最強の初心者ガイド

流動性の定義

流動性の定義
流動性が低い雪で遊ぶ子供の様子

COVID-19:保険会社にとって流動性は課題となるだろうか?

COVID-19は保険会社の財務流動性に懸念をもたらしているだろうか。保険業界は資金繰りを考えなおす必要があるだろうか。

3つのプレッシャー

資産または収入の視点
新規契約はほとんどの商品・マーケットにおいて、個人および法人契約を問わず減少している。多くのブローカーは外出禁止により営業が難航しており、新規提案は伸び悩んでいる。既存契約については、個人・法人を問わず解約や保険料支払いの遅延が発生している。特に法人契約の更新において遅延がみられる。また、保険商品(特に自動車保険)に関わる返戻金の合計が何百万ドルにもなると見込まれている。

負債または支出の視点
支出は劇的な上昇傾向にある。現在は嵐の前の静けさの中にいるが、最終的にどの程度コストがかかるか不明である。死亡事故に対する支払いは、医療保険、メンタルヘルスや多くの損害保険の支払いと同様に増えていくだろう。さらに、誰もが話題にしたくないテーマとしてビジネス中断に対する補償がある。米国のいくつかの州や政府では、パンデミックが補償対象外となっているにもかかわらず過去に遡って保険会社に支払うように圧力が高まっている。ビジネス中断補償が保険会社にとって大きなコストとなるのは確実だろう。英国では、英国保険協会(ABI)がこの危機により12億ポンドもの損害が発生し9億ポンドはビジネス中断補償に支払われると見積もっている。また、米国ではペナルティなしで退職年金基金からの早期支払いがみられ、オーストラリアでは積立金の低下や老齢退職金からの脱退が増えている。COVID-19後、保険金請求の増加のみならず支払いを巡る争議に係る民事訴訟の増加が想定される。これは長期にわたり、コストも大きくなるだろう。仮に保険会社が争議に勝ったとしても損害調査費は大きいだろう。当然ながら保険会社は従業員給与や関連費用の支払いを続けなければならない。現時点において、保険業界は資金面での備えに動いておらず、ある保険会社は従業員を解雇しないと宣言している。

投資の視点
現在直面している超低金利環境や予想変動率(ボラティリティ)の影響により運用益への影響が予想される。米国の多くの保険会社は、不動産同様、不動産担保貸付や不動産担保証券を多数所有しているが、これらの投資収益は大きく下がると見込まれる。同時に、キャッシュフローの低下につながるデリバティブ担保要件の急激な増加が見込まれている。保険会社は、資産の配当収益の減少に直面するだろう。

将来に備える保険会社

動かせない現金資産の問題

組織横断アプローチの採用

  • キャッシュサイクルのマッピングとビジネス全部門による頑健な予測プロセスの構築
  • 移動できない・固定的な現金資産残高の特定を含むグループおよび各国レベルでの現金資産予測の監視と更新
  • 流動性のストレステストとシナリオ分析の実施
  • トリガー発動の仕掛けを含む流動性と市場状況(経済、規制、政府開発)の早期警戒指標の開発
  • 現金資産および承認の実在に関したガバナンスメカニズムの検証と更新
  • セグメントレベルでの顧客動向の迅速な分析能力を伴った日々の流動性の計測または内部KPIの開発
  • COVID-19による劇的な変更を反映するための予想モデルの更新
  • 潜在的な借入・資本発行の評価

キャッシュサイクルのマッピングと管理

その先にある不確実さ


本稿はKPMG Global Head of InsuranceであるLaura Hayの「COVID-19: could liquidity challenges be on the way 流動性の定義 for insurers?」をKPMGジャパン保険チームにて翻訳したものである。

小型株とは?

小型株とは?

当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。
当社は日本国内にお住まいのお客様を対象にサービスを提供しています。

FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。
多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。
取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。
注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金が必要になります。当社でお取引を行うに際しては、 「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

CFD取引は預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、原資産である株式・ETF・ETN・株価指数・その他の指数・商品現物・商品先物、為替、各国の情勢・金融政策、経済指標等の変動により、差し入れた証拠金以上の損失が生じるおそれがあります。
取引金額に対して、商品CFDは5%以上、指数CFDは10%以上、株式CFD・バラエティCFDは20%以上の証拠金が必要となります。
取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額・配当調整額・価格調整額が発生する場合があります。
当社が提示する価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。相場急変時等にスプレッドが拡大し、意図した取引ができない可能性があります。
原資産が先物のCFDには取引期限があります。その他の銘柄でも取引期限を設定する場合があります。
当社の企業情報は、当社HP及び日本商品先物取引協会のHPで開示されています。

LINE証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3144号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

ETFの「流動性」って何? どこで判断すればいいの

pixta_21092034_m

第1回の「ETFって何? 株や投信との違いは「分散&低コスト」 」で見た通り、ETFは1銘柄だけでも分散投資ができ、通常の投資信託に比べても信託報酬が低い便利な商品。特に信託報酬は投信を保有している間ずっとかかりますから、これが低いというのは大きな魅力です。一方でETF選びでは「流動性」が問題になるといわれます。投信選びの記事ではあまり出てこない、この流動性とは何でしょうか。どこで見ればいいのでしょうか。今回も日本経済新聞出版社のムック「ETFまるわかり! 徹底活用術2017 」の記事をもとに解説していきましょう。

■ETFと売買高

%e5%9b%b301

■実際に流動性を確認してみよう

%e5%9b%b302

■売買高・売買代金が少ない銘柄の流動性を確認する方法

%e5%9b%b303

■ETFを取り巻くプレーヤーは指定参加者などさまざま

%e5%9b%b304

■マーケットメイクによるETF市場の流動性の確保

(関連書籍)

%e7%94%bb%e5%83%8f%e2%91%a3


「ETF(上場投資信託)まるわかり! 徹底活用術2017」(日経ムック)
出版:日本経済新聞出版社

column メッキライブラリ

盛り上がった小麦粉

重要なのはそのあとで、いつまでも盛り上がり続け、最終的には針のように細く高く積もる・・・なんてことはないはずです。

したがって、「安息角が小さくなる粉体は流動性が高い」と言えるわけです。

逆に、「安息角が大きくなる粉体は流動性が低い」、とも。

かさ比重(嵩比重)とは

ここで重要なのは、たとえば物質Aが綿だったとして、ギュッと力を込めて箱に入れればたくさん入るということです。

したがって、容器にあまり力を加えずゆるめに入れた場合(ゆるめかさ比重)とぐっと力を入れて押し込んだ場合(きつめかさ比重)で

ゆるめかさ比重の場合

水 1.0 ※押し込むという概念がないため、きつめでも等倍

物質A 0.8 ※ゆるめ時のおよそ4倍入る仮定

物質B 1.3 ※ゆるめ時のおよそ2倍入る仮定

きつめかさ比重の場合

水は非常に流動的ですよね。したがって、「差が0(圧縮性がなく)であり流動性が高い」のです。

物質Aの方が若干ながら流動性が高い物質である、と証明ができます。

つまり流動的であると言えるのです。

流動性が低い雪で遊ぶ子供の様子

粉体の流動性と粉体塗装の関係性

当社では流動性の高い粉体を用いた粉体塗装を扱っておりますので、お客様に美しい塗装をご提供が可能となっております。

流動性と価格

松本 大

ソロモン・ブラザーズ・アジア証券会社を経て、ゴールドマン・サックス証券会社に勤務。1994年、30歳で当時同社最年少ゼネラル・パートナー(共同経営者)に就任。1999年、ソニー株式会社との共同出資で株式会社マネックス(現マネックス証券株式会社)を設立。2004年にはマネックス・ビーンズ・ホールディングス株式会社(現マネックスグループ株式会社)を設立し、以来CEOを務める。マネックスグループは、個人向けを中心とするオンライン証券子会社であるマネックス証券(日本)、TradeStation証券(米国)・マネックスBOOM証券(香港)、また仮想通貨サービスを提供するコインチェック株式会社などを擁するグローバルなオンライン金融グループである。株式会社東京証券取引所の社外取締役を2008年から2013年まで務めたほか、数社の上場企業の社外取締役を歴任。現在、米マスターカードの社外取締役、Human Rights Watchの国際理事会副会長、国際文化会館の評議員も務める。 閉じる

投資のご経験 レポートやコラムの内容が コメント

吉田恒の為替デイリー

ストックボイス

12:54

投資のヒント

世界的インフレの波 バフェットに学ぶ 円安局面の投資の考え方 高配当株の選び方

ご留意事項

本コンテンツは、情報提供を目的として行っております。
本コンテンツは、当社や当社が信頼できると考える情報源から提供されたものを提供していますが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではありません。また、過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。当社は本コンテンツの内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
本コンテンツでは当社でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」または当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる