種類と解説

Forex Trading MasterClass

成行注文は、現在の価格で市場でリアルタイムで執行されます。あなたはFX業者に、今エントリーしたいので、スプレッドは気にしていないと言っているのです。 成行注文は、市場価格でのトレードをオープンまたは決済するために使用することができます。 その名の通り、マーケットオーダー(成行注文)とは、現在の価格での売買注文のことで、通常はモニターの前で見ている人や、プライスアクション、ローソク足のパターン、テクニカル指標ニュースイベントを待っている人や、またはすぐに決済したいと思っている人が使います。 主なデメリットは、何を支払うかわからない事です。成行注文にも用途はありますが(トレード計画を変更する正当な理由がある場合は、素早くトレードから抜け出すのに適しています)、資金が危険にさらされているときに素早く客観的に考えることができる、熟練の感情的ではないトレーダー以外の全ての人にとっては危険なものになります。トレーダーがしっかりと決められたトレード計画を持っていたとしても、恐怖や欲、エゴがあると、成行注文の勢いでそれを放棄してしまうことがあります。このように、初心者の方や、月単位でコンスタントに利益を上げていないトレーダーは、しっかりとしたトレード計画に基づいて、あらかじめ決められたエントリーポイントと決済ポイントの固執する必要があります。 成行注文について詳しく見る>>

エントリー注文

成行注文 (現在の価格ですぐに売買する注文)とは異なり、エントリー注文 (またはエントリー指値注文)は、トレーダーが現在の価格より有利であると考える価格で新しいポジションを持つ為に事前に入力された保留中の注文です。これらは自動的に実行され、トレーダーは注文後、何もする必要はありません。エントリーポイントを事前に選択できるこの機能は、次の2つの理由で非常に役立ちます:

  1. 時間のあるとき、都合のいい時にいつでも注文できる。一定の価格以上でエントリーしたい時などに、トレード時間が限られている人にとって重要です。 フルタイムトレーダーにとっても、24時間対応できるわけではないので、欠かせない機能です。
  2. エントリーを決める際の感情、人の意見などを取り除きます。飲酒や運転と同じで、トレードと感情は、混合しない。混合すると、危険をおかします。お金がかかっている状態でリアルタイムトレードする時は、恐怖や欲を避ける事ができる人はほとんどいません。 テクニカル分析を行い、恐怖や欲からは離れたエントリーポイントを選択したいと思い、機会をつかむのをためらわせるかもしれません。遅過ぎたり、早過ぎたりたるするポイントでエントリーしたくないはずです。

これらの注文は、一定の価格に達した時に実行されます。通常は、特定の価格での入力を意図しています。ただし、一定の条件下では、意図した価格よりも下 (ロングポジションを建てる場合) または上 (ショートポジションを建てる場合) に跳ね上がったり、“ギャップ”が生じたりする事がある為、注文入力された価格よりも良い価格で効力を発揮します。これは、ほとんどのトレーダーに推奨される注文方法です。 エントリー指値注文とエントリー逆指値注文を理解する>> 決済注文 決済では2つの注文方法があります:ストップオーダーとリミットオーダー 両者の大きな違いは、負けたトレードを決済して損切りをするのか、勝ったトレードを決済して利益を取るのかということです。以下、まとめです。 リミットオーダー(利益確定注文) ストップロスオーダー リミットオーダー(指値注文)は一般的に、利益を得て決済する方法です。あなたがロングしようとしている場合は、指値注文は市場価格の上になり、あなたがショートしようとしている場合は、指値注文は市場価格の下になります。リミットオーダーはゴール地点のように考えて下さい。 トレードは、市場価格が指値注文を超えた時点で決済され、利益は口座残高に反映されます。 ストップオーダー(損切り注文) ストップオーダーもトレードを終了させる決済注文です。一般的にストップロス注文またはプロテクティブストッップと呼ばれるこのタイプの注文は、トレードで発生した損失の額を制限することを目的としています。 ストップロスオーダーは、指定された損失レベルでトレードを終了します。 ストップロスオーダー ストップロスオーダー ストップロスは、利益が伸びてきた時に、利益を固定するために使用することもできます。 ストップロスは、痛みを伴いますが、使用しない場合よりも、トレーディングゲームに長く留まる事ができます。 その名の通り、ストップロスオーダー(損切り注文)とは、これ以上の損失が膨らまないように自動的に損失を確定する保留中の注文です。最大値はどちらかによって決めます:

損切り注文には基本的に2種類あります1: 固定またはシンプルなストップロス: Thこの注文はあらかじめ決められた一定の損失に達した場合、または市場がその損失を超えて乖離した場合に自動的に執行されます。メタ4メタ5のような優れたトレードアプリでは、ピップス、金額での損失、またはエントリーからのパーセンテージで損失を設定できます。 ストップロスと利益確定の設定と計算の仕方>> トレーリングストップロス: その名の通り、この種のストップロス注文は、価格の動きによって、ストップロスオーダーを自動で動かしてくれます。価格は予想に反して反対方向に行った時に、ピップス、口座資金、何%の損失に応じて、自動的に決済します。このようにトレーリングストップロスは、損失を制限するだけでなく、通常のランダムな価格変動や“ノイズ”によって、利益も制限します。 利益を守り、最大化するためのトレーリングストップの使い方 >> ストップロスオーダーはリスク管理の重要な部分です。 事前に入力しておけば、トレードシステムが自動的に損切りをしてくれます。トレードに感情を持ち込まないようにしてくれます。 ストップロスが損失を制限するのと同じように、決済は、あなたの利益を制限しますが、ロックされます。それらは、ピップス、現金、またはエントリー価格からの何%動いたかに関係なく、所定の損失ではなく所定の利益で執行されます。何らかの理由でトレーリングストップが不適切な場合、決済指値注文は、価格が逆行した場合に利益をロックします。 通常、更なる利益への強い抵抗になると思われるレジスタンス付近に設定します。注文の種類の正確な名前は、いくつかの取引アプリで異なる場合がありますので、実際のお金を取引する前に明確にしてください。 FXオーダーブック(顧客の取引情報) ストップロスオーダー デイトレーダーがトレードの意思決定に使用するツールの一つに、様々なタイプのマーケットデータがありますが、一般的にはレベルIとレベルIIのマーケットデータと呼ばれています。 この相場データには、現在の価格や最近の売買が成立したものなどの情報が含まれています。レベルⅡのデータは、レベルⅠよりも多くの情報を提供します。トレーダーは、取引に必要なデータを決定し、業者を通じてそのデータを購読しています。 業者によっていは、レベルIとレベルIIに関連する価格が異なる場合があります。 ストップロスオーダー 不要なものに対して料金を払わないように、データの違いに注意することが重要です。 オーダーブックのレベルⅠ・レベルⅡデータの説明 >> FX注文の仕方 注文はFX会社の条件に従って、比較的簡単に注文できます。 以下のガイドラインは、すべての主要なプラットフォームで共通している必要があります。以下のガイドラインは、全ての主要なプラットフォームで同等です: 1. 取引を開き“ストップロスオーダー 注文”タブを選択 2. どちらでトレードするか選択(買い または 売り) 3. 価格が現在の市場価格より高いか低いかによって、注文の種類を決定する価格レベルを指定します。 4. ストップとリミット注文を置く。 5. 注文を送信する。 実際にトレードを行う前に、使うプラットフォームに慣れる事は重要です。 ストップロスオーダー しっかり理解することにより、トレードを実行または管理する際にエラーを最小限に抑えることができます。 しっかり勉強してください。 異なる種類の注文とその用途を理解することは、基本的なスキルとして不可欠です。時間をかけて勉強して、本番の前に、デモトレード口座を使って試してみてください。 より深い知識を学びたい場合は、注文について勉強したい場合、私たちのスクールに参加して下さい。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる