初心者必見

信用取引と保証金の仕組み

信用取引と保証金の仕組み
  • ・頑張り投資家ごろんちゃんさんの「1%の誤差でサプライズ決算の予測に成功、.. (09/09)信用取引と保証金の仕組み
  • ・頑張り投資家さんの稼ぎ技 <全シリーズ一覧>
  • ・清水香の「ワクチンの副反応で補償は、無症状で欠勤したら~コロナ関連で受け.. (09/16)
  • ・清水香の「それって常識?人生100年マネーの作り方」 <全シリーズ一覧>
  • ・すご腕投資家ラテまっちゃさん「『デキる機関』の動きに絞って、リスクオン&オ.. (09/10)
  • ・すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 <全シリーズ一覧>
  • ・大川智宏の「次なる『海運株』を探せ」 (09/08)
  • ・大川智宏の「日本株・数字で徹底診断!」 <全シリーズ一覧>
  • ・横山利香「令和時代の稼ぎたい人の超実践! 株式投資術」― (10)信用残や全.. (09/03)
  • ・横山利香「令和時代の稼ぎたい人の超実践! 株式投資術」 <全シリーズ一覧>

『即時決済信用取引』の取扱開始について~ 決済の仕組みに焦点を当てた信用取引 ~

株取引における現行の 4 日目決済の制度では、信用取引で日計り取引を行った際に差し入れた保証金(担保)は、その日のうちに他の取引の保証金に使うことができません。つまり、新規の取引をするたびに新たな保証金を用意する必要があります。今般、取扱いを開始する『即時決済信用取引』では、「貸付」と「返済」を「約定」と同時に行うことで、新たな保証金を用意することなく、銘柄が同一か否かにかかわらず1 日に何度でも日計り取引をすることが可能となります。

【日程】
口座開設受付:平成 23 年9 月中旬(予定)
取引開始:平成 23 年10 月中旬(予定)

【約定】 信用取引と保証金の仕組み
顧客の注文を市場価格で随時マッチングさせ、
大阪証券取引所の立会外市場(J-NET 市場)で約定させる

【金利・貸株料】 信用取引と保証金の仕組み
一日につき 100 円あたり2 銭
年利換算:7.3%

【現物取引手数料】
100 万円まで無料
200 万円まで1,680 円、以降100 万円毎に840 円加算

【取扱銘柄】
大阪証券取引所・東京証券取引所重複上場銘柄のうち当社選定
(50 銘柄程度)

※ 当社はこのサービスの根幹となる「即時決済取引システム」の特許(特許第4469838 号「有価証券即時決済システム及び有価証券即時決済装置」)を取得しております。
※ PTS による現行の即時決済の現物取引は、平成23 年9 月中旬をもって終了します。
※ マッチングさせる際の市場価格には、当社が一定間隔毎に採用する東京証券取引所における時価を用います。

<金融商品取引法に係る表示>
■ 株式等の現物取引および信用取引は株価の変動等により損失を生じるおそれがあります。また、信用取引は取引額が差入れる委託保証金の額に比べて大きいため、損失額が差入れた保証金の額を上回ることがあります。
■ 即時決済取引に使用できる現金・株式等は取引所立会取引と異なります。制度信用取引、無期限信用取引、即時決済信用取引に係る取引条件、注意事項等は当社WEB サイトでご確認ください。
■ 即時決済現物取引の委託手数料は、1 日の約定代金合計が100 万円まで無料、200 万円まで1,680円、以後100 万円増える毎に840 円加算します(手数料表示は全て税込)。
■ 即時決済信用取引の委託手数料は無料です。
※ 即時決済現物取引は、取引所立会取引の約定代金と区別して手数料を計算します。なお、執行市場変更条件付注文が取引所立会市場で約定した場合や、即時決済信用取引の建玉を取引所立会市場で決済する場合は、取引所立会取引の委託手数料を適用します。
■ 即時決済信用取引は金利(年利7.3%(買い方))、貸株料(年利7.3%(売方))、名義書換料(上限額10,500 円(税込))、権利処理手数料(理論価格×3%)がかかります。
■ 品貸料(逆日歩)は、その時々の株式調達状況等に基づき決定されますので、その金額等をあらかじめ記載することはできません。
■ 信用取引では差入れた保証金額の約3.2 倍の金額の取引が可能であり、取引金額は保証金額を上回ることがあります。
■ 委託保証金は売買代金の31%以上、最低30 万円が必要です。委託保証金には現金のほか有価証券を代用することができ、掛け目は原則、前営業日終値の80%です。
■ 委託保証金率は、制度信用取引、無期限信用取引および即時決済信用取引の建玉を合算して計算し
ます。
■ 委託保証金の種類、委託保証金率および代用有価証券の掛目は金融商品取引所等の規制等または当社独自の判断により変更することがあります。
■ 即時決済信用取引は、上場廃止、合併、株式併合、株式分割等の事象が発生した場合や、当社の与信管理の都合上、あるいは株式調達が困難となった場合等において、弁済期限が繰上げとなること
があります。また、当社の保有する資金や株式残高の状態により、新規建注文および即時決済による決済注文(現引・現渡を含む)の受付を停止すること、および受付済の注文を失効させることがあります。
■ 即時決済取引は、一定間隔毎に採用する東京証券取引所立会取引の約定価格をもとに、当社でお客様の注文同士の対当判定処理を行い、対当判定した注文同士を同時に大阪証券取引所J-NET 市場に取り次ぐ取引です。
■ 東京証券取引所立会取引の約定価格の受信から当社の対当判定およびJ-NET 市場での約定成立までには時間差が生じます。また、参加者が当社顧客に限られるほか、対当判定に用いる価格は取引所立会取引の全ての約定価格とは限らず、取引所立会取引と同水準で約定が成立するとは限りません。
■ 当社WEB サイトの契約締結前交付書面、取引規程等をご覧いただき、内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお申込みください。
■ 信用取引と保証金の仕組み 口座基本料は個人の場合には原則無料ですが、一定の条件に該当する法人は特別課金(税込年間31,500 信用取引と保証金の仕組み 円)の対象となります。
※ 各種書面の郵送交付には年間1,050 円の負担が生じます。
■ PTS による現行の即時決済取引サービスの手数料等は当社WEB サイトでご確認ください。
■ 松井証券株式会社(金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第164 号/加入協会名 日本証券業協会、社団法人金融先物取引業協会)


【お客様からのお問い合わせ先】
口座開設サポート(平日08:30~17:00)
0120-021-906(03-5216-0617)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる