FX のやり方

ストキャスティクスのゴールデンクロス

ストキャスティクスのゴールデンクロス
MT4インジケーター

ストキャスティクスのゴールデンクロス

太字1
太字2
斜体1
斜体2
打ち消し線
++下線付きテキスト++

==マークテキスト== 19^th^ H~2~O (c) (C) (r) (R) (tm) (TM) (p) (P) +- :wink: :laughing: :yum: :cry: :-) :-( 8-) ;)

==リスト(箇条書き)== リストの作成は先頭に `+` `-` または`*`で始めることによってリストを作成できます + サブリストは2スペースのインデントで作成できます - ストキャスティクスのゴールデンクロス または、マークアップの文字を変更することでもサブリストを作成できます + GogoJungle + 投資家の英知をすべての人に。 + とても簡単です!

リスト(箇条書き)
リストの作成は先頭に
+ - または * で始めることによってリストを作成できます

  • サブリストは2スペースのインデントで作成できます
    - または、マークアップの文字を変更することでもサブリストを作成できます
    + GogoJungle
    + 投資家の英知をすべての人に。
  • とても簡単です!
  1. GogoJungle LABO
  2. EA(自動売買)
  3. インジケーター

==テーブル== | 名前 | 説明 | | ------ | ----------- ストキャスティクスのゴールデンクロス | | EA(自動売買) ストキャスティクスのゴールデンクロス ストキャスティクスのゴールデンクロス | MT4で利用可能な自動売買ソフトウェア | | インジケーター | 売買サイン、発注補助、各種通知機能などのツール |

ストキャスティクスのゴールデンクロス
名前 説明
EA(自動売買) MT4で利用可能な自動売買ソフトウェア
インジケーター 売買サイン、発注補助、各種通知機能などのツール

==テーブル(カラムを右寄せ)== | 名前 | 説明 | | ------:| -----------:| | EA(自動売買) | MT4で利用可能な自動売買ソフトウェア| | インジケーター | 売買サイン、発注補助、各種通知機能などのツール |

ストキャスティクスのゴールデンクロス

私がこのコラム「チャートの極意」で解説したいのは、それぞれのテクニカル指標の本質です。本質とは、その指標が価格変動の中で何に注目し、何を判断して買いシグナル、売りシグナルを発しているかです。

たとえば本日解説する移動平均線には「ゴールデンクロス」という有名な買いシグナル、「デッドクロス」という売りシグナルがあります。しかし、そこで売買すれば必ず成功するのかと言えば「騙し」がいっぱいあります。それをどう克服していけばいいのか?それはゴールデンクロスが何故買いシグナルでデッドクロスが何故売りシグナルかという「意味」を理解していれば克服出来るのです。その「意味」を理解することこそ、小次郎講師流チャート分析の極意なのです。

テクニカル指標マスターの手順

【小次郎講師流テクニカル指標学習メソッド】
1、計算式を覚える。
2、計算式の意味を理解する。
3、計算式を元に、その指標がどこを見ているかを知る。
4、その指標の買いシグナル・売りシグナルを学ぶ。
5、それが何故買いシグナルなのか、何故売りシグナルなのかを理解する。

計算式こそ、指標の意味を知るキーポイント!

3、移動平均線をマスターする

計算式を覚える

計算式の意味

移動平均とは過去N日間の平均値のことです。それはとりもなおさず、過去何日間の平均的買値(=平均的売値)を示しています。

その指標がどこを見ているか

それは現在の価格と比較するためなのです。移動平均線の本質は「過去N日間の平均買値(=平均売値)と現在の価格を比較する!」というところにあるのです。

移動平均線の買いシグナル・売りシグナル

【移動平均線の買いサイン・売りサイン】
ゴールデンクロス・・・価格が移動平均線を下から上へクロスする・・・買いサイン
デッドクロス・・・価格が移動平均線を上から下へクロスする・・・売りサイン

何故それが買いチャンス、売りチャンスなのか?

【移動平均線と価格の関係】※例として25日移動平均線とする
価格が移動平均線の上にある・・・過去25日間に買った人は(平均的に)儲かっている。
価格が移動平均線の下にある・・・過去25日間に買った人は(平均的に)損している。

先ほどの図をもう一度見てください。図の中央やや左部分にゴールデンクロスがあります。ゴールデンクロスより前は価格が移動平均線の下にあり、いわゆる買方損失時代。ところがゴールデンクロスより後は、価格が移動平均線の上にあり買方利益時代。つまりゴールデンクロスとは今までマイナスだった買方がプラスに転じる分岐点とわかります。

ゴールデンクロスより前は、買方はマイナスなので不安になっていつ決済しようか考えます。買方の決済ですから売り注文となって市場に出ます。ところがゴールデンクロスを経ると、買方はプラスに転じて調子づき、追撃買いを検討するようになるわけです。ゴールデンクロスをきっかけに売方優勢の時代から買方優勢の時代へとがらっと変わります。その分的点だからゴールデンクロスが買いサインなのです。

【ゴールデンクロス時の買方の気持ちの変化】
ゴールデンクロス前、マイナス状態でいつ売り決済しようかと考える。
ゴールデンクロス後、プラスに転じ追撃買いを検討。
【デッドクロス時の買方の気持ちの変化】
デッドクロス前、プラスなので安心して買いを持っている。
デッドクロス後、マイナスに転じあわてて売り決済を検討。

【ゴールデンクロス時の売方の気持ちの変化】
ゴールデンクロス前、プラス状態なので安心して売りを持っている。
ゴールデンクロス後、マイナスに転じあわてて買い決済を検討。
【デッドクロス時の売方の気持ちの変化】
デッドクロス前、マイナスなのでいつ買い決済をしようかと考えている。
デッドクロス後、プラスに転じ追撃売りを検討。

4、騙しが起こりやすいのはどういうとき?

ゴールデンクロスは下降トレンドが上昇トレンドに切り替わるところで有効となり、デッドクロスは上昇トレンドが下降トレンドに切り替わるところで有効となります。ということはもみあい相場のときにはゴールデンクロス・デッドクロスは機能しないのです。

単に価格が移動平均線を上抜けたらゴールデンクロスだから買いサイン、価格が移動平均線を下抜けたらデッドクロスだから売りサインと思ってはいけません。

5、移動平均線の奥義!

移動平均線はゴールデンクロス・デッドクロスばかりが注目されていますが、大事なのは、「移動平均線は過去一定期間の平均買値(=売値)と現在の価格を比較するためのもの」ということです。そのとき、単に儲かっている損しているではなくて、どれくらい儲かっているかどれくらい損しているかを把握することが大切なのです。何故でしょう?

当コンテンツは為替相場等に関連する一般的な情報の提供を目的としたコラムです。特定の投資方法等を推奨するものではなく、また投資の勧誘を目的とするものでもありません。
コンテンツの内容につきましては万全を期すよう管理しておりますが、その正確性や普遍性を当社や執筆者が保証するものではありません。記載内容に因り万が一損失が発生した場合においても、当社及び執筆者は一切の責任を負うことは出来ませんので、ご了承のうえでご参照ください。
当コンテンツの無断転用や再配布は固く禁じます。

【MT4インジケーター】ストキャスティクスのゴールデンクロスで矢印を表示

チャート図

MT4インジケーター

るなまる

この商品の紹介動画

パラメーター

るなまる

パラメーターstoc

%K・・・デフォルトは5日にしています。
%D・・・デフォルトは3日にしています。
slowing・・・デフォルトは3日にしています。
移動平均の種別・・・0~3の数値で設定します。
0:simple(単純移動平均線)
1:exponential(指数移動平均線)
2:smoothed(平滑移動平均線)
3:Linear Weighted(線形加重移動平均線)

価格欄・・・0~1の数値で設定します。
0:高値、安値
1:終値
stoch下ライン・・・デフォルトは80%にしています。
※交差位置が80%以上で矢印が表示されます
stoch下ライン・・・デフォルトは20%にしています。
※交差位置が20%以下で矢印が表示されます

arrow表示位置・・・矢印の高さ

alert・・・true/falseで選択。売買シグナルでアラート音が鳴ります。
mail・・・true/falseで選択。売買シグナルでメール送信が可能です。
push・・・true/falseで選択。売買シグナルでスマホのMT4へプッシュ通知が可能です。

カスタマイズ

%Kや%D、移動平均の種別などの値を変更できる ように作成しています。

この数値を変更することによって 矢印の出現率や出現条件が変わってきます のでご自身の取引に合った数値を設定しましょう。

るなまる

ストキャスティクスのゴールデンクロスで上向きの矢印デッドクロスで下向きの矢印が表示されます。

活用例:レンジ相場で逆張りスキャルピング

チャート図

ストキャスティクスは80%以上を推移していると 買われすぎ 、20%以下で推移していると 売られすぎ と判断されるオシレーター系の指標です。

レンジ相場での逆張りスキャルピングを得意とする一方、トレンド相場ではストキャスティクスの数値が 上下どちらかに張り付いてしまう ため、使いどころが重要となります。

テクニカル指標の説明

一定期間の日々の値動きを平均化し、滑らかにすることで日々のトレンドを見るための指標です。
価格が移動平均線よりも上にある場合、強気局面(買の傾向が強い)、下にある場合、弱気局面(売りの傾向が強い)となります。
値動きの支持・抵抗の目安や、値動きの中心線として利用します。
強気局面は、短期移動平均線が長期移動平均線を下から上に抜けた場合(ゴールデンクロス)、長期移動平均線が上昇中に、短期移動平均線が長期移動平均線に向かって下降してきたが、長期移動平均線を下回ることなく再度上昇に転じた場合等があります。
弱気局面は、長期移動平均線が短期移動平均線を上から下に抜けた場合(デッドクロス)、長期移動平均線が下降中に短期移動平均線が長期移動平均線に向かって上昇してきたが、長期移動平均線を上回ることなく再度下降に転じた場合等があります。

単純移動平均乖離率

指数平滑移動平均

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは、単純移動平均線を中心に、1標準偏差(1σ)、2標準偏差(2σ)のバンド(線)を上下に表示します。
価格が2σのバンドに近づいた時、上方の場合は相場の上限、下方の場合は相場の下限となります。このような場合、価格の上昇、または下落がゆるやかになり、バンドの幅が狭まります。
価格が下落していき、下限の-2σのバンドに価格が近づくと買いサイン、価格が上昇していき、上限の2σのバンドに価格が近づくと売りサインと判断します。

一目均衡表

一目均衡表は、基準線、転換線と、3種類のスパン(先行スパン1、先行スパン2、遅行線)の5つの指標を使用します。
この5つの指標を組み合わせ、相場のトレンドや下げ止まりや上げ止まりを予測します。
先行スパン1と先行スパン2の間を雲(帯)と呼びます。
価格が雲の下に位置している場合、雲は価格が上に行く抵抗帯となります。
反対に、価格が雲の上に位置している場合、雲は価格の支持線となります。
また雲の幅が広い場合は、価格が反転しづらく、逆に狭い場合は相場が反転しやすい傾向があります。
また雲を作る先行スパン1と先行スパン2がクロスした場合、価格の反転、トレンドが急激に上昇、下降する傾向があります。
一般的に、転換線が基準線を下から上に抜けたときを買い傾向と判断し、転換線が基準線を上から下に抜けたときを売り傾向とみます。

時系列練行足

「練り足」とも呼ばれる非時系列チャートの練行足に、時間の要素を加えた指標です。
過去一定期間の値動きが一定の値幅以上に変動した場合にのみ、線が描画されます。
終値が上線を下から上に抜けた場合は買いサイン、下線を上から下に抜けた場合は売りサインと判断します。

ヴァリアブル・ボラティリティ・ストップ

エンベロープ

エンベローブは、移動平均線から一定の値の乖離線を引き、価格のトレンドを判断します。
価格が移動平均線からある程度離れると、移動平均線方向へ戻る傾向が強まるため、エンベローブの上限・下限のバンドを利用し分析を行います。
エンベローブの下限のバンドに価格が近づくと買いサイン、エンベローブの上限のバンドに価格が近づくと売りサインと考えます。

トレンドライン自動描画

ニック・M・ネクスト・ムーブ

同期間のボリンジャーバンドとケルトナーズ・チャネルを同時に表示したものです。
ボリンジャーバンドには、新たなトレンドの発生前に揉み合いが続き、バンドの幅が狭まるという特徴が多く見られます。
これにケルトナーズ・チャネルを同一期間で算出、表示したものを組み合わせたニック・M・ネクスト・ムーブで、新たなトレンドの発生を予測することができるといわれています。

ハイ・ローチャネル

過去の一定期間の高値・安値同士をつないだバンドです。
高値のバンドをチャネル・ハイ、、安値のバンドをチャネル・ローと呼びます。
チャネル・ハイを上抜けると買いサイン、チャネル・ローを下抜けると売りサインと判断します。

パラボリックSaR

パラボリックは、価格のトレンドの転換点を判断する指標です。
売買転換点を示すSARと呼ばれるドットを価格に沿って描いて使用します。
価格に明確なトレンドがある場合に効果的な指標です。
価格のトレンドが持続する場合に有効な指標であるため、買いの場合、売りの場合共に利益確定のタイミングを決定するのに有効です。
逆に明確なトレンドがない場合、シグナルが多く出てしまい、使い難い傾向があります。
下降しているラインが上昇している価格に到達したときが買い傾向、上昇しているラインが下降している価格に到達したときが売り傾向と判断します。

オシレーター系

トレンドの有無と強さを示すテクニカル指標です。
+DI,-DI,ADXの3本のラインが表示されます。
+DIが-DIより大きい際は上昇トレンド、-DIが+DIより大きい際は下降トレンドと分析します。
また、+DIと-DIが交差した点が、売買ポイントとなります。
さらに、ADXを利用した方法に、+DIと-DIが交差したあと、ADXが下落中の-DIを上抜くと買いシグナル、下落中の+DIを上抜くと売りシグナルと判断できます。

MACDは、期間の異なる2本の移動平均曲線の価格差の幅によって定義され、その動きによってトレンドの方向性や転換の兆候を把握します。さらにMACDの指数移動平均をシグナルとして利用し、売買のタイミングを計る際に利用します。
MACDが0ラインよりも上に位置している場合は上昇トレンド、下に位置している場合は下降トレンドと判断します。
0ラインより下にあるMACD線がシグナル線を下から上に抜けたときが買い傾向、0ラインより上にあるMACD線がシグナル線を上から下に抜けたときが売り傾向と判断します。

RSIとよく似た指標ですが、RSIが価格の変動のみに注目しているのに対し、MFIは出来高も考慮して、買われ過ぎや売られ過ぎを判断する指標です。
一般的には、70~80%以上が買われ過ぎ、20~30%以下の水準が売られ過ぎと考えられています。
※指数チャートではご利用いただけません。

RCIは、過去の一定期間の価格と日数にそれぞれ順位をつけ、2つの順位相関を計算し、「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を見るためのテクニカル指標です。 他のテクニカル指標と違い、-100%~100%の間で推移します。
RCIが、80%以上の時に買われ過ぎ、-80%以下の時に売られ過ぎと判断します。
RCIは過去の一定期間のレートと日数の相関関数にて算出するため、RCIだけで将来の値動きを判断することは難しいです。3種類のRCI(短期・中期・長期)を使い売買のタイミングを判断することもできます。
RCIが-80%以下のときを買い傾向、RCIが80%以上のときを売り傾向と判断します。

アルティメット・オシレーター

相場の計測期間を7日、14日、28日の3つとし、相場の強弱を加味しながら買われ過ぎ、売られ過ぎを判断する指標です。
一般的に、中長期の投資に向いているとされています。
売買サインは逆行現象の発生とされ、60%以上で発生すれば売シグナル、40%以下で発生すれば買シグナルとされています。

サイコロジカルライン

前回値より、価格が高くなった場合を勝ち、低くなった場合を負けとし、その勝率で心理的な過熱度を測ろうとするテクニカル指標です。
一般的に「75%(9勝3敗)以上が買われすぎ」、「25% (3勝9敗)以下が売られすぎ」とされています。

スロー・ストキャスティクス

過去における高値、安値に対して、当日終値がどのような位置にあるのかを数値化した指標です。
Slow %D、%Dの2本のラインから買われ過ぎ、売られ過ぎを判断します。
スロー・ストキャスティクスは、%Dと%Kを用いるファスト・ストキャスティクスよりも遅れてシグナルを出す特徴があり、ファスト・ストキャスティクスよりも緩やかな曲線が描画されます。

バイ・セルポイント

モメンタム

モメンタムは、相場の勢いを判断する指標です。 当日の終値から何日か前の終値を引いた値でラインを生成しているため、短期的な動きを判断する指標として使用されることが多いです。ゼロラインを基準に強弱を判断します。
ゼロラインより上にあり、上昇している場合は強気相場、ゼロラインより下にあり、下降している場合は弱気相場です。
ゼロラインを下から上に抜けたときが買いサイン、ゼロラインを上から下に抜けたときが売りサインとなります。

ストキャスティクスのゴールデンクロス

「おすすめのテクニカル分析は何?」
「おすすめな組み合わせ方を教えて」 ストキャスティクスのゴールデンクロス
「初心者でも簡単な、テクニカル分析を使った手法を知りたい」

とはいえ、分析のやり方は多種多様なので、FX初心者はどこから手をつけたらいいかわかりにくいですよね。

実践で使えるコツを掴める記事になっています ので、最後までお付き合いくださいね。

FXでテクニカル分析をする意味とは?

FXのテクニカル分析をする男

テクニカル分析とは、過去の値動きから将来の値動きを予想する分析方法です。

勝てる見込みをもってエントリーするために、 テクニカル分析で1%でも勝つ確率を上げておくことが大切 ストキャスティクスのゴールデンクロス です。

2種類あるFXのテクニカル分析

fxのインジケーターには2種類ある

トレンド系:相場の流れ、方向を分析
オシレーター系:相場の買われ過ぎ、売られ過ぎ(過熱感)を分析

トレンド系

  • トレンド方向がわかる
  • 値動きの勢いがわかる
  • 売買の判断に使える

相場の方向性を目で見て判断するのにトレンド系は効果的です。

オシレーター系

  • 相場の反転ポイントがわかる
  • 値動きの強さがわかる
  • 売買の判断に使える

相場が反転するタイミングを予測しやすいのが、オシレーター系の特徴です。

FXのトレンド系テクニカル分析2選

FXのトレンド系テクニカル分析を勉強する人

移動平均線
ボリンジャーバンド

移動平均線

  1. 一定期間のローソク足の終値を平均化した指標
  2. 相場の方向感がわかる
  3. ゴールデンクロス・デッドクロスを活用したエントリーが効果的

移動平均線の参考図

また、売買シグナル(ゴールデンクロス・デッドクロス)としても活用できます。

移動平均線のゴールデンクロス

ゴールデンクロス はボクシングのアッパーのように短期線が長期線を下から上に突き抜けるポイントです。

対してのデッドクロスは落ちるように短期線が長期線を下抜くポイントです。

ボリンジャーバンド

  • 移動平均線を中心に上下に標準偏差を表示した指標
  • 値幅(ボラティリティ)、トレンドの有無、相場の異常性がわかる
  • スクイーズからエクスパンションに切り替わるタイミングでのエントリーが効果的

ボリンジャーバンド参考図

相場分析からエントリーまで、幅広くトレードに使えるテクニカル指標です。

FXのオシレーター系テクニカル分析3選

MACD
RSI ストキャスティクスのゴールデンクロス
ストキャスティクス

MACDの参考図

2本の線で相場の転換を先取りできるので、多くのトレーダーに活用されています。

RSIの参考図

ラインの位置で相場の過熱感がカンタンに把握できるため、初心者にも人気のあるテクニカル指標の一つです。

ストキャスティクス

ストキャスティクスの参考図

2本の線がクロスするタイミングが売買シグナルになるため、RSIよりもトレードの判断がしやすい指標といえます。

それ以外の代表的なテクニカル分析

なかでも一目均衡表(いちもくきんこうひょう)は、人気があるテクニカル指標のひとつです。

一目均衡表(いちもくきんこうひょう)

他の分析方法との大きな違いは、「時間」を重視している点です。

一目均衡表の参考図

基準線:過去26日間の高値と安値の平均値
転換線:9日間の高値と安値の平均値 ストキャスティクスのゴールデンクロス
遅行スパン:当日の終値を26日さかのぼった値
先行スパン1:基準線と転換線の中間地を26日先に表示したもの
先行スパン2:52日間の高値と安値を26日先に表示したもの
雲:先行スパンの間に発生し、抵抗の大きさを表している

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる