FXのやり方始め方

デイトレーダーに必要な資金はどれくらい

デイトレーダーに必要な資金はどれくらい

デイトレーダーの給料年収・初任給・仕事内容を解説!|「給料BANK」

給料BANK|給料年収ポータルサイト

若い世代に人気のある投資方法で、ギャンブル感覚でやる人も非常に多いのですが、デイトレードで食べようとしている人も少なくはありません。
デイトレードは値動きの激しい株や通貨などを購入し、その値動きの波にうまく乗って稼ごうというものです。
細かい利益を多数繰り返すことによって、いずれは大きな利益にすると言うのが、デイトレードの目的となっています。
普通の投資は、長い目で見なければなりませんが、デイトレードは短期で大きな利益が上げられるのです。
デイトレーダーとは、そのような「デイトレード」をして生きている人のことであり、彼らの仕事内容は、以上のとおりとなっています。

デイトレーダーの給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
80万円となりそうです。 ※必要な手取り

デイトレーダーになるには?【資格・合格率・難易度】

デイトレーダーになるのに、資格は必要ありません。
必要なのは、証券会社の口座だけです。
証券会社に口座を開設して、デイトレードを開始すればデイトレーダーになれます。
ただ、デイトレードをするためには、トレードをする間中パソコン画面を見ることができる状態にしておかなければなりません。
中には、出社前の2時間だけデイトレードをするという人もいますが、基本的には専業の形をとらなければならないものです。

デイトレーダーの一日の生活って不摂生なの?

デイトレーダーの多くは、不摂生な生活を送っています。
それは、「食」という意味もあるのですが、「外に出ない」という意味合いが最も大きいです。
食べるものに関しては、料理をしてしっかりとした食事をしている人もいるのですが、外出はデイトレーダーにとって、最も怖い瞬間なので、基本的に外出はしません。

デイトレードは、値動きの激しいものを一日で取引するものです。
そのため、外出をして数時間家を空けたとなれば、その間に値動きが起こり、損をしてしまうことがあります。
価格が上がったとしても、そのタイミングを逃して、逆に下がってしまっては意味がありません。
そういったことが起こり得るので、基本的に取引中はこもりきりになります。

デイトレーダーの仕事の面白さ

デイトレーダーの面白さは、単純にギャンブル性が強いということがまず第一に挙げられます。
一度大きく勝ってそれで終わりではなく、小さな勝ちをコンスタントに続けていかねければなりません。
そのため、当然、取引の回数もとても多くなります。
副業としてやるのであれば、一ヶ月に10回未満で終わる人もいますが、それで生活できるほどに稼ごうとなると、数十回の取引をすることになるのです。
日常的にギャンブルをしていることになり、ギャンブラーにとっては、とても面白いことと言えるでしょう。

そして、細かい勝ちが積み重なっていく様も快感となります。
今日も勝った、明日も勝った・・・最初は数千円単位の勝ちだったのが、月末に数える頃には数十万になっている。
うまくいったときは、その数字の積み重ねがとても面白いのです。

デイトレードの資金って最初はどのくらいあるといいの?

デイトレードでは、他のギャンブル・投資のように大きく勝つことはできません。
細かい勝利を積み重ねてプラスにするのがデイトレードの目的という性質があるため、一日の利益は少なくなります。
一日に目指す利益は、資金の1%が妥当だと一般的には言われています。
十万円あれば一万円、200万円あれば20万円の利益を目指すわけです。

専業として多くを稼ごうと思えば思うほど、初期資金が必要になります。
初期資金十万円からであれば、うまくいけばギリギリそれだけで食べていけるかなというラインです。
資金が100万円を超えると、比較的安心して取引ができるでしょう。

デイトレの種類ってどんなのがあるの?(fx,株)など

給料解説者ぺすくん

株式以外であれば、FX(外国為替証拠金取引)がメジャーですね。
これは外国の通貨を買って為替取引の差額によって利益を生み出すという、若者の間でメジャーな投資方法のひとつです。
それをデイトレードで行います。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる