通貨ペア

スキャルピングについて徹底解説

スキャルピングについて徹底解説

日本国内で一番人気のXMはかつてストップレベルが非常に広く、スキャルピングトレーダーにとっては使いづらい海外FX業者でした。

IS6FXの禁止事項について徹底解説!

IS6FXの禁止事項について徹底解説!

この記事では「is6comの口座開設手順」について写真付きで分かりやすく説明しています。 is6comで口座開設する場合に、この記事を見れば迷うことなく正確な登録が可能になりますので、是非参考にしてください。 それでは早速「is6comの口座開設手順」について解説していきます。 まずはis6com.

IS6FXの禁止事項は主に8つ!

  1. 本人以外の人がトレードすること
  2. 1つの口座を複数人でトレードすること
  3. アービトラージ
  4. 回線状況を利用したトレード
  5. アメリカ雇用統計など相場が一瞬で大きく動く際を狙ったトレード
  6. 週明けの窓開けを狙ったトレード
  7. 他口座、他社口座を使っての両建て
  8. 事前連絡なし20ロット以上のトレードをすること

IS6FXのそれぞれの禁止事項についてわかりやすく説明しますので参考にしてください。

本人以外の人がトレードすること

当たり前ですが、本人以外の人がトレードするのは禁止です 。 「家族であればいいんではないか」と思われている方もいるかもしれませんが絶対にいけません。 家族名義の口座で取引をしていると必ずバレます。なぜなら、不審な点が必ず出てくるからです。

1つの口座を複数人でトレードすること

1つの口座をグループでトレードしたいという方もいるかもしれませんが、こちらも絶対にいけません。

あくまで判断は口座名義人になります。判断の所在が曖昧になるので、複数人でトレードするのは禁止されていますので注意してください。

アービトラージ

アービトラージとは、日本語でいうと裁量取引のことをいいます。 「裁量取引っていわれてもわかんないよ!」という方もいますよね。

裁量取引とは、要は「さや取り」のことです。FX会社によってスプレッドやスワップポイントはまちまちです。 この違いを利用して利ざやを抜くことをアービトラージといいます。

回線状況を利用したトレード

インターネットはたくさんの情報が入りますが、決して万能ではありません。回線状況が悪くなってトレードが途切れてしまう可能性もあります。 スキャルピングについて徹底解説 この回線状況の不安定さを利用してトレードをすると、利益が出ることがあるのを皆さんご存知でしょうか?

取引量が増えると、平常時に比べ安定的にデータの提示ができなくなることがあります。 データの提示が遅くなるのを利用してトレードをすることによって利益を出すことができるのです。

しかし、このような回線状況の悪さを利用したトレードは認められていません。これは何もIS6FXだけでなく、すべての海外FX業者で禁止がされています。

アメリカ雇用統計など相場が一瞬で大きく動く際を狙ったトレード

アメリカの雇用統計やFOMCの発表直後などは大きく為替相場が動きます。一瞬で100pipsほど動くのも決して珍しくありません。

この重要な経済指標を狙って一方向に大きくかけるトレード手法をギャンブルトレードといいます。 ギャンブルトレードは、ゼロカットシステムが採用されていない国内FX業者で行ってしまうと、追証が発生してしまう可能性がある非常に危険なトレードです。

しかし、IS6FXをはじめ、海外FX業者の多くはゼロカットシステムが採用されています。 つまり、どんなに損失が広がっても口座残高内で済むのです。

ギャンブルトレードが認められている海外FX業者もあるかもしれませんが、一般的にはギャンブルトレードは認められていません。 なぜならゼロカットで起きた損失は海外FX業者が負担するからです。

トレーダーの損失は限定され、利益が無限大に伸びる可能性がありますが、ギャンブルトレードは海外FX業者にとってはリスクでしかありません。 IS6FXもこのギャンブルトレードは禁止されていますので注意してください。

週明けの窓開けを狙ったトレード

金曜日のクローズから月曜日のオープンにかけて土日を挟み時間があるので、週明けの窓開け時には大きく相場が上下することはよくあります。

先程のギャンブルトレードに似ていますが、この週明けの窓開けを狙ったトレードも禁止されているので注意してください。禁止されている理由は、雇用統計などの経済指標時のギャンブルトレードと一緒です。 要は、IS6FXにとってリスクしかなく、全くメリットがないので禁止されています。

他口座、他社口座を使っての両建て

IS6FXでは、同一口座内での両建てが認められていますが、IS6FX内の他の口座や他社口座を使っての両建てについては認められていません。 あえて、禁止されている両建てを行わなくても、同一口座内での両建てが認められていますので全く問題はないでしょう。

むしろ両建てを禁止している海外FX業者は多くあるので、利益が出しやすい両建てを許容してくれているのが大きなメリットといえます。

事前連絡なし20ロット以上のトレードをすること

IS6FXでは、事前連絡なしに20ロット以上の取引をするのを禁止しています。 ただし事前に連絡しておけば全く問題なく大口のトレードもできますので安心してください。 要は決められたことをしっかり守っていれば全く問題ないのです。IS6FXは非常に使いやすく利益の出しやすい海外FX業者であることに間違いはありませんので安心してください。

禁止事項を行ってしまうと厳しいペナルティを受ける!

IS6FXでは、禁止事項を行ってしまうと、利益没収や口座凍結になってしまう可能性があります。 口座凍結とはその名の通り、該当の口座で取引ができなくなるペナルティになります。

当選、不正行為をして得た利益については出金できなくなりますし、口座に入金したお金に関しても悪質なトレードの場合、出金できなくなる可能性があります。

また口座凍結とは別に、4か月以上、ログインがないと、休眠口座扱いになってしまい取引ができなくなってしまいます。 ただし、こちらに関しては、 IS6FX に問い合わせをすれば解除してくれますので安心してください。

  • 制限条件…利用規約違反
  • 制限内容①…ボーナスやエントリー状態のボジション利益は事実上全て消滅する
  • 制限内容②…今後一切IS6FX が利用できなくなる
  • 制限内容③…休眠口座へはログイン及びトレードができない。
  • 復活…不可能
  • 制限条件…口座へ4ヵ月(120日)以上ログインなしの場合
  • 制限内容①…休眠口座へ入金しても口座に反映されない
  • 制限内容②…休眠口座へ資金移動しても休眠口座に残高は反映されない
  • 制限内容③…休眠口座へはログイン及びトレードができない
  • 復活…可能

このように同じ取引ができないといっても、口座凍結と休眠口座では全く内容が異なりますのでしっかり覚えておいてください。

スキャルピングについて徹底解説 IS6FXは、公明正大な取引環境にこだわりがあるため、禁止事項を行うと非常に厳しいペナルティを受けなければなりません。 その分、安心してトレードできる海外FX業者であるといえるでしょう。

IS6FX(旧is6com)の口座開設方法と簡単登録手順!写真解説付きマニュアル【スマホ対応】

この記事では「is6comの口座開設手順」について写真付きで分かりやすく説明しています。 is6comで口座開設する場合に、この記事を見れば迷うことなく正確な登録が可能になりますので、是非参考にしてください。 それでは早速「is6comの口座開設手順」について解説していきます。 まずはis6com.

IS6FXでは、利益の出しやすいトレード手法の利用が認められている!

IS6FXは、禁止事項については厳正なる処罰を行う海外FX業者ですが、他の海外FX業者の中には禁止をしている利益を出しやすいトレード手法の利用は認められています。

  • スキャルピング
  • 同一口座内での両建て

スキャルピング

スキャルピングとは、少ない利益を何度も取り、利益を積み重ねることによって大きな利益にするトレード手法になります。

スキャルピングは、1回で取る利益は数pips程度と決して大きくないので、1回あたりのトレードは数秒から数分程度で完了するのが一般的です。ポジションの保有時間が極めて短いため、相場急変などに出くわす可能性が低いトレード手法としても有名です。

サーバーが正常に作動しないと約定などに大きな影響を与えてしまうため、スキャルピングを認めるためには、サーバーの増強に努めなければなりません。当然、サーバーの増強するためにはお金が必要です。

しかし、IS6FXは、明確にスキャルピングについては認めています。 安心してスキャルピングができるのは、IS6FXの大きなメリットと言えるでしょう。

ただし、あまりにも短い期間で回数が多い取引については制限される可能性がありますので注意してください。

同一口座内での両建て

スキャルピングについて徹底解説 IS6FXでは、同一口座内での両建てについても認めています。両建ては、その名の通り、「買いのポジション」と「売りのポジション」を同時に保有するトレード手法のことです。

しかし、両建てを行うことによって、レンジ相場では「買いのポジション」と「売りのポジション」の両方の利益を取れる可能性がありますし、両建てをすることによって相場の方向性を見極めることもできます。

しかし、IS6FXでは、同一口座内での両建てについては明確に認めていますので安心して取引ができます。 ただし、複数口座での両建てや、他社との両建てについては認められていませんので注意してください。

まとめ

今回は、IS6FXの禁止事項について説明しました。IS6FXにはいくつかの禁止事項がありますが、どれも常識的に行ってはいけない事項ばかりです。

普通にトレードしている分には、全く問題がない禁止事項ばかりになりますので安心してください。 しかし、インターネットを見ているIS6FXについて理由もなく口座凍結になってしまったなどの書き込みがあります。 このような記事を読むと、IS6FXで取引するのを躊躇してしまうかもしれませんが、心配する必要はありません。

IS6FXでは、理不尽な理由で口座凍結にすることはないからです。必ず何かしらの理由があって口座凍結のペナルティを課しています。

ネガティブな記事の多くは、IS6FXで損をした腹いせか、全くの嘘になります。 ぜひ今回の記事を参考にして頂き、IS6FXの禁止事項についてしっかり理解していただければ幸いです。禁止事項を理解することによって安心してトレードすることができますよ。

TitanFXはスキャルピングに向いている業者なのか?【TitanFXのスキャルピングについて徹底解説】

TitanFX

スキャルピングをメインとしているトレーダーから人気No.1の海外業者であるTitanFX。

  • TitanFXではスキャルピングは可能?
  • TitanFXはスキャルピングに向いている業者?
  • TitanFXでスキャルピングするならスタンダード口座とブレード口座どっちが良い?
  • TitanFXではスキャルピングにおける禁止取引ってある?

TitanFXはスキャルピング可能

しかも、取引制限がないので、数秒から数分という短い期間で取引を繰り返す超短期スキャルや自動売買システムによるスキャルピングも堂々と行うことができます。

スキャルピングは禁止されていないが以下の取引は禁止

TitanFXはスキャルピングにかなり向いている業者

この3つが全て備わっているFX業者がスキャルピングに向いていますが、 TitanFXはこの3つの要素を全て兼ね備えているのでかなりスキャルピングに向いていますね。

1.スプレッドの狭さ

その点、TitanFXのスプレッドは業界屈指の狭さなので、スキャルピングでも十分な利益を獲ることができます。

▼STP口座同士のスプレッド比較表

スキャルピングについて徹底解説
TitanFX
スタンダード口座
AXIORY
スタンダード口座
XM
スタンダード口座
LandFX
ライブ口座
USD/JPY 1.33 1.5 1.7 1.3
EUR/USD 1.2 1.5 1.7 1.2
GBP/USD 1.54 1.7 2.3 2.0
AUD/USD 1.52 1.8 2.0 1.8
GBP/JPY 2.45 2.1 3.5 2.1
EUR/JPY 1.74 1.7 2.6 1.7
AUD/JPY 2.1 2.1 3.4 2.4
USD/CHF 1.92 1.8 2.4 1.4
平均取引コスト 1.72 1.78 2.5 1.74

▼ECN口座同士のスプレッド比較表

スキャルピングについて徹底解説
TitanFX
ブレード口座
AXIORY
ナノスプレッド口座
XM
ゼロ口座
LandFX
ECN口座
取引手数料 往復0.7pips 往復0.6pips 往復1pips 往復0.8pips
USD/JPY 1.03
(0.33)
1.0
(0.4)
1.4
(0.4)
1.2
(0.4)
EUR/USD 0.9
( 0.2 )
1.0
(0.4)
1.1
(0.1)
1.1
(0.3)
スキャルピングについて徹底解説 GBP/USD 1.27
( 0.57 )
1.4
(0.8)
1.4
(0.4)
1.7
(0.9)
AUD/USD 1.22
( 0.52 )
1.3
(0.7)
1.4
(0.4)
1.3
(0.5)
GBP/JPY 2.15
(1.45)
1.8
(1.2)
2.2
(1.2)
2.1
(1.3)
EUR/JPY 1.44
(0.74)
1.3
(0.6)
1.6
(0.6)
1.6
(0.8)
スキャルピングについて徹底解説 AUD/JPY 1.82
(1.12)
1.5
(0.9)
2.2
(1.2)
1.6
(0.8)
USD/CHF 1.62
(0.92)
1.1
(0.5)
3.4
(2.4)
1.スキャルピングについて徹底解説 5
(0.7)
平均取引コスト 1.43 1.3 1.83 1.51

(※単位は全てpips 最も狭いスプレッドを赤字で表記)
(※ECN口座のため平均スプレッド+取引手数料の合計値を記載。平均スプレッドのみの数値はカッコ内に記載)

競合他社と比較して分かる通り、 TitanFXは業界でも一二位を争うスプレッドの狭さを誇っています。

2.ストップレベルがゼロ

ストップレベルとは、指値・逆指値注文などの予約注文を入れる際に現在レートから必ず離さないといけない値幅(pips)のことを言います。
(※なお、成り行き注文はこの限りではありません。成り行き注文はスプレッドがかかるだけです)

詳しくは、海外FX業者のストップレベルを徹底比較!という記事をご覧いただきたいのですが、 TitanFXのストップレベルはゼロに設定 されているため現在レートからどこでも自由に指値・逆指値注文を入れられます。

CFDとFXの違いとは?特徴と相違点を比較して徹底解説

CFDとFXの違いとは?特徴と相違点を比較して徹底解説

FX取引の注意点 / 当サイトの内容について
・本記事では、FXを「必ず利益を生む方法」として紹介しているものではございません。FXは自己の責任において行っていただくようお願い致します。
・外国為替証拠金取引は外国為替レート金利の変動により損害を被るリスクがあり投資元本は保証されていません。
・マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく状況により損失が証拠金額を上回ることもあります。
・スプレッドは指標発表時や相場が急変した際に拡大する場合があります。
・スリッページが発生することで、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合もあります。
・市場の流動性が低下していることで、注文がリジェクトされる場合があります。
・本記事で紹介している企業は金融庁の「 免許・許可・登録等を受けている業者一覧」より抜粋しています。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

海外FXのストップレベルについて徹底解説!ゼロの業者はどこ?

blank


ストップレベルゼロの海外FX業者で最もおすすめなのがAxioryです。

2位 XM

blank


日本国内で一番人気のXMはかつてストップレベルが非常に広く、スキャルピングトレーダーにとっては使いづらい海外FX業者でした。

しかし、 2021年8月にストップレベルがゼロになり 、ストップレベルゼロの海外FX業者群に仲間入りを果たしました。

3位 Exness(エクスネス)

blank


Exnessは一時期日本から撤退していましたが、2020年にサービスを再開しています。そんなExnessはストップレベルゼロ業者のおすすめランキング3位です。

4位 Tradeview

5位 スキャルピングについて徹底解説 TitanFX

6位 Big Boss

取得ライセンスはセントビンセント・グレナディーン金融庁のSVG FSA というマイナーなものです。

7位 TradersTrust

海外FXでのストップレベルの調べ方

PCでストップレベルを確認する方法

1.MT4/MT5の気配値表示からストップレベルを確認したい通貨ペアを右クリック。

2.仕様をクリック

3.以下の画面にストップレベルが表示されています

スイングトレードとは?銘柄の選び方や成功のコツを解説!

スイングトレードとは?メリット・デメリットや重視すべき5つの指標をご紹介

性別:女性
年齢:40代
職業:アルバイト・パート

私が始めた当初は、まだ窓口や電話が主流の時代でした。迅速な取引き、手数料を減らしたく松井証券で開設をしました。現在はアプリからの取引きを主にしていますが、実にシンプルなアプリで、兎に角迅速な取引きをしたい方にお勧めです。簡単に銘柄登録もでき、複数気配やチャートの画面からすぐ取引き画面に移れるので、スピーディーです。株主優待などの情報はアプリから見た事がないので、他で情報を得る必要があると思います。

マネックス証券

マネックス証券

マネックス証券は5万円超10万円以下の取引において、手数料が税込99円と手数料が比較的安い証券会社です。また、取引時にさまざまな注文方法を選択できるため、より効率的なスイングトレードを実現できます

トレーディングツール「マネックストレーダー」が非常に高機能であることも強みの一つです。リアルタイムでチャートや株価を確認でき、ランキング機能などと併用することで、取引タイミングを見逃さず投資ができます。スイングトレードにおいて、大きな戦力となる「マルチチャートビューア」機能など、利用価値のある便利な機能が詰まっています。

性別:男性
年齢:40代
職業:正社員

手数料なども魅力でしたが、一番は銘柄スカウターがとても便利でした。ほかの証券会社でも銘柄の売り上げや決算などを見るとこができますが、銘柄スカウターはファンダを調べるうえで、とても便利です。特に決算の売り上げや利益、資産や今後の予想、アナリスト予想などがとても見やすくデザインされているので、初心者でも調べやすく、今ではほかのツールは使えません。これだけでも口座開設するメリットがあります。

auカブコム証券

スイングトレードとは?メリット・デメリットや重視すべき5つの指標をご紹介

auカブコム証券もネット証券大手の一つです。「ワンショット手数料コース」と「1日定額手数料コース」の2つのコースが用意されていて、投資スタイルに合わせてよりお得な手数料で取引できます。どちらにしても手数料は業界最安値です。

トレーディングツール「kabuステーション」では、株価やチャート、ニュースなどを確認でき、このツールで発注までワンストップでできることも強みです。「カブナビ」というスクリーニングツールもあり、こちらは200を超える条件から詳細に銘柄を絞っていくことができます。

他にもさまざまなツールが用意されているので、ツールを活用してより良いスイングトレードを実現したい方は検討してみてはいかがでしょうか。

手数料(税込)少額投資こんな人におすすめ
楽天証券プランによって
100万円まで無料
×楽天ポイントも使いたい
SBI証券プランによって
100万円まで無料
投資信託や金などへの投資も考えたい
松井証券50万円まで無料×充実したサポート体制の下で投資したい
マネックス証券10万円ま99円少額取引から開始したい
auカブコム証券10万円まで99円豊富なツールを使いたい

スイングトレードは初心者・時間がない人におすすめ

スイングトレードが初心者にもおすすめできるポイントを以下にまとめます。

初心者にもおすすめできるポイント

  • 画面に張り付く必要がない
  • スキャルピングについて徹底解説
  • 総合的に見て利益を出しやすい
  • 安心感がある

スイングトレードでは、数日から数週間程度ポジションを保有するので、デイトレードのような短期取引と異なり、常にチャートを監視しておく必要がありません。常にチャートを監視して、取引タイミングを見定める行為は精神的なストレスとなることもあります。また、仕事などで忙しい場合にも、スイングトレードであれば時間の確保がしやすいので、他の投資に比べてスタートしやすい投資と言えます。

さらに、デイトレードなどの短期取引に比べて、トレンドが掴みやすいので、利益を出しやすいのも特徴です。短期トレードになるほど、チャートを監視していないと値動きを掴みにくく、複雑なテクニカル分析などの知識も必要になります。そういった意味で参入障壁が低いことも、初心者や時間がない人におすすめできるポイントと言えるでしょう。

また、短期取引はベテランのトレーダーでも失敗することがあります。長くポジションを保有するスイングトレードの方が、安心して取り組むことのできる手法と言えます

スイングトレードの始め方

利益をより意識するなら手数料の安さを重視し、本格的に取引するならツールの使い勝手も重要です。また、不明点が出た際に、メールやチャット、コールセンターなどに相談できるのかも重要でしょう

口座開設後は、実際に取引を開始することになりますが、デイトレードなど他の取引手法も試してみることもおすすめです。スイングトレードのメリットをより掴みやすくなり、より良いトレードができるようになります。資金に余裕がある場合には、他の手法にも取り組んでみてください。1つの口座でさまざまな金融商品を扱える証券会社であれば、その幅も広がります

いずれの場合も口座開設の目的を先に明確にすることが重要です。そもそも投資を開始するのはなぜなのか、証券会社を選ぶ際に明確にするようにしましょう

スイングトレードについてよくあるQ&A

スイングトレードとは? スイングトレードとは、株式取引の中でも2〜3日から数週間の短い期間で売買を進める手法です。中長期的に運用するのではなく、短期的な視点を持って利益が出た時に必ず株式を売却して利確します。企業業績や市場全体の動向などを分析する必要はあまりなく、テクニカル指標やチャートなどが重視されます。

スイングトレードのメリット

  • 画面に張り付く必要がない
  • 中長期的な投資方法よりも成果が出るのが早い
  • 株価の変動がなくても利益を出しやすい
  • 少ない資金で大きな利益を出しやすい/li>
  • 資金効率が良い

スイングトレードのデメリット

  • 時間外に株価の変動がある
  • 損切りが難しい
  • 手数料コストが高い

銘柄を選ぶポイント

  • 流動性の高い銘柄を選ぶ
  • 投資スタイルに合わせて銘柄を選ぶ
  • 銘柄数は3〜5つに絞る
  • 上昇トレンドを見て銘柄を選ぶ

スイングトレードの始め方は? スイングトレードを始めるにはまず証券会社で口座を開きます。手数料の安さやツール・アプリの使い勝手、サポート体制など、さまざまな要素から選定していくのがおすすめです。 利益をより意識するなら手数料の安さを重視し、本格的に取引するならツールの使い勝手も重要です。また、不明点が出た際に、電話やメール、チャットなどで相談できるのかも重要でしょう

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる