FX取引データ

暗号資産を一目均衡表で分析しよう

暗号資産を一目均衡表で分析しよう
fa-volume-up 今だけ!お得なキャンペーン情報

必見!初歩のテクニカル分析ガイド

ローソク足は、始値・高値・安値・終値の四本で構成され、相場の方向性・転換点・力強さの程度を知る手掛かりとなります。始値に対して終値が高い物を「陽線」、始値に対して終値が安い物を「陰線」と呼びます。
上昇相場では陽線が多くなり、下降相場では陰線が多くなります。陽線、陰線は罫線とも呼ばれ、価格の足どりを見る上で欠かせないツールと言えます。ローソク足の上についた線を「上ヒゲ」、下についた線を「下ヒゲ」といいます。
また、ヒゲのついていないローソク足を「丸坊主」と呼び、ヒゲを伴う線の、実体の別や長さでも大まかな強さのニュアンスをみることができます。

Step3 トレンドライン

トレンドラインの引き方

チャンネル

Step4 サポート(支持線)&レジスタンス(抵抗線)

レジスタンス

トレンド転換のシグナル

上昇トレンドの転換 上昇トレンドにおいては、価格はレジスタンス・レベルで一時的に下がった後、通常は、再度そのレベルを超えて上昇します。 前回の高値を抜けなかった場合はトレンド転換のシグナルと見ることができます。

Step5 暗号資産を一目均衡表で分析しよう 移動平均線

グランビルの法則

  • 1 . 平均線が長期下落ないし横ばいの後、上昇に転じた場合は買いの第一段。
  • 2 . 上昇中の平均線を価格が下回っても、平均線の上昇基調に変化がないと思われる時は押し目買い。
  • 3 . 価格が足踏みののち、上昇中の平均線とクロスしないで再騰し始めたときは買い乗せ。
  • 4 . 平均線が下降中でも価格が異常にかけ離れて下落した場合は、自律反騰の公算大。
  • 5 . 平均線が長期上昇ののち、横ばいかあるいは低落し始める場合は買い手仕舞いの第一段。
  • 暗号資産を一目均衡表で分析しよう
  • 6 . 下降中の平均線を価格が上回っても、平均線の下降を食い止められないと思われる時は戻り売り。
  • 7 . 価格が保ち合いののち、下降中の平均線とクロスするまでに至らずに、再下落した場合は売り乗せ。
  • 8 . 平均線が上昇中でも価格が異常にかけ離れて上昇した場合は、自律反落の公算大。要するに、株式にはトレンドと修正リズム、つまり趨勢としての方向と、時には価格行き過ぎの修正運動があり、それを移動平均線の動きを軸として分析し、売買のタイミングを捉えようとするものです。

ゴールデンクロス/デッドクロス

移動平均線の種類

加重移動平均線 昨日と今日の終値を比べ、今日の終値にウェート置くように計算して出したもの。
移動平均の先端がより値動きに素早く反応すると考えられます。

指数平滑移動平均線 一定期間の平均を求めるのではなく、過去全ての価格が計算対象。
単独で使うことはなく、他の指標の基礎データとして使われることが多い。

変位移動平均線 暗号資産を一目均衡表で分析しよう 単純移動平均を先行させたもの。
交差までに時間を要するのでその分ダマシのシグナルが少なくなります。

Step6 MACD(Moving Average Convergence/Divergence Trading Method)

MACD構成

  • 短期指数平滑移動平均線
  • 長期指数平滑移動平均線
  • MACD=(短期指数平滑移動平均線)-(長期指数平滑移動平均線)
  • Signal=MACDの移動平均線

通常は 短期 12日、長期 26日、Signal 暗号資産を一目均衡表で分析しよう 9日 で計算されることが多い。

MACDの見方

  • MACDがSignal(MACD平均線)を下から上に抜いたら買い
  • MACDがSignal(MACD平均線)を上から下に抜いたら売り
  • 買いシグナル発生後→MACD、Signalとも0ラインを上回ればシグナルの有効性追認
  • 暗号資産を一目均衡表で分析しよう
  • 売りシグナル発生後→MACD、Signalとも0ラインを下回ればシグナルの有効性追認

3.MACDとシグナルとの差(乖離)が最大となった場合も絶好の売買タイミング 以前に反転した位置がその後の反転ポイントの目安。0ラインの前後での反転も多い。
価格の動きと照らし合わせても、トレンド転換の予兆を察知できます。

4.ダイバージェンス(逆行)による反騰・下落の示唆 上昇の示唆 価格は下落中だが、MACDは上昇、又はMACDラインのボトムが切り上がっている。 下落の示唆 価格は上昇中だが、MACDは下落、又はMACDラインのトップが切り下がっている。

  • 上昇トレンド入り→価格が上昇に向かう、MACDも上昇に向かう。
  • 下降トレンド入り→価格が下落に向かう、MACDも下落に向かう。

Step7 RSI (相対力指数・Relative Strength Index)

MRSI(相対力指数・Relative Strength Index)は価格の上昇・下落に変動した値幅を考慮したうえで計算したものです。通常、過去14日間のデータをもとに計算されることが多い。

計算式は以下のような式
RSI = 過去14日間の上昇幅の合計 ÷ 過去14日間の値幅の合計 × 100%

RSIの一般的見方

  • 70%を超えると買われ過ぎ
  • 30%を下回ると売られ過ぎ

RSIの弱点

価格が上昇&RSI下降 → 上昇力は弱い 上昇相場でRSI(70%以上)の山が直前の山を越えられないで、その後、直前の谷を割りこんだ場合は売りシグナル

価格が下落&RSI上昇 → 下落は弱い 下降相場でRSI(30%以下)が直前の谷を割り込まないで、直前の山を越えた場合は買いシグナル

Step8 エリオット波動分析

エリオット波動の構成

第1波:上昇 →第2波:下降 →第3波:上昇 →第4波:下降 →第5波:上昇
a波:下降 →b波:戻し →c波:下降
以上8つの波(5つが上昇、3つが下降)を1サイクルとしている。

エクステンション(延長波) エリオット波動の理想的な上昇トレンドは5つの波から構成されます。
そのうちの一つの推進波(第1波、第3波、第5波)がさらに5つの波に分かれて拡張する様相をエクステンション(拡張、延長)といいます。
エクステンションが起きるのは珍しいことではなく、大多数の波は3つの推進波のうちのどれかにエクステンションが発生します。 第1波がエクステンションを起こすことは珍しいが、第3波のエクステンションは株式市場で、商品市場では第5波のエクステンションがよく見られます。エリオットの波動には、エクステンション以外にも、ダイアゴナル・トライアングル(斜め三角形)やフェイラー(未達成)といった他の変形波もあります。 暗号資産を一目均衡表で分析しよう
エクステンションを伴う推進波は第1波、第3波、第5波のうち一つの推進波だけです。よって第3波がエクステンションしたら、第5波のエクステンションはなく、第5波は第1波と類似したものになり第1波と第3波にエクステンションがなければ、第5波はエクステンションしやすいと予想できます。

様々なエクステンションのパターン 第5波がエクステンションした場合、2回復帰(ダブル・リトレイスメント)が起きる。
第5波のエクステンション完了後、

  • 1 . まず3つの調整波によりエクステンションの開始時点まで下降が起こる
  • 2 . 次にエクステンションが終わった水準までの戻しが起こる
  • 3 . その先、上昇トレンドに戻るかあるいはトップを形成するのかは、長期サイクルにおける現在の価格の位置による。

Step9 フィボナッチ級数(数列)とエリオット波動

フィボナッチ級数の構成

  • 1 . 連続する2つの数の和はその上位の数(上記の2つの連続する数字の合計)は、次の数に一致する。
    〈例〉1+1=2、 1+2=3、 2+3=5、 3+5=8、 5+8=13、・・・という具合です。
  • 2 . どの数もその下位の数に対しては1.618倍
    (フィボナッチ数列の数値を1つ前の数値で割ると、1.618という数値になる)。
    ※ 数値が大きくなればなるほど、1.618に近づく。
    〈例〉13÷8=1.暗号資産を一目均衡表で分析しよう 625、 21÷13=1.615、 55÷34=1.6176、 144÷89=1.6179
  • 3 . どの数もその上位の数に対しては0.618倍
    (1つ後の数値で割ると、0.618という数値になる)
    ※ 数値が大きくなればなるほど、0.618に近づく。
    〈例〉8÷13=0.6153、 13÷21=0.6190、 34÷55=0.6181、 89÷144=0.暗号資産を一目均衡表で分析しよう 6180
  • 4 . どの数も2つ下位の数に対しては2.618倍
    (フィボナッチの系列の数値を2つ前の数値で割ると、2.618という数値になる)。
    〈例〉34÷13=2.6153、 55÷21=2.6190、 89÷34=2.6176、 144÷55=2.6181
  • 5 . どの数も2つ上位の数に対しては0.382倍
    (2つ後の数値で割ると、0.382という数値になる)。
    〈例〉34÷89=0.3820、 21÷55=0.3818、 34÷89=0.3820、 55÷144=0.3819
  • 6 . 0.618を2乗すると0.382、1.618を2乗すると2.618となる。
    1.618や0.618、0.382といった数値は、黄金分割とか黄金比率、平均律と呼ばれた数値です。その比率はピラミッドや古代ギリシャのパルティノン神殿の建築様式にも使用されています。
    この比率は、エリオット波動理論では目標値を定めるのに欠かせない数値です。日本でも昔から2/3戻し(0.618=61.8%)1/3戻し(0.382=38.2%)といった様に使用されています。
    その他に重要な数値は、1÷2(0.5=50%)、1÷1(1.00=100%)。これらの数値は、重要なサポートやレジスタンスとなります。

第一種・第二種金融商品取引業(関東財務局長(金商)第236号)、商品先物取引業(店頭商品デリバティブ取引)
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本商品先物取引協会、日本投資者保護基金
一般社団法人日本暗号資産ビジネス協会 会員 会員番号1033

あい証券株式会社
第一種・第二種金融商品取引業(関東財務局長(金商)第236号)、商品先物取引業(店頭商品デリバティブ取引)
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本商品先物取引協会、日本投資者保護基金
一般社団法人日本暗号資産ビジネス協会 会員 会員番号1033

FXのおすすめアプリ5選!アプリの選び方&取引の管理方法も解説

FXのおすすめアプリ5選!アプリの選び方&取引の管理方法も解説

DMM FXキャンペーン情報

fa-volume-up 今だけ!お得なキャンペーン情報

  • 新規口座開設+取引で最大200,000円キャッシュバック ※1
  • CHF/JPY、NZD/JPY、CAD/JPYスプレッド縮小キャンペーン ※2

※1 修了期間未定/2021年2月1日以降に口座開設が完了した方 暗号資産を一目均衡表で分析しよう 3か月以内に指定の新規取引数量を満たした方に最大で『200,000円』をキャッシュバック!

※2 期間:2022年3月1日(火)7時00分 暗号資産を一目均衡表で分析しよう ~ 2022年6月1日(水)5時59分まで

GMOクリックFXneo

GMOクリックネオ

複数チャートで取引したいなら、GMOクリックFXneoがおすすめです。GMOクリックFXneoでは、 チャートを縦でも横でも4分割して取引できます。

GMOクリック証券 キャンペーン情報

    暗号資産を一目均衡表で分析しよう
  • はじめてのFX口座開設+お取引で最大30万円キャッシュバック! ※1

LINE FX

手軽に取引したいなら、LINE FXがおすすめです。LINE FXは、名前の通り普段使っているLINEアプリから取引できます。

そしてなんといっても、 LINEアプリで経済指標やレートの変動をお知らせしてくれるのが嬉しいポイントですね。

LINE FXのキャンペーン情報

外貨ネクストネオ

アプリからしっかり情報収集したいなら、外貨ネクストネオがおすすめです。アプリ内では、 フィスコやロイターといった大手情報誌のニュースが掲載されており、ファンダメンタル分析がはかどります。

暗号資産を一目均衡表で分析しよう

外為どっとコムキャンペーン情報

  • 新規口座開設+1万通貨の取引を1回で2,000円キャッシュバック!さらに取引量に応じて最大30万円キャッシュバックキャンペーン実施中! ※1
  • 新スマホアプリ限定キャンペーン、取引数量に応じて最大100万円キャッシュバック ※2
  • 暗号資産を一目均衡表で分析しよう
  • 過去平均値の30%上乗せで、業界最高水準のスワップポイントを提供キャンペーン ※3
  • 高金利通貨のお取引で最大 100万相当 のFXポイントをプレゼント! ※4

MATSUI FX

松井証券FXはスプレッドも狭いため、スキャルピング等の短期取引にも適している と言えるでしょう。

松井証券 MATSUI FX券キャンペーン情報

  • 対象者全員に取引数量に応じて最大50万円キャッシュバックキャンペーン中!さらにキャンペーン期間中に誕生日を迎えた場合キャッシュバック金額が10%アップ! ※1
  • 合計35名に、FXトレーディング環境をサポートする豪華賞品をプレゼン卜 ※2
  • FX取引継続キャンペーン3ヶ月連続の取引で最大10,000ポイントプレゼント! ※3

※2 期間:2022/4/1(金)から2022/6/30(木) 。ドル/円を除く当社が取り扱う19通貨ペア合計の平均保有数量が100万通貨以上の方が対象。Aコース:抽選で5名にゲーミングチェア(AKRacing) ・Bコース:抽選で10名に34インチウルトラワイドディスプレイ(LG)・ Cコース:抽選で20名に高精度ワイヤレスマウス(logicool)

※3 期間 2022年4月1日(金)~2022年4月30日(木) 。エントリー月から3か月連続で100万通貨以上新規建ての取引(ドル円以外の19通貨ペアの合計)を行った方を対象に、新規建数量に応じてポイントプレゼント

FXのアプリを選ぶときの4つのポイント

  • チャートの見やすさ
  • 注文のやりやすさ
  • インジケーターの充実度
  • 通知機能

(1)チャートの見やすさ

タブレットならともかく、スマホは画面が小さいのが欠点です。したがって、 パソコンでの取引環境以上に、チャートの見やすさが重要 だと言えるでしょう。

(2)注文のやりやすさ

ストレスを軽減するためにも、スピード注文に対応しているアプリが良い でしょう。チャートと注文画面を同時表示させられれば、出先であってもじっくりトレードに集中できるはず。

(3)インジケーターの充実度

チャート分析に必須なのが、各種インジケーターです。 暗号資産を一目均衡表で分析しよう 暗号資産を一目均衡表で分析しよう 主に移動平均線やボリンジャーバンドなどが使われていますが、他にもツールがたくさん用意されていると便利 ですね。

BITPoint Weekly Market View(Nov.暗号資産を一目均衡表で分析しよう 05)

■ 出所 BITPoint ETH/円

今回の上昇により、ETHも恩恵を受け始めている。 一目均衡表ベースではチャートに記載した通り、3つの条件を乗り越えられれば、およそ半年ぶりにETHは雲を抜けられるだろう。
チャート左側、◯で囲ったポイントは遅行線がローソク足をクロスする。
中央は基準線と転換線をローソク足の実体が上へ抜けはじめている。
また薄い雲のゾーンに差し掛かっており、28,000円まで差し掛かれば大きく反転となるだろう。先端の雲も捻れるにはもう少々時間がかかりそうだが、何らかのタイミングで価格が上昇すればあっという間に「三役好転」となる。
アドバンスチャートと一目均衡表使い方

先週と同じく、ETHは買い戦略でいきたい。
押し目を狙うとしたら22,500〜23,000円あたりの浅い押し目から狙っていきたい。
ターゲットは25,暗号資産を一目均衡表で分析しよう 000円の雲の下限付近、または強気ならば雲の上限に位置する27,000円あたりだろう。

ビットコインキャッシュ

【BCH/円 価格帯予想 11月5日 ~ 11月11日】
想定レンジ:50,000円 〜 80,000円 暗号資産を一目均衡表で分析しよう
コアレンジ:55,000円 〜 70,000円

■ 出所 BITPoint BCH/円

大きく上昇し、勢いあまって、一気に雲の上限を突き抜けてきた。
前述どおり、大手Binance取引所のBTSの支持があったことが大きい。
BTSが誕生後、チェーンも分岐しbitcoinABCが今後は支持されることになるだろう。ジハン・ウー氏やロジャー・バー氏といった著名人も間違いなくこちらを支持する。来年リリースが予定されているBitmainの新ASICもBTSでしか当初は購入できないような仕組みになるであろうから、上昇の要素は非常に大きいだろう。
BCHは買い戦略堅持でいく。
ただし、今後国内の取引所のBTS取扱いについてはまだまだ未定である。
そういったときにどういったBCHに値動きが影響されるかは定かではない。
目先、今週中から来週14日までにかけての相場目線であることも付け加えておく。

ライトコイン

【LTC/円 価格帯予想 11月5日 ~ 11月11日】
想定レンジ:5,500円 〜 7,000円
コアレンジ:5,800円 〜 6,800円

■ 出所 BITPoint LTC/円

以前、コラムでご紹介したかもしれないが、WEG銀行(ドイツ)の株式を取得したライトコイン財団+トークンペイ社の進展が徐々に出てきているようだ。
スマートペイと分散型取引所の仕組みを取り込み、既存の銀行と共同で開発が進んでいるようで、過去に何度か不自然な出来高があったのはこういった内部情報が漏れて買いに向かっている動きが出ていたのかもしれない。
今回の上昇も比較的大きめに出ているのがLTCである。
まだ三角持ち合いの中で推移だが、この上昇が本物なのか見極めたい。久しぶりにLTCも買いを考慮しはじめる。
上部の雲は薄い。テクニカル形状上、抜けやすい形ではあるだろう。

【XRP/円 価格帯予想 11月5日 ~ 11月11日】
想定レンジ:48円 暗号資産を一目均衡表で分析しよう 〜 70円
コアレンジ:50円 〜 60円

■ 出所 BITPoint XRP/円

BCH同様に、こちらが盛り上がると、交互に動き出す傾向があるのがXRPである。
XRPも好材料を含めて強めに動き出す可能性がある。今週のダークホースとして狙っていきたい。
市場の盛り上がりに敏感であるのがXRPである。こちらは成行き買いで先回りの買いを入れて置きたいところだ。
少し遠目をターゲットに、60円と70円にしたい。
60円に到達が近づけば、先行のスパンはクロスをはじめる。
遅行線はすでに明日にはローソク足実体をクロスして上抜けるであろうから、あとは価格上昇の勢いだけとなる。

ひろぴー

免責事項・注意事項
本相場展望は執筆者の個人的見解であり、株式会社ビットポイントジャパンの公式見解を示すものではありません。また、情報提供を目的としたものであり、ビットコインをはじめとするいかなる商品についても売買の勧誘・推奨を目的としたものではありません。
本相場展望は信頼できると思われる各種データをもとに作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。

【暗号資産取引に関するリスク説明】

暗号資産に関する留意事項

  • 当社が取り扱う暗号資産は、当社自身が資金決済法上の定義に該当することを確認したものにすぎません。
  • 金融庁・財務局が、これらの暗号資産の価値を保証したり、推奨するものではありません。
  • 暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か金融庁・財務局のホームページで確認してください。
    暗号資産交換業者登録一覧
  • 暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。
  • 暗号資産の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

《暗号資産を利用する際の一般的な注意点》

  • 暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落したり、突然無価値になってしまうなど、損をする可能性があります。
  • 暗号資産は移転記録の仕組みの破綻等により、その価値が失われる場合があります。
  • 秘密鍵やパスワードを失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値が失われる可能性があります。
  • 当社が倒産した場合には、預託された金銭及び暗号資産を返還することができない可能性があります。
  • 暗号資産は対価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使⽤することができます。
  • 当社の提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)があり、その差額がお客様の取引コストとなります。
  • 暗号資産の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。
  • 暗号資産や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産を利用したり、暗号資産交換業の導入に便乗したりする詐欺や悪質商法に御注意ください。

詳しくはこちらを御覧ください。
その他の重要事項及び取引内容、手数料等につきましては、「取引約款」「暗号資産現物取引に関する説明書」をご確認ください。
お問い合わせ・よくあるご質問はこちら

株式会社ビットポイントジャパン 〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-3-9 暗号資産交換業者 関東財務局長 第00009号 加入協会: 暗号資産を一目均衡表で分析しよう 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 公益社団法人 日本監査役協会

FXトレーダーに人気の「MT4」とは?高評価の秘密を徹底解説

FXトレーダーに人気の「MT4」とは?高評価の秘密を徹底解説

(写真=PIXTA)

1. FX専用ツール「MT4」とは?

「MT4(Meta Trader4/メタトレーダー4)」は、ロシアのソフトウェア開発会社「MetaQuotes Software(メタクオーツ・ソフトウェア)社」が2005年に発売したFX専用ツールです。

MT4を利用してFX取引をするには、MT4に対応しているFX会社での口座開設が必要です。日本国内でMT4に対応しているFX会社には、「JFX」「外貨ex byGMO」「FXTF」「楽天証券」「OANDA JAPAN」などがあります。

2. 世界中のFXトレーダーが愛用!MT4の人気の秘密とは?

3. 人気FX専用ツール「MT4」の魅力的な機能を紹介

3-1. 豊富なチャートツール

FXトレーダーに人気の「MT4」とは?高評価の秘密を徹底解説

3-2. 高機能なテクニカル分析

3-3. 自由度の高い自動売買システム

4. MT4のテクニカル指標をピックアップ

FXトレーダーに人気の「MT4」とは?高評価の秘密を徹底解説

    ・単純移動平均(SMA:Simple Moving Average)
    ・指数平滑移動平均(EMA:Exponential Moving Average)
    ・平滑移動平均(SMMA:Smoothed Moving Average)
    ・線形加重移動平均(LWMA:Linear Weighted Moving Average)

FXトレーダーに人気の「MT4」とは?高評価の秘密を徹底解説

FXトレーダーに人気の「MT4」とは?高評価の秘密を徹底解説

5. MT4の自動売買システムを使う2つの方法

5-1. 無料配布されているEAを活用する

5-2. 独自のEAを作る

6. MT4のメリットとは

6-1. 為替市場以外に株式や先物のチャートも表示できる

6-2. スマートフォンのアプリでも利用できる

6-3. 無料で利用できる

7. MT4のデメリットとは

7-1. 初心者には難易度が高い

7-2. 対応しているFX会社が少ない

例えば、人気の高いFX会社である「GMOクリック証券」「DMM FX」「ヒロセ通商(LION FX)」などは、MT4に対応していません。各社でハイクオリティの取引ツールを提供していますが、MT4を使ってみたいと考えている人にはデメリットとなります。

一目均衡表(一目雲)の見方・設定方法とFXトレード手法を解説

一目均衡表(一目雲)の見方・設定方法とFXトレード手法を解説

トレンド系指標

ビットコインのチャートでも様々なテクニカルツールが機能しますが、今回は日本生まれの世界的有名なインジケーター「 一目均衡表(一目雲 ichimoku)」 をご紹介します。

仙人

一目均衡表(一目雲:ichimoku)とは

一目均衡表(一目雲:ichimoku)とは

開発者が日本人の国産インジケーター

一目均衡表(一目雲)は、日本の都新聞の商況部長として活躍した株式評論家、細田悟一(ペンネーム:一目山人-いちもくさんじん)によって1936年(昭和11年)に発表された奥が深いテクニカル指標です。
海外ではIchimokuもしくはIchimoku cloudと呼ばれ今や世界中で使われています。

仙人

一目均衡表は5つのラインで構成されている

一目均衡表は、ローソク足と 「基準線」「転換線」「遅行線(遅行スパン)」「先行スパン1・2(雲)」 という5つのラインから形成されています。

一目均衡表5つのラインの見方

一目均衡表(一目雲)の仕組み

一目均衡表の構成
基準線過去26日(26本)間の最高値と最安値の平均値を表す線
転換線基準線の期間を短くした過去9日の最高値と最安値の平均値を表す線
遅行線現在チャートの終値を過去26日(26本)分ずらして表示した線
先行スパン1基準線と転換線の平均を26本分先行表示した線
先行スパン2過去52本分の最高値と最安値の平均を26本分先行表示した線
先行スパン1と2に囲まれた部分

①基準線(Base line)

基準線は、過去26日(26本)間の最高値と最安値の平均値を表す線です。
高値or安値が更新されない限り値が変わらないので 基準線は階段状のカクカクしたライン になります。

一目均衡表の基準線(Base line)

  • 転換線が基準線を上抜け→買いサイン
  • 転換線が基準線を下抜け→売りサイン
  • 基準線が上向きでローソク足が基準線より上にあれば強気相場
  • チャートが基準線を下抜け、基準線も下向きであれば弱気相場

②転換線(Conversion line)

一目均衡表の転換線(Conversion line)

転換線の見方も基準線と同様、
転換線が上向きでローソク足が転換線より上にあれば強気相場、 暗号資産を一目均衡表で分析しよう
チャートが転換線を下抜け、転換線も下向きであれば弱気相場となりますが、基準線より先行して動くのでトレンド転換をより早く知ることが出来ます。

③遅行スパン、遅行線(Lagging span)

一目均衡表の遅行スパン、遅行線(Lagging span)

  • 遅行スパンがローソク足を上抜け→買いサイン
  • 遅行スパンがローソク足を下抜け→売りサイン

④⑤雲を構成する先行スパン1・2(Lead)

この先行スパン1と2で囲まれた間のゾーンを「雲(Cloud)」と呼び、過去に価格がもみ合ったゾーンを表しています。雲はレジスタンスもしくはサポートとして機能します。

一目均衡表の雲を構成する先行スパン1(緑)2(赤)

  • 雲が厚い→トレンドが維持されやすい
  • 雲が薄い→トレンドが反転しやすい

一目均衡表(一目雲)の売買シグナルまとめ

基準線と転換線の売買サイン

  • 転換線が基準線を上抜け→買いサイン
  • 転換線が基準線を下抜け→売りサイン

一目均衡表の基準線と転換線

遅行スパンの売買サイン

  • 遅行スパンがローソク足を上抜け→買いサイン
  • 遅行スパンがローソク足を下抜け→売りサイン

一目均衡表の遅行スパンがローソク足を上抜け

先行スパン(雲)の売買サイン

  • ローソク足が雲を上に抜ける→買いサイン
  • ローソク足が雲の下へ抜ける→売りサイン

雲だけを使ったトレード戦略

パターンA

  • 雲が薄くなってるポイントをローソク足が下から上に突き抜ける→買いサイン
  • 雲が薄くなってるポイントをローソク足が上から下に突き抜ける→売りサイン

雲だけを使ったトレード戦略1

パターンB

  • 雲の中で停滞していたローソク足が上抜ける→買いサイン
  • 雲の中で停滞していたローソク足が下抜ける→売りサイン

雲だけを使ったトレード戦略2

パターンC

  • 雲をサポートとして反発する→買いサイン
  • 雲をレジスタンスとして反発する→売りサイン

雲だけを使ったトレード戦略3

一目均衡表の応用戦術:三役好転と三役逆転・雲のねじれ

ローソク足と雲の関係で判断する「三役好転」「三役逆転」という一目均衡表ならではのチャート分析法があります。

  1. 転換線と基準線のクロス
  2. 遅行スパンとローソク足のクロス
  3. ローソク足が雲を抜ける

一目均衡表の三役好転と三役逆転

三役好転は、相場の強い上昇を示唆しており以下3つ(2つ)の条件が揃った時をいいます。

  • 転換線が基準線を上抜ける(ゴールデンクロス)
  • 遅行スパンがローソク足を上抜ける
  • ローソク足が雲から上抜ける

三役逆転は、相場の強い下落を示唆しており以下3つ(2つ)の条件が揃った時をいいます。三役好転の真逆と覚えればいいです。

  • 転換線が基準線を下抜ける(デッドクロス)
  • 遅行スパンがローソク足を下抜ける
  • ローソク足が雲から下抜ける

雲のねじれ:先行スパンのクロス

雲を形成している先行スパン1と先行スパン2がクロスする場面を雲のねじれと言います。
それまでの相場の流れが転換・または加速する重要なポイントです。

一目雲のねじれ:先行スパンのクロス

先行スパンの動きを見ると、 何本先でクロスが起きる(トレンド転換がおきやすい)ということが予測できる 点が大きなメリットです。

一目均衡表インジケーターの表示・設定方法(Tradingview)

一目均衡表(Ichimoku)の表示

TradingView の画面に表示されているチャートのグラフマーク「インジケーター&ストラテジー」をクリックし、検索窓に「ichimoku」と入力すると「ichimoku Cloud(一目均衡表)」が出てきます。一目雲(一目均衡表)が追加されました。

一目均衡表の設定方法

一目均衡表(一目雲)の設定方法

設定はインジ名横の歯車アイコンから変更することができます。基本的には 初期設定のまま使用 すればいいと思います。好みの色があれば変更してもいいかも。

一目雲(一目均衡表)を消したい時は削除の項目で選択できます。

一目均衡表を使ったトレード具体例

一目均衡表の三役好転(逆転)と雲のクロス

週足や日足など長めの時間足での一目均衡表の三役好転(逆転)と雲のクロスは、有力なトレンド発生のシグナルとなります。

長期足でシグナルを発見したら好転で買い、逆転で売りと考えるのですが、
実際のエントリーでは、三役が揃う前にエントリーしていて、結果三役が揃っているという感じのトレードになることが多いです。
雲からの上抜け、は最後になることが多いです。

1時間足で、まず遅行スパンがローソク足を上抜けて「一役」達成。
その数本後に転換線が基準線を上抜けして「二役」。
最後にローソク足が雲を上抜けて「三役」。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる