お取引ガイド

指標からドルが強含む

指標からドルが強含む
※米非農業部門雇用者数およびS&P500種指数の期間:2011年6月~2021年6月(月次)
※米非農業部門雇用者数はグラフの見易さを考慮した範囲としています。範囲外の値については、上段のグラフ「米非農業部門雇用者数(前月比増減)と米失業率の推移」をご確認ください。
※上記は過去の情報であり、将来の動向を示唆・保証するものではありません。

【通貨】 東京為替:ドル・円はしっかり、中国の強い経済指標で円売り

米ドル/円 <5分足> 「株探」多機能チャートより

【経済指標】
・日・2月有効求人倍率:1.45倍(予想:1.47倍、1月:1.49倍)
・日・2月失業率:2.4%(予想:2.指標からドルが強含む 4%、1月:2.4%)
・日・2月鉱工業生産速報:前月比+0.4%(予想:0.0%、1月:+1.0%)
・中・3月製造業PMI:52.0(予想:44.8、2月:35.7)
・中・3月非製造業PMI:52.3(予想:42.0、2月:29.6)

株探からのお知らせ

  • 前回セミナーの見逃し配信はこちら
  • 東証再編に伴う株探の対応につきまして

お気に入りがいっぱいです!
もっと追加するには、有料サービス「株探プレミアム」の登録が必要です。
初めてご登録の方には「30日間の無料体験」実施中!
※無料体験終了後は、毎月の利用料金が発生します。
※過去に「30日間の無料体験」をご利用になった方には無料体験は適用されません。

このアイコン「★」は利用者の皆さまの「お気に入り銘柄」を
登録もしくは削除する機能となっております。
お気に入り銘柄を登録するには、会員登録(無料)が必要です。
無料会員およびプレミアム会員の方はログインが必要です。

  • 27日中国・上海総合指数=終値3130.2394(+7.1315)
  • 話題株ピックアップ【夕刊】(1):郵船、豊田通商、高島屋
  • 【↑】日経平均 大引け| 4日ぶり反発、米株高好感も上値では売りに押される (5月27日)
  • 本日の【ストップ高/ストップ安】 引け S高= 3 指標からドルが強含む 銘柄 S安= 0 指標からドルが強含む 銘柄 (5月27日)
  • 東京株式(大引け)=176円高と4日ぶり反発、一時2万7000円接近も伸び悩む
  • 本日のランキング【値上がり率】 (5月27日)
  • 迫りくる世界規模の干ばつ危機、「水ビジネス」関連株が躍動する時 <株探トップ特集>
  • 今期活躍期待の【連続最高益】銘柄リスト〔第2弾〕33社選出 <成長株特集>

人気ニュース【ベスト5】

  • SBIホールディングス【8473】、前期最終は4.5倍増で2期連続最高益・1-3月期(4Q)最終は赤字転落、今期業績は非開示
  • 話題株ピックアップ【昼刊】:郵船、SBG、東エレク
  • 今期活躍期待の【連続最高益】銘柄リスト〔第2弾〕33社選出 <成長株特集>
  • 迫りくる世界規模の干ばつ危機、「水ビジネス」関連株が躍動する時 <株探トップ特集>
  • 今朝の注目ニュース! ★エクストリム、ケミファ、レナなどに注目!

お薦めコラム・特集

  • 今期活躍期待の【連続最高益】銘柄リスト〔第2弾〕33社選出 <成長株特集>
  • 迫りくる世界規模の干ばつ危機、「水ビジネス」関連株が躍動する時 <株探トップ特集>
  • 億ヤラレ中の億り人、日本株躍進もアメ株でつまずきのワケ
  • 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (5月26日記)
  • 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 5月25日版

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる