ビットコインの始め方

ETFの基本

ETFの基本
ETFの中には外貨で運用する銘柄もあります。その場合、為替変動リスクにも注意が必要です。為替ヘッジ(為替変動リスクの軽減)をすることによって、為替変動リスクは大幅に軽減されます。しかし、円資産から外国資産へ投資する場合、現時点ではヘッジコストのようなコストがかかります。外貨で運用するETFの場合、将来的な為替レートが確定していないため、為替変動リスクが発生します。そのようなリスクを軽減させる方法が為替ヘッジです。為替ヘッジとは、為替予約取引を利用して為替変動リスクを低減させる仕組みです。
為替ヘッジなしの場合と為替ヘッジありの場合、どちらを選ぶのがよいかということは一概には言えません。為替変動の影響を受け、比較的大きい価格変動を受け入れることができる人や、通貨分散をしたい人は、為替ヘッジなしを選ぶことをおすすめします。
為替変動の影響を可能な限り軽減し、リスクを抑えて、投資対象資産の値動きにおけるリスクのみで運用したいような人には為替ヘッジありがおすすめです。

ETFの基本

※1 現地委託手数料は現地業者に支払う手数料で国・取引所・業者によって異なります。
また、各種現地費用についても国・取引所・業者によって異なります。

ETFの基本 ETFの基本
売買金額(円換算) 基本手数料(消費税込) 基本手数料(消費税抜)
〜100万円以下 円換算売買金額の 1.2100% 円換算売買金額の 1.10%
100万円超〜300万円以下 円換算売買金額の 0.9900%+2,200円 円換算売買金額の 0.90%+2,000円
300万円超〜500万円以下 円換算売買金額の 0.8800%+5,500円 円換算売買金額の 0.80%+5,000円
500万円超〜1,000万円以下 円換算売買金額の 0.7700%+11,000円 円換算売買金額の 0.70%+10,000円
1,000万円超〜3,000万円以下 円換算売買金額の 0.6600%+22,000円 円換算売買金額の 0.60%+20,000円
3,000万円超〜5,000万円以下 円換算売買金額の 0.5500%+55,000円 円換算売買金額の 0.50%+50,000円
5,000万円超〜1億円以下 円換算売買金額の 0.4400%+110,000円 円換算売買金額の 0.40%+100,000円
1億円超 円換算売買金額の 0.3300%+220,000円 円換算売買金額の 0.30%+200,000円

① 換金(解約)手数料・・・上限1.1% ② 信託財産留保額・・・上限0.5% ※外国投資信託の売買時、分配時、償還時の為替レートは、外国為替市場の動向をふまえて当社が決定いたします。

① 信託報酬・・・上限2.288%(税込み)程度 ② その他の費用・手数料 監査費用、有価証券等の売買にかかる手数料等、その他のファンドの運営・管理に関する費用・手数料等をご負担いただく場合がございますが、これらの費用・手数料等は、事前に計算が出来ないため、その総額・計算方法を記載しておりません。 ※当該手数料等の合計額については、保有期間等に応じて異なりますので、表示することはできません。

他社への振替

基本手数料(消費税込) 基本手数料(消費税抜)
保管振替制度を利用した振替 1銘柄 1単元以下 1,100円
(1単元を増す毎に1,100円
上限11,000円)
1銘柄 1単元以下 1,000円
(1単元を増す毎に1,000円
上限10,000円)
当社預り債券・外国証券及び
受益証券の振替
1銘柄 1,100円 1銘柄 1,000円

手数料算出方法

金融商品等にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格等の変動等による損失が生じるおそれがあります。
手数料等およびリスクは、商品等ごとに異なりますので、契約締結前交付書面や上場有価証券等書面または目論見書等をよくお読みください。

2020年に東証上場外国株ETF・外国債券ETFに適用された「二重課税調整」とは


2020年1月の税制改正によって、ETFなどを通じて外国株式などへの投資から得た分配金に対して「二重課税調整制度」が導入されることになった。この制度は、個人投資家にとってメリットがあるという。

自動で二重課税が調整される制度

ここ数年で盛り上がりを見せている外国株投資

恩恵を受けやすくなったのは「各種控除を受けている人」

「税制改正に合わせて、より投資しやすい東証上場ETFが出てきています。例えば、S&P500に連動するものであれば、『iシェアーズ S&P 500 米国株 ETF(1655)』(※)『MAXIS米国株式(S&P500)上場投信(2558)』『NEXT FUNDS S&P 500 指数(為替ヘッジなし)連動型上場投信(2633)』は、信託報酬0.1%以下なので、投資しやすいですよね。NASDAQに連動するETF『MAXISナスダック100上場投信(2631)』は信託報酬が0.22%(税込)ですが、同様の公募投信だと信託報酬が最低レベルで0.4%台なので、ETFの方が魅力的だといえます」

※iシェアーズ S&P ETFの基本 500 米国株 ETF(1655)は2022年6月22日以降は年0.165%(税抜0.15%)程度となる予定

・当記事は、信頼できると考えられえる情報に基づいて作成していますが、内容の正確性や完全性を保証するものではありません。
・当記事は、2021年9月末現在施行されている法令および施行が確定している法令に基づき作成しておりますが、今後の税制改正等により、内容が変わることがあります。
・具体的な税務上の取扱い等につきましては、税理士や税務署等にご相談ください。

関連リンク

たぱぞう
米国株ブロガー。2000年に投資を始め、2010年以降は米国株投資を中心に行う。2016年から自らの投資観をブログに書き始め、現在は月間平均100万PVを記録している。2017年から某投資顧問業でアドバイザーを務め、メディアの出演も多数。著書に『最速で資産1億円! たぱぞう式 米国個別株投資』『経済的自由をこの手に! 米国株で始める 100万円からのセミリタイア投資術』など。

ETF(上場投資信託)とは

ETFは投資信託でありながら、取引所に上場していることから、投資信託と株式の特徴を併せもっています。

図表2:世界のETF市場の純資産残高推移

図表2:世界のETF市場の純資産残高推移

ETFの主な特徴

代表的な4つの特徴

① 多様性:投資対象はさまざま

  • ETFを通じて投資できる投資対象は株のみならず、債券・不動産・コモディティ・テーマ型など、多種多様。従来投資が難しかった投資対象にも証券取引所を通じて投資することができます。

図表3:ETFで投資できる投資対象のイメージ図

② コスト効率:低くおさえられた保有コスト

  • ETFの経費率は一般的に低くおさえられており、コスト効率が高い投資ツールであるといえます。
  • 経費率は長期的に見るとファンドのパフォーマンスに大きな影響を与えます。

図表4:経費率がパフォーマンスに与える影響

  • 経費率:ファンドに対して継続的にかかる運営経費の合計額をファンドの純資産総額に対する率で表したもの。
  • 上図は各経費率の場合のパフォーマンスの相違を示しています。上記はイメージ図であり、実際の運用成果等を予測あるいは保証するものではありません。各ETFの実質的な経費率については、各ファンド・ページや目論見書等にてご確認ください。

③ 透明性:値動きや保有銘柄が把握しやすい

  • 投資家は、ウェブサイト等でいつもETFの構成銘柄やそのウェイトを確認することができます。
  • 証券取引所に上場しているため、現時点での市場価格を常に把握できます。
  • 主にインデックスの動きに連動するように運用されているため、値動きの把握がしやすいといえます。(iシェアーズETFの価格や保有状況は各ファンドのページでご確認いただけます)

④ 柔軟性:株のように機動的な売買ができる

  • ETFは証券取引所に上場しているので、市場が開いている時間はいつでも取引ができます。
  • ETFの基本
  • 株式と同様、指値注文や成り行き注文など、柔軟な取引ができます。
  • 日中を通じ、連続的に価格がつき、リアルタイムで売買が可能です。

ETFとインデックス運用

インデックスとは

市場・資産クラスの分類 ※ 分類例 ※ 指数の例
市場型指数
大型・中型・小型などの規模別指数
日本株 日経平均価格、TOPIX など
米型・大型株 S&P 500 など
米型・小型株 ラッセル2000インデックス など
グローバル指数・地域別・国別指数 先進国・新興国株 MSCI ACWI(オール・カントリー・ワールド・インデックス)など
日本を除く先進国株 MSCI KOKUSAI(コクサイ)など
中南米株 S&P ラテン・アメリカ指数 など
マレーシア株 MSCI マレーシア・インデックス など
グローバル/国別セクター別指数 グローバル・一般消費財 S&Pグローバル1200一般消費セクター指数 など
ETFの基本
テーマ別(スペシャリティ)指数 米国・高配当株 モーニングスター配当フォーカス指数 など
米国・リート/不動産 ダウ・ジョーンズ米国不動産指数 など
テーマ・バイオテクノロジー NASDAQバイオテクノロジー・インデックス など
債券指数 米国・総合 ブルームバーグ米国総合債券インデックス など
米国・ハイイールド債 Markit iBoxx 米ドル建てリキッド・ハイイールド指数 など
新興国・国債 J.P.モルガン EMBI グローバル・コア・インデックス など
ETFの基本
コモディティ指数 コモディティ総合 S&P GSCI トータル・リターン指数 など
ロンドン午後金値決め など

インデックス運用について

  1. ファンド保有中にかかるコスト(信託報酬など)が通常のアクティブ運用の商品に比べて低い傾向がある
  2. 指数の動きに連動するよう運用されるため、値動きやパフォーマンスが把握しやすいなど

国内上場と海外上場

ETFの基本 ETFの基本
国内上場ETF 海外上場ETF
上場している取引所 国内の証券取引所 (東京証券取引所など) 海外の証券取引所 (ニューヨーク証券取引所や香港証券取引所など)
取引通貨 円建て 外貨建て
主な投資対象 従来は国内株式を投資対象とするETFが多かったが、外国債券、コモディティなどを投資対象とするETFも増加してきている 外国株式、外国債権、リート、コモディティなどさまざまな投資対象のETFがある
取扱い金融商品取引業者 全国の証券会社 国内の一部の証券会社 ※
信用取引空売り 可能可能でないケースが多い ※

よくあるご質問

ETFについて

  • ETF(上場投資信託)とは何ですか?

【iシェアーズETFに関して】
iシェアーズETFの記載は、ブラックロック・インク、ブラックロック・ジャパン株式会社を含むそのグループ会社(以下、「ブラックロック」といいます。)が設定・運用等を行う国内上場投信および外国籍ETFであるiシェアーズETFに関する情報を含む投資情報の提供を目的として作成されたものです。本ウェブサイトは、本邦での募集の取扱等に係る金融庁への届出等がされていない海外ファンド等について投資の勧誘等を目的とするものではありません。

「ご投資にかかる手数料等およびリスクについてのご留意いただきたい事項」
本サイトでご紹介するiシェアーズETFにご投資いただく際には、取扱い金融商品取引業者(証券会社等)の定める手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。iシェアーズETFは、連動する指数等の変動により、投資元本を割り込むおそれがあります。なお、iシェアーズETFへ投資をされる場合は、取扱い金融商品取引業者へお問合せいただき、上場有価証券等書面を予め十分にお読みいただき、投資にかかる手数料等およびリスクについてご確認の上、ご自身の判断でなさるようお願い致します。
iシェアーズETFを取引する際に、投資家の皆様が負担する主な費用には下記のものがあります。

[売買時の手数料]
iシェアーズETFを売買する際の手数料は取扱い金融商品取引業者によって定められます。詳しくは取扱い金融商品取引業者までお問い合わせください。また、海外上場のiシェアーズETFの場合には、売買時の手数料の他に、為替の取引や外国金融商品市場等における費用等が別途発生することがあり、これらの費用等はお客様の負担となります。

[保有時の費用]iシェアーズETFの保有期間中は運用管理費用等を間接的にご負担いただきます。保有時の費用の率(総経費率)は個別のETF毎によって異なり、また運用状況や保有期間等に応じて異なることからその上限額を示すことはできません。個別のETFの情報については本ウェブサイトの各ファンドページにてご確認いただけます。

ETFの売買ってどうやればいい?ETFの買い方・売り方まで分かりやすく解説!

上場投資信託であるETFは、株式と同じように取引所に上場しているため、証券取引所が開いていればリアルタイムで売買が可能です。その際は、リアルタイムに変動する取引所価格で取引が行われます。
ETFには価格が2種類あり、「市場価格」と「基準価格」の2つです。この2つの価格については、後述しています。
ETFも株と同じように、証券会社に口座を開設していれば、原則として全国にあるどの証券会社からでも購入可能です。

流動性には注意が必要

【この記事もおすすめ】株式投資の基本とは?まずは仕組みを知ろう!

ETFの選び方、売買タイミングの計り方

連動するインデックスについてよく調べる

株取引と同じくチャート分析も大切

注文・取引の方法、手順

注文の方法

取引の方法

信用取引とは、投資家が補償金を担保として、証券会社から資金を借りたり株を借りたりして売買する取引です。信用取引には、「信用買い」と「信用売り」の2つの取引方法がある。信用買いとは、株式を購入する際にお金を借りて購入する方法。信用売りとは、証券会社から借りた株券を売却する方法。

信用売りでは、証券会社から株式を借りて、その株式を売ることができます。株価が下がりそうな銘柄を信用売りして、実際に株価が下がったときに買戻し、差額分が自分の利益ということです。信用売りをしたあとに株価が下がった場合でなければ成り立たないため、信用売りをしたあとに株価が上がった場合は損失が発生します。

信用取引とは、投資家が補償金を担保として、証券会社から資金を借りたり株を借りたりして売買する取引です。信用取引には、「信用買い」と「信用売り」の2つの取引方法がある。信用買いとは、株式を購入する際にお金を借りて購入する方法。信用売りとは、証券会社から借りた株券を売却する方法。

ETFを買うとき・持っているときのポイント

買うとき・持っているときのコスト

取引高に応じた手数料

保有高に応じた信託報酬

分配金にかかる税金

価格が2つある

ETFの取引をする際には、流通市場における取引価格である市場価格(取引所価格)と、発行市場における取引価格の基準となる基準価格が関係します。
市場価格とは、一般的な株取引と同じように、ETFを取引所で売買する際の価格です。リアルタイムで需給が反映されるため、常に価格も変化しています。
基準価格とは、ETFに組み込まれている有価証券における時価評価に、株式の配当金や債券での利息など、ほかの収入を合わせた総資産額が関係します。総資産額からETFを運用するために必要な費用を差し引いて割り出された金額を、総口数で割ることで一口あたりの価格が決まるためです。基準価格が公表される時間帯は20時頃で、1日1回、保有している資産などの市場の終値から算出されます。

売買単位に注意

円建て・外貨建て、ヘッジ有無

為替の変動の要因

ETFの中には外貨で運用する銘柄もあります。その場合、為替変動リスクにも注意が必要です。為替ヘッジ(為替変動リスクの軽減)をすることによって、為替変動リスクは大幅に軽減されます。しかし、円資産から外国資産へ投資する場合、現時点ではヘッジコストのようなコストがかかります。外貨で運用するETFの場合、将来的な為替レートが確定していないため、為替変動リスクが発生します。そのようなリスクを軽減させる方法が為替ヘッジです。為替ヘッジとは、為替予約取引を利用して為替変動リスクを低減させる仕組みです。
為替ヘッジなしの場合と為替ヘッジありの場合、どちらを選ぶのがよいかということは一概には言えません。為替変動の影響を受け、比較的大きい価格変動を受け入れることができる人や、通貨分散をしたい人は、為替ヘッジなしを選ぶことをおすすめします。
為替変動の影響を可能な限り軽減し、リスクを抑えて、投資対象資産の値動きにおけるリスクのみで運用したいような人には為替ヘッジありがおすすめです。

ETFと投資信託どっちを選ぶべき?違いやETFのメリット・デメリット、リスクについて解説

ETFのデメリットは、売買できるのは証券会社に限られ、一般的な投資信託のように銀行では取り扱われていないこと、積立投資ができにくいことです。積立投資ができる銘柄はあるものの、その銘柄数は十銘柄前後にすぎません。また積立投資ができる証券会社も数社に限られているため、積立投資ができる証券会社に口座を開設する必要があります。また、売買できる株価指数の銘柄は一般の投資信託と比較すると限られており、銘柄によっては売買金額が少ないために買いたいときに買えない、売りたいときに売れないという流動性リスクがある銘柄もあります。

年に1回または複数回ある決算期に分配金が支払われますが、分配金を投資元本に加え再投資することで得られる「複利効果」を、一般の投資信託のように自動的に得ることはできません。なお、商品価格などに連動する一部の銘柄には分配金が支払われないものもあります。

わかる選べるNISA投資 わかる選べるNISA投資

02 ETFと投資信託、株式投資の違い

ETF 投資信託 株式
上場の有無 上場 非上場 上場
購入金融機関 証券会社 証券会社や銀行など 証券会社
売買価格 その時々の時価 1日に一つの基準価額 その時々の時価
注文方法 成り行き・指値注文 基準価額がわからない状況で購入・換金の申込みを出す(ブラインド方式) 成り行き・指値注文
売買手数料 証券会社ごとに売買手数料は異なる 投資信託ごと、取扱い金融機関ごとに異なる。 証券会社ごとに売買手数料は異なる
保有時の手数料 投資信託より運用管理費用(信託報酬)は低い ETFより運用管理費用(信託報酬)は高い 保有時に手数料はかからない

上場しているかどうかの違い

売買の注文は、その時々の時価で買ったり、売ったりできる「成り行き注文」と、一定の価格以下でETFを買いたい、あるいは一定の価格以上で売りたいという「指値(さしね)注文」があります。どちらの注文方法を利用するかは投資家が選べますが、指値注文では自分が指定した価格以下(以上)にならないと売買が成立しません。

ETF 投資信託
投資信託(インデックス型 投資信託(アクティブ型)
購入時手数料 かかる かかるものがある かかるものがある
売却時手数料 かかる 不要 不要
運用管理費用(信託報酬) かかるが投資信託と比べると低い かかるがアクティブ型に比べると低い かかる
信託財産留保額 不要 かかるものがある かかるものがある

わかる選べるNISA投資 わかる選べるNISA投資 ETFの基本

03 ETFはこんな人におすすめ

わかる選べるNISA投資 わかる選べるNISA投資

04 投資信託はこんな人におすすめ

時間分散を活用して積立投資を行うなら投資信託のほうが選択肢は多くなります。ETFは限られた銘柄を限られた証券会社でしか積立投資を行うことができないからです。
また、ETFで投資できる市場、国・地域などは投資信託と比べて限られています。ETFがカバーしていない市場や国・地域に投資するなら投資信託を活用することになります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる